<   2018年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧
俳句結社誌『青草』  2018年秋季・第4号


f0118324_21383755.jpg

 

 青草往来               草深昌子 


                  

大峯あきら先生が急逝され、四月の吉野吟行は淋しかった。

桜は早くも散って、全山緑の中を、水分神社まで下っていくと、ふっと冷たい夕風がよぎった。

その時、透き通った一羽の鳥の声が森閑と鳴り響いた。

ヒ―ツキホシ、ヒーツキホシ・・鵤(いかる)であった。

「日、月、星」とは宇宙そのものではないか。

「宇宙はあそこでなく、ここである」、そう語られた通り、

独自の宇宙性俳句を確立された大峯先生のお声ではないか。


鵤鳴くほどに大峯あきら恋ふ    昌子


茫然自失の日々の中にも、「青草」の句会は、いよいよ熱を帯び、笑いの渦に包まれていった。

うかうかしてはおれない、いつの間にか気を引き締めなおしている私を発見して嬉しかった。

今更に、俳句という文芸は、心身を鍛えてもらえるものだと気付かされている。


ふと、ひと昔も前のことを思い出した。

プロ野球の王貞治氏は、奥様に先立たれ、重病を体験されながら、

監督となって尚、ユニホームを脱がずに着続けられていた。

その理由を問われたとき、「ときめきかな。グランドという勝負の場にいるとき感じるときめき。

この齢になっても一投一打にドキドキする。生きている証みたいなものを強く感じるのです」

と答えられていた。

野球のグランドを「句会」に置き換えると、そのときめきがよくわかる。

一句一句にドキドキするのも俳句によく似ている。

俳句を通して人に会い、物に会い、言葉に出会う、そのさまざまの何と有難いことだろう。


大峯先生は、「死ぬ」という言葉すら超えた「存在」というものを

思想的にも宗教的にも文学的にも教えてくださった。

それらを、これから先、老いるという新しい体験のなかで、

私自身の言葉としてどう表現してゆけるだろうか。

とにもかくにも俳人は、最後の最後まで真剣に、

真っ正直に生きよと身をもって示してくださったのであった。





f0118324_22570460.jpg

青山抄(4)     草深昌子




   雲去れば雲来る望の夜なりけり

   口に出て南無阿弥陀仏けふの月

   常磐木の丈高ければ枯木また

   凩やあはれむとなく人の杖

   夜もすがら書きつづきたる霜の文


   絨毯を踏んでグランドピアノまで

   朽木とも枯木ともなく巨いなる

   往き来して雪の廊下やただ一人

   ひんがしに傾く木々の芽吹きかな

   踏青のいつしか野毛といふあたり 

 

   ふと寒くふとあたたかや遅ざくら

   大仏の肩に耳つく春の雷

   一軒に遠き一軒ミモザ咲く

   墓地のある景色かはらぬ紫木蓮   

   永き日の丸太担いで来たりけり 


   その木ごとゆらりゆらりと剪定す  

   前に川うしろに線路柏餅

   引戸ひく音の八十八夜かな

   津に住んで津守といへる棕櫚の花

   そこらぢゆう煤けて兜飾りけり



(俳句結社誌『青草』2018年秋季・第4号 発行日平成30年8月10日所収)



by masakokusa | 2018-08-31 23:58 | 俳句結社『青草』 | Comments(0)
愛媛新聞     ~ 季のうた ~

愛媛新聞(2018年7月23日 月曜日 朝刊)


      季のうた        土肥あき子



f0118324_17425570.jpg



大暑けふ鳴くだけ鳴いて相思鳥    草深昌子



相思鳥(そうしちょう)はオリーブ色の体色に胸と羽先が鮮やかな黄色、

くちばしは赤という美しい鳥。

元々日本には生息していなかったが、飼い鳥として江戸時代から輸入され、

現在では特定外来生物に指定される。

想(おも)い合う二羽を離すと鳴き交わすことからロマンティックな名が付いた。

本日大暑。

年々記録更新する最高気温にあてられて、相思鳥という気恥しい名がすがすがしくさえ思われる。



 「青草(あおくさ)」主宰。





f0118324_12141836.jpg



by masakokusa | 2018-08-31 23:57 | 昌子作品の論評 | Comments(0)
大阪俳人クラブ会報   大峯あきら先生の思い出    



大峯あきら先生の思い出       草深昌子



f0118324_23394743.jpg



さまざまの事おもひ出す桜かな     芭蕉

花咲けば命一つといふことを      あきら



もう二十年も前になるが、大峯あきら先生に初めて吉野吟行でお会いした時、

すたすたと歩み寄ってくださって、「俳句は自我を出したらアカンよ」と言われた、

そのお声は今もはっきり耳に残っている。

その日は、谷から噴き上がるような桜吹雪の真只中にあって、中千本からも上千本からも、

はるか向こうに、蔵王堂を見渡すばかりであった。

先生と共に歩ける感激と緊張で、思考は完全にストップしていたのだろう。



花散るや何遍見ても蔵王堂      昌子



いつどこから出てきたのか、我知らず詠いあげた句を大峯先生にお採りいただけた。

その後は、お会いするたびに、

「蔵王堂の句、あれはよかったね、〈古池や蛙飛びこむ水の音〉以来の名句やね」と、

にこにこと何度口誦して下さったことであろうか。

それは冷やかしの言葉ではなく、このように正直な句を作りなさいよという叱咤激励であり、

心底元気をいただくものであった。


私の初学時代は、飯田蛇笏の高弟に師事したことから、即物具象に徹すべく、

厳しい指導の下に明け暮れたが、いつしか人間探究派と呼ばれる俳人に魅了されてゆき、

主情を濃く出す方向に傾きかかっていた頃に、大峯先生に巡り合わせていただいた。

まさに吉野山は私の俳句観の分水嶺であったように思う。


ある年、やはり吉野を歩きながら、秋櫻子系統の先輩同人が、

「いい俳句を作るには、自然の中のどこをどう切り取るかということになりますね」と問いかけられた。

先生は「いや、切り取り方ではない。気分が湧くまで待たなくては」と、次の二句を比較された。



前にありと見れば蛍のしりへかな     宗因

草の葉を落つるよりとぶ蛍かな      芭蕉



宗因の句は自我の情緒、芭蕉の句は、自我の声が蛍の中に死んでそこから蘇生している、

このように季節感の中にどっぷり浸かることが大事だと示してくださった。


大峯あきら自選句集『星雲』の帯文、

「季節とはわれわれの外にある風物のことではなく、われわれ自身をも貫いている推移と循環のリズムのことである。

世界の中の物は何ひとつこのリズムから自由になれない」という一節は、

俳句観のみならず、私自身が生きて行く日々のありようにおいても、金科玉条になっていった。


自然のリズムに従って生きることが、人間の本当の生き方、

万物の移り変わりに驚くことから詩は生まれることを、

芭蕉は「造化にしたがひて四時を友とす」と言い、虚子は「花鳥諷詠」と言ったのであった。

その虚子の、「自分が本当に感じたことを正直に言うのが俳句である」という言葉、

これこそが詩の源泉であると教えられた。 


せっかちな私は、感情を押し殺して、下手な写実にこだわるばかりで、

心を天の一角に遊ばせることができなかった。

私を伝えてなお無私、即ち、

「私としての物の見方」と「客観写生」が矛盾するものではないと自得するのに時間がかかったのである。

当然のことながら、拙句は、どれほど叱られたことだろう。


一方、句会でビールを飲む私をとがめるどころか、

「ええ句ができそうやな」といたずらっぽい目を向けられ、稀にマシな句ができると「ビールの力やね」と、

 満面に笑ってくださった。

先生はというと、何時見ても、少し唇を突き出すようにして、

虚子の歳時記をしゅくしゅくと繰っておられた、まるで初心者のように。

六十年、七十年俳句を作り続けて今なお歳時記であろうか。

私はここに、ポエジーに真向う俳人の強固なる信念を見る思いがするのであった。 


「人間の言葉よりも先に人間に呼びかける宇宙の言葉がある。

その言葉を聞いたら、人間の自我は破れ、その破れ目から本来の言葉が出て来る。

それを詩という名で呼ぶのである」、

昨秋、朝日新聞に掲載された俳人大峯あきらの「うたをよむ」一文のしめくくりである。

先生は最初から最後までこのことを伝えたかった。


そう言えば、あの蔵王堂の句を成したあと、

リルケの『若き詩人への手紙』を読むように強く勧められたことがあった。

今、手に取ってみると、そこには赤い傍線がいっぱい引いてあって、何か胸の詰まる思いがする。

もとより、先生のお叱りはただのお叱りではなかった。

リルケならずとも、俳句を作ったその人を、まっとうな俳人にしてやりたい、

そういう慈愛に満ちあふれた心からの助言の数々であったのだった。 


実作者として一つ理解し得たのは、一句の情というものは、

さり気なく言うほどに滲んでくるもので思い入れの言葉で言うと逃げてしまうこと、

どこまでも深い写生を目指すことが俳句の正道に違いないということである。 


お応えできなかったことが悔やまれてならない。

ただ、先ほど刊行の拙句集『金剛』は、そのタイトルを大峯先生にご示唆いただき、

望外のお言葉を賜った、そのことは何よりの慰めとなっている、前を向いて生きたい。


思えば、今も私の中に堂々と聳えたっているのは、かの日の感動の蔵王堂である。

あの日、どこに立ってもわが真正面に見晴るかすことができるのは蔵王堂の他になかった。

そう、私の見た蔵王堂は、私にとって嘘偽りのない大峯あきら俳人、

その人そのものの姿であったことを、今にしてはじめて気付かされるのである。




(大阪俳人クラブ会報 №158所収)


by masakokusa | 2018-08-31 23:28 | 俳論・鑑賞(2)NEW! | Comments(0)
受贈書誌より感銘句(平成30年8月)                  草深昌子抄出


f0118324_21480726.jpg


「獅林」(主宰 的場秀恭)№972

   真つ直ぐの風に瞑り袋角     的場秀恭

   父母のをらぬ故郷朝の虹     梶谷予人



「雲取」(主宰 鈴木太郎)№252

   気負ひ来てこの麦飯の坊泊り     鈴木太郎

   母の日のていねいに抜く魚の骨    下條杜志子




「八千草」(主宰 山元志津香)№87

   荒梅雨へ突つ込むロマンスカー真つ赤      山元志津香

   腥(なまぐさ)き戦場の詩に梅香る       横山博行




『力石を詠む』第四集    高島慎助(四日市大学教授)

               山口友子(三重県書道連盟理事)


   かつて男達が力を競った力石。

   その力石に想いを込めて詠まれたものである。

   俳句、短歌、川柳、狂歌など280作をまとめた。


   陽炎や土に埋もる力石         正岡子規

   炎天の「卯之助石」の熱きかな     高島慎助

   黄落の海にぷかりと力石        酒井一止

   力石どすんと寒の来てゐたり      松永浮堂

   青葉寺二つ据ゑたる力石        草深昌子



   

f0118324_16591368.jpg

   

WEP俳句通信』№105

   老鶯を画眉鳥まぜつかへしたる     本井 英

   散りぢりの雲の安らや草茂る      瀧澤和治

   またたびの白うらがへるみなみかぜ   井上康明


   

『冬の雲』小堀紀子句集 第二句集

   消ゆる雲ありながら湧く冬の雲     小堀紀子

   虚子の忌や休むことなく海うごき      

   これほどの嵐にしづか紅椿         

   奢莪咲いて仏事の靴の黒びかり       

   恋の猫ひと来ぬ坂と知つてをり




「都市」(主宰 中西夕紀)№64

   青大将と逃げも隠れもせぬ我と     中西夕紀

   梅林のかをりのうごく風がくる     城中 良      



f0118324_12451273.jpg

「詩あきんど」(主宰 二上貴夫)第32

   峰雲に不二は日本一の山      二上貴夫

   引き潮に足を踏ん張る立夏かな   佐野恋蔵



「ふらんす堂通信」№157

   受賞特集

   33回詩歌文学館賞受賞   岩淵喜代子句集『穀象』

   第9回田中裕明賞受賞    小野あらた句集『豪』

   こわい俳句(新連載)     宇多喜代子

   現代俳句ノート        高柳克弘

   虚子研究レポート       岸本尚毅

   BLな俳句          関悦史

   新刊紹介 

富安風生『愛は一如』・後藤比奈夫『俳句初学作法』

大島史洋『斎藤茂吉の百首』・シリーズ自句自解『ベスト100山本洋子』

草深昌子『金剛』他



「鳳」(主宰 浅井陽子)№25

   箱庭を目のゆつくりと過りゆく     浅井陽子

   色消えてなほ存ふるしやぼん玉     貞許泰治



「松の花」(主宰 松尾隆信)№248

   夏めくや風をはらめるすべての帆     松尾隆信

   余生とは筍飯のおこげかな        横山節子


f0118324_14163827.jpg

『るん』辻村麻乃句集 第二句集

   出会ふ度影を濃くする桜かな     辻村麻乃

   夜学校「誰だ!」と壁に大きな字     〃

   森閑と海の岩屋に夏日さす        〃

   出目金も和金も同じ人が買ふ       〃

   生身魂見舞うて直ぐに叱られて      〃



「里」(主宰 島田牙城)№185

   ともがらに明と暗あり溽し      島田牙城

   夏の月塩蔵和布掴み出す       上田信治

   金扇にあらく塗りたる朱なりけり   堀下 翔



「俳句饗宴」(主宰 鈴木八洲彦)第762

   水鶏笛またも足腰揉みをれば      鈴木八洲彦

   有り体にもの言ふだけや籠枕        〃

     病床吟 

   目覚めては脈とる癖や五月晴      故・伊藤胡風子(90歳)

   信号機青となる今日子供の日        〃



「ハンザキ」(主宰 橋本石火)№36

   遅れ来てどかと座りぬ業平忌      橋本石火

   軽鴨の子や潜りてはすぐ顔を出す    池森はる子



f0118324_14172320.jpg


「阿夫利嶺」(主宰 山本つぼみ)257

   落す水なくて水車に夏の霧      山本つぼみ

   老鶯やまほらに畝傍山低し      小沢真弓


by masakokusa | 2018-08-31 23:06 | 受贈書誌より | Comments(0)
『青草』・『カルチャーセンター』選後に・平成30年7月    草深昌子選




f0118324_15063374.jpg


   猛暑日の風にいとしさ覚へけり     古舘千世


 これ以上ないというほどの暑さが「極暑」、「猛暑」である。

この猛暑の中をやってきた風、その瞬間に作者は「いとおしい」という感覚をもたれた。

何というやさしさであろうか。

ただ涼しいとしか言いようのない、あるいは生ぬるいものであったかもしれないが、

そんな風に対して、一縷のいのちを覚えるということは、「今を生きる」という自覚あってこそのものだろう。




   船室に吹き込む雨やビール干す     伊藤波


これは「船遊」の折の句であろう。

船遊は、納涼のために船を出して、風景を楽しみ、飲食を楽しむものである。

だが、あいにく、この日は雨となってしまった。

いや、いきなり夕立がやってきたのかもしれない。

雨もまた一興として、人は大いに盛り上がってビールを酌みあうのである。

雨の飛沫に、ビールの飛沫をもって応えるなんてイキではありませんか。




   鳥のこゑはたと止みたる朝曇     石堂光子


どんよりと曇った朝は、今日も炎暑になりますよという宣告を受けたようなもの。

そんな朝曇りにさっきからひとしきり鳴いていた鳥どちがはたと鳴き止んだ。

何故?そう思った瞬間に、むっと靄のかかった雰囲気があたり一面に立ち込める。

上五中七のあとに、怪しげな沈黙の時が漂うのである。

〈人気なき道の遙かを日傘かな  光子〉も、遠くまで空間を見せている。




   炎昼や眼鏡を外す測量士     藤田トミ

 

もえるように暑い夏の真昼にあっても、人は仕事を休むわけにはいかない。

ふと向うの方で、さっきから働いていた測量士が眼鏡を外したというのである。

ただそれだけである。

俳句はただそれだけ、意味を持たないのがベストである。

測量士は汗をぬぐおうとしたのか、暑さのあまり視界がぼやけて眼鏡の玉を拭こうとしたのか。

熱中症の予感か。

本当のところはわからない、わからなくていいのである。

端的にして何も言わない俳句は、読者もまたその場に立ち会ったかのような気分になる。

「嗚呼・・」という嘆息を測量士になりかわってトミさんが洩らされたような感じである。



f0118324_15004216.jpg


   気が付けば蚊に喰はれをる手酌かな    奥山きよ子


 手酌でちびりちびりと酒をたしなんでいて、ふと気が付いたら手の甲が赤い、急に痒くもなって、あらまあというところ。

 作者は真面目そのものに詠っているのだが、読み手には面白く状況を想像させてもらえる。

 手酌の気儘に、蚊が仲間入りしてくれた感じである。

 てっきり男性かと思いきやなんと女性の句である、だから俳句は楽しい。

〈昭和橋新昭和橋夏めきぬ  きよ子〉、昭和の畳みかけが見事、季語も的確。



   

   花氷向うに君の白ドレス     米林ひろ


氷塊の中に美しい花々を閉じこめて、涼しさを演出する花氷。

筆者も昔は、来客のたびに、冷房代わりに花氷を用意したものだが、最近はクーラー一辺倒である。

掲句はホテルのロビーに据えられた装飾用の花氷であろうか。

それだけでも涼味満点であるのに、白いドレスの君が向うに透けているとは、いっそううるわしい。

透明感に打ち重ねるような、「白」の色彩が決まっている。




   手拭の湿りて重き西日中      川井さとみ


真夏のもえるような太陽は、ようやく西に傾いても光線厳しく、なかなか沈まない。

汗でぐっしょり濡れた手拭いであろうか、ぐたっと重たい感触が、そのまま西日のやるせなさを象徴するように感じられる。




   風知草まづ誉め庭の花を誉め     日下しょう子


風知草は、その名の如く風にそよぐさまが美しい。

玄関先に置かれた鉢植えの風知草を、「まあ、涼しそう」と先づは感嘆されたのである、

そして庭先に進んでいくと、夏の花々が赤に黄色に咲き乱れていたのであろう。

訪れた家の佇まいが、作者の一歩一歩に寄り添うように実感される。

「誉め」のリフレインが心弾みをうかがわせている。



f0118324_15011915.jpg

   雨粒を網に織り込み梅雨の蜘蛛     中原マー坊


 蜘蛛は夏の季語であるが、「梅雨の蜘蛛」という念を入れた抑えがよく効いている。

蜘蛛は尻から糸を紡ぎ出して、車輪状に大きく巣を張っているのだが、

折からの雨の粒々もまた細やかに織り込まれているというのである。

蜘蛛の囲に雨がふりかかっているという情景を、このようにきらっと美しく描写されると、

鬱陶しい梅雨の季節もまんざらではないと思わせる。

俳句は何より、物をよく観察することが大事であると教えられる。



 

   夏の雨把手に袖を掴まれて     中野はつ江


 家を出ようとしたときであろうか、何らかのはずみでドアの把手に袖口がひっかかったというのである。

そういう体験はなきにしもあらずだが、よくぞそんな瞬間を一句に持ち込んだことよと感心させられる。

そんなハプニングを、慌てずに受け止めている心情が、「夏の雨」という季語によく出ている。

「梅雨」でも「雷雨」でもなく、ざっくりとした「夏の雨」が、フレーズにぴたっと寄り添っている。




   白樺に埋もるるごとき夏館     小幡月子


これほどに夏らしい館があるだろうか。

白々とした樹皮の白樺は、その丈もすっくと伸びて見るからに涼しげ。

夏らしく装わなくても、ただその樹々に囲まれているだけで幸せな邸宅である。




   廃屋の向かう廃校夏薊     東小薗まさ一


廃屋もあれば廃校もあるという、あたり一帯のちょっと荒れたようなありようが淋しい。

だがここには、夏の薊があっちこっちと涼しげに吹かれているのである。

薊の紅紫色が何とも鮮やかである。

かつては子供たちの声に溢れ、賑やかだった昔をなつかしむ気持ちも薊に重なっている。



f0118324_15015861.jpg


   合歓咲くやかつて銀山ありし町    森田ちとせ


銀を産出する鉱山のあるところ、例えば石見銀山などであろうか。

だが、今はもう閉山されている。

こんな町に咲く合歓の花の風情は何と美しいことだろう。

「眠りの木」を印象する「ねむ」という語感もやさしく、

かの銀(しろがね)光りを思わせるような合歓の花の色彩がおのずから浮き上がってくる。




   新宅に風の入り来る心太     市川わこ


この「心太」は抜群に喉越しがよさそう。透き通っていて、何とも涼しげである。

新築の家のきれいさ、心地よさ、全く申し分ないところへ、風が入ってくるのである。

満点の居場所に、豪勢なご馳走を置かず、ささやかな庶民感覚の心太にとどめたところが俳味である。




   笹舟を流す子のをり橋涼み     狗飼乾恵


 夏の暑さを逃れて人はいろいろの場所に涼みを求める。

 夕方であろうか、橋の欄干にもたれて川風に吹かれるのも絶好の涼みであろう。

浅瀬に下り立って、笹舟を流して楽しんでいる子がいる。

ふと手元に子ども時代の笹の感触が蘇ったのかもしれない。

なつかしみが涼しさをいっそう引き立ててくれるのである。



その他の注目句をあげます。


   大西日道は火渡りするごとし       栗田白雲

   梅雨晴やジャングルジムに子がいっぱい  山森小径

   子かまきり田守の襟に乗つてをり     二村結季


f0118324_15035806.jpg

   縁台に仰向けに寝て天の川        石原虹子

   蝉時雨けふの日西にかたぶけり      間 草蛙

   青葉潮夕日の先は備後灘         河野きな子

   夏暁や潮のにほひの三崎港        堀川一枝

   ビルの灯の真下に舫ふ涼み舟       中澤翔風

   三日月と星と向き合ふ夜涼かな      菊地後輪

   あをあをと笹の戦げる夏の雨       森川三花

   ころがしてまたころがして梅筵      湯川桂香

   炎天やすすと鶺鴒進みつつ        加藤洋洋

   奥の間の皮座布団の静けさよ       神﨑ひで子

   炎天のオスロや風のよくとほる      中 園子

   蜻蛉の群と一緒に往きにけり       佐藤昌緒


by masakokusa | 2018-08-31 22:51 | 『青草』・『カルチャー』選後に | Comments(0)
現代俳句展望           太田かほり 

  

f0118324_17573796.jpg


   とめどなき落葉の中にローマあり      大峯あきら

   涼風のとめどもなくて淋しけれ         〃     

   亡きあとを日はまたのぼり草萌ゆる     山本洋子

   寒月のあまり大きく満ちにけり       草深昌子



 「晨」5月号「大峯あきら」追悼特集より。

 一句目。

「ローマ」とはどれほどの情報を我々にもたらすことか。

この重い固有名詞と上五中七が拮抗し合って世界のローマらしい大きな句柄を形成している。

はらはらと散りずんずんと積もっていく落葉が古代都市ローマを埋めてゆく。

人間の歴史の大舞台となったローマ、

たくさんの英雄たちが登場しては消えていった果てしないローマの物語を落葉がことごとく埋めていく。

片や悠久の自然の営み、片や一瞬の栄枯盛衰である。

極小の俳句に用いられた固有名詞「ローマ」が読者に働きかけるものは大きい。


 二句目。

「涼風」は歓迎すべきものであり、「淋し」はそれほど喜ばしいものでもなく、

断固排斥したいというほどの悪しき感情でもなく、この矛盾が「とめどもなくて」によって相殺される。

上五と下五の捩れというほどではない捩れが微妙な感情を思わせる。

涼風は誰にも有難いが「とめどもなくて」の状況に置かれるとかえって落ち着かなさを感じる。

賑やかな場面は考え難く、境遇によっては孤独へと向わせられる。


 三句目。

追悼句である。

日が昇ること、草が萌えることは宇宙の真理である。

大峯あきらは宇宙を語ることを通しこの世の真理、人間の真実を語った。

俳句は絶えず移りゆく宇宙から生まれると考えていた。

季節が巡ることは宇宙の変化の一つであり、過ぎ去った季節はまた回帰すると述べている。

作者は、それらの言葉をその「亡きあと」に思い出し、反芻し、励まされている。

大きな喪失感のうちに日は過ぎていくが、その言葉通り、

「また」朝が来て、「また」春が来るという宇宙の真理に深く肯き、かつ、師を追慕する。


四句目。

追悼句である。

大峯あきら氏の逝去は去る130日であった。

折から満月の頃であった。

「大きく」「満ち」は実景だったかもしれないが、作者の故人観を重ねたものと考える。

訃報に驚き、衝撃のまま目を見張る。

茫然自失の体である。

感情はすぐには湧いて来ず、何を言いたいのか、言うべきなのか分からない。

その存在の偉大さにおののくような思いに襲われ、

そのままの情景を言葉にしたかのような、それしか言えないような一句である。

そこが飾らない気持の吐露となった。

寒月は亡き人に他ならない。

冷たくなっていくにもかかわらず、命が満ちるように光を増してゆく。

「満ちにけり」の詠嘆は亡き人が亡き後にも見せる姿への作者の感動である。

「あまり」に言葉にならない讃仰がある。



(「浮野」平成308月号所収)



by masakokusa | 2018-08-31 17:53 | 昌子作品の論評 | Comments(0)