草深昌子を中心とする句会・選後に・令和6年6月          草深昌子選


草深昌子を中心とする句会・選後に・令和6年6月          草深昌子選_f0118324_17072364.jpeg


あぢさゐや揺すつて軽き貯金箱     二村結季

 貯金箱に日々小銭を溜めている、時々手にとって揺すってみるのも楽しみの一つ。

 そろそろ大分溜まったころあいを察して揺すってみたところ、さほどのこともなかった。

これは子供の仕草ではない、美しく年老いた女性の一句である。

作者の立ち位置はそう、手入の行き届いた庭に紫陽花の青紫がゆったりと揺れているところだろう。

紫陽花を愛でる涼しげな心映えが、文字通り軽妙に詠い上げられている。

あじさいの七変化のうちに貯金箱も手応えのある重みになってゆくのではなかろうか。



六月の川に溶けたる夕日かな     佐藤昌緒

六月という月のイメージはやはり梅雨、鬱陶しいということであろうか。

私には植田が一面にひらけて、しみじみ瑞穂の国の美しさ有難さを思う季である。

そんな六月の植田のほとり、夕べの川べりを歩いていると大山に落ちかかった陽ざしが、

まさに「川に溶けたる」状況となって、あかあかと明るさに満たされてゆく。

川の流れるともなく流れゆくままに、明日へつながってゆく夕日をいつまでも惜しんでいる。



黒竹を呉れと卯の花持て来たる     伊藤欣次

黒竹というものがどんなものか知らない。それでも読めば字の通り黒い竹であろうと察する。

卯の花を持ってきて黒竹を欲しいという、白と黒の物々交換は何とも清々しいではないか、

人の心の交歓をもって黒竹と卯の花がともに引き立ってくる。 

 掲句からすぐ一句が浮かんだ。〈薔薇呉れて聖書貸したる女かな〉、

 虚子の若き日の句である。薔薇を剪ってくれた女性が、これ読んでと聖書を貸してくれたというのだろう。

 私の中で女と薔薇と聖書が妙につながって離れない。

 さて、卯の花を置いていったのは女にあらず、男に違いない。いい男だ、心中勝手にそう決めている。


疎開せし虚子の小諸の夏木かな       欣次

 虚子は太平洋戦争のさ中、昭和19年から長野県小諸市に疎開した。

 小諸の自然や風土や人情をもって「小諸時代」という新しい俳句世界を打ち出した。

 掲句はその事実を言っただけではない、それ以上にぞっとするほど脳裏に、なお眼前に夏木の存在を思わないではおれない。

 〈爛々と昼の星見え菌生え   虚子〉、虚子は昭和22年小諸を去った。




草深昌子を中心とする句会・選後に・令和6年6月          草深昌子選_f0118324_17081411.jpg


老鶯や大楼門は雨に濡れ     柴田博祥

老鶯の玲瓏たる声を聞くたびに、老鶯とは齢取った鶯のことと決めてかかっていた初学時代がなつかしく蘇ってくる。

春よりも尚美しい声で鳴きながら、晩鶯、残鶯とも言われる鶯はやはり「老い」の意を免れがたくまとっているのではないだろうか。

高野山であろうか、雨の日の大楼門あたりでひとしきり鳴いてくれた鶯はなんといじらしいことであろうか。

老鶯たる季語の趣きが一句全体に染みわたってゆく。



夏めくや米沢牛はミディアムに      葉山 蛍

 垂涎の一句。和牛と言えば近江牛、神戸牛、松阪牛など近畿圏のそれらが思われれる、

 俳句にも読みこまれたことも多々ある。だが何と米沢牛の御出座しである、この新鮮なる出会いにまずは驚いた。

 「ミディアムに」、焼き加減をもってきただけの簡潔さがウマイ。

ジューシーな肉汁、わけても米沢というからには赤い中心部がなまなましく見えてくるようである。

 ああ、夏がやってきたなあという、まこと腹に応えた実感が読者のそれとなって伝わってくる。



 梅雨寒や今日のおやつはハトサブレ    漆谷たから

 梅雨の頃は思いがけず寒気団が押し寄せて油断ならない。寒がりの私はセーターを着こんだりするほど。

そんな梅雨寒の今日、おやつにいただいたのは、鎌倉の銘菓鳩サブレだという。

ハトという平和のシンボル、サブレというサクサク感、その語感やニュアンスがおのずからほのぼのとした一服感を伝えてくれる。

ハトサブレはいついただいてもおいしいが、梅雨寒にこそふさわしいと思わせる力がこもっている。

作者に聞けばたまたま食べただけと笑うであろうが、「梅雨寒」を上五に据えるというのが俳人のたしなみである。



  読みつづく奥地紀行や冷し酒         奥山きよ子

   蠅叩き握る押つ取り刀かな            きよ子

   畳屋の庭の仕事場立葵            山森小径

   フラメンコ空に響くや夏燕           永瀬なつき

   手刀を切る所作千代の田植かな       泉 いづ

   鳥取の砂丘育ちのらつきよかな       小宮からす

   瓦屋根青鷺一羽のつてをり          平野 翠

   子燕の空にとどまり餌を受くる        日下しょう子

   せかせかと鳴く時鳥四時五分        石野すみれ

   ハンカチの花のぐるりや夏木立       東小薗まさ一



草深昌子を中心とする句会・選後に・令和6年6月          草深昌子選_f0118324_17130726.jpg


   短夜や夜勤看護師挨拶に         中原初雪

   文字摺草一つ蝶々のまとはりて      石堂光子

   源泉を掻きまぜてをり藍浴衣       河野きなこ

   笑ひ声とカレーの匂ひ網戸より      松井あき子

   青山椒少し若きを好みけり         関野瑛子

   日盛や鉱物めきて椿の葉         加藤かづ乃

   職人のあぐらかきをり夏木立       木下野風

   立葵列車過ぐたび揺れてをり       大村清和

   白鷺のぬつと飛び立ち畑に消ゆ      石井久美

   夜の秋の振り向く父の笑顔かな      中澤翔風

   蕗を摘む母と見紛ふ義理の姉       村岡穂高

   遠き日よ西瓜の皮に蠅止まり       滝澤さくら

   夏野原ヘリコプターの影走る       佐藤健成


by masakokusa | 2024-07-08 16:58 | 昌子の句会・選評
<< 青草通信句会講評・令和6年7月... 受贈書誌他より・令和6年7月 ... >>