受贈書誌他より・令和6年7月         草深昌子抄出

受贈書誌他より・令和6年7月         草深昌子抄出_f0118324_20034439.jpg


「雲取」(主宰 鈴木太郎)

   迎火を焚いて来る日を新しく     鈴木太郎

   笊一杯蓬摘んでは昼の風呂      鈴木多江子


「棒」(代表 青山丈)

   昼顔と誰かが云ふと咲いてゐる     青山丈

   青水無月といふ身重のどつこいしよ   柳生正名


岸本尚毅『俳句講座 季語と定型を極める』(草思社)

  短い季語、長い季語の扱い。定型にどう収めるか。

  「切れ字」の使い方。韻律をどう作るか。

  、、、などなど例句を使って解説。いま最も役に立つ俳句書。


 『音数で引く俳句歳時記』を徹底活用するための姉妹編。


谷口智行句集『海』(邑書林)

   山桜人家と同じ数咲けり     谷口智行

   蒟蒻の花なつかしき友のごとし

   串本へひみつのところてん買ひに

   すぐ親にわたす年玉などやるか

   平群まで一本の道山桜


緒方順一句集『鳴鳴』(ふらんす堂)

   屈ませるちから菫のそのどこに     緒方順一

   本といふ窓の形や緑さす

   梟の飛ぶ構へして糞放つ

   放たれし山羊吸はれゆく夏野かな

   秋草の香りもろとも子山羊抱く


「ランブル」(主宰 上田日差子)

   大牡丹うつむくことのなかりけり     上田日差子

   連翹や先の先まで黄のゆるる       大谷則子


「松の花」(主宰 松尾隆信)

   箱根山笑へり小雨降りてをり     松尾隆信

   楽聖の怒髪に似たる桜かな      興梠 隆


「はるもにあ」(主宰 満田春日)

   すれ違ふ君がノートに薔薇くづれ    満田春日

   端踏んで立てるスケボー鳥の恋      山崎杏


「鳳」(主宰 浅井陽子)

   糶札に金魚あぶくを一つ吐く     浅井陽子

   うぐひすの一声ごとの尾の弾み    貞許泰治


「ハンザキ」(主宰 橋本石火)

   じやがいもの花の出揃ふ夕日かな     橋本石火

   溝川に流れ落ちたる蝌蚪の紐       川口漣童


「梓」(代表 上野一孝)

   藤の花旅の目覚めのうれしくて     上野一孝

   タクシーの真白きシート梅雨に入る   出口紀子


「帆」(主宰 浅井民子)

   たわむほど玉葱吊りて昼深し   浅井民子

   大谷の打球の行方夏燕      廣瀨 毅


「秋草」(主宰 山口昭男)

   春風やクロワッサンに鈍き照り    山口昭男

   春の土象の背中にのつてゐる     高橋真美


「ににん」(代表 新井大介)

   白壁に青葉の影のうすみどり     岩淵喜代子

   いつになく若葉の匂ふ夜風かな    新井大介


「やぶれ傘」(主宰 大崎紀夫)

   左から燕またまた左から     大崎紀夫

   暮れかかる川のにほへる月見草  根橋宏次


「晨」(代表 中村雅樹)

   山ざくら潮の如く雲流れ     中村雅樹

   手に掬ぶ伊吹の水や青芒     中山世一


「枻」(代表 雨宮きぬよ・橋本榮治)

   木々に風岩に水鳴る五月かな     雨宮きぬよ

   陰もなき湖の一島夏来る       橋本榮治


「今」(代表 瀧澤和治)

   木天蓼の花に轟く垂水かな     瀧澤和治

   夜の息をたしかめてゐるヒヤシンス 手塚美子


「玉梓」(主宰 名村早智子)

   沙羅咲くや後生大事に師の一言    名村早智子

   椰子の葉の高さに風よ夏近し     房安栄子


「獅林」(主宰 梶谷予人)

   りんりんと白を鳴らすや君影草    梶谷予人

   夏めくや奥まで白き竹の道      北本美栄子


by masakokusa | 2024-06-26 19:59 | 受贈書誌他より
<< 草深昌子を中心とする句会・選後... 「WEP俳句通信」140号・作... >>