受贈書誌より感銘句(平成30年4月)                  草深昌子抄出

「ハンザキ」(主宰 橋本石火)

   菓子折に雛乗せあり菓子司     橋本石火

   梅の寺天女は軽き沓を履く     渡辺みえ子



「俳句饗宴」(主宰 鈴木八洲彦)

   妻留守の宵の春雪降りにふる     鈴木八洲彦

   春一番物置小屋の戸が外れ      小岩よし子



『富士山麓・晩年』(続・佐々木敏光句集)

   晩年や前途洋洋大枯野     佐々木敏光

   裏山を森へなだるる霧の塊

   わが森はわが大宇宙冬籠

   郭公や芭蕉の道も下校時

   富士ひとつ月のひとつの良夜かな




f0118324_13351807.jpg

「星雲」(主宰 鳥井保和)

   あおあおと高野八峰雪月夜     鳥井保和

   緩やかな風が解きぬ春霞      竹内正興



「大阪俳人クラブ」(発行人 茨木和生)

   獺祭無人カメラの作動中      山内繭彦

   朝日さす海に声湧き鴨帰る     野村朴人



「群星」(代表 藤埜まさ志)

   吾妻橋船と潜れる都鳥       奈良比佐子

   注連飾る艦の真中の大神棚     藤埜まさ志



「秋草」(主宰 山口昭男)

   孟宗の古き青色雪ふりつむ        山口昭男

    ポケットや手袋出せばティシュ落ち    木村定生


f0118324_20015176.jpg

「玉梓」(主宰 名村早智子)

   蜷の道蜷の帰つて来ない道      名村早智子

   ことごとく木に巣箱ある小学校    井上惠美子


   

「晶」(主宰 長嶺千晶)

   庭の松見えず吹雪の真横より     長嶺千晶

     浅間山仰ぐにマスク外しけり     寺島民子



「獅林」(主宰 的場秀恭)

   朧夜の静けさに人通りけり     的場秀恭

   紙皿が似合ふ天麩羅蕗の薹     小原 勝



「鳳」(主宰 浅井陽子)

   薄氷を回して鳥の立ちにけり     浅井陽子

   大寒やズボン一本買ひ足しぬ     前尾五月男


f0118324_17563859.jpg

「都市」(主宰 中西夕紀)

   風邪抜けの喉にうれしき蕎麦の冷え     中西夕紀

   さざん花へ身を投げ入れる鳥のこゑ     城中 良



「雲取」(主宰 鈴木太郎)

   花種の日を吸ふ力しづかなり     鈴木太郎

   船頭の耳揉んでゐる夕焚火      鈴木多江子



「里」(代表 島田牙城)

   坂道に風の和したる桜かな     堀下翔

   和紙切つて旧正月の作りもの    中村与謝男



「泉」(主宰 藤本美和子)

   ねむごろに掃く白梅の影の内     藤本美和子

   花の名の漢方薬や二月来る      きちせあや


f0118324_17434584.jpg


「松の花」(主宰 松尾隆信)

   初日いまだし天上はすでに青     松尾隆信

   爽やかに連山とぎれなかりけり    荒井寿一



「ににん」(代表 岩淵喜代子)

   春月の一回りして同じ位置       服部さやか

   地吹雪や二歩先にらむ足の位置     栗原良子



「俳句饗宴」(主宰 鈴木八洲彦)

   春の鹿起てども人を見るでなく     鈴木八洲彦

   寒雁の声なす沼の底ひより       星 節子



「梓」(主宰 上野一孝)

   盆の松入れ一族の初写真       上野一孝

   いま何か言ひし貌なりいぼむしり   出口紀子


by masakokusa | 2018-05-01 23:59 | 受贈書誌より | Comments(0)
<< 昌子作品抄・角川『俳句』平成2... 昌子365日(自平成30年4月... >>