俳句雑誌「ハンザキ」(橋本石火主宰)・特別作品

  

    冬日               草深昌子

                     「青草」主宰・「晨」同人                          

                          句集『青葡萄』『邂逅』『金剛』


f0118324_18551774.jpg



   ぽかぽかとしたる冬日に詣でけり


   常磐木の丈高ければ枯木また


   波乗りの波と来たれるクリスマス


   ここに柚子向かうに蜜柑人の庭


   晴れがましすぎはしないか干蒲団



       ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~


   鎌倉吟行は20年以上続いているが、自然の風光は会うたびに新しい。

   何より、蜑の苫屋風の会場ながら、句会の先輩諸氏に、今もって狎れるということがない。

   ちょっとトキメク、それが一番楽しい。




 

  編集後記


  特別作品を「青草」主宰の草深昌子先生にお願いしました。

  物を見る感性の独自さのあるお句に学びたいと思います。(石火)



(俳句雑誌「ハンザキ」№30・2018年2月号所収)




by masakokusa | 2018-03-02 18:21 | 俳論・鑑賞(2)NEW! | Comments(0)
<< 草深昌子句集『金剛』・書評抄録... 受贈書誌より感銘句 (平成30... >>