昌子365日(自平成30年2月1日~至2月28日)
       2月28日(水)       煎餅屋蕎麦屋魚屋冴返る

       2月27日(火)       路地抜けて路地につまるや梅日和

       2月26日(月)       芽ぐむとも蕾むともなくみどり色

       2月25日(日)       料峭のあけぼの杉の林かな
f0118324_23185286.jpg

      
      2月24日(土)       海原の今は通りの鳥の恋

      2月23日(金)       川幅に舟の幅行く鳥雲に

      2月22日(木)       駄菓子屋の瓶の口開く春燈下

      2月21日(水)       棒切れをもつて幹打つ余寒かな

      2月20日(火)       酒蔵の匂ひしてゐる竹の秋

f0118324_21403142.jpg

       2月19日(月)      松林に日のあまねかり南国忌

       2月18日(日)      白雲の行き行く春の酒匂川(さかわがは)

       2月17日(土)      春めける風のひと渦巻きにけり

       2月16日(金)      山高く川細くあり涅槃西風

       2月15日(木)      総会の拍手いくたび梅ひらく

           
f0118324_21333152.jpg

       2月14日(水)      みづうみのどこもさざなみ冴返る

       2月13日(火)      乳牛の眼と会ふ春の寒さかな

       2月12日(月)      石に乗り岩に廻りて水温む
 
       2月11日(日)      下萌に寝かせて長き熊手かな

       2月10日(土)      降り出して小糠雨とも春の雪
f0118324_20234922.jpg

       2月9日(金)      蕗味噌にたてがみ遠く見てゐたり

       2月8日(木)      仰ぎ見て鳶美しき雪間かな

       2月7日(水)      二人子を遊ばせてゐる芹の水

       2月6日(火)      御僧にさしかく春の時雨傘

       2月5日(月)      立春の居間は二階でありにけり
f0118324_00141912.jpg

       2月4日(日)      豆撒のさすが左腕の投手かな

       2月3日(土)      蕭条のきはみの豆を囃しけり

       2月2日(金)      往き来して雪の廊下やただ一人

       2月1日(木)      額(ぬか)に指あててそのまま雪の夜

by masakokusa | 2018-03-03 23:59 | 昌子365日 | Comments(0)
<< 昌子作品の論評・平田雄公子 受贈書誌より感銘句(平成30年... >>