受贈書誌より感銘句 (平成30年1月)         草深昌子


 貴重な御誌をご恵送賜り有難うございました。


f0118324_10103801.jpg


「ににん」2018年冬号№69

   坩堝から坩堝に移す葉鶏頭     岩淵喜代子

   小春日や柱の影に女の子      川村研治


「ハンザキ」20181月号№29

   もう捨つる気になつてゐる古暦      橋本石火

   落ちさうで落ちぬカリンの実が幹に    神戸道子


「ランブル」20181月号№239 創刊20周年

   着ぶくれて嫌ひが好きになることも     上田日差子

   爽やかや風に奥行ある故郷         森 孝枝


「絵硝子」20181月号 22周年記念号

   初明り目指すべき道しかと見え      和田順子

   雪虫を連れて杜氏の来たりけり      平野暢行


「俳句饗宴」20181月号(第755号)

   はじめての雪へ受話器を向けて妻      鈴木八洲彦

   卒寿とは喜ぶべきか実南天         小岩よし子


「年輪」20181月号(733号)

   鶏二忌の雨にまんさく二度咲きす      坂口緑志

   火山列島一岳火噴き鷹渡る         駒木逸歩


「星雲」20181月号第41

   初鴨や一の鳥居は海に立つ        鳥井保和

   背伸びして子の背を計る良夜かな     天倉 都


「梓」2018・1第29

   皿に鮭壁に高橋由一の鮭        上野一孝

   健次忌の海暮るるまで泳ぐなり     堀本裕樹


「はるもにあ」20181月号第66

   噛みしめてアイヌ語といふ柳葉魚かな     満田春日

   寒かろう皇帝ダリアのその高さ        松山ひろし


「里」20181月号№178

   荒巻の箱紙ごみとして縛る      島田牙城

   冬菜畑三つならびに建つ住宅     上田信治


「秋草」20181月号

   綿虫の中へ入つてゆく体       山口昭男

   北斎の波のうらがは秋寂びぬ     三輪小春


「舞」平成30年新年特別号№85

   豊かなる父の欠伸や初湯殿        山西雅子

   はるばる台風めがけて集まって無口    小川楓子


「玉梓」12月号

   初時雨しばらく人の途絶えけり      名村早智子

   船形の火を押す風や東より        松澤美智枝


「燦」2017年11・12月号

   朝寒し星々いまだ夜を続け      山内利男

   踊子となりて見上ぐる指の先     後藤一郎


「パピルス」創刊号20181月(春号)

   吾亦紅一誌を興すこころざし      坂本宮尾

   小机の月のひかりに手をのせる     栗島 弘


「鳳」23

   やうやうに灯りに馴染み初暦     浅井陽子

   縄張りの中に我が家も冬の鵙     田和三生子


「大楠」20周年記念特別号 1月号

   二十周年迎ふる初日受けにけり     川崎慶子

   せせらぎの八瀬の里かな冬うらら    小坂保瑞


「阿夫利嶺」1月号

   ことごとく絵馬濡れ根津に深む秋      山本つぼみ

   そぞろ寒起居に触るるものなべて      小沢真弓


「松の花」1月号

   色変へぬ松の真鶴岬かな       松尾隆信

   行く秋や松葉一本づつに雨      横山節子


「獅林」20181月号№964

   冬めくやどこでも停まる過疎のバス     的場秀恭

   ゆりかもめ大河にはある中之島       森一心


季刊俳句同人誌「晶」SHOU №22

   箱書を後生大事と後の雛     長嶺千晶

   羅や月の色して畳まれぬ     嶋澤眞理

   

   

   

   


by masakokusa | 2018-02-04 09:47 | 受贈書誌より | Comments(0)
<< 俳句雑誌「ハンザキ」(橋本石火... 原石鼎俳句鑑賞・平成30年1月... >>