寄贈書誌より(令和4年6月)    草深昌子抄出

寄贈書誌より(令和4年6月)    草深昌子抄出_f0118324_22505894.jpg

「秋草」(主宰 山口昭男)

   永き日の音して無人精米所       山口昭男

   つぶ餡のこし餡よりもあたたかく    渡辺一二三


「雲取」(主宰 鈴木太郎)

   青饅や頭上の鷗聞きながら     鈴木太郎

   春の夜を病んで聞ゆる海の声    下條杜志子


「獅林」(主宰 梶谷予人)

   花冷や内ポケットにある悲報     梶谷予人

   遠く来て足にやさき芝芽ふむ     堀 芳子


# by masakokusa | 2022-05-24 22:49 | 受贈書誌より
草深昌子を中心とする句会・選後に(令和4年4月)


草深昌子を中心とする句会・選後に(令和4年4月)_f0118324_20300964.jpg

遠足や丘を登れば富士の山     石野すみれ

  「丘を登れば富士の山」とは何とすばらしい遠足でしょう、すかっとしています、いかにも新鮮で心がはればれとします。

 遠足は俳句でよく詠われるのですが、何だか久々に感銘しました。

 作者に作句のきっかけを聞きますと「お友達と誘いあわせて遠足したのです」とお答えになって、私は感銘の理由がすっと分かりました。

遠足を広辞苑に当りますと、①遠い道のりを歩くこと。また日帰りできるくらいの行程を歩くこと。

②学校で、見学・運動などを目的として行う日帰りの校外指導。とあります。

 遠足は春に限ったことではないのですが、「遠足」は春の季題となっています。

〈遠足の列とどまりてかたまりて 虚子〉、〈遠足の女教師の手に触れたがる 誓子〉

〈遠足の列大丸の中とおる 飛旅子〉など私の知る大方の句は②の遠足でした。

掲句は学校に関係のない①の遠足でした。



老いの尻ぐいと鞦韆揺らしけり     中澤翔風

 鞦韆とは遊具のぶらんこのことです。ぶらんこと言わずして鞦韆と言ったからには鞦韆であってほしいものです。

 つまり、中国からもたらされたものでこれに乗って遊ぶ風習があったというゆかしい春の景を浮ばせたいものです。

 ところが雅な美女ならずして、「老いの尻ぐいと」とは何という無様でありましょうか。

 いや、これは鞦韆への心入れがあればこその自嘲でありましょう。

 思わず笑ってしまいますが、読者はこういう一句を喜んで迎えるのです。つまり共鳴してやまないのです。



飛行機の低くゆくかな花曇      川井さとみ

ある日のことです、飛行機というものは空高く飛ぶものだと思っていたところ、なんとグオーッって感じに空低く行き過ぎ去ったのです。

オオッとそのことを認めた瞬間に「花曇」を心から感受したのです。

何でもなく見過ごしてしまいそうですが、瞬時の飛行機という重量感が「養花天」とも言われる季節感をよく表出しています。

 「花曇」という本意や本情を歳時記で読むだけではこんな句はできません。

 外へ出て自然のありように接する、「花曇」という季語の現場に立つことほど大事なことはありません。


 

芽吹山一夜城とはどのあたり     宮前ゆき

 「芽吹山」は、芽吹きの木々があたり一面、一つの山となっているのでしょう。

 作者は小田原にある豊臣秀吉の手になる一夜城、その現地に立っているのでしょうが、

 そこで「一夜城とはどのあたり」という措辞が絶妙です。

 芽吹山の旺盛をイメージさせながら、一方で一体一夜城とはどういうものであろうか、

 というそもそもの成り立ちの不思議に心を通わせているのではないでしょうか。じっくりとした情感がこもっているのです。

平明ながら美しい余情をひいています。


草深昌子を中心とする句会・選後に(令和4年4月)_f0118324_20304801.jpg


 

惜春や黒いビールを飲み干して     菊地後輪

 「黒いビール」、ここに作者の本当があって、その本当がそのまま読者に実感をもたらします。

 これが普通の瓶ビールや生ビールでは「惜春」にはなりません。

 黒ビールと言わずして「黒いビール」と言っているのですから、

 作者はビールのその色、その喉越しにちょっとした違和感、おやっというような感じを覚えているのでしょう。

 そんなしみじみとした味わいの気分がそのまま春を「惜しむ」という心情につながっていくのです。

かにかくに、作者は事実を述べただけですが、分かる読者には分かります、それが俳句というものです。

もとより作者は誰かに分かってもらおうなんて少しも思っていないのです。


  

火の気なき春の炬燵に足を入れ     伊藤 波

 炬燵は冬の暖を取るものですが、春ともなりますともうほとんど不要です。

 でも何となく名残惜しくそのままになっていることが多々あります。

 そう、「火の気なき」にもかかわらず人は炬燵とあれば、なぜか足を入れるものなんです。

 当たり前のことを当たり前に詠って、うらうらとしたおかしみをもたらしています。

 まさに「春の炬燵」をあますなく詠いあげているということになります。 



風少し強く吹く日や豆御飯     古舘千世

 一読、何と素敵な豆御飯であろうかと思いました。

 もう一度読み直しますと風がやや強く吹いているというのです、それでもなぜ文句なく素晴らしいと思ったのか、

 それはきっと作者が何のはからいもなく作句された、正真正銘の「豆御飯」にほかならなかったからではないでしょうか。

 「豆飯」は豌豆を炊き込んだご飯です。

 豆の緑も鮮やかによき塩気に仕上がりました。それにつけても、「風少し強く吹く日」が意味なくなつかしく思われるのです。

選者はそういう真実の句を見落としません、と言えばかっこいいですが、むしろ句の方から採るように声をあげているのです。

作者の豆飯にはなにかしらの思い入れがあるのかもしれません。



花曇同じ病の立ち話     木下野風

立ち話というのは立ったままですから軽い話しかしません、

でも今日はたまたま出会った方と同病相哀れむというようなことになりました。

二た三言交しあっただけでも、共々勇気づけられたに違いありません。折柄季節は「花曇」です。

曇っているのですからちょっと憂いがちになるのですが、桜の咲くころの独得のものです。

病とはいえ、大して悪くはなさそうで、どこかしら快癒の気分が感じられるものとなっています。


草深昌子を中心とする句会・選後に(令和4年4月)_f0118324_20330272.jpg

畝広く種置くやうに花の散る     川北廣子

 桜の花は咲き盛るかと思いきや、みるみる惜しげもなく散ってゆきます。

 花びらは畑の畝の上にまるで種を置くように一枚また一枚明らかに散っているではありませんか。

作者は咲く花よりも散りゆく花に心を寄せてやまないのでしょう。

日本人の伝統的は美意識が具体的に目に見えるように詠われています。

ここには、命の再生を祈るような気持がこもっているようです。



春潮や動きだしさうゴジラ岩     松井あき子

 ただの岩では動くわけはないのですが、ゴジラ岩と言われますとまるでかの怪獣ゴジラが動くかのように感じられます。

 ハッとするような感情をもたらされたのは、真っ青な海がふくれあがるほどに春の潮が差してきたからでしょう、

 逆にぐーっと遠くまで引いていったのかもしれません。

 このダイナミックな「春潮」を捉えて、「動きだしさうゴジラ岩」です、ただその12音で美事に言い切りました。

 ちなみにゴジラ岩は秋田県男鹿半島にあってまさにゴジラそのものという奇岩ですが、

 日本にはその他にもいくつかあって、西伊豆の海岸にあるものも有名だそうです。

 

 

   川近き魚屋の軒を燕かな          奥山きよ子

   菜の花畑ひよいと曲りて川に合ふ     二村結季

   あをあをと朝採り苣や水弾く        末澤みわ

   春風に干物のにほひ二番線        石本りょうこ

   風止んで藤は長さを揃へけり       澤井みな子

   屋根瓦投げて落として日の永き      芳賀秀弥

   朧月銜へ煙草に三味を弾き        長谷川美知江

   画眉鳥が若葉の山によく鳴くよ      間草蛙

   磐石の爪の隙間やすみれ草       泉いづ

   墓へ行く坂道ゆるく木瓜の花       東小薗まさ一


# by masakokusa | 2022-05-19 20:00 | 昌子の句会・選評
2022年版 『俳壇年鑑』
    諸家自選作品集

2022年版 『俳壇年鑑』_f0118324_12042887.jpg


    読み書きのいよよ楽しやけふ子規忌      〈青草〉 草深昌子



(本阿弥書店 2022年版『俳壇年鑑』 所収)

# by masakokusa | 2022-04-22 11:51 | 昌子俳句抄
「WEP俳句通信」127号(令和4年4月)          草深昌子・作品16句


   竹の秋風              草深昌子


「WEP俳句通信」127号(令和4年4月)          草深昌子・作品16句_f0118324_22344449.jpg

    

   髭のちよとうぐひす餅にありさうな

   木々高く藪の大きく氷かな

   蛭子てふ社のあはれ日向ぼこ   

   辞書入れて巾着提げて梅ひらく 

   料峭や桶の一つが石の上 


   春日傘そこを行くかに丘を行く

   鳥の恋はじまる崖のそそりたつ 

   てらてらと磐石にして寝釈迦なる 

   張り替ふる気のなき障子一の午  

   雪解けて石に穴また幹に穴    


   その道は石に尽きたり蜷一つ 

   親指の腹もてさぐる種袋

   耕人のフアッションモデル風であり

   雨垂れの向かうは春の障子かな

   寝坊して菱形餅をいただきぬ

   はねつるべ竹の秋風あたりけり



「WEP俳句通信」127号(令和4年4月)          草深昌子・作品16句_f0118324_20465020.jpg

   くさふか・まさこ

   昭和18年2月17日・大阪府生まれ

   飯田龍太・原裕・大峯あきらに師事

   平成29年「青草」創刊主宰・「晨」同人

   句集に『青葡萄』『邂逅』『金剛』


# by masakokusa | 2022-04-21 22:20 | 昌子俳句抄
寄贈書誌より(令和4年5月)       草深昌子抄出

寄贈書誌より(令和4年5月)       草深昌子抄出_f0118324_22563490.jpg

小川楓子句集『ことり』第一句集(港の人)

   水門を開くあなたにも白夜      小川楓子 

   小鳥来る夜の番地のありにけり

   寒いなあコロッケパンのキャベツの力

   ふくろふさがしてスウイッチ切る感じ

   永日のきみが電車で泣くからきみが


「ランブル」(主宰 上田日差子)創刊25周年

   赫赫と曲がりゆるさぬ牡丹の芽     上田日差子

   軽やかに春を流して水車小屋      上岡沙羅


「詩あきんど」(主宰 二上貴夫)

   寒の雨ロキソニン一粒の昼     二上貴夫

   大寒や地球は水色の浮力      竹村半掃


「松の花」(主宰 松尾隆信)

   草餅に口ひらきけり吉野山     松尾隆信

   紅梅やワクチンの熱身にまとふ   横山節子


「銀化」(主宰 中原道夫)

   鳥帰るとて葦騒のこともなげ     中原道夫

   ふらここや親子しだいにすれ違ふ   東 麗子

   

「里」(代表 島田牙城)

   苔の石落花をすぐに翔たせもす     島田牙城

   風船と私とショッキングピンク     野名紅里


「枻」(代表 雨宮きぬよ・橋本榮治)

   春の山大きな窓に置いてみる     雨宮きぬよ

   野遊びや父母ゐし頃の服を着て    橋本榮治


「ハンザキ」(主宰 橋本石火)

   浅瀬まで来てゐる桜うぐひかな     橋本石火

   寺焼けて礎石をつたふ春の雨      山中 綾


「晶」(代表 長嶺千晶)

   手綱取る革手袋に五指納め     長嶺千晶

   連翹の花辿りゆく朝の風      伊藤紀子


「帆」(主宰 浅井民子)

   木の橋を過ぎて土橋へ桐の花     浅井民子

   ひと畝の春大根や首太し       土屋義昭

   

「秋草」(主宰 山口昭男)

   芋植ゑて短き坂を下りて来る     山口昭男

   梅を見て源平の間へ通されし     三輪小春


「玉梓」(主宰 名村早智子)

   朴の葉に空ける青空祭来る       名村早智子

   二月尽渡しそびれしチョコレート    名村柚香


「棒」(代表 青山丈)

   セーターで居る日は本を読んでゐる     青山丈

   汀子逝く亀鳴く声に呼ばれしか       水野晶子


「獅林」(主宰 梶谷予人)

   始まりはからつぽがいい春あした     梶谷予人

   一丁目一番地の梅開きけり        森 一心


# by masakokusa | 2022-04-20 22:42 | 受贈書誌より