<   2016年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧
昌子365日(自平成28年12月1日~至12月31日)
 
      12月31日(土)     辻棚に買うて今年を惜しみけり

      12月30日(金)     冬や実の草にまつくろ木にまつか

f0118324_23315959.jpg


      12月29日(木)     日記買ふ三省堂の眩しさに

      12月28日(水)     耳袋かけてお寺は素通りす

      12月27日(火)     青空のまさしく青き年の暮

      12月26日(月)     煤逃の辻説法の跡に立つ

      12月25日(日)     絨毯に緑湛へてクリスマス

 
f0118324_198659.jpg


      12月24日(土)     聖餐の八角箸をつかひけり

      12月23日(金)     ながながと日向ぼこりの巣鴨かな

      12月22日(木)     冬麗のにほひ樒と知れるまで

      12月21日(水)     年暮るる路傍の石のみどり色

      12月20日(火)     万両やもたるるによき床柱

f0118324_214572.jpg


      12月19日(月)     礼拝のひとたび長き冬日かな

      12月18日(日)     寒禽のまれに来れるモスクかな
      
      12月17日(土)     二つ灯の点いてうれしや冬座敷

      12月16日(金)     忘年の双眼鏡を借りにけり 

      12月15日(木)     枯芝の青草勝ちに広きこと 

f0118324_21561635.jpg
  

      12月14日(水)     渡し場に舟来ぬ日向ぼこりかな
 
      12月13日(火)     丈にビル幅にビルある冬日かな  

      12月12日(月)     毛衣や三百年の松を前

      12月11日(日)     海を見て海を言はざる冬うらら

      12月10日(土)     口中に麩菓子溶けゆく風邪心地

f0118324_2265737.jpg


       12月9日(金)     日時計に冬日まだ来ぬ十時かな

       12月8日(木)     濃き色を海に湛へて十二月

       12月7日(水)     竹藪を門口にして冬籠
 
       12月6日(火)     後ろ手に踏んで港の落葉かな

       12月5日(月)     寒禽の木から落ちたるやうに飛び

f0118324_20434050.jpg


       12月4日(日)     一室の一面にして冬の海

       12月3日(土)     短日やあんなところに観音が

       12月2日(金)     枯園を歩幅正しく歩みけり

       12月1日(木)     水鏡したる皇帝ダリアかな 
by masakokusa | 2016-12-31 23:59 | 昌子365日 new! | Comments(1)
「なんぢや」・四季の椅子〈招待席〉     草深昌子

f0118324_2361668.jpg



      汽車ぽっぽ              


   枯芝に据ゑて一両汽車ぽつぽ    

   おけさ柿食うて笑うて日短

   枯れにけりもののかたちをそこなはず



 文章家は、書くことがなければ「書くことがない」と書きなさいと言います。
 そこで、「書くことがない」と書くのですが、後が続きません。
 こんな時、手に取って励まされますのは、ご縁をいただいた『なんぢや』の情熱。
 榎本享代表はじめ皆さまのエッセイに、しんみりしたり笑ったり、どれだけ元気をいただきましたことか。
 あらためて、人生における邂逅の不思議に感謝しています。

(『なんぢや』・冬 35号所収)
by masakokusa | 2016-12-31 22:57 | 昌子作品抄 | Comments(0)
『金剛』 Ⅰ
f0118324_20502311.jpg



金剛 ※ 目次

 Ⅰ      5

 Ⅱ     49

 Ⅲ     97

 Ⅳ     137

 あとがき



『金剛』Ⅰ

f0118324_21431737.jpg

 
江ノ電の飛ばしどころや白木槿

きらめくは秋暑の蠅の背中かな

以下略
by masakokusa | 2016-12-30 23:59 | 第3句集『金剛』NEW! | Comments(0)
『金剛』 Ⅱ
f0118324_21451964.jpg

  
旧正の鶏のかんむり大いなる

小石川はづれの梅のひらきけり

以下略
by masakokusa | 2016-12-30 14:20 | 第3句集『金剛』NEW! | Comments(0)
『金剛』 Ⅲ
f0118324_21465655.jpg

 
七夕やみんな大きくなりたくて

遠くまで見えて蔭なき秋の道

以下略
by masakokusa | 2016-12-30 14:18 | 第3句集『金剛』NEW! | Comments(0)
『金剛』 Ⅳ
f0118324_21481283.jpg



斜陽館さしゆく雪間また雪間

ぬかるんであれば梅散りかかりたり

以下略
by masakokusa | 2016-12-30 14:17 | 第3句集『金剛』NEW! | Comments(0)
あとがき
あとがき


  『金剛』は、私の第三句集になります。
  第一句集『青葡萄』を平成五年に、第二句集『邂逅』を平成十五年に刊行いたしました。そして又、十年後には第三句集をと心準備をはじめた矢先に、夫を亡くしました。

  平成二十四年五月、病院でのすべてのことを終えて、夫と共にわが家へ帰る途中、車は丹沢山系の麓の大きな竹藪にさしかかりました。

  竹はことごとく皮を脱いでいました。

  人は死に竹は皮脱ぐまひるかな     大峯あきら

 我知らず、一句が溢れました。
  まさしく、人は死に、竹は皮脱ぐ、真昼、でした。
  「季節とはわれわれの外にある風物のことではなく、われわれ自身をも貫いている推移と循環のリズムのことである。世界の中の物は何ひとつこのリズムから自由にはなれない」(『花月のコスモロジー』大峯顯著)という一節が、即座に蘇ったことを覚えています。

  句集を編んでおりますと、この方十七年、吉野、近江、伊勢志摩など方々へ、大峯あきら先生、山本洋子先生 とご一緒させていただきました幸せな歳月が思い出されます。

  ことに、恒例の吉野の桜吟行はかけがえのない濃密な句会でありました。
美しい山桜の宿で、庭下駄に下り立って、先生はじめ「晨」の十名ほどの皆さまと共に、ただ黙って、金剛山に沈んでゆく美事な夕日を眺めたことは、生涯忘れることはないでしょう。

 「金剛」こと金剛山は、吉野のある奈良県と、私が生まれ育った大阪府の境に立つ主峰です。なつかしさが重なり、句集名といたしました。

  これまで、さまざまの句会で格別のご芳情を賜りました先生方、皆さま方に心よりお礼申しあげます。

 平成二十八年六月
                                   草深 昌子
by masakokusa | 2016-12-30 14:17 | 第3句集『金剛』NEW! | Comments(0)
『金剛』 帯
f0118324_1654085.jpg


f0118324_166764.jpg

by masakokusa | 2016-12-30 14:16 | 第3句集『金剛』NEW! | Comments(0)
著者略歴
著者略歴

草深昌子(くさふか・まさこ)


1943年   大阪市生れ
1977年   飯田龍太主宰「雲母」入会
1985年   原裕主宰「鹿火屋」入会
1988年   鹿火屋新人賞受賞
1989年   近松顕彰全国俳句大会文部大臣賞受賞
1993年   第一句集『青葡萄』刊行
        『平成俳人大全集』共著
1995年   鹿火屋奨励賞受賞
1998年   深吉野賞佳作受賞
2000年   大峯あきら代表「晨」同人参加
        岩淵喜代子代表「ににん」同人参加
2003年   第二句集『邂逅』刊行

     現在  「晨」同人・俳人協会会員
         「青草」主宰・カルチャーセンター講師

     住所  〒243―0037
         神奈川県厚木市毛利台1―15―14

     『草深昌子のページ』http://masakokusa.exblog.jp/


f0118324_8215223.jpg

by masakokusa | 2016-12-30 14:15 | 第3句集『金剛』NEW! | Comments(0)
昌子365日(自平成28年11月1日~至11月30日)
       11月30日(水)     闇となく物となくあり狩の宿

f0118324_23444294.jpg


       11月29日(火)     冬帽子もすこし鍔のあらまほし
 
       11月28日(月)     ざつと見て黄勝ちの園の冬日かな

       11月27日(日)     シャンゼリゼ行くかに落葉踏みにけり

       11月26日(土)     切杭の冬あたたかに凹みたる

       11月25日(金)     初雪に懐中時計取り出しぬ

f0118324_1921184.jpg


       11月24日(木)     小雪の濡れて丸太の匂ひけり

       11月23日(水)     鉄柵を抜けて来たるは冬の蝶

       11月22日(火)     枯蔓にもの書く指のひつかかり

       11月21日(月)     夕暮て蠅の来てゐる花八つ手

       11月20日(日)     追はれしが今追ひかくる鴨であり
         
f0118324_19403983.jpg


       11月19日(土)     森ここにぽつかり割れて冬の空

       11月18日(金)     遠めいて鴨の一家とおもはるる

       11月17日(木)     くろぐろと水底見ゆる寒さかな

       11月16日(水)     青天をたまに鳥ゆく干蒲団

       11月15日(火)     くるくると財布に紐や酢茎売

f0118324_20224148.jpg


       11月14日(月)     水引に薊の絡む小六月

       11月13日(日)     枯れにけりもののかたちをそこなはず

       11月12日(土)     枯芝に据ゑて一両汽車ぽつぽ

       11月11日(金)     鴨を見て少しかなしきことを言ふ

       11月10日(木)     懐炉して音のほどには風の来ぬ
 
f0118324_21195221.jpg


       11月9日(水)     大川の風にセーター下ろしたる

       11月8日(火)     おけさ柿食うて笑うて日短

       11月7日(月)     今朝冬の坂ゆるやかに長くあり

       11月6日(日)     秋惜しむ金魚は池の底にゐる

       11月5日(土)     赤味噌をまぶしたるかに鵙の贄

f0118324_20251422.jpg


       11月4日(金)     間引菜を引いて今宵を養へり

       11月3日(木)     家々の裏を見てゆく水澄めり

       11月2日(水)     秋惜しむ鴉のこゑも代々木かな
       
       11月1日(火)     石蕗咲いて席に急須のまはりくる
by masakokusa | 2016-12-02 23:59 | 昌子365日 new! | Comments(0)