<   2016年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧
昌子365日(自平成28年8月1日~至8月31日)
 

f0118324_2152342.jpg
  

       8月31日(水)    下駄履きに大路を行ける野分晴

       8月30日(火)    手を上げて芙蓉の花の向かうかな

       8月29日(月)    「茶飯事」てふ店の先なる赤まんま
    
       8月28日(日)    盤石を叩いて竹のばつたんこ

f0118324_1647267.jpg
  

       8月27日(土)    秋風の角を曲がれば世界堂

       8月26日(金)    少しづづものの片付く秋思かな

       8月25日(木)    大山の麓のどこも落し水

       8月24日(水)    蜻蛉の道に研屋の出てゐたる
    
       8月23日(火)    白粉に嵐をおもひおこしをり   

f0118324_1956384.jpg
 

       8月22日(月)    門入ってすぐの中門法師蝉

       8月21日(日)    頬つぺたの赤い案山子はべべ着たる

       8月20日(土)    一穂の水引草にとどまれる
     
       8月19日(金)    鉄瓶のやうなる秋茄子の光り

       8月18日(木)    蜩の座敷柱に凭れをり

f0118324_22304010.jpg


       8月17日(水)    赤松の幹の新たに涼しかり

       8月16日(火)    鎌倉の修道院の秋の蝉  
    
       8月15日(月)    掃苔のつめたくあつく情けなく

       8月14日(日)    甘いもん辛いもん欲り生身魂
       
       8月13日(土)    くらがりに雑巾乾くお盆かな

f0118324_2032398.jpg


       8月12日(金)    新涼や弓道場の畳敷き

       8月11日(木)    山門にしやがんでしまふ秋暑かな

       8月10日(水)    掃苔の四人がかりでありにけり
 
       8月9日(火)     秋暑くここら茶房の見当たらぬ

       8月8日(月)     幹に見てちよつと白きが油蝉 

f0118324_22182856.jpg
   

       8月7日(日)     豆腐屋は町の角なり今朝の秋

       8月6日(土)     どの雲と言はず雲よき秋隣

       8月5日(金)     かなかなや一巻にして全句集

       8月4日(木)     暮れ残るもののなかなる氷旗
  
       8月3日(水)     水打つて母が大きくおはしけり

f0118324_21292353.jpg


       8月2日(火)     盆支度まづは心棒立てにけり

       8月1日(月)     窓に見て山近々と冷し酒 
by masakokusa | 2016-08-31 23:59 | 昌子365日 new! | Comments(0)
昌子365日(自平成28年7月1日~至7月31日)
f0118324_20361789.jpg
 

       7月31日(日)     ぽこぽこと雲の浮きたる青田かな

       7月30日(土)     髭白く眼鏡かぐろくパナマ帽

       7月29日(金)     土用芽のはつきりとしてうすきこと

       7月28日(木)     白扇の風に由緒を読んでをり
 
       7月27日(水)     三伏や古木の幹の皮めくれ

f0118324_20232381.jpg


       7月26日(火)     南風や犀の眼となく角となく

       7月25日(月)     白波のほかはかすみて土用かな

       7月24日(日)     デパートの裏に始まる船遊

       7月23日(土)     梅雨の明け鱮(たなご)の雄の色きれい

       7月22日(金)     青鷺のゆばりのさつとしろがねに

f0118324_16531540.jpg


        7月21日(木)    神鹿を見下ろしにして汗退きぬ

        7月20日(水)    家(うち)よりも外が涼しと杖に出て

        7月19日(火)    石段に杖をつかへる晩夏かな
     
        7月18日(月)    ケーブルを降りたるこゑの涼しかり

        7月17日(日)    夕焼て書架に書物の丈そろふ
   
f0118324_21495683.jpg
 

        7月16日(土)    土間通り抜けて来たるは黒揚羽

        7月15日(金)    夏菊のひとむら実篤記念館

        7月14日(木)    白南風の棹のしなりのよかりけり

        7月13日(水)    峰雲や蠅の頭の臙脂色

        7月12日(火)    石段の石に角無き茂りかな

  
f0118324_215067.jpg


        7月11日(月)    中島に老松一つ涼しけれ

        7月10日(日)    合歓咲いて轍のところどころかな

        7月9日(土)     田を前に森を後ろに端居せる
 
        7月8日(金)     勉強が好きでたまらぬあつぱつぱ  
     
        7月7日(木)     七夕やみんな大きくなりたくて

f0118324_20573637.jpg
  

        7月6日(水)     水草の茂りに水の湧きあがる

        7月5日(火)     子の眼より鯉の眼大き木下闇

        7月4日(月)     浮巣にも似たる藁蓋すすめらる   

        7月3日(日)     半夏生草に莨をふかしけり

        7月2日(土)     梅干すやここら鎌倉攻めの跡

f0118324_21113256.jpg
 

        7月1日(金)     簗守のこんなもんですわと笑ふ   
by masakokusa | 2016-08-06 23:59 | 昌子365日 new! | Comments(0)
『青草』『カルチャー』選後に・平成28年6月     草深昌子選
f0118324_1653126.jpg


   峠路やここぞとばかり時鳥       佐藤昌緒

 峠路は、町田市にある古道。
 薬師堂を抜けて、ここにたどり着いたときの、待ってましたとばかりの時鳥の声はもう最高であった。
 まさに「特許許可局」。
 玲瓏たる声が、繰り返し、繰り返し、四方に響きわたったのである。
 作者の大いなる驚きが、切迫した感動のまま大胆に言い切られている。
(青葡萄)


   山あひの白き酒蔵梅雨に入る       中澤翔風

 こちらは東丹沢の麓、七沢にある酒蔵である。
 厚木の地酒「盛升」で名高い老舗の存在感は、酒飲みならずともたのもしい。
「山あい」のしかも「白き」というポイントを見事に抑えて、梅雨を迎える構えのような気分があますなく言い表されている。

   萬緑の固まりとなり山迫る       翔風
(木の実)

f0118324_15585710.jpg



   立葵人待ち顔の女の子       石堂光子

 畑の隅や、郊外の街角によく見かける立葵。
 富安風生に、〈蝶ひくし葵の花の低ければ〉があるように、大方は人の背丈より低く咲いて、赤やピンクの鮮やな色彩が親しみやすく、人目を引くものである。
 「人待ち顔の女の子」は感性ゆたかな作者の直感であろうが、その印象はイコール「立葵」そのもの印象になりかわっているのである。
(青葡萄)


   蠅止まる草刈鎌の刃先なり       末澤みわ

 草刈鎌の切れ味鋭い切尖が、キラキラに光って、すこぶる美しい蠅が目に見えるようである。
 よりによって、何と危ういところに止まっているのだろう。
 嫌われものの蠅ではあるが、その小さな命が、なぜか切なく感じられれもするのである。
(青葡萄)

f0118324_15592143.jpg


   初鮎の開きの届く夕べかな       福山玉蓮

 鮎は鮎でも、「初鮎」であるところが一句を光らせている。しかも「開き」にして届けてくれたのである。
 鮎のもつ独特の香気が、人の情けとともに、うっすらと昏れゆく空気感によく伝わってくる。
 さりげない表現の余韻が、初鮎の味わいになっている。
(青葡萄)


   今朝はまだ蜘蛛の網には獲物なし       中原マー坊

 たまたま見かけた蜘蛛ではない。
 日々の暮らしの中で、同じところに見届けられる蜘蛛である。
 その蜘蛛の網に、今朝はまだ何もかかっていないという、一種の清々しい安堵がそのまま哀れともなっている。
 同じ生き物として、蜘蛛に視線を合わせたような、気持ちがなければ詠えない句である。

   草いきれ頂上はまだ先の先       マー坊
(セブンカルチャー)


   梅雨空にユトリロの白重ね見る       矢島静

 ユトリロは近代のフランスの画家。
 街の風景を多く描いたが、ことに壁の白は美しくもユニークであった。
 ぼんやりとした梅雨空が、ふと遠い異国の画家ユトリロの、かの白い色にダブって見えるかのように思われた。
 作者独自の捉え方でありながら、読者にもまた同じイメージを呼び起こしてくれるものである。
(セブンカルチャー)
 
f0118324_15594724.jpg


   木も草もしづかに濡れて蛇泳ぐ       大塚眞女

 文字通り、静かな表現が、べっとりと濡れてゆく蛇を想起させて見事である。
 泳ぎゆく速度までもが感じられるのは、「キモクサモマシヅカニヌレテ」という韻律が、小刻みながらも流れ続けてゆくからである。
(草原)


   緑蔭や影となりゆく笑ひ声       川井さとみ

 緑したたる緑蔭が何とも涼しげである。
 つかみどころのあるような、ないような笑い声が余韻をひいている。
 西東三鬼の、〈緑蔭に三人の老婆わらへりき〉がすぐに思い出されて、いっそうなつかしい緑蔭である。
(草原)


   検診を終へしばかりや揚羽蝶       佐藤健成

 体調をこわされて、折々検診を受けながら保養されていたのでろう。
 そんな検診を終えたある日、病院を出ると、揚羽蝶が目の前をよぎったのである。
 このはっとした感覚に呼び覚まされるように、体調も気力も回復に向かわれたに違いない。
 揚羽蝶は、夏のかがやきにまぶしいばかりの光を放っている。
(草原)

f0118324_160792.jpg


   鮎届き秘蔵の酒の封切りぬ       柴田博祥

 秘蔵の酒があるとは、何と優雅であろうか。
 釣ったばかりの鮎をいただいたからには、これぞと決めて、ときめきの封を切られたのであろう。
 鮎を届けてくださった方へ、これほどのよきご挨拶はない。
 今宵の美味美酒を、秘蔵の「秘」の一字に語りつくされた。
(草原)


   うつろなる心が受くるさくらんぼ       河野きなこ

 さくらんぼは「赤い宝石」などと呼ばれたりするが、時にはこんなサクランボもあるのである。
 手のひらに載ったさくらんぼをじっと見つめる目。
 はじめは何故か焦点が合わないようであったが、やがて「ああ、なんて美しいかがやきであろうか」と我をとりもどされたのではないだろうか。
 作者の思いに読者もまたひきこまれるような、存在感を発揮するさくらんぼでもある。
 人生の今、大きな嘆きがあるとき、さくらんぼはやはり心の宝石になってくれるものかもしれない。
(草句の会)


   買ひ物を背負へば軽き梅雨の坂       藤田若婆

 「梅雨」は、鬱陶しい気分の代名詞のようになっている。
 ならば、この荷物は心象的には「重き」とした方がいいのではないだろうか。
 そう考えるのは、俳句に手垢のついた、予定調和の弱さである。
 ひょいと担いだものが軽かった、作者は本当のことを言ったまでだが、そのことがいっそう「梅雨の坂」に臨場感をもたらしてくれる。
 豆腐一丁ほどであろうか、思えば老いてはそうたくさんのものは要らないのである。

   朝まだき如雨露の中や青蛙       若婆
(草句の会)

f0118324_1662273.jpg



   紫陽花の登りつめたる薬師堂       東小薗まさ一

 町田の薬師池から薬師堂までは急な細い坂になっている。
 その両脇には紫陽花が、青に紫に、色美しく咲いていた。
 作者自身が、登りつめたところにある薬師堂であるが、同時に、まるで紫陽花そのももの七変化の色が登りつめた、そこにある薬師堂というようにも実感される。
 助詞の「の」の働きが効いている。
 俳句のように短い詩型では、微妙な表現の差が、俳句をおもしろくもつまらなくもするのである。
(花野会)


   広き野や風に流るる燕の子       芳賀秀弥

 「広き野や」という大きな打ち出しが、初夏の清々しい気分を全開にしている。
 そこに飛び交っているのは燕の子である。
 ついこの間まで、巣にあって親からの餌を待っていた燕の子が、今や飛翔力を備えるまでに成長したのである。
 風に逆らうところまではいかないが、その愛らしい飛びようが「風に流るる」によく出ている。
(木の実)


   他に注目句をあげます。

   夏草や流るる水の音聞こゆ        熊倉和茶
   蟻の列インクの染みるごと進む       菊竹典祥
   水馬その影宇宙ステーション        中園子
   枝折たる風鈴草の音軽き        伊藤翠
   蓮の葉の天を仰いでゐるばかり       平野翠
   山の端にダイアのかたち西日落つ      市川わこ
   明日は売るピアノ磨くや夏の月       古館千世
   梅雨空に今日の喜び尋ねけり       栗田白雲
   梅雨晴の夜の月こそ青きかな        石原幸子
   夏空や赤ヘルメット疾走す       長谷川美知江

f0118324_1692232.jpg

by masakokusa | 2016-08-04 15:32 | 『青草』・『カルチャー』選後に | Comments(0)
『なんぢや』  四季の椅子<招待席>

f0118324_21413313.jpg



       水棹                  草深昌子



   あぢさゐや寺の外れの寺まんぢゆう

   をさなき子まつくらといふ木下闇

   よしきりの巣ぞとしづかに水棹置く


 馴染の結社を去って、顔ぶれも知らない句会に初めて参加した日のショックを忘れることはできない。
 どの句もヘタに思われて、初心者であろうと決めていたが、何と錚々たる俳人の句であった。
 まさに、「大巧は拙なるがごとし」。
 ウマイ句に惑わされていた私に選句眼がなかった。
 以来、拙を心がけはするものの、発見のない句はただの「ヘタヘタ」である。
 せめて「ヘタウマ」でありたい。

(『なんぢや』榎本享・2016・夏号 8周年号所収)
by masakokusa | 2016-08-02 22:33 | 俳論・鑑賞(2)NEW! | Comments(0)
秀句月旦・平成28年7月
f0118324_21172648.jpg



   キラキラと雲の峰より蝉の尿      大峯あきら

 日盛りの大空のもと、蝉の一匹が尿をとばしたのであろう。
 その絶好の出会いはまさに「キラキラ」というほかない驚きである。
 まるで、雲の峰から降ったような、透き通った小さな命の水が、わがことのように親しくも眩しい。
 「雲の峰より」がダイナミックに決まっている、言えそうで言えないものである。



   離宮跡とは玉虫の飛ぶところ     大峯あきら

 持統女帝が30回以上も行幸したと伝えられる吉野離宮。
 作者は、この吉野川の碧潭の流れあるところに在住されている。
 玉虫のあの金緑の輝きは、かの吉野離宮の往時そのものの色彩のようである。
 玉虫が榎から飛び立つたびに、歴史をまとった奥ゆかしき古色を光らせるのである。
 まこと玉虫は、幸運の吉兆とされるばかりの美しさである。
 こう詠われてみると、離宮跡を飛ぶ玉虫以外は考えられないような気までしてくる。
 
by masakokusa | 2016-08-01 21:12 | 秀句月旦(3) | Comments(0)