<   2016年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧
昌子365日(自平成28年5月1日~至5月31日)
 
       5月31日(火)      足元のあやふき栗の花匂ふ

f0118324_22522235.jpg


       5月30日(月)      めくれては浮葉の裏の赤きこと

       5月29日(日)      木々揺れて浮葉に風の及ばざる

       5月28日(土)      着古しのなほ着心地の更衣

       5月27日(金)      その人の忌日やただに草むしり

       5月26日(木)      一八のうすくらがりに通さるる

f0118324_2029429.jpg

    
       5月25日(水)      涼しさに人の横顔見てゐたり

       5月24日(火)      何かしら折り重なって浮巣かな
     
       5月23日(月)      夢に出て初時鳥かと思ふ
 
       5月22日(日)      掃くやうに鍬をつかへる茄子の花

       5月21日(土)      山羊の首傾ぐとうばら匂ひけり

f0118324_1936498.jpg


       5月20日(金)      半裂のどぢやうを呑んで知らんぷり

       5月19日(木)      天日に隠れもあらぬ浮巣かな

       5月18日(水)      南風や土間の大きく凹みたる

       5月17日(火)      軽暖の風は高木を渡りけり

       5月16日(月)      葉桜や大学生はよく笑ふ

 
f0118324_22184387.jpg


       5月15日(日)      初夏や落葉が上に落葉降り

       5月14日(土)      側溝に水無き蛇のすすみけり

       5月13日(金)      中空を雲の走れる薄暑かな

       5月12日(木)      更衣駒場の風に吹かれけり

       5月11日(水)      灯火の色に覚えの黴の宿

f0118324_23554155.jpg
 

       5月10日(火)      蛇の首曲げてその尾の遠きこと

       5月9日(月)       目白行きやがて早稲田の薄暑かな

       5月8日(日)       緑蔭やよその木に吹く風の音
              
       5月7日(土)       蛇すすむ日は高々と懸りけり
      
       5月6日(金)       夕焼けのその色にして夏来たる

f0118324_231214.jpg


       5月5日(木)       松風のすこし冷たき武具飾る

       5月4日(水)       林泉の雨になだるる奢莪の花

       5月3日(火)       春惜しむ人の箒をよくつかひ
       
       5月2日(月)       薪焼べて春もしまひの峠かな

       5月1日(日)       依代にじっとしてゐる春の蠅

f0118324_22512273.jpg
   
by masakokusa | 2016-05-31 23:59 | 昌子365日 new! | Comments(0)
『青草』『カルチャー』選後に(平成28年4月)   草深昌子選
f0118324_2113250.jpg


   傘なくて濡れてゐる子と葱坊主     中原マー坊

 葱の葉から茎が伸びてその頭に無数の花が球状になっている、その白い状態を小坊主に見立てて葱坊主と呼ばれる。
 そんな葱坊主の一群があって、そこには小雨が降っているのにもかかわらず、子供が一人ぽつんと傘もささずに立っている。
 ふと、その光景に目を止めた作者は、どうしたのだろうといぶかしく思われた。
 そして、立ち去ることができなかった。
 いつしか、マー坊もまた、その子と共に葱坊主となってしまわれたような、まことフアンタスティックな晩春の世界である
 葱坊主は擬人的に詠われることが多いが、この句ははっきりと、人と葱坊主を並立させている。
 それでいて、その心はしみじみと親しく葱坊主に溶け込んでいるものである。
 作者の心情が、あたたかくもしっとりと映し出されている。
(セブンカルチャー)


   大川の五月の流れアンダンテ     松尾まつを
 
 4月28日、「青草」では、江東区芭蕉記念館で句会を催した。
 あいにくの雨であったが、はじめての体験に、みな生々躍動されていた。
 その筆頭が掲句の作者であろうか。
 隅田川の本流をとらえながら、何とも落ち着きのある悠々たる世界に遊んでおられる。
 「アンダンテ」とは、「歩くぐらいの早さで」あるが、そんなことを知らなくても、「なんだか五月って素敵ね」と、同じ足運びに大川の流れを感じさせるのが、秀句の条件である。
 これが「モデラート」ではサマにならない。
 後で知ったことだが、作者はオーケストラの指揮をされるそうである。
 さすが、古風なるものの概念にとらわれることなく、現代人の現代俳句の響きが奏でられている。
(草原)

f0118324_21204260.jpg



   傘さしてお玉杓子にかがみこみ     柴田博祥

 芭蕉記念館の庭に、お玉杓子が嬉々として泳いでいた。
 句稿が回ってきたとき、一も二もなく、まっさきに大丸印がついたのはこの句である。
 「傘さして」、これほど当たり前のことが何と詩情たっぷりに一句に行きわたっていることだろうか。
 ここにも雨を厭わぬ作者の感激が、我知らず表れているのである。
 思えばお玉杓子をいちさきに見つけられたのも作者であった。
 「俳句は本当のことが一番強い」、このことを掲句から学びたい。

   夏近し扉二間の相撲部屋     博祥
(草原)


   初夏の町深川めし屋尋めゆけり     中澤翔風

 翔風さんの関心は、芭蕉の銅像よりも、稲荷堂よりも、「深川めし」にあった。
 浅利飯のようなものであるが、深川に来たからには深川めしを食したい。
 それこそ傘をさして、足早に、それらしき店を探し回られたのではないだろうか。
 むろん、昼酒一献だけの思いではない、芭蕉がドシンとその胸に宿っていたに違いない。
 でなければ、まだ春の終りにあって、初夏(しょか)という季題を据えることはかなわなかった。
 晩春の深川飯より、初夏のそれの方がウマイに決まっている。
(木の実)

f0118324_2110492.jpg



   春雨や打たれて石のさまざまに     鈴木一父

 芭蕉庵吟行を采配したのは一父さん。
 幹事はつらい、雨だって幹事の責任なのだから、その上、時間配分、道案内、と俳句どころではない。
 結果的に、今日のこの雨が、多くの佳句の誕生となって、参加者全員の思い出に残った。
 掲句は、清澄庭園での作品。
 清澄は回遊式林泉で名石を多く配置している。
 名石のそれぞれに、雨のしぶき加減、濡れ加減の趣きがあるのだった。
 「春雨や」と打ち出して、「打たれて石のさまざまに」とは恐れ入った。
 これぞ名幹事の、集中力のたまものである。
(草原)


   中島の松の緑や石の塔     間草蛙
 
 清澄庭園には築山がいくつもあったように覚えているが、なかでも池の中島あたりのありようが、際立って美しかった。
 小松の多い庭園であるが、中には赤松の大木もあって、折から松の新芽をまっすぐに伸ばしていた。
 名園の光景を、これだけ簡潔に言葉を惜しんで言い切れることに感嘆した。
 「石の塔」を下五に置いて、若緑の盛んなるさまを、ぴしっと引き締めている。

   盤石と覚える橋や若葉雨     草蛙
(木の実)

f0118324_2131934.jpg

 

   石仏のひっそりゐます草若葉     田野博子

 「草若葉」という季題が、見事におさまっている。
 一般的には、「春の草」であるとか「草芳し」という季題がよく詠われるが、これは草の若葉である。ちなみに「若葉」となると、夏の季題になる。
 まさにこの晩春の時期、草々がその若葉をくっきりと見せている情景が、「石仏のひっそりゐます」という穏やかな叙述によって、いっそう鮮やかに引き立っている。
 作者は、苔むした石の仏さまに、静かにも心を寄せられているのである。
(草原)
 

   鹿のゐる若草山の遅日かな     上野春香

 奈良の若草山といえば、春の長閑さを絵に描いたような山である。
 人々に交じって、親の鹿も子の鹿も悠然と野を楽しんでいる。
 その光景を「遅日」としてとらえた作者の直感がすばらしい。
 たしかに、いつまでも暮れないような、どこかけだるい趣が感じられる。
(青葡萄)

f0118324_21341100.jpg

   
   永き日や机の上のペンと箋     小幡月子

 春になると、めっきり日が長くなって、いつまでも明るい感じが何より嬉しい。
 一方で、長閑にもあたたか過ぎて、ふと「春愁」を覚えるのも、この頃である。
 朝から机に向かって勉強、あるいは仕事をしている。
 ああでもない、こうでもないという考えごとの多いことが、「机の上のペンと箋」によく表れている。
 春の一と日を静かな思いに過ごしている作者である。
(青葡萄)


   春の風帰りは道を違へたり     藤田トミ

 駘蕩たる春風に吹かれて、近辺をお散歩、あるいは所用があって少し遠出であろうか。
 どちらであってもいいが、帰りはふと行きしとは違う道を選ばれた。
 春風というものが人の気持ちを誘引したかのような感覚がとてもあたたかである。
 人間は、このように四季折々の自然の大きな恵みに支えられていることに気付かされる。
(セブンカルチャー)

 
   舫ひ船春の光に揺れてをり     日下しょう子
 
 「春の光」は、「春色」、「春光」として詠われることが多いが、この句においては「春の光に」という中七がごく自然に決まっている。
 互いにつなぎ合わせて泊まっている船が、ゆらゆらと穏やかにもかがやかしい陽光を浴びているさまが春そのものの雰囲気を醸し出しているのである。
 さりげない光景を素直に詠うことは、そう簡単なことではない。
 もの静かにも前向きなる作者ならではの一句。
(草句の会)

f0118324_2185956.jpg

 

   踏み石に落花一片友を待つ     眞野晃大郎

 しんとした料亭の露地などが思われる。
 作者の目線はじっと下に向けられている。
 この「落花一片」がほんのりと、且つ、じんわりと読者の胸に伝わってくるのは下五の「友を待つ」の展開があるからである。
 今に一片どころか、はらはらと散りかかってくるであろう桜の花びらが想像される、そこへやってくる友人は、清らなる稀人ではないだろうか。
 かにかく一句は、多くを想像させて、今いっときの静けさをひしと打ち出している。
(草句の会)


   初夏や対向車線にオープンカー     小川文水
 
 対向車線であるから、目にバッチリと捉えられたオープンカーである。
 「オープンカー」と言ったから新しいというのではないが、この感受の仕方は清新そのものである。
 はっとしたその感覚が「初夏」に直結する、そのスピード感が頼もしい。
(草句の会)


   夕飯の支度忘るる日永かな     宮本ちづる

 日常の中から、作者ならではの本物の「日永」を掴みだされたことに感銘してやまない。
 この「日永」は作りごとではないのである。
 個人の感慨でありながら、主婦の誰しもが思い当ることでもある。
 さて、今宵の夕飯はいかなるものであろうか、さぞかし心のこもったご馳走に違いない。
(草句の会)

f0118324_21231120.jpg


 他にも、次のような句に注目した。

   名石と言はれてみれば青葉雨      古館千世
   春雨や十七文字の暮らし跡        栗田白雲
   春愁や隅田川ゆくぽんぽん船       佐藤健成
   まつすぐにこちら向き来る春の鴨     坂田金太郎
   小石かと見紛うお玉杓子かな       川井さとみ
   躑躅咲く記念館まで道白く         黒田珠水     
   ランドセル黄にかがやきて山笑ふ     末澤みわ
   翅立てて濡れ色の蝶膝の上        森田ちとせ
   囀のリズムに搖るる大樹かな       藤田若婆
   囀や大樹を透かす日の光         森川三花
   囀や茶色の小瓶はグレンミラー      齋藤坐禅草
by masakokusa | 2016-05-31 23:59 | 『青草』・『カルチャー』選後に | Comments(0)
晨集散策・本村蠻鑑賞  籐勢津子鑑賞
f0118324_9411055.jpg


 本村蠻

   潮鳴りの聞けば聞こゆる零余子採り      草深昌子

 熟れた零余子を採るのは、ちょっと蔓にふれただけでポロポロ落ちるので厄介だ。
 細心の注意を払いながらも、木立に隠れて見えない海の音がしている場。
 零余子採りに夢中の心が折おり海鳴りの方へ離れてゆく。
 その「聞けば聞こゆる」がなんともいい。
 俳人ならではの零余子採り。


 籐勢津子

   秋分の翳りを雲にあつめたる      草深昌子

 まず秋分の翳りについて考えてみた。
 それは太陽が秋分点上に来た時に見せるかげりであろうか。
 そしてそのかげりが雲にあつめられたと表出している。
 言い得て妙としか言いようがなく深い。

(平成28年3月号「晨」所収)
by masakokusa | 2016-05-31 23:58 | 昌子作品の論評 | Comments(0)
秀句月旦・平成28年5月
 
f0118324_20321188.jpg


  若竹や髪刈らしむる庭の椅子       正岡子規

 筍は竹の皮を脱ぎながら、すっきりと丈を伸ばして、見事な今年竹として成長する。
 ある日突然のように現れる真っ青な幹の清々しさには驚くばかり。
 折から、子規は庭に出て髪を短く切りそろえてもらっているというのである。
 こちらも綺麗さっぱりというところ。
 椅子の高さに、若竹を見やりながら、刻々刈上げてもらう気分のよろしさは、「髪刈らしむる」という胸を張った言い方によくとどめられている。

 掲句が明治34年の句であることを、あとで知った。
 そうするとすでに病重く子規は寝たきりで、ついぞこのようなことはなかったであろう。
 子規は病身ながら、その精神はいついかなる時も健康そのものであった。

f0118324_20271689.jpg


   夕風や白薔薇の花皆動く       正岡子規

 たそがれの風に一斉に薔薇が揺れた。
 それも白薔薇ばかりであった。
 ちなみに「夕風に白薔薇の花動きけり」ではない。
 子規の思いは「夕風や」にあるのだろう。
 そして「皆動く」のよろこび。
 夕風のやるせなさに白薔薇がこたえてくれたような、清楚にも美しい光景である。
 何かしら、ものさびしげな風情の中に、救いのように甘い香りがさっと過ぎるのである。

 私の好きな句に、

   枯れ蓮のうごく時きてみなうごく      西東三鬼

 がある。
 「動く時来て」しかるに「皆動く」という表現の見事さが、枯蓮のありようを描写してあまりあるものである。
 そのことを充分に承知しながらも、三鬼の句には、子規の「皆動く」が波及しているもののように思われてならない。
 それほど子規の「皆動く」は子規のものである。
 
by masakokusa | 2016-05-31 23:57 | 秀句月旦(3) | Comments(0)
2016『青草』新年合同句会記念句集
 f0118324_6435733.jpg
 








 「青草」新年合同句会に寄せて          草深昌子 

 「青草」の新年合同句会おめでとうございます。
 眩しいばかりの早春の日差しのもと、かくも盛大に新年合同句会が開催されますことを心より嬉しく思います。
 ご準備くださった間会長、松尾副会長はじめ皆さまのご協力に心よりお礼申しあげます。
 今日は俳句というものの楽しみを、いつもの会とは別の角度から存分に味わってみましょう。
 そして、これを機に、「青草」の会の一人一人が、「私の青草」として、真剣に、かつ親睦的に学 びの場を広げていってほしいものです。
 私もまた、皆様に元気をいただいて、発奮せねばなりません。
 青草が、いよいよ青く、いよいよ大きく茂ってまいりますよう、共々学んでまいりましょう。


 『青草』新年合同句会の記録         「青草」副会長・松尾まつを

 立春から二週間経った2月19日、アミュー厚木で、2016『青草』新年合同句会が開かれた。
 句会に先立つ二か月前から、一人三句の投句をお願いしたところ、50人から150句が出句された。
 これらの句を作者名を伏して清記用紙に記入、当日の参加者36名に配布した。
 句会は一父さんの司会で始まり、間会長と草深昌子先生のご挨拶を頂いた。
 その後、各自5句の選句にはいった。
 選句後、珠水さん、ゆふさん、まつをにより、延べ180の句が披講された。
 点盛は、眞女さん、昌緒さん、結季さん、光子さんの5人によって行われ高得点者が選ばれた。
 続いて、主宰から賞品が授与された。
 そして予め準備された筍弁当と茶菓子をいただきながら、和気あいあいの会話が弾んだ。
 懇親会後は、乾恵さんと博祥さんのカメラににょって、主宰を囲んで受賞者たちのとの撮影が、
 続いて、参加者全員で記念撮影が行われた。
 その直後、会場外から突然、薔薇の花束が運び込まれた。
 典祥さんが会員を代表して、主宰の誕生日を祝して、花束を主宰に贈呈した。
 かくして、初めての新年合同句会は大成功のうちに幕を閉じた。
                        

 『青草』新年合同句会・草深昌子選評

 天賞

   手で搔いて足で探つて潮干狩    東小薗まさ一
 
 彼岸の頃の大潮は、その干満の差がもっとも大きく、この頃が潮干狩に絶好の季節です。
 熊手などを手に、搔きだすことはもちろんですが、足の指でもまさぐって、これ全身でもって、一個でも多くの貝を取ろうとしているのです。
 「手で搔いて」、さらに「足で探って」と畳みかけたところ、その心意気は本当に楽しく元気そのものです。潮干狩の喜びが、童心満点に、力強く伝わってきます。

 地賞

   庭先に畑のもの売る遅日かな    山森小径
 
 「遅日」は「日永」と同じですが、暮れ方が遅くなることに重点が置かれます。自分の畑で作ったものを、庭先で道行く人に売っているのです。 
 いくつかは売れ残って、いつまでも置かれたまま、そこにあるという光景です。
 一日がしみじみ長いという感じがします。
 沢山売って儲けようというようなものではなく、辺りの風景ともども、人々の心にも長閑な気分が漂っています。

 人賞

   踏みしめる術後の一歩春の土    藤田若婆

 俳句として完璧といっていいでしょう。
 どの一語一句も気合いが入って、しかも気持ちよく読者に励ましをもって「春の土」を実感させます。
 「踏みしめる」、その「一歩」に、「春の土」が、まるで恋人のようにやさしくも確かに答えてくれるのです。


   病室の玻璃に広ごる春夕焼     石堂光子
 
 何と美しいのでしょう。包み込んでくれるような大きくもやさしい春の夕焼です。
 大自然に癒される喜びが、伝わってきます。
 それでも、「玻璃」という繊細なる語感には、一抹の不安が隠されているように感じられます。


   風強くありて日向や冴返る     小川文水

 「冴返る」は春になって、いったん緩んだ寒気が、寒波の影響でまたぶり返すことです。
 当然風も強く吹いて寒くてならないのですが、ここには、春の日差しもまた明るく粲粲とさしこんでいるのです。
 季題そのものに、真摯に向き合って作者独自の感性をうちだしています。

f0118324_18335167.jpg


(2016『青草』新年合同句会記念句集・所収)
by masakokusa | 2016-05-31 23:30 | 『青草』・『カルチャー』選後に | Comments(0)
私の好きな本・草深昌子
f0118324_20575675.jpg


   浜までは海女も蓑着る時雨かな     瓢水

 早起きが大の苦手である。
 夜更かし癖がついて、夜も二時三時になってくるともう寝るのが面倒臭くなる。 
 どうせ起きねばならないのなら、このまま寝ない方がマシだと思ってしまう。この傾向は八年前に母を亡くした頃からはじまり、一方で物忘れがひどくなった。 
 これではいけない、何とかしなければと思っている時に出会ったのが、冒頭の一句。
 外山滋比古著『老楽力』にある。
 海へ入る海女さんは、「どうせ」濡れるけど浜までは蓑をきちんとつけて時雨を凌ぐという。 何と美しい海女のたしなみであろうか。
 思えば「浜までは」は「死ぬまでは」ともいえるだろう。
 私のような考えなら、どうせ死ぬからどうでもいいや、になってしまうのではないか。命ある限りは最後まで、わが身を慈しまねばならない。
 すぐにタイトルを真似て、私の「老楽記」なるノートを作り、ボケ防止よろしく失敗の数々を書き付けていくことにした。
 あまりの物忘れに慌てふためくことばかり。そうこうするうち、今度は夫を亡くして、「悲愛記」という風なものになってしまった。

 ところで外山氏は、人間に出来てコンピューターに出来ないことは忘却だという。
 人間の忘却はなんらかの意味で価値あると思われるところを残し、虫喰いのように部分的に忘れる、この選択的忘却こそがコンピューターに勝るところであるというくだりは、妙に気に入って、今や自信を持って忘れる始末である。
 外山滋比古著作が好きになったのは四十年前の『省略の文学』からであった。
 たしか修辞的残像とか、切字とか、俳句初学の身にはいたく新鮮で、繰り返し読んだ記憶があるのだが、覚えていることはただ一つ。
 俳句は石を積んで、そこから像を創るのに似ている、彫刻のように削って削ってもうこれ以上削れないところまで除去したものが俳句であるということ。
 理論的に解説された数々は一切忘れた。まさに選択的忘却をしたということであろうか。
 これを確かめようとしたが、はたして書架のどこを探しても見つからなかった。
 代りに、肉筆サイン入りの中村真一郎著『樹上豚句抄』が現れた。
 旧制高校時代から村樹と号して、未知の世界に出会うたび、その感動を俳句に詠んできた作家の心の遍歴である。
 
   春の雨あの世の屋根も濡らすらむ     村樹

 若いころ人生は一度でたくさんと思っていたが、老年に至って、来世というものの存在がすぐ身近にある気配を感じるようになったという。
 時雨といい、春雨といい、何だか濡れてみたくなってきた。

 さて、九十三歳の外山氏は、こう言う。
 「われわれの人生もつまりは長いマラソンのようなものかもしれないと考える。走ってみなければ、かけ出しだけではわからない。スタートのことばかり大騒ぎするのはおかしいのである。それは競馬だって同じこと。フィナーレに向かってどう走るか。マラソンはそれを無言で教えてくれる」

(平成28年5月号「晨」所収)
by masakokusa | 2016-05-02 23:03 | Comments(0)