<   2016年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
昌子365日(自平成28年3月1日~至3月31日)
 

      3月31日(木)       なかなかに日の沈まざる桜鯛

f0118324_20381886.jpg
   
  
      3月30日(水)       屋根替の手際に誰ももの言はず

      3月29日(火)       池見えて不開の門や茎立ぬ

      3月28日(月)       乗換へてただ一と駅の遅日かな 

      3月27日(日)       掃き寄せて糞のかさばる春の鹿

      3月26日(土)       パセリ手に坂を来たれる麗らけし

f0118324_2116797.jpg


      3月25日(金)       風に突き進んで春のショールかな

      3月24日(木)       囀や机に一つ大冊子

      3月23日(水)       龍天に登る鴉は鳴かぬなり

      3月22日(火)       遠からず巣箱の口の向き合へる

      3月21日(月)       鳥雲に入るや香炉の白けむり

f0118324_1356920.jpg
   

      3月20日(日)       お彼岸や緋鯉に黒の線濃ゆき
 
      3月19日(土)       卒業の椿山荘を通り抜け

      3月18日(金)       春禽の嘴はるかにも見ゆる

      3月17日(木)       鳥雲に入るやスタインウエイの音
     
      3月16日(水)       坂道のここは石段囀れり

f0118324_21275676.jpg


      3月15日(火)       卒業の雨に袴をもたげたり

      3月14日(月)       摘草のあまりしづかにをさなかり

      3月13日(日)       信号の赤は長しや蝶の昼

      3月12日(土)       おもひきりころんで蛇穴を出づる

      3月11日(金)       卒業の五重塔をうしろにす

f0118324_2228129.jpg


       3月10日(木)      をりからの雨にうぐひす二度鳴きぬ
 
       3月9日(水)       その人かあらぬか見えてあたたかし

       3月8日(火)       春雨にひざまづきたる裸像かな

       3月7日(月)       あたたかに鼻のあたまの光りけり
    
       3月6日(日)       啓蟄の金閣寺垣低きこと

f0118324_22271260.jpg


       3月5日(土)       引越してきたるその夜の田螺和

       3月4日(金)       明石よりその人来たる初音かな

       3月3日(木)       肉付きのゆたかに古りし雛かな

       3月2日(水)       鳶鳴いて玄関先も下萌ゆる

       3月1日(火)       毎日賞表彰式や初蝶来

f0118324_22275691.jpg
    
by masakokusa | 2016-03-31 23:59 | 昌子365日 new! | Comments(0)
『なんぢや』 四季の椅子〈招待席〉     草深昌子
f0118324_14412840.jpg
   

        春 泥               


   のどけしや水に浮くもの沈むもの

   足の向くところかならず春の泥

   ぬかるんであれば梅散りかかりたり




 お笑い芸人の誰であったか忘れたが、お笑いは情報を沢山与えるのが親切と違いますねん、と語っておられた。
 人間ちゅうのは、話をスカスカにしておいた方がイメージがふくらむものらしい。
 削ぎ落とした部分はお客さんが補てんしてくださるのだというあたり、俳句にそっくりである。
 ならば、よき余白を楽しめるように、受け手の私はもっと柔軟であらねばと思い直したことだった。

(『なんぢや』2016春32号所収)
『なんぢや』・代表 榎本享 
by masakokusa | 2016-03-31 23:59 | 昌子作品抄 | Comments(0)
秀句月旦・平成28年3月
f0118324_12481222.jpg


   鳥雲に入るおほかたは常の景       原裕

 渡り鳥が春に北方へ帰ることを「鳥帰る」とか「鳥引く」という。
 「鳥雲に入る」も同じことであるが、飛びながらはるかに雲の彼方に消えて行くさまを見届けているという感じがある。
 秋に来ては春に去りゆく、そういう季節の変転や、命あるものの姿を見つつ、ふと我が身のほとりに眼を落すと、そこにある家々も、山も川も、何ら普段のそれと変わっていないようである。
 鳥であれ、人であれ、季節の循環にしたがう命のありようとして、これでいいのだというある種の肯定であろう。
 同時に、多忙に「生きること」の疲労が、我知らずつぶやきになって吐きだされたような余韻も漂うのである。


   毎年よ彼岸の入りに寒いのは       正岡子規

 この句には、「母の詞自ら句となりて」という前書きがある。
 明治26年の作と知れば、この時子規はまだ元気な26歳の青年であった。
 ご母堂のことばをそのまま一句に仕上げるとは、まさに子規ならではの斬新さである。
 子規の素直な詩心、才気煥発が見事に発揮されている。
 おかげで彼岸入りになるとこの句が、まるでわが母の言葉のように親身に思い出されるものである。
 余談ながら、
   
    薪をわるいもうと一人冬籠   子規

も、掲句と同じ年の作品で、まだ病臥していなかった。
 それを知ると、子規の妹律の気丈が本来のものであったようで、子規のまなざしがいっそう明るく感じられる。
by masakokusa | 2016-03-31 23:58 | 秀句月旦(3) | Comments(0)
『青草』『カルチャー』選後に(平成28年2月)      草深昌子選
f0118324_22531543.jpg
 

   薄氷を宝の如く翳しけり     藤田若婆

 春さき、うっすらと張った氷。
 「うすらい」という語感そのものが、はかなくも美しい。
 この薄氷は蹲に張ったものであろうか。
 作者は、パリンと割ってしまわないように、細心の注意はらって、そっと掬いあげられた。
 そして、それは大事な宝物を捧げるように、青空に翳してみたら、ぴかっと光って、雫したのであろう。
 何とも美しい晴れやかさ、その喜びの感覚が何よりも輝いている。
 (草句の会)


   ふるまひの美しき人薄氷     佐藤昌緒
 
 こちらの「薄氷」もまた、文字通り透き通るように美しい薄氷のありようである。
 春とはいえ、寒気の厳しいなかで、朝日をうけてぴしっと張った確かさは何とも凛としている。
 薄氷を前に、静かにもしんと見つめていると、ああ、我が身もこのようにありたいと触発された、その瞬間に仕上がったのであろう。
 一見、思念的な見方に思えるかもしれないが、ものをよく見るという写実の結実である。
 作者その人も、「ふるまひの美しき人」にほかならないのではないだろうか。
 (青葡萄)

f0118324_22535791.jpg

 
   春浅し山に火筒のこだまする     松尾まつを

 「山に火筒のこだまする」という、この簡潔明瞭なる言い切りが、そのまま「春浅し」の季感に集約されて見事である。
 逆に言えば、「春浅し」の季語によって、火筒の音がおのずから、大きくも確かに実感されるのである。
 銃砲とせず、火筒とした感性がすばらしい。
 冬の寒さでなく、春の寒さであることは火筒という「火」の一文字に語らせて、一句によく染み入っているものである。
 同じ作者に、

   梅まつり子規の句もあり偕楽園     まつを

 水戸偕楽園にある子規句碑は簡素なものであったが、子規が学生時代に訪れて作ったという俳句は、さすがに描写が的確で、今もって忘れられない。
 作者もまた感銘されたに違いない。

   崖急に梅ことごとく斜めなり     正岡子規

(草原)


   盤見詰めこの一局や春の雪     鈴木一父

 「盤」は、将棋盤のことである。と言い切れるのは作者が、すこぶるお強い将棋を指されると聞いているからである。
 昔子供の頃、涼みがてらにやっている将棋盤を覗き見たことがあるが、難しそうで全くわからなかった。
 よって、この一局の行く末もまた熟考に熟考を要するものであろうことはよくわかる。
 微塵も動かない長考の、そのほとりの窓には、春の淡雪があわあわと降り続けているのである。
 なんと静謐なる時間の流れであろうか。
 対局の緊張と早春の雪の柔らかさ、まさに緩急自在というところ。
 将棋も名人なら俳句も名人級の一句である。
 (草原)

f0118324_22542482.jpg


   雪柳かすめて来たる一輪車     田渕ゆり

 一輪車は何の花をかすめてきてもよさそうだが、雪柳をかすめてこその一輪車ではないだろうか。
 そう思わせるほど、この句の「雪柳」は利いている。
 雪のように白い小さい花の群がりは、一輪車に掠められて静かにも揺れたであろう。はっと驚いた作者の感性が、そのまま出会った風景の美しさ、明るさになっている。
 誰にでも出来そうな感じのする句は、なかなかできないもので、こういう句が一番手堅いのである。
(セブンカルチャー)


   白鷺に三脚立つる春の土     中原マー坊

 真っ白な鷺が川面を悠々と飛んでゆく。しばらくするとまた岸辺に降り立ってその姿を際立たせる、日本画を見るような風景であろうか。
 シャッターチャンスをここぞと決めて、高級一眼レフを携え、望遠レンズに磨きをかけて、がっしりと三脚を立てることにも怠りが無い。
 その足下の感触が、何とも春らしく、ひとしおあたたかな感じであったことを俳人は見逃さなかった。
 ここに別の季題を置くのではなく、事実そのままに「春の土」としたところこそが、なかなかに渋いセンスである。
 「白鷺」も「三脚」も「春の土」へいざなうに十分の措辞であり、臨場感満点である。
 (セブンカルチャー)


   籠もり居のはじめの一歩青き踏む     藤田トミ

 寒さにひきこもっていた作者だが、啓蟄の頃ともなると、青々と草が萌え出して何だか急に外へ出ようという気持ちにそそられたのである。
 「はじめの一歩」という真っ正直な言い方がまこと新鮮で、草の芽をいつくしみつつ、しっかり一歩一歩を運ぼうとする前向きの意欲が感じられる。
 あらためて人は自然の力に励まされていることに気付かされる。
(セブンカルチャー)


    雛仕舞ふ母の掌ありにけり     黒田珠水

 我がためにお雛さまを求め丁寧に飾ってくれた母。
 ことに雛を仕舞うとき、少し淋しげな、いつくしみ深いまなざしの母にまつわりついた記憶は忘れがたい。
 雛のやさしさ、美しさ、わけてもその清らかさ、それらは全てわが母そのもののようである。
 母の柔らかな手のひらに、今も雛のぬくもりが伝わってくる。
(草原)

f0118324_13445510.jpg



   音もなく日の射す木々の芽立ちかな     木下野風
 
 静かにも冷え切った空気の中に、早春の日差しがしんしんと染み入るようにふりそそいでいる。
 そんな明るさにこたえるように木々の緑がうっすらと芽立始めたのである。
 「音もなく」、そう言い切る作者の心にも、季節の巡りのなかにまた何がしかの決意が静かにも湧き上がってくるのだろう。
(草原)


   妻の眼の初々しさや雛選び     柴田博祥

  「妻の眼の初々しさ」を引き出したのは紛れもなく、雛の眼の初々しさである。
 何と明るくも美しい雛であろうかと思う。
 そしてまたこの妻の眼を見逃さなかった夫の眼の初々しさ。
 初孫の初節句であろうか。
 「雛」にはこんなにも幸せな一と齣を導き出す力があったのだった。
 古風にしてかくも新鮮なる一句に乾杯。
 (草原)


   薄氷に影を映して人は去る     福山玉蓮
 
 薄氷に影を落として去って行った人は誰であったろうか。
 瞬時に去ってしまった人影の余韻が、いつまでも薄氷にとどめてあるような繊細さが光っている。
 この人は作者にとって大事な人であったのではないだろうか。
 「もの」を描写する、ただそれだけに徹していると、作者のこころが自ずから浮き上がってくるものである。
(青葡萄)

f0118324_13451318.jpg


   炊き立てのご飯あましや春の朝     加藤洋洋

 炊き立てのご飯が甘く感じられるのは、誰しも、折々にあるだろう。
 だが「春の朝」ほど、ふさわしい時はないかのように読者には感じられる。まるで舌の上に載せたかのような熱々の甘さが嬉しい。
 作者にとっての「本当」を気取りなく詠いあげると、間違いなく読者にすっと伝わってくるものである。
 ご飯のあまささは、春の朝の清々しさでもある。
(草句の会)


   朝日さす角度に春の兆しかな     小川河流

 朝日がどこにどう射したというのではない。
 朝日の射す、その角度の鋭敏なる違いによって、作者は瞬時に春の兆しを読み取ったのである。
 およそ四季折々の前兆というものは微妙なもののようであるが、とりわけ春の兆しというものは、掲句のごとく直線的かつ鋭角的なもののようである。
 ぼんやりしてはおられない、と思わせられた一句。
(花野会)


   早春や湯気立ち上る馬の背     湯川桂香

 馬の骨格をしっかりつかんだ一句は、まさに俳句の骨法を心得て堂々としている。
 無駄な言葉がなく、しかも柔らかな余情をひいて早春の情感をほのぼのと伝えてくれる。
 よき風景に出会った驚きを、思はず一句に仕上げた手応えが感じられる。
(木の実)

f0118324_13453349.jpg


   野を焼くや荒野ひろびろ風走る     吉田良銈
   手袋をとりて買物春の風         矢島静
   恋猫のこゑ聞きながら針を持つ     伊藤翠
   復興の街やさまよふ恋の猫       古館千世
   春心誰に電話を掛けやうか       栗田白雲
   春一番ローズマリーの鉢倒れ      潮雪乃
   ひやつこい雪解雫のとほせんばう    中園子
   雨戸打つ音も波打つ春嵐         眞野晃大郎
   立春や暁赤き地平線            齋藤坐禅草
   春一番予選通過とありにけり       川文水
by masakokusa | 2016-03-31 23:58 | 『青草』・『カルチャー』選後に | Comments(0)