<   2016年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧
昌子365日(自平成28年1月1日~至1月31日)
 
f0118324_2023780.jpg

       1月31日(日)       一月も晦日の午の犬ふぐり

f0118324_19165185.jpg
  

       1月30日(土)       室といふよるべありたる寒の雨

       1月29日(金)       海見えて汀に遠き干菜かな

       1月28日(木)       湯冷めして玉砕けたる如くゐる       
    
       1月27日(水)       山眠るここらびつしり野面積

       1月26日(火)       春隣る原宿駅に落ち合へる

f0118324_2262375.jpg


      1月25日(月)       笹鳴や離宮も奥の船着場

      1月24日(日)       群鳩の翔ちし埃や寒ぬくし

      1月23日(土)       そこなるは寒鯉かとも底かとも
  
      1月22日(金)       冬萌に山羊の一頭飼はれけり

      1月21日(木)       通りたる人にもの言ふ懐手

f0118324_19425445.jpg


      1月20日(水)       水鳥の水の広きに眠りけり

      1月19日(火)       ありつたけ光る松葉や寒土用
 
      1月18日(月)       寒晴や古木の芽とも蕾とも

      1月17日(日)       つはぶきのほほけてかたちそこなはず
    
      1月16日(土)       松明けや壺焼芋の壺深く

f0118324_21403873.jpg
 

      1月15日(金)       裸木は松の木ほどに傾がざる

      1月14日(木)       寒の水動けば鯉と知られけり

      1月13日(水)       着ぶくれてはだけて赤子抱いてをり
         
      1月12日(火)       寒晴やことに港区線路ぎは

      1月11日(月)       裸木のつめたからざる影にゐる
 
f0118324_18445946.jpg
 

      1月10日(日)       焚上げの火屑かぶるや寒四郎

      1月9日(土)        泣き言を日向ぼこりにもらしたる

      1月8日(金)        にはとりに軍鶏のつきくる七日かな 
 
      1月7日(木)        黄に咲いて寒の籬を抜きにけり

      1月6日(水)        につこりと過ぎたることも御慶かな

f0118324_2112514.jpg
 

      1月5日(火)        富士山を真正面に初泣きす

      1月4日(月)        赤を着て黒を履きたる初山河
     
      1月3日(日)        恵方神藪の傾ぎのうつくしき

      1月2日(土)        餅箱を積んでありたる違ひ棚

      1月1日(金)        大磯の松の向かうや初日の出



 明けましておめでとうございます
     
 いつも『草深昌子のページ』をお開きくださいまして有難うございます
      今年もどうぞよろしくお願いいたします

 

      
by masakokusa | 2016-01-31 23:59 | 昌子365日 new! | Comments(0)
秀句月旦・平成28年1月
f0118324_20145242.jpg


   長病の今年も参る雑煮かな       正岡子規

 正岡は食い意地の張った男であった、と漱石は書いているが、子規は健啖であればこそ、8年に亘る長い闘病に堪え得たのであった。
 きっと歯も胃もすこぶる丈夫であったのだろう。
 「長病の」という、まるで他人事のような措辞が、「今年も参る」を引き立てて、病みながらもまことめでたい雑煮を味わっているのである。
 電子辞書によるホトトギス俳句季題便覧の、「雑煮」の例句は、この子規の句の下に、
高濱虚子の〈ゆるぎなき柱の下の雑煮かな〉が出ている。
 合わせて読むと、一家そろって新年を祝う雑煮があらためて格別のものであった時代がしのばれる。


   一方に枝のはげしく梅早く       皆吉爽雨

 この句の「はげしく」ほど的確な表現はないといつ読んでも感心する。
 かといって、「枝のはげしく」とはどんな状態かを書き連ねると、かえってつまらなくなってしまう。
 はげしくは、はげしくとしか言いようのない直感に射抜かれているからであろう。
 冬の寒さに咲き出でた梅の花のありようが、美しくも厳しく感じられるのであるが、やはりまた「一方に」も、その趣きをよく滲み出している。
 風はありながら、山裾のここばかりは日当たりのよさそうな感じである。
by masakokusa | 2016-01-31 23:59 | 秀句月旦(3) | Comments(0)
詩歌句・年鑑『俳句』2016
  

f0118324_12481247.jpg
                               
                     草深昌子


       白南風や土蔵一つが生家跡

       雨の日は雨のこといふうすごろも

       秋風のこの一角は薔薇の咲く

       冬暖か地図のどこにも寺があり

       永き日の傾ぎに傾ぐ古木かな


(ことばの翼 「詩歌句」 2016所収)
by masakokusa | 2016-01-31 23:58 | 昌子作品抄 | Comments(0)
北溟俳句手帳 2016
f0118324_1351925.jpg


       紙ひねるごとくに蛇穴に入りぬ           草深昌子


(北溟社「俳句手帳」2016所収)
by masakokusa | 2016-01-31 23:58 | 昌子作品抄 | Comments(0)