<   2015年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧
昌子365日(自平成27年11月1日~至11月30日)
 
f0118324_19173759.jpg


      11月30日(月)       ラグビーの斜め走りのいや斜め

      11月29日(日)       ことのほか蜑の苫屋の日短

      11月28日(土)       なきにしもあらざるゆめの日記買ふ

      11月27日(金)       蠅飛んで人の笑へる冬座敷

f0118324_19552711.jpg


      11月26日(木)       炭屋出てすぐの皇帝ダリアかな

      11月25日(水)       砲台に冬木の根方食ひ入りぬ
                          
      11月24日(火)       人住まぬ島へ渡るや時雨の忌

      11月23日(月)       大綿の真青きところ眼かな

      11月22日(日)       黒松の元禄ぶりや神無月

f0118324_19582291.jpg


      11月21日(土)       渡し場や小春日和の一と屯

      11月20日(金)       吊橋の向う一町神の留守
                          
      11月19日(木)       花八手長者に縁のなくはなし

      11月18日(水)       しみじみと十一月の立話

                          今は亡き綾部仁喜先生
      11月17日(火)       大綿の飛んで仁喜を悔やみけり

f0118324_2051417.jpg


      11月16日(月)       名蹟や大藪巻の水漬きたる  

      11月15日(日)       木から木へ尾長のわたる七五三

      11月14日(土)       庭広くものの散らかる枇杷の花

      11月13日(金)       鎌倉は古木のかげの花八手

      11月12日(木)       鴨の二羽つれなく見えて離れざる

 
f0118324_20112232.jpg
   

                          上野・BVLGARI展     
      11月11日(水)        ブルガリのことにサフアイア時雨けり

f0118324_18574078.jpg


     11月10日(火)         仰向きも俯きもして帰り花

      11月9日(月)         風邪気味のセーター赤く毛羽立てる

      11月8日(日)         今朝冬の鉄橋が鳴り堰が鳴り

      11月7日(土)         秋惜しむ峠に如くはなかりけり

      11月6日(金)         日輪のほかなき空や冬隣

f0118324_20514444.jpg


       11月5日(木)       放屁虫運のよき日も悪き日も

       11月4日(水)       薔薇園の眩しき秋を惜しみけり

       11月3日(火)       お薬師はかくも高みの竹の春

       11月2日(月)       無患子の見ゆる蕎麦屋の二階かな

       11月1日(日)       銀杏の落ちつくしたる鶏の声 
 
by masakokusa | 2015-11-30 23:59 | 昌子365日 new! | Comments(0)
秀句月旦・平成27年11月
f0118324_2013580.jpg


   お宮まで行かで帰りぬ酉の市      正岡子規

 一読、こういうこともあったなと思う。
 何かの所要があって、東京は下谷の鷲神社の近くまで出かけたのであろうか。
 普段とは違う賑わいに、ああ今日は酉の市であったのかと気付いた。だが友人と酌み交わし、歓談するうちに夜が更けて、ついにお宮に柏手を打つこともなく帰ってしまったという句である。
 残念というよりは、酉の市の街に出かけたことがまんざらでもないのであろう。

 同じ明治32年に、お詣りした方の句もある。

   のびのびし帰り詣でや小六月      子規

 いつかはお礼参りをしようしようと思いつつ、なかなか果たせなかったのが、やっと今日のこの小春の陽気に誘われるようにお参りしたというのである。
 小六月は陰暦10月のことであるから、ほぼ11月にあたる。酉の市も11月の祭である。
 帰り花といって、春に咲く花が狂い咲くのもこの頃で、案外あたたかな日和が続く時節である。
 「コロクガツ」というよきゴロが、「のびのびし帰り詣で」に吸引されるようにピタッとくっついていて、気分のよろしさがうかがわれる。

 子規の句を読むときは、いつも子規の境涯を忘れてしまっている。
 子規の嘆きも喜びも現し世のままに感じられて、その俳句の世界にこころゆくまで遊ばせてもらえるのだ。

f0118324_19552091.jpg



   物指で背なかくことも日短か       高濱虚子

 昔、我がおばあちゃんが、こういうことをよくした。
 縫物をしながら、ふとその鯨尺を着物の襟から突っ込んで背中をかいていた。
 子供心にその姿をいやだなと思ったのは、年寄のむさくるしさを垣間見るような気がしたからかもしれない。
 そういう無意味な仕草の一つも、「日短」であることよという、何ともあほらいしい句である。
 だが又、何ともおもしろい。
 思えば、このむさくるしさの、あほらしさが、短日そのものの風情になっているのではないだろうか。
 人は、季節の巡りにおのずから心を合わせて生きている。
 日が短くなる頃には、もう今年も終わりに近くなったことを哀れにも思い知らされるのである。
 何だか、かのおばあちゃんが無性になつかしくなった。
by masakokusa | 2015-11-30 23:59 | 秀句月旦(3) | Comments(0)
『青草』『カルチャー』選後に(平成27年10月)      草深昌子選
f0118324_1616037.jpg

  
   雲の穴秋満満の光かな       栗田白雲  

 澄み切った空に真っ白な雲。
 その雲の隙間から秋の日の光が真っ直ぐに煌々と射しているのだ。
 何と力強い、爽快なる秋の日差しであることよ。
 空を見上げた作者の感動が、そのまま一字一句に隙なく詠いあげられて、およそ類想をみない句である。
  「秋の雲」「秋の空」「秋の色」「秋光」といった季題を全部ひっくるめたような、「秋」なる季題を、文字通り満々に使い切った句である。
 中村草田男の、〈秋の航一大紺円盤の中〉にも似たスケールの大きさ。
 (草原)


   娘嫁し倍三倍の夜長かな       大塚眞女

 娘がめでたく結婚した。
 嬉しいことではあるが、娘の帰りをまだかまだかと案じることもなくなった。
 それやこれや肩の荷を下ろしたものの淋しさがそこはかとなく漂ってくる。 
 わけても、秋の夜長のことであれば、その手持無沙汰が、二倍にも三倍にも感じられるのであろう。
 淋しさのうちにも、若々しい気概を少しも失っていない母親のありようが、「倍三倍」という、大らかにもすてばち的な言い方でもって隠しようもなくあらわれている。
 (草原)


   藤袴浅黄斑を呼び寄せし       木下野風

 藤袴は秋の七草の一つで、その名の通り、花は藤色で弁は筒状で袴をはいたような
形をしている。
 浅黄斑はアサギマダラという大形の蝶である。
 庭に咲く藤袴をじっと見ていると、どういうわけか浅黄斑ばかりがやってくるというのである。
 「藤袴浅黄斑」という5個の漢字のひとかたまりが、混然一体となって、秋の色彩を不思議にも美しく醸し出し、「呼び寄せし」には柔らかなやさしさがある。
 (草原)

f0118324_16162820.jpg



   長き夜や煎じ薬と豆甘煮       黒田珠水

 冷え性に、あるいは胃弱に効くのであろうか、時かけて弱火で煮詰めた煎じ薬をすすっている。
 そして豆の甘煮を口直しにいただきもするのだろう。
 いや、煎じ薬のとろとろと、豆の煮込みのことことは、同時進行かもしれない。
 とまれ、これほど夜長の実感を簡潔明瞭に「物」で打ち出した句は珍しい。
 苦さと甘さがミックスされた味わいこそが、夜長のよろしさである。
 (草原)


   帯になり三角になり秋の蜘蛛       齊藤ヒロ子

 蜘蛛は夏の季語であるが、あの網状の巣は秋の日差しの中にことさら目につくものである。
 帯のように布状に細長くひろがるのもあれば、くっきり三角形になっているのもある、その造化の不思議に立ち止まっている作者。
 蜘蛛の囲の透明感を通して、秋のもの悲しさが伝わってくるようである。
 蛇笏賞受賞作家大峯あきらの〈秋風やはがねとなりし蜘蛛の糸〉が思い出される。
 (花野会)


   秋の日や川の淵より子らの声     伊南きし子
 
 秦野市戸川公園の吟行句である。
 公園の中には水無川という浅い流れがあって、子供の格好の遊び場となっている。
 この日も大勢の子どもたちが旺盛なる声をはりあげていた。
 子どもはスリリングなところをよく知っていて、平坦な流れの瀬よりも、蛇行するその曲がり角あたりのちょっとした深みの飛沫を楽しんでいるのかもしれない。
 秋日の穏やかさにあって、「淵」というさりげない一語が光景をよく引き締めている。
 (花野会)

f0118324_16165793.jpg



   稔田に立つ姿あり老夫妻       瀧澤宣子

 豊かに稔った稲田が「稔田」である。
 黄金色一色に染め上げた稔田のかたわらに、すっくと立っているのはお年寄りのご夫妻であった。
 その姿には力を合わせて稲を育て上げてきた喜びをしみじみと噛みしめておられるような静けさがただよっていた。
 夕日があかあかと射しこんでいるような気配も感じられる。
 上五中七でいったん締めくくって、あらためて下五に老夫妻と置いたところに作者の感動の所在があきらかである。
 (木の実)


   滔々と流るる川や秋深し       上田知代子

 我らが町を流れる相模川を吟行した句である。
 本来俳句は「滔々と流るる川や」などと叙するものではないかもしれないが、作者はそんなセオリーに臆することなく詠いあげた。
 作者にとって、そう言わずにはおれぬ本当の思いの底に、「秋深し」という実感をそこに見ていたからに違いない。
 一気に秋の深まってゆく感じである。
 スッキリした句はかえって、ものを思わせるものである。
 (木の実)


   青空を二つに分けし曼珠沙華       小幡月子
 
 毎年時を違えずに、秋の彼岸の頃になると曼珠沙華は咲きそろう。
 長い茎を突っ立てて真っ赤に群がるさまは、人それぞれに何かしらの印象を強く与えるものである。
 掲句の曼珠沙華は青空の何を、どう二つに分けたのか、事細かに述べられてはいない。
 だが、作者にはさだかに、青空を二つに分けたという強い思いがあるのである。
 この断定が、いわば独断ともいえるものが、曼珠沙華という花のもたらす究極の美しさにつながっているように思われる。
 (青葡萄)

f0118324_16172783.jpg



   行く雲の流れ静かや敬老日       上野春香

 おだやかにも幸せな敬老日を迎えられて、本当におめでとうございます。
 読者もまた、このような心境にとしよりの日を迎えたいものだと願わずにはおれない。
 行く川の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず、は方丈記の序であるが、雲もまた、行く雲の流れは絶えずして、もとの雲にはあらずだと思う。
 だからこそ仰ぎ見る自然の刻々に、生きる命を養っていきたいものである。
 (青葡萄)


   水澄むや寺町角の弁財天       中園子

 厚木市の目抜き通りを抜けて、相模川の土手に出るには、細い路地をいくつか折れ曲がって行く。
 古くなったお寺もあって、その路地の一角に弁財天を祀った祠があった。
 「テラマチカドノ」という少しぎこちないような言い方が、「水澄む」と「弁財天」を必然のように結び付けて清澄である。
 「水澄む」には、作者の心の内を見つめたような感覚が働いている。
 (青葡萄)


   子のやうに星の寄りそふ月今宵       森川三花

 仲秋の月を愛でる今宵、まん丸い大きな月の横にはぴかっと星が一つ輝いていた。
その星は、まるで母に寄りそう子供のようになつかしく感じられたというのである。
あたたかみがありながら、どこかしらさみしげな表情をにじませるのは、月のもたらす神秘性そのものかもしれない。
 じっと見つめている作者の心情も美しい。
 (草句の会)


   不揃ひの酒饅頭や秋彼岸       長田早苗

 秋分の日を中心とする前後七日間は秋の彼岸である。
 酒饅頭は寺町の店や境内で売られているかもしれないが、不揃いだというとやはり手作りのものではないだろうか。
 日当たりのいい縁側で兄弟が打ち揃っていただいてもいいし、お墓にいくつか供えてあるものであってもいい。
 春の彼岸ではなく、秋の彼岸であるところに「不揃い」の情趣がゆかしくゆきわたっている。
 (草句の会)

f0118324_21322514.jpg


   夫婦して地図を頼みの墓参り       堀川一枝

 両親のお墓であっても、遠方であればお参りする機会も少なく、久し振りともなると風景が変わっていたりして記憶にある墓に至り着くのはなかなかである。
 親戚や知人の墓にお参りするとしても、墓場というものは縦横によく似た道があって、迷ってしまう。
 掲句の地図を開いてはあっちそっちと、とまどっているご夫婦の姿に自分を重ねて読む人も多いのではないだろうか。
 おかしいようなこの夫婦の光景ほど、今生きてあることの幸せを知らせてくれるものはないのである。
 (草句の会)


   地球てふ船に乗りたる良夜かな       河合久
 
 文学少女であった久さんは、お歳を重ねられも、少女のこころを少しも失われない、
夢のような良夜である。
 いや、夢にあらずして真理にちがいない。
 今ここにある私は、地球という船に乗っているのだという、無限の宇宙に漂うような静寂は、皓皓たる名月からごく自然にさそいだされた感覚なのであろう。
 (セブンカルチャー)


   秋晴や道にころがる黄金虫       矢島静
 
 静さんもまた文学的思考の豊かな方であるが、そういう観念を抜きに、即物具象に徹して得られた句である。
 高濱虚子に、〈金亀子擲つ闇の深さかな〉という名句があるように、黄金虫はまっくらな闇の中から明るい灯をめがけて飛んでくる、外へほうり投げてもまた飛びこんでくる。
 そんな黄金虫の夏の命もついに果てたのだろうか、哀れ道にころがっていたというのである。
 作者も黄金虫も、なべてこの世の命は一つとなって秋晴の明るさに包み込まれている。
 (セブンカルチャー)
 

   噴煙をはるか彼方に芒かな       吉岡花林

 芒といえば、箱根町仙石原であろうか。
 あの草原の芒の穂波は青空の何処までも続いていそうである。
 箱根は火山活動が活発になって、一時は噴煙がもうもうと立ちのぼっていたが、そういう風景も思わせて、芒という植物のもっている独特のさびしさが、どこかけなげにも力強く感じられてくるものである。
 (セブンカルチャー)

f0118324_16182976.jpg



   赤蜻蛉迷ひし銀座四丁目       中原マー坊

 赤蜻蛉といえばたちまち静かな里山の日差しを思い浮かべることができる。
 あのスイスイとした飛び方も美しい。
 だが、今日は何と銀座四丁目にお出ましだというのである。
 この意外性が、赤蜻蛉をいっそう鮮やかに見せて、粲粲と光っている。
 作者の銀ブラもさぞかし楽しかったことだろう。
 (セブンカルチャー)
 

   カフエの香や釣瓶落しの寺小路       伊藤翠

 秋の日は、釣瓶を井戸の中に落とすときのように急速に落ちていく、つまりは「釣瓶落しの秋の日」である。
 誰もが実感することであるが、これを季語として使うのはなかなか難しい。
 鎌倉などお寺からお寺へめぐり歩いて、心地よい疲れに、ほっと一息、和風の喫茶店でコーヒーの香りを楽しんでいると、あたりはもう真っ暗に昏れていったのであろう。
 まこと味も香りもある、秋の落日の光景である。
 (セブンカルチャー)


   階段にいつも猫ゐる秋の暮       田渕ゆり

 どこの家の階段なのか、どこの建物の階段なのかは知らないが、会うたびに、階段のそこに猫が居るという。
 「猫チャン、どうしていつもここに居るの」と聞けば、此処がいいからここに居るのよというだろうか、此処に居るしかないから此処に居るのよというだろうか。
 ともあれ、「階段」という特定の場所の不思議が、ふとした作者の淋しさに呼応したのであろう。
 「秋の暮」という直感は動かない。
 出会いの一句には、理屈も理由も何もない、ただ詩情がただようばかりである。 
 (セブンカルチャー)


   秋晴や一番街をチンドン屋       菊地後輪

 そういえば先日、厚木市の一番街でチンドン屋を見かけた。
 句友に教えてもらったときにはもう後ろ姿だけ、「今どき、珍しいわね」といいながらそれで過ぎ去ってしまった。
 だが、作者はその珍しい出会いをキッチリと一句に残された。
 「一番街」が見事に決まっている、どこの市街の一番街であってもいい。
 チンドン屋の足取りに、時代の名残を引くような秋晴のなつかしさが充満している。
 (セブンカルチャー)

f0118324_16191165.jpg



   膝掛を掛けてもらひて秋惜しむ       江藤栞

 どこで、どんな膝掛を、誰に、どういう風にかけてもらわれたのだろうか、
 想像するだけで、あたたかなやさしがしみじみと滲みでてくる。
 秋のさわやかさを存分に楽しんだ日々も、虫の鳴く声にものの哀れを感じ取った日々も、いつしか時は移って早や冬を迎えようとしている。
 紅葉もはじまったであろう冷やかな空気感の中にも、秋を惜しむ心のぬくもりが立ちのぼってくる。
 (セブンカルチャー)
by masakokusa | 2015-11-30 23:58 | 『青草』・『カルチャー』選後に | Comments(0)