<   2015年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧
昌子365日(自平成27年7月1日~至7月31日)
 

       7月31日(金)      その先の見えて路地行く涼しさよ        

f0118324_23263359.jpg
 

       7月30日(木)      女の名呼んで叫んで夏芝居

       7月29日(水)      風涼し幹のほとりは幹ばかり

       7月28日(火)      日焼してまるで油のやうな汗

       7月27日(月)      炎天に鳴いて一羽も降りて来ず

       7月26日(日)      子どもともおもへぬ嘴の鴉かな

f0118324_19583125.jpg


       7月25日(土)      遠く聞く寺の太鼓や心太

       7月24日(金)      魚籠覗くたんびに暑くなりにけり
    
       7月23日(木)      夏野行くしるべのどれもものの跡

       7月22日(水)      後楽園帰りの土用鰻かな

       7月21日(火)      松原の松の隙間の涼しかり

f0118324_2053227.jpg
 

       7月20日(月)      土用太郎鴉にものを問うてをり

       7月19日(日)      鮎打つや風の途切れぬ箒川

       7月18日(土)      草庵のひときは赤き金魚かな

       7月17日(金)      鯉のひげ亀の甲羅やあめんぼう

       7月16日(木)      中島に老松一つきり涼し

f0118324_19141086.jpg


       7月15日(水)      孑孒や雲は浮いたり流れたり

       7月14日(火)      日盛りの白波曳くや隅田川

       7月13日(月)      相撲部屋三つ過ぎたる暑さかな
     
       7月12日(日)      兀山の見ゆる襖を外しけり

       7月11日(土)      亀の子の岩に手をかけそこねたる

f0118324_1902745.jpg


       7月10日(金)      八重葎石屋は石のほか積まず

       7月9日(木)       夏負けて萬年橋にさしかかり
       
       7月8日(水)       ばつたりと会うて涼しき声であり

       7月7日(火)       田はみどり山は濃みどり小暑なる

       7月6日(月)       七夕の銀座通りとなりにけり

f0118324_23261263.jpg


       7月5日(日)       肩凝つて歯の浮くことも暑気中り

       7月4日(土)       大橋を渡りきる間の白雨かな

       7月3日(金)       山門を猫のすつ飛ぶ半夏生

       7月2日(木)       蛭蓆丸太ん棒の横たはる

       7月1日(水)       大晴の伊勢の渚や夏衣

f0118324_2075987.jpg
  
 
by masakokusa | 2015-07-31 23:59 | 昌子365日 new! | Comments(0)
「青草の会」・選後に(平成27年7月)        草深昌子選
 
f0118324_2233159.jpg


   半夏雨少女の前歯抜けにけり      大本華女
 
 半夏は太陽暦の7月2日頃、カラスビシャク(半夏)の生える時期である。
 半夏雨は、この頃に降る雨であるが、梅雨も終わりの頃で、大雨になることが多い。
 掲句の「半夏雨」と「少女の前歯抜けにけり」の間には何の因果もない。
 だが何と、「少女の前歯抜けにけり」という、その一事が、「半夏雨」という季題の世界を大きく深く明らかに見せていることだろう。
 歯が抜けるということは忌まわしいことではあるが、少女なら、それは必然的な成長の一つとして肯われることであり、むしろ微笑ましい感じがする。
 暗がりの中の、歯抜けの明るさが、半夏の雨脚をきらきらと光らせている。
 半夏が古来農事に深くかかわって、物忌みをしたり、農凶を占ったりした時節であることを知っていると、この偶然の出会いがまるで必然のように感じられるのも不思議なものである。
 自然との出会い、人との出会い、物との出会い、一期一会を大事にする華女さんの姿勢あってこそのものだろう。
(木の実)


   夕立のあとの夕日の宗教画      瀧澤宣子

 すさまじい夕立の、何もかも洗い晒した後の清々しさはたとえようもない。
 折から、あかあかと差し込む夕日は、まるで宗教画を見るように神々しく、どこまでも透き通っている。
 宗教画は長く作者の記憶の中に眠っていたものから引き出されたものかもしれない。
 あるいは、実際に、家の壁にかかっているのかもしれない。
 日常見慣れた、少々古びた絵画に、夕日はまさに後光の如く差し込んできたのであろう。あらためてしみじみと見直しているのである。
  「夕立のあとの夕日や宗教画」、「夕立のあとや夕日の宗教画」も考えられるが、
 「の」を連ねて、一息に詠いあげた宣子さんの気持ちがここにはよく現れている。
(木の実)


   前のめり巣立ちの朝の燕の子     熊倉和茶

 句会の誰もが共鳴し、いつかどこかで見た光景を鮮やかに見せてもらえた喜びを口々に語り合った。
 この句は行き掛かりに出来た句ではないだろう。
 やはり作者は、駅構内に作られた燕の巣を、来る日も来る日も見守って、観察し続けられたそうである。
 そんな旺盛なる好奇心そのもののような「前のめり」である。
 まさに、一字一句、かけがえのない作者のものである。
(木の実)

f0118324_2235353.jpg


   三叉路の空地三角立葵      山森小径

 三叉路の空地は三角に決まっている、そこをもう一度念を押して、「三叉路の空地三角」と言い切るところ、胸のすくように気持ちがいい。
 図らずも、作者の喜びが表出されているのである。
 葵の花は、派手なものではないが、白く赤く、ときには青く、一メートルあるいはそれ以上に下から順々に咲きのぼっていく花である。
 こんなところに咲いている、何といじらしい花であることよ、何とやさしい揺らぎようであろうか、しばし立ち止まって、梅雨時の鬱陶しさを癒されているのである。
(木の実)


   早蕨の塩漬け梅雨に入りにけり      間正一
 
 6月の句会に、新潟出身の方が、地元のワラビを塩漬けにしたものをお持ちくださった。
 その辺のスーパーで買うことも、料亭でいただくこともかなわないような、さっぱりとした味わい、その歯触りの小気味よさに、一同喉を鳴らしたのだった。
 ちょうど梅雨入りの宣言された、その日のことであった。
 「早蕨の塩漬け」が美味いとも何とも言ってないが、美味いに決まっている。
 何だって、この美味佳肴をもって、梅雨を迎え入れる心を定められたのだから。
 正一さんは、今年の長雨を元気に乗り越えられるに違いない。
(木の実)


   払っても私を慕ふ藪蚊かな      菊地後輪

 大方の読者は、「ナニ、コレ?」って思われるかもしれない。
 でも、私には魅力的な句である。
 ここには、およそ俳句を、俳句らしく上手に作ろうという構えがない。
 作者の真面目な、本当の心から発せられたものであるところに、自ずから面白さが滲み出ている。 
 吸血の藪蚊も心得ていて、そういう後輪さんにこそ慕い寄るのではなかろうか。
 作者は、この新鮮な感覚にどう磨きをかけてゆかれるのであろうか、今後が楽しみである。
(セブンカルチャー)


   梅雨晴間待合室は老いばかり      田渕ゆり

 待合室は医院のそれとは限らないが、さしずめ思い浮かぶのは整形外科あたりの光景である。
 「老いばかり」と嘆く作者もまた高齢に違いないのだが、この言い切りにはどこか微笑ましく、どこか明るさが感じられる。
 梅雨のさなかにあらずして、「梅雨晴間」であるところに救いがあるのである。
 何気ないが、「老い」の措辞には、句歴の長さがにじみ出ている。 
(セブンカルチャー)

f0118324_15272376.jpg


   通勤のバス少し空く更衣      松尾まつを

 更衣は、昔は陰暦4月1日と決められていたが、今は個人によってまちまちのようである。
 会社や学校など一般的には6月1日であろうか。
 作者が真っ白なシャツに更衣をしたその日、いつもとはバスの混み具合が違っていた。
 乗客の数が少なかったというのではない。
 更衣という、その姿が軽快になったことによってもたらされた作者の直感のように思われる。
 「少し空く」という穏やかな表現が、スカッとした衣更えの清々しさを表している。 
 窓外には新緑が一面に輝いていただろう。

   花柄の今年こそ着るアロハシャツ   まつを

 こちらは原色の派手なシャツ、なかなか着るには勇気の要るシロモノである。
 力強い断定が、真っ赤な色彩を想像させて、その心意気や壮快。
(草原)


   迸る蛇口の水や子らの汗      古館千世

 健康そのものの子どもの汗である。
 まさに「迸る」ような勢いでもって一気に描き切ったところが、逞しい。
 水もろともに一句の汗は光っている。
(草原)


   朝焼や雨を待つ傘新しく        大塚眞女

 俳句教室の中でもとびきり若い眞女さん、その俳句も可愛らしさが全面に出ている。
 朝焼けがあるとその日は雨になるだろうという予測を、真つさら傘でもって、迎えようというのである。
 壮快なる朝焼けは、作者の初々しさの反映のようでもある。
(草原)


   夏帽子ひしやげてをりし縁側に      潮雪乃

 「夏帽子」の兼題で、ひしゃげている帽子を詠ったのは雪乃さんだけであった、その観点がすばらしい。
 この光景は、誰しもが郷愁をもって、思い浮かべるのではないだろうか。
 縁側のあたりには、さっきまでそこにいた元気な子ども、あるいはおじいちゃん、おばあちゃんでもいい、人の気配が思い思いに余韻をもって感じられるのである。
(青葡萄)

f0118324_1528121.jpg


   荒梅雨の廂を叩く音止まず      上野春香

 「廂を叩く音止まず」という、よどみなく言い切った表現が見事である。
 韻律がそのまま、まっすぐな雨の降り方であって、梅雨時の、押し寄せるような雨の激しさがいささかの不安感をもって迫ってくる。
(青葡萄)


   谷若葉大蛇の如き檜なり      河野きな子

 「谷若葉」と先づ打ち出して、一と呼吸入れ直して「大蛇の如き檜なり」という堂々たる叙法がすばらしい。
 読者は、その大樹を、作者の感動と同じ手順で感じ取ることができるのである。
 仮にこれが「檜若葉大蛇のやうでありにけり」であったならば、後退るやうな新樹の新鮮さは半減するであろう。
(草句の会)
 

   五月雨やテント一張り山の池     眞野晃大郎

 何と言っても「テント一張り」がいい、距離感がありながら、眼にははっきり見えるのである。
 それにまた「五月雨や」の季語が生きている。これが「五月晴」などではつまらない。「山の池」という留めも、しっとりと落ち着いている。
 かにかく秀句というものは、どの一字一句も全体に作用して抜き差しならぬように納まっているものである。
(草句の会)


   赤潮や格子模様に漂ひぬ       森川三花

 「赤潮」という季語は、歳時記によって「春」であったり「夏」であったりするが、要は水中のプランクトンの大量発生によって海水が赤くなる現象であるから、その赤潮に直面したときに詠いあげればいい。
 作者は伊豆半島に旅行されることが多いから、その折のものであろうか。
 簡潔明瞭に描写して、赤潮というものを知らない者にも不思議さをもって想像されるのものである。
 何でもないようだが「漂ひぬ」には、作者独自の目が光っている。
(草句の会)

 
   朝ぐもり大海原を船が行く     齊藤ヒロ子
 
 夏の朝の曇り空は、昼にはギラギラの炎天がやってくることを暗示するかのように、いかにもどんよりとしている。
 そんな朝ぐもりの本情を、「大海原を船が行く」という作者の認識によって、ゆるぎなく打ち出している。
 
   入院す藪の老鶯さやかなり     ヒロ子

 ヒロ子さんは、大磯の海を見渡せる病院に入院されたという。
 入院に対しても潔い気持ちがあって、余裕が感じられる。
 そういうヒロ子さんだからこそ、「朝ぐもり」の秀句をものにされたのであろう。
 俳句の姿勢というものを教えられる思いである。
(花野)

f0118324_15284036.jpg


   花一つ浮ぶ蓮見の大勢かな      二村幸子

 蓮見に出かけたところ、いささか時期尚早であったようだ。
 それでも、蓮見舟に乗るなどして、大勢が楽しまれたのであろう。
 たった一つきりの蓮の花であるが、このように詠われるとかえってこの蓮の花がくっきりと浮かびあがって、まこと清浄である。
 花の一つを恨まずに、その一つをよろこぶ姿勢が句柄を大きくしている。
(花野)


   青嵐お鉢めぐりに背を丸め     伊南きし子

 お鉢めぐりというのは火口壁の周縁をまわることで、富士山のお鉢めぐりはよく知られる。
 数年前の冬に、三原山のお鉢めぐりを体験したが、風に吹き飛ばされそうになって、引き返した思い出がある。
 万緑のよき時節であっても、やはり風はきついのであろう、臨場感満点である。
 青葉を吹き抜ける荒々しい風の全貌が人の背をいよいよ小さく屈めさせるのである。
(花野)
 

   早苗田の影追ふ姉と弟と       平野翠

 姉と弟は喧嘩もするが、弟は姉をよく慕っているのではないだろうか。
 俳句は、人物が描けると、おのずから風景が立ち上がってくるものである。
 早苗田の初々しい青さも、水中に生きる小さなもものの命も、ひとしく姉と弟の命に通っているのである。
 「影」という言葉の綾も美しい。
(花野)
by masakokusa | 2015-07-31 23:58 | 『青草』・『カルチャー』選後に | Comments(0)
秀句月旦・平成27年7月
f0118324_13441596.jpg


   なまじいに生き残りたる暑さ哉      正岡子規

 正岡子規は明治28年5月23日、日清戦争従軍の帰途発病して神戸病院に入院した。
 激しい喀血に食事もとれなかったが、6月下旬から快方に向かい、7月23日に退院した。
 一か月半の間、子規の看病にあたった虚子は、東京へ引き上げた。
 その時に虚子に託した句は、

   贈るべき扇も持たずうき別れ   子規

 であった。

 一命をとりとめたものの、今後どれほど生きることができるであろうか、不安にさいなまれたにちがいない。
 なまじっか生き残ってしまった、というのは子規その人の正直な感慨であろう。
 だが、ふと子規の思いから離れてみると、現代の高齢者にも通用するところがあるのではないだろうか。
 生あるが故に暑い、やるせない暑さである。



   泡一つ抱いてはなさぬ水中花     富安風生

 水中花は水に沈んで咲く花である、そう思うだけで、どこかはかないイメージがある。
 そのはかなさが、涼しさを演出するおもちゃとなるのであろう。
 だが掲句は、水中の涼しさだけにとどまらず、どこか艶っぽいところがあって、なかなかに愛らしい。
 水中花というものを最近見かけなくなったが、思い出のなかにある水中花もたしか、「泡一つ抱いてはなさぬ」ものであったような気がする。


f0118324_134448100.jpg


   白玉の器の下が濡れにけり       綾部仁喜

 白玉というと、手作りの母の味を思い出す人が多いだろう。熱湯をくぐらせた真っ白な団子には、真っ白な割烹着がよく似合う。
 そんな白玉そのものを詠いあげずして、この句は、白玉の入った器をもって白玉を想像させた。
 多分美しく透き通ったガラス器であろう、その冷え切った器が結露で濡れている、そこに涼味満点の趣きを見出したものである。
 こういう体験を何度もしながら、表現することなど考えもしなかったことに意表を突かれる。
 今まさに、卓上の白玉に向いあっているような臨場感があって、吹き抜ける風が何ともなつかしい。



   
by masakokusa | 2015-07-31 23:58 | 秀句月旦(3) | Comments(0)
原石鼎俳句鑑賞・平成27年7月
f0118324_17424784.jpg



   一度吐きし餌にまたよりし金魚の瞳     原石鼎  大正11年

 かつて、水槽に飼っていた金魚はいつもこうだった。
 金魚とはそういうものだと決めてかかっているものにとって、これが俳句になるとは思いもしなかった。
 それがどうした、と言われればそれまでのような句ではあるが、何故だかハッとした。
 そのハッとが、すでに詩になっている証拠ではないだろうか。

 人間であっても、食い意地のはったものは、餌のある限りは餌を食わんとするものだが、一度口から吐き出したものを再度口に入れようとするだろうか、しないだろう。
 いや、赤ん坊の頃は、金魚同然であったかもしれない。
 いのちの原始を見せられたようで、「金魚の口」でなく「金魚の瞳」というあわれさに、しばし惹きつけられてしまった。

 掲句は、創刊百年記念『ホトトギス巻頭句集』から引いた。
 大正11年7月号「ホトトギス」の巻頭を飾ったのは以下の8句である。

   暮れてなほ浪の蒼さや蚊喰鳥       東京 石鼎
   岩藻皆立ちてゆれゐる清水かな           同
   清水掬んで底の形やしかと見し            同       
   一度吐きし餌にまたよりし金魚の瞳         同
   荒馬のつぎ荒牛や初夏の路              同          
   麦笛を懐ろの裡に吹く男                同
   滝を見し心さむさや杜若                同
   抜き捨てし一茎岸に菖蒲池              同

 ちなみに、掲句は『原石鼎全句集』には、「一度吐きし餌に又よりし金魚の瞳」とあり、原石鼎自選句集『花影』には、

   一度吐きし餌にまたもよる金魚の瞳

となっている。

 「餌にまたよりし」が断然いいと思うが、どうであろう。
by masakokusa | 2015-07-31 23:58 | 原石鼎俳句鑑賞 | Comments(0)
花照鳥語         あはれなるほど喉ふくれ        草深昌子
    
f0118324_2317474.jpg


 原石鼎が「鹿火屋」主宰になったのは、大正十年である。
 大正七年から大阪毎日新聞社の俳句会に毎月出張していた石鼎は、藤田耕雪庵句会など、関西の実業家たちの句会にも度々出席していた。 
 鹿火屋はまるで大阪から誕生したようだと石鼎が言うように、雑誌発行には大阪の強力な経済力に支援されたのであった。 
 ことに藤田耕雪は、住友と並び称せられる二大財閥であった藤田財閥、その藤田組の副社長であり、妻の俳人春梢女と共に協力を惜しまなかった。
 藤田の別邸に招かれた石鼎夫妻は、源氏物語に出てきそうな耕雪を前に、生まれて初めての洋食の饗応に胸を波立たせたそうである。
 耕雪は、大正十二年十二月号「ホトトギス」に巻頭六句入選を果たしている。高野素十が初出句にして四句入選で知られる号である。

   水つげば釜音ひそみ除夜の閑   耕雪
   大鯉の背を越す鯉に落葉かな    

 吉野山花見の帰途、この藤田家の本邸である「藤田美術館」、庭園であった「旧藤田邸跡庭園」、さらに耕雪庵の跡である「太閤園」に立ち寄った。
 かつて淀川畔の綱島御殿と言われた広大な敷地にあって、隅々までも粋を集めた花鳥の輝きにただうっとりとしてしまった。
 長閑けさに浸っていると、石鼎が数年間も月の一旬あるいは一旬半を大阪に滞在したという満足感が伝わってくるのであった。

 大正十年、石鼎にはもう一つ、嬉しい出来事があった。
 かの内藤鳴雪が「石鼎さんは龍土でいやすなら、そのうち遊びにゆきやしょう」と石鼎居を訪れたのである。 石鼎は麻布区龍土町(今の港区六本木)、鳴雪は麻布区笄町(今の港区西麻布)に住んでいた。
 鳴雪は子規派の重鎮として活躍したが、大正十一年刊行の『鳴雪自叙伝』の語り口もまた円満洒脱である。
 古希の祝賀会のあとは「前途なんの企画する事もなく、ただ担当している多くの俳事を、その日その日と弁じているが、つい生き延びて本年は七十六歳となった。老年に比較して精神だけは頗る健全だが、身体の方は漸々と衰弱して殊に寒気には閉口する」と締めくくっている。
 自叙伝刊行の直前にあった鳴雪は、一誌をもつことになった石鼎を大いに激励したのであろう。 
 石鼎は三十五歳であった、思えば子規の没年と同い年である。
 妻コウ子は「鳴雪は疳高い声でいかにも楽しそうに石鼎と話していられたのが昨日のように目に浮かぶ。翁を笄町のお宅まで送ってかえった石鼎は、翁の明るい音声の残っている部屋で、翁を迎えたよろこびの興奮になおひたっていたのもなつかしい」と書き残している。
 鳴雪居住跡は、今や文字も薄れた標が空手道場の前に小さく傾いているだけであった。
 かの日の如く、旧居跡の路地を出て、六本木通りの笄坂や霞坂を上っては下り、やがて龍土町名残の東京ミッドタウンあたりへ出てみると、息が切れた。この起伏ある半里の道程を鳴雪翁が進んで足を運ばれたとは、何と有難いことであったろうか。
 
   囀やあはれなるほど喉ふくれ       石鼎
   この朧海やまへだつおもひかな       
   夜の雲のみづみづしさや雷のあと   
   
 新緑の盛んなる大都の真ん中をたどっていると、石鼎が最も石鼎らしく、その長身をもって闊歩した時代があったことを実感させられて、絢爛たる句々が自ずから浮かび上がってくるのであった。

(「晨」平成27年7月号所収)
by masakokusa | 2015-07-31 22:50 | 俳論・鑑賞(2)NEW! | Comments(0)