<   2015年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
昌子365日(自平成27年6月1日~至6月30日)

f0118324_23463554.jpg
 
      6月30日(火)       白南風や土蔵一つが生家跡

      6月29日(月)       三伏や金の佛に金の蓮   
  
      6月28日(日)       時鳥三十畳に聞いてをり
  
      6月27日(土)       槍を突くやうにも捕虫網つかふ

      6月26日(金)       神宮の砂利踏み鳴らす油照り

f0118324_215889.jpg


      6月25日(木)       十薬や紐にひかれて猫の行く

      6月24日(水)       日傘みな左へ傾ぐ並木かな

      6月23日(火)       図書室はまるごと一つ夏館

      6月22日(月)       大鯉の背ナにしたがふ夏至の水

      6月21日(日)       寝入りばな守宮の少し身じろげる

f0118324_21212294.jpg


      6月20日(土)       ともかくも座りたくある閑古鳥

      6月19日(金)       大堰の音の失せたる驟雨かな

      6月18日(木)       学食の音の涼しくやかましく  

      6月17日(水)       地下足袋を脱いで上がつて夏座敷
  
      6月16日(火)       菖蒲見のやはらかさうな背中かな

f0118324_22282152.jpg


      6月15日(月)       棕櫚竹の花の高さも江東区
 
      6月14日(日)       盤石を麦稈帽に越ゆるかな

      6月13日(土)       朝雨の止んで南風つめたかり

      6月12日(金)       青梅の天神様の産子かな
 
      6月11日(木)       学窓は夏木隠れに古びたり

f0118324_135931.jpg


      6月10日(水)       甲板の大傾ぎなる風涼し

       6月9日(火)       入梅や蛇のごとくに藻の流れ
 
       6月8日(月)       お日柄のよろしき蟹の鋏かな

       6月7日(日)       緑蔭の午前明るく午後暗く  

       6月6日(土)       パナマ帽エクアドルより帰国せる

f0118324_21151797.jpg


       6月5日(金)       城山をうしろにしたるハンモック

       6月4日(木)       夕焼くる晶子染めてふ泥染めの

       6月3日(水)       蝶々の茅花流しにまつはれる

       6月2日(火)       あばら家のはばかりもなき曝書かな

       6月1日(月)       涼しさの山羊のひと声ふるひけり
by masakokusa | 2015-06-30 23:59 | 昌子365日 new! | Comments(0)
原石鼎俳句鑑賞・平成27年6月
f0118324_1301923.jpg



   紗の幌の俥中の人や夏帽子     原石鼎  大正12年

 石鼎らしい絵画的な視線は、そのまま読者の目にのりうつってくる。
 背筋を正し前方をまっすぐに見ている横顔は、憂愁の美を含んで、映画のはじまりのシーンを見るように静かである。
 妙齢の夏帽子、その波打つようなフリルの鍔は透き通っている。
と、思って、しばし見惚れているうちに、いや紳士かもしれないと思えてきた。

 明治から大正、昭和初年にかけての時代の移動手段は人力車であった。
 又、帽子が日本に入ってきたのも明治になってからであるから、この人力車の時代は帽子の時代でもあった。第二次大戦ごろまでは日本人のほとんどがかぶっていたという。
 掲句も、そんな郷愁をもってながめてみると、紗という薄絹の幌であるからには、着物に高級パナマ帽というスタイルがなかなかに決まっているではないか。
 とまれ、何がしかの物思い、背筋を伸ばす人の涼しさが的確に伝ってくる。


   夏帽や鞨鞭の鼻素鈴の瞳       大正7年

 鞨鞭も素鈴も耳慣れない、これは固有名詞、そう俳号かもしれない。
 夏帽子をかぶった鞨鞭氏は鼻筋が通っている、片や素鈴氏はきらっと光る黒眼が美しい。
 パナマ帽とかんかん帽の違いのようでもある。


  石鼎の夏帽子が面白いので、ついでに調べてみると全句集に8句あった。

   夏帽や我を憎む人憎まぬ人       大正7年
   
 帽子をもって、こういう選別をする神経が石鼎であるというよりも、さまざまの夏帽子に一つ一つの表情を瞬時に見分けるというところが、石鼎の天性であろうか。
 およそ類想をみない句である。

        ともし会句集の扉に
   夏帽やあらゆる顔に濃き影す       昭和12年

 句集出版の祝意に、夏帽子を持ち出した。
 「濃き」というところが誉れであり、太陽光線はもとより、「ともし会」という灯火の影をこめてもいるのだろう。

   我に敏き人の夏帽新しき       昭和5年

 「我に」などと詠えるのも直情的な石鼎の魅力である。

   悉く夏帽の店となりにけり       大正13年

 何度もこういう場面に出会いながら、凡愚我は句にすることを頭から放棄していた、
 平成の世にも通用する句の眩しさ。
 心を引かれた一点を見逃さない、観点を変えることによって、また新しい夏帽子の世界を広げている。

   夏帽子折から通る大汽船       昭和5年

 夏帽子と汽船の取り合わせはいかにもオーソドックスであるが、「折から通る」というダイナミックはさすがである。

   草木にうもるる庵の夏帽子       昭和13年

 石鼎の夏帽子の句はこれをもって終り。
 写生の句でありながら、ただ右のものを左に映しただけでのものではない、夏帽子の心情を芯にした一つの世界が描かれている。
 これぞ石鼎その人の夏帽子ではないだろうか。
by masakokusa | 2015-06-30 23:59 | 原石鼎俳句鑑賞 | Comments(0)
「青草の会」・秀句抄(平成27年6月)       草深昌子選
f0118324_1329368.jpg


   見ず知らず励まし合うて登山道     中原マー坊

 夏には山開きが行われて、登山は夏にもっとも盛んである。
 掲句は、さらっと詠いあげながら、下五の「登山道」がばっちり決まっている。
 一面識もない人々が、お互いにあともう少し、あともう少しと、踏みしめてゆく一歩一歩の確かさは登山ならではのものであろう。
 東京の街中では、「見ず知らず」が励ましあうということはないのである。
 阿波野青畝に、〈登山道なかなか高くなって来ず〉がある。だからこそ、見ず知らずであってもごく自然に励まし合って登らねばならない。 
 こんな登山道の精神が、私たち俳句の道にもつながってほしいと願っている。
(セブンカルチャー)


   ひと仕事終へて日の射す菖蒲風呂     伊藤翠
 
 昼間であろう、窓からさんさんと初夏の光が差し込んでいる菖蒲湯である。
 たっぷりと湧き上がった湯に、ひとしお菖蒲の葉が青々と感じられる、まさに心身が清められるような透き通ったお風呂である。 
 草抜きであろうか、朝からひと仕事終えた作者ならではの達成感が、こんな気落ちの良い一句に仕上がった。
 他に〈若葉風紙飛行機を押し戻し〉、〈若葉雨夙に社殿の朱の色〉など、すでに季語をよく感受されていて、頼もしい。
(セブンカルチャー)


   アイロンを掛くる手許や若葉影     河合順

 現役バリバリの主婦の句かと思いきや、順さんの句。
 順さんはいつも「私は最高齢よ」って、静かにも明るく微笑んでおられるが、やはり背筋を正した暮らしの日々は、こういう句になって隠しようもなく現れてくるものである。
 句の印象はまこと清潔である。
 木綿や麻の自然素材であろうか、真っ白に、パリッ光って仕上がっていくような感じが、若葉光から見事に引き出されている。
(セブンカルチャー)
 

   桐咲くやとうに箪笥は黒ずみて     江藤栞

 お屋敷の庭に桐の花が高々と咲くと、この家の娘は妙齢にさしかかったことが知れるという、それは女の子が生まれると桐を植えて、結婚の際には桐たんすを作って嫁入り道具にするという風習があったからである。
 それほど古くない時代であっても、桐たんすは結婚の幸せを象徴するような堅牢なるものであった。
 齢を積み重ねてきたものにとって、桐の花を仰ぎ見ると、親への思いや、来し方の歳月が自ずからしのばれてくるものである。
 「とうに」という措辞に、桐の花の古風な美しさが鮮やかに浮かびあってくる。
(セブンカルチャー)
 
f0118324_13302272.jpg


   萍を杖つく老夫見つめけり     鈴木一父

 「草原」の会は発足して一年、初めての吟行を防災の丘公園で行った。
 小さな池のほとりの四阿で一服。
 同行の一人が、この一年間で300句ばかりを作ったが、「けり」の句がなかったと言われた。そこで、あらためて俳句は切字が大事、今日こそ「けり」に挑戦しましようなどと、認識しあって出来たのが一句。
 そんな談笑の最中に、ずっと杖をついた老人が立っていたのを、作者は見逃さなかった。キッとした感じで萍をのぞき込んでいるのは、何故だろうか。
 作者の「不思議だと思いませんか?」という問いかけがそのままわが身にふりかかってくるような雰囲気が漂っている。
 私には「萍」が切ない。浮草から、「憂きこと」「浮きたる恋」などが喚起され、心のさざなみがひそかにも寄せてくるからかもしれない。
 何と渋い人生的な味わいであろうか。
(草原)


   ポピー咲く答へは何時も風まかせ     佐藤健成

 四阿で「けり」の俳句がないと打ち明けてくださった健成さん。
 同時に、花の名前を知らないから花の句に弱いと嘆いてもおられた。
 だが、まあ何と素敵なポピーを咲かせられたことであろうか。
 植物図鑑を手にされていたが、ほとんど開かず、花鳥の出会いの一つ一つに驚き
ながらも、ゆったりと楽しんでおられるように見受けられた。
 そういう心の解放感がなければこんな句は生まれない。
 答えはいつも風まかせというのは、作者の飄々たる気持ちの表れである。
 ポピーは、作者の内面と一つになって、可憐にも揺らいだのである。
(草原)
 

   トランペット吹き鳴らしをり夏木立     木下野風
 
 丘陵のあちらこちらに、青葉若葉の生い茂った木立がある。
 風にのってくるのはランペットの楽曲である。なるほど、トランペットの練習にはもってこいの場所である。
 そしてその音色は、樹木の旺盛なる生命力に引き出されたもののように高らかに響きわたるのである。
 作者の精神の若さが、夏木立に共鳴している。
(草原)


   二人してフレアスカート夏木立     黒田珠水
 
 こちらの夏木立は又何と愛らしいものであろうか。
 「夏木立」だから力まなくてはならないことはどこにもない。
 季題の概念から外れて、自身が感じたもの、見たものを正直に詠いあげるのが俳句である。
 がっしりと聳え立つ、樹々の間をかいくぐるように、軽快感のあるフレアスカートをひらひらとひるがえして行く二人。
 ソフトなるものとハードなるものの対比が明るくも清々しい。
(草原)

f0118324_1331110.jpg


   鳥の声仰げば青葉ばかりかな     川井さとみ

 野鳥の池あたりでは、鶯と鴉を筆頭に、四十雀も画眉鳥も、さまざまの鳥がよく鳴いた。時に際立ったのは時鳥の声であった。
 仰ぎ見ると、鬱蒼たる樹々の青葉は、青空をのぞかせないほどに戦いでいた。
 青葉は若葉とほぼ同じだが、季節的には青葉の方が、夏も少し闌けてきたころを思わせる。
 そんな情景を、一気呵成に詠いあげてダイナミックである。
 作者その人の清新なる気息が、一句のずみずみに行き渡っている。
(草原)
by masakokusa | 2015-06-30 23:50 | 『青草』・『カルチャー』選後に | Comments(0)
秀句月旦・平成27年6月
f0118324_22103324.jpg


   蚊をたたくいそがはしさよ写し物       正岡子規

 「いそがはしさよ」は漢字で書くと「忙はしさよ」である。
 明治26年の作、この頃はむろん殺虫剤も扇風機もない。
 蓬の葉や、榧の木、松や杉の青葉などを火にくべて、燻した煙で蚊を追い払う「蚊遣火」の時代だっただろう。
 無数にやってくる蚊の猛攻をしのぐのは、さぞかし忙しかったに違いない。
 だが子規は「頭に来る」なんてことはなく、ひもすがら俳書歌書の類の写し物に集中していた。
 余裕ある詠いぶりは、まるで夏の風物詩をおもしろがっている風である。
 子規は、少年時代から、貸本をむさぼり読んで、時に名文があるとたんねんに筆写したという。
 天才はもとより努力家であった。


   蠅とんでくるや箪笥の角よけて       京極杞陽

 全く、蠅の飛びようそのものではないか。
 これほど当たり前のことはないのだが、あらためて、蠅だって、眼があり、翅があり、箪笥にぶつかるようなドジはしない、意志をもって生きているのだということを思い知らされるようで、何度読んでも面白い。
 それにしても、「箪笥の角」という際立ったものの存在感、「よけて」という擬人的な物言い、場面の設定から表現に至るまで、何でもないように詠いあげるということの熟練に脱帽してしまう。
 いや、蠅をあなどらない優しさが詩の源であろうか、まこと清潔感のある蠅である。

f0118324_22181740.jpg



   ラヂオ今ワインガルトナー黴の宿       星野立子

 この句を知ったとき、何と斬新なる句だろうと驚かされた。
 ワインガルトナーなるものは、ヨーロッパの音楽家、というぐらいしか思いつかなかったが、それでもその片仮名書きと、韻律からであろうか、反響するような楽曲が聞こえてくるような錯覚に陥って、臨場感たっぷりであった。
 片や「黴の宿」は、子供のころから実感として身に沁みついている。
 陰気くさくも黴臭い家のおもむきが俄かに、なつかしくよみがえってきたのである。
 一陣の風が吹き抜けたようであった。
 この作品は昭和12年のもの。
 調べてみると、ワインガルトナーはこの年の夏、夫人と共に来日して新交響楽団(現在のNHK交響楽団)を指揮しているのだった。
 史上初のベートーヴェン全曲録音を果たした巨匠であれば、この時の演奏もベートーヴェン交響曲であっただろう、いよいよ黴の家との交響が似つかわしい。
 ワインガルトナーと黴は、対極にあるようでありながら、そのミスマッチがむしろふさわしいかのように、黴の臭いがいきいきと発散されるのである。
 まさに即興でありながら、その詩情は80年経った今の世に少しも黴びていない。



    麦笛や四十の恋の合図吹く       高濱虚子

 麦笛も草笛も吹けないので、その音色の違いもよくわからないが、麦笛は茎の空洞を利用するというから、草笛の鋭いピーピーよりは涼しげな音のように思われる。
 それでも、四十の恋、つまり男女のただならぬ逢引の合図に吹くというのはちょっといやらしい。
 でも、それは言い換えれば、麦の熟れたころの田舎住まいの暑苦しさのようなものを代弁しているのかもしれない。
 虚子にとって、こんな句はお手の物だった。
by masakokusa | 2015-06-30 20:01 | 秀句月旦(3) | Comments(0)