<   2015年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧
昌子365日(自平成27年3月1日~至3月31日)
f0118324_22553583.jpg



     3月31日(火)       階段に玉砂利敷きし桜かな

 
f0118324_21403344.jpg



     3月30日(月)       空青く大きく深く進級す

     3月29日(日)       にはとりの鳴いて椿を踏んでをり

     3月28日(土)       路地にして干せる肌着と若布屑

     3月27日(金)       遠足のたれも撫でゆく石の鼻

     3月26日(木)       初蝶に遅れて草の戦ぎけり

f0118324_2121850.jpg
   

     3月25日(水)       犬の貌猫の尻見て暮遅し

     3月24日(火)       卒業やヘリコプターも鳶も飛ぶ  

     3月23日(月)       その翅の地べたに透けて春の蠅

     3月22日(日)       城崎に会うてひとまづ鱵かな

     3月21日(土)       長閑さにすずかけの木を見てをりぬ

f0118324_22221091.jpg


      3月20日(金)       亀鳴くやむかし蚕糸の試験場

      3月19日(木)       校庭に子のこゑ走る彼岸入り

      3月18日(水)       焼肉屋ごつごの春の落葉かな

      3月17日(火)       四阿をそこに春泥ただならず
 
      3月16日(月)       カンテラのやうな鳥籠風光る

f0118324_21455989.jpg


       3月15日(日)      片栗に立って男の向う向き

       3月14日(土)      見通しのききたるここら田螺鳴く

       3月13日(金)      透け透けの雑木林や地虫出づ

       3月12日(木)      大風に顔背けては白木蓮

       3月11日(水)      うっとりとしたる日和や蝌蚪の紐

f0118324_1342260.jpg
 

       3月10日(火)      うぐひすの初音や人の手が肩に

       3月9日(月)       竹秋や屋敷のうしろうづら小舎

       3月8日(日)       階段をつけたる山の笑ひけり

       3月7日(土)       飲食のほかはおもはぬ遅日なり

       3月6日(金)       あたたかに石灯籠の丈にゐる      


f0118324_2041405.jpg


       3月5日(木)       わたつみのうらはいなりのふきのたう

       3月4日(水)       啓蟄の信心あつくしてをりぬ

       3月3日(火)       初蝶来岸辺の草をすれすれに

       3月2日(月)       春雨や木魚たかまりてはしづむ

       3月1日(日)       鳥の頸春一番に細うしぬ

         

   
        
by masakokusa | 2015-03-31 23:59 | 昌子365日 new! | Comments(0)
詩歌句・年鑑『俳句』2015               草深昌子
  
                                  
f0118324_2034834.jpg


                     
     土筆摘むリボン真つ赤や吉野の子

     あめんぼう大きく四角張つてをり

     さも遠くあるかに秋の雲見ゆる

     行きずりに子規忌の茄子いただきぬ

     空に枯れ水に枯れたる蓮かな


(詩歌句・年鑑2015所収)
by masakokusa | 2015-03-31 23:59 | 昌子作品抄 | Comments(0)
「青草の会」・秀句抄(平成27年3月)         草深昌子選
f0118324_23304258.jpg


   梅の香や湯島天神行き暮るる     鈴木一父

 境内の梅の蕾がまだ固いころから、湯島天神には、受験必勝の絵馬が増え続ける。
 その数は、いったい何万に膨れ上がるのであろうか。その重量感は、神頼みの切なるものの分量であって、胸が痛むほどである。
 それほどに湯島天神は、梅の花の思い出とともに、人生の折々の祈りが集約されているといえようか。
 「湯島天神行き暮るる」というような渋い措辞が、俳句初心の身の内からごく自然なかたちで出てきたことに驚かされる。
 思うに、作者もまた相当、人生の節々に湯島天神にすがられたのではないだろうか。
 梅の清らかな香りが、暮れてゆく日々のもろもろを洗い流してくれるような気がする。
(草原)


   病名は長くて言へぬ朧の夜     古館千世

 病名を告げられるときの切なさ。
 医者は病名をいとも簡単に言い流してはばからないが、聞く方にとっては耳を疑うばかりで、すぐには聞き取れない。
 夜になって静かに考えてみても、わかったようでわからない病名の長さに暗澹たる思いが湧き上がってくるばかり。
 そんな心の状態を、見事に「朧の夜」に仮託されたのは、時を経てからの回想かもしれない。
 だが、あの悲しくてならなかった夜も、まぎれもなく朧であったに違いない。
 朧夜の情感がしみじみと一句にゆきわたっている。
(草原)

f0118324_2333303.jpg



   しろじろと雨の染み入る末黒かな     川井智美

 春先、野焼きをした跡のくろぐろとした焼き跡が末黒(すぐろ)である。
 この黒い焼き色は、害虫なども死んで、やがて青々とした草が萌えはじめるという喜びの兆しでもある。
 この頃は、草木の芽を促すような雨がしとしとと降り続けることも多い。
 雨もまた光っているような、つややかな感じがするのも、そこが末黒であればこそである。
 寒さのなかにも希望のもてる、二月頃の季節感がたっぷり表出されている。
(草原)


   湯煙を渦に巻きあげ春一番     藤田若婆

 春一番は、立春から春分の間に、その年初めて吹く南よりの強い風をいう。
 作者の住む群馬県といえば、即座に伊香保温泉などが思い浮かぶのだが、どのあたりであろうか、温泉の湯けむりがもうもうと渦になって吹き上がったというのである。
 荒々しい風であっても、この風は春を呼ぶものだという思いが、湯煙をしろじろと際立たせている。
 何より「渦に」なったところが、春一番らしい華やかな勢いを見せている。
(草句の会)


 
   豆撒きの夫の足もとおぼつかず     河野きなこ

 「福は内」「鬼は外」を連呼して、わが家の邪鬼を払ってまわるのは、夫婦そろっての楽しみである。
 ところが今年はどうも旦那様の足元が危なっかしい。ふと何かに躓かれたのであろうか、しっかりしてもらわないと鬼を追い払えませんよという奥様の気がかりが、「おぼつかず」という抑えた表現によく現れている。
 それでいて、それも「また楽しからずや」というあたたかな気持ちがあればこそ一句に詠いあげられたのである。
(草句の会)


   砂利道を旋風吹くなり春寒し     齋藤坐禅草

 去る2月13日、厚木市で竜巻が発生というニュースが大大的に報道されて驚いた。あとで、竜巻にあらずして、「旋風」という気象用語になりかわったときは少々肩すかしであったが、被害が大きくなかったのは何よりであった。
 作者は散歩中にこの旋風(つむじ)にぶつかられたのであろうか。
 自身の体験をすかさず詠いあげて一句にきちんとまとめられた。
 「砂利道」が的確で、春の寒さが心象的にもよく実感させられる。
(草句の会)

f0118324_2336192.jpg


   水温む岡に上がりし屋形船     眞野晃大郎

 二月になって、河川敷のあたりは日差しがきらきらと光っている。
 岸辺には、いくつかの屋形船が目立って見えることに、「おやっ」と作者は着眼したのである。
 そういえば、水の流れ方にもどこか揺らめきが感じられてきたような気がする。
  「岡に上がりし屋形船」という、まるで屋形船が意識的に陸地にあがったような表現がおもしろい。
 夏には納涼船として活躍するのだろう。
 ここには、作者の春を迎える喜びが無意識にひそんでいるようである。
(草句の会)


 
   さあ起きよ春の朝日が透き間から     伊南きし子

 なんと力強い、メリハリの利いたリズムであろうか。
 読者の眠気もいっぺんに覚めるような明るさである。
 「さあ起きよ」、まさに突き上げられるように口をついて出たのであろう。そして、透き間から差し込んだ春の朝日が一直線にまぶしい。
 「春の日差し」ではなく、「春の朝日」というところに、作者の気合いがいっそう強く感じられるものである。
(花野会)


   春色や庭を行き来の足の裏     小川清

 
 下五の「足の裏」という力強いとどめ方がすばらしい。
 具体的に言い切って臨場感満点である。
 この庭には蕗の薹が出ていたであろうか、梅の花が早くもほころんでいただろうか、早春の日差しはかがやかしくて、見上げる空は真っ青である。
 それやこれや一つに絞れきれなかった心の春模様もまた美しい色をしている。
(花野会)


   頂にそつて流るる春の雲       熊倉和茶

 作者の感動、つまり発見を率直に詠うということが俳句の原点である。
 この句などまさに作者の驚きでもって捉えた、美しくもゆったりと流れゆく春の雲である。
 おだやかな表出の仕方を見ても、じっくりと時間をかけて対象物が本当に自分の身に添ってくるまで観察し、落ち着いて詠っているであろうことが察せられる。
 机上では作れない佳句である。
(木の実)


   落し物見つからぬ日や春一番     上野春香

 「春一番」の句として、およそ類想をみない句ではないだろうか。
 何を無くされたのであろうか、落し物に気付いたときのパニック、あちこちと探しまわったり、問い合わせたりの厄介さ、そしてとうとうどこにも見当たらなかった後悔など、その心情は私にも多々経験があってよくわかる。
 作者の見事さは、そんなマイナーな心情を春一番に一掃されているところにある。
 春一番は、くよくよする気持ちを大きく切り替えてくれたのである。
作者にとっても読者にとっても俳句の醍醐はこんなところにあるのだと、あらためめて俳句の徳というものに気づかされた。
(青葡萄)

f0118324_23402468.jpg



   ものの芽の膨らむ風の吹きにけり     潮雪乃

 立春が過ぎると、いろいろの物の芽が萌えはじめる。
 ほんの小さな芽であっても、その一つ一つに、昨日より今日、今日より明日という、たしかなふくらみを覚えることが、早春の何よりの楽しみである。
 そんな作者の静かなる日常が、何も言わないこの句によく現れている。
 「俳句は耳掻き一杯」、多くを盛り込まないことであるが、この句の何気ない表現は、何より早春の清らかさを感じさせてくれるのである。
(青葡萄)


   水菜摘むサラダ塩漬けあとは何     福山れい子

 水菜は京都が原産で、京菜ともいう。
 白い茎には光沢があって、その青々とした葉っぱは見るからに新鮮でそのシャキシャキ感がたまらない。
 れい子さんの句は、まさに新鮮そのもの、水菜の魅力を何の飾り気もなく心にあふれるままに詠って、それもおいしいレシピの順番になっている。
 あとは、煮物、鍋物、あえ物、など数限りなく料理されることであろう。
 「水菜摘む」であるから、自家栽培のよろこびも込められているのである。
(青葡萄)


   冬眠の亀吉亀子頭出す     常世いよこ

 亀の名前が「亀吉」であり、「亀子」であるとは何と愛らしいことであろうか。
 この溌剌たる表現の仕方に脱帽したが、作者は新聞の投稿記事に亀吉亀子のことが載っていて、感銘を受けたので、それをそのままいただいて、このように作ったという。
 それもまた作者の柔軟な心の表れであるから一向に構わない。
 寒い間、ひっそりと隠れていた亀が、「頭出す」というところに、啓蟄のころの亀らしさを確実に描写している。
 発想もまた、頭一つ抜きん出ているものである。
(青葡萄)

f0118324_0242034.jpg


   ぴちぴちと土の息する春の畑     矢島静

 「ぴちぴち」は擬音というより擬態語であろう。
 元気よく跳ねるさまにも、若々しいさまにも、はち切れんばかりのさまにも様子が浮かんでくる言葉である。
 その「ぴちぴち」が人にあらずして、畑の土という、それ自体は音を立てないものをして、「ぴちぴち」と息を立てているのだという。
 そう言われてみると、これは表面的な躍動感ではなく、もっともの静かな、ひそやかなものを象徴しているようである。
 自然を見る作者の態度が、鋭敏にして情の深いことをよく物語っている。
(セブンカルチャー)


   梅を背に松陰像は本を読み     江藤栞

 「梅」の兼題で、このような句に出会うと、はっとするような新鮮さを覚える。
 NHK大河ドラマで話題の吉田松陰は、東京の松陰神社に祀られている。
 松下村塾を見学して以来、松陰大好きの私は墓参りに訪れたことががあるが、松陰像が建っていたかどうかは覚えていない。
 はたして、松陰先生は、その生涯にふさわしく本を読んでおられるという、なんとすばらしい像であろうか。
 梅の花の香りが馥郁と匂ってくるような趣である。
 「梅」という季題に焦点を絞った、迷いのない句はまこと理知的である。
(セブンカルチャー)


   鶯にまづもてなされ山に入る     吉岡花林

 こちらは「鶯」が兼題。
 まだ初音も聞かない時期とあって、みな苦吟したなかで、掲句はもっとも颯爽としていた。
 東京オリンピックの誘致で一躍はやりことばとなった「おもてなし」だが、そういう一般的なイメージを伴いながらも、「まづ」というところの気息は花林さんならではの実感がこもっている。
 又、「山に入る」という動きある表現も、鶯のよき音色をたっぷりと聞かせてくれるものである。
(セブンカルチャー)


   わつと来て紅梅散らす目白かな     田淵百合

 「梅に鶯」は、非常によく調和していることのたとえであるが、実際に、梅の花に盛大にやってくるのは鶯でなく、目立って緑の美しい目白の方である。
 目白は木の枝に押し合うように沢山並ぶところから、「目白押し」という言葉が広く使われるようになった。
 そういう実態をよく心得た、「わつと来て」という上五の勢いが、美しい紅梅をはらはらと目に見えるように散らしてやまない。
 梅の花にも、目白にも、いきいきとした春の命がかよっている。
(セブンカルチャー)

f0118324_0244280.jpg


   音もなく雨に濡るるや夜の梅     河合順

 清楚で気品のある梅の花は古来より文人に愛されてきた。
 古今和歌集にはその香りをめでて、「春の夜の闇はあやなし梅の花色こそ見えね香やは隠るる」などと詠いあげている。
 「音もなく雨に濡るるや」は、ぽっと白い梅の花を暗闇の雨の中に浮かびあがらせてくれる。
 黙って静かに夜の梅の情趣をにじませているのである。
 平成の世にあって、古来のからの風趣を今に引き継いでいる梅の花である。
(セブンカルチャー)


   紅椿山の斜面にひとり咲き     菊地後輪

 紅い椿は藪椿であろう。
 ただ、山の斜面に咲いているといっただけの平凡な句ではない。
 「ひとり咲き」という、澄み切った捉え方は後輪さん独特のもののように思われる。
 説明してわかってもらえるよろしさでなく、わかる人にはわかるという類の句である。
 近くには、清流が音をたてているばかりであろうか、誰も訪れることのないような静寂の山の斜面であろう。
 かすかな木漏れ日がさしているのかもしれない。
 その情景を、私もまた一人ひっそりと感じ入っている。
(セブンカルチャー)



  
by masakokusa | 2015-03-31 23:58 | 『青草』・『カルチャー』選後に | Comments(0)
花照鳥語           火星いたくもゆる宵なり    草深昌子
      


f0118324_1223741.jpg
          


   火星いたくもゆる宵なり蠅叩        原石鼎

 昭和二年七月、石鼎が麻布龍土町から麻布本村町へ転居してすぐの句である。
新居祝の会は、弟子から贈られた鹿火屋守の銅鑼を打つなどして盛り上がったが、芥川龍之介の自殺が報じられたのもその日であった。
 かつて芥川は、俳句を作るに三つの態度があるとし、一つは、物をありのままに写す純客観写生、次に、自然や田園が自分に与える印象なり感じなりを捉えてあらわすもの、最後は純主観句、そして自分は石鼎の句に多くみられる中の態度をとると書いていた。
 それにしても、火星と蠅叩が直結する感性は、どの態度にも納まらない宇宙的直感ではないだろうか。
地球のすぐ外側を回る火星は、その軌道の歪みによって夏に大接近するそうで、この年もさぞかし赤いものであったのだろう。蠅を殺してやまないこの世の蠅叩という代物が途方もなく遠い火星と必然のように瞬きあうのである。

 ところで、この家の隣に引っ越してきたのが、当時九歳の須賀敦子であった。
一人ぽつんと庭に立って空を仰いでいる和服姿の老人を、二階の窓から見ていた。
 「ホトトギス派で名のとおった俳人らしいぞ」と父に言われても、何をしているのかわからない職業への畏怖があった。「お宅のお子さんたちの声が喧しくて、宅が何かと申しますものですから」と夫人から苦情を受けたこともある。

   夕月に七月の蝶のぼりけり        石鼎

 この句は、石鼎の死の前年のものであるが、これを引用した新聞のコラムを見たとき、かの小柄な老人の孤独な姿が、少女の自分の姿と重なって、ひらひらと夕月の空にのぼっていきそうだった、と敦子の著書『遠い朝の本たち』に書いている。
 子供の声にも苛立つような神経衰弱を病んで、老人に見立てられた石鼎はまだ五十歳そこそこ、出雲の母を喪ったのもこの頃である。

   一枝の椿を見むと故郷に         石鼎       
   桃椿なべて蕾は春深し
   春宵や人の屋根さへ皆恋し

 情緒纏綿たる色彩が、なぜか火星にも似た不思議な色合いを帯びて、その寂寥感が透き通るようになつかしく感じられてくる。

 句集『花影』刊行後は、入退院を繰り返したが、幻聴もいよいよ激しくなって、ついには昭和十五年、モヒを打たれ、知らぬ間に松沢病院に運びこまれていた。
麻酔から覚めると、履いた草履に「松沢」の焼印が押してあって、声を立てて泣いたという。
 都立松沢病院は、およそ百年前、ドイツ留学から帰った呉秀三が、広大な敷地にコテージ風の病棟を点在させ、患者を隔離せず治療できるようにした施設で、今も精神専門医療の先端を担っている。
 昨秋、この病院内にある「日本精神医学資料館」を見学したが、手枷、足枷など拘束が主であった時代の精神病者の不遇に胸が痛んだ。
 だが、薄暗い館を出て、真っ青な天空を仰いだとき、石鼎のかなしみは、すでに人の世の悲しみを超越したところにあったのではなかろうかと慰められる思いがしたのであった。  

        入院 二句
   武蔵野の真夏の草を見にも来よ        石鼎    
   夏の夜の群星にわれひとり泣く


(平成27年3月号「晨」第186号所収)
by masakokusa | 2015-03-31 23:57 | 俳論・鑑賞(2)NEW! | Comments(0)
秀句月旦・平成27年3月
f0118324_21473832.jpg

   
   会の日や晴れて又降る春の雨       正岡子規

 春雨は、もとより春に降る雨であるが、「三冊子」によると、陰暦正月から二月初めに降るのを春の雨、二月末から三月に降るのを春雨と区別していたようである。
 春雨に特有の降り方というものがあるなら、まさに掲句は春雨のしとしとと長く降る感じがよく出ている。細かに降って、また止んで、時に日も差したかと思うとまた降りだすという感じ。
 だか一句は、「春雨や」ではなく「会の日や」という打ち出しにして、「春の雨」と落ち着きをもって結ばれている。

 子規庵に、香取秀真、岡麓、など歌人が集まって初めて歌会を開いたのは明治32年3月14日、これが根岸短歌会の起源である。
 前年の3月、最初の歌会を催したが、その時は俳人ばかりであった。
 子規は久しぶりの歌会再開の連絡を、香取には、「明日ハ、君ガイデマス、天気ヨク、ヨロシキ歌ノ、出来ル日デアレ」、また岡麓には、「十四日、オ昼スギヨリ、歌ヲヨミニ、ワタクシ内ヘ、オイデクダサレ」とカタカナのハガキを送っている。

 「会の日」は、この歌会であったのだろう。
 歌会であれ句会であれ仲間が寄りあうことが楽しくてたまらなかった子規が、いまそこに居るように感じられるものである。
 ヨロシキ歌ができたり、できなんだり、歌人の一喜一憂がまるで晴れて又降る春の雨の情感と一つになっているような会の日であった。

f0118324_21574933.jpg



   風過ぐるまで初蝶の草にあり       後藤夜半

 堤の草むらのあたりであろうか。
 ちょっと荒い風が過ぎ去った、そのあとの草陰から、ひらひらと蝶々がのぼってきた、それが初蝶であったのだ。
 蝶々の生きるために備わった術のようなものを感じさせて、初蝶ならではの命のありようを見せている。
 初蝶に出会ったよろこびが、瞬時に深いところまで、感応するまなざしがやさしい。
 「草にあり」、下五のとどめ方にも余情が滲み出ている。

 余談だが、先日俳人協会総会の二次会で、大阪弁の紳士に棒腹絶倒したが、何とこの方が、かの後藤夜半の孫、後藤立夫氏と知って驚いた。
 立夫氏は、後藤夜半、後藤比奈夫に継ぐ、『諷詠』主宰である。
 ちなみに『諷詠』三代の祭の句はどれもとびきり鮮やか。

   金魚玉天神祭映りそむ         後藤夜半
   東山回して鉾を回しけり        後藤比奈夫
   暗闇を祭の色として使ふ        後藤立夫
   
by masakokusa | 2015-03-31 23:55 | 秀句月旦(3) | Comments(0)
原石鼎俳句鑑賞・平成27年2月
 
f0118324_21222584.jpg


  下萌や籠鳥吊れば籠の影       原石鼎  大正7年


  一読にして、忘れられない句というものがある。
 この「籠鳥吊れば籠の影」などはまさに、そんな句であった。
 口誦性に富んでいることは間違いない、だが、それだけでは、いつしかそのリズムのよさに飽きがきて、忘れ去られるであろう。
 「古池や蛙飛びこむ水の音」が、330年も口誦されてやまないことは、ただただ畏れ多いことではあるが、掲句もまた100年を生き続けている。

 石鼎の句は、その韻律の良さに加えて、光の明暗がくっきりと際立って、眼にあきらかに見えるところ、「下萌」以外の何物でもないように思われる。
 「カゴドリ」「カゴノカゲ」という頭韻の良さに惹かれて、あまり深くは考えないできたのだが、読むたびにちょっと不思議なのは、耳に聞きなれた「鳥籠」でなく、聞きなれない「籠鳥」というところであった。
 鳥籠は物であって、鳥籠の中に鳥がいてもいなくても鳥籠であるが、籠鳥といえば当然鳥が飼われているということになるだろう。
 こういうところにも手抜かりのない表現をとっているのがよくわかる。

 早春の陽ざしは、軒端に吊った籠鳥にさっとあかるく射したのであろう。
 そしてその影はすかさず、冬枯れからようやく青草の萌え出してきた地面に、網目模様も美しく、黒々と映し出されたのである。
 籠の中の鳥はさだかには映っていないだろう、ちらちらと揺れているかもしれない、いや、私にはまるで鳥はどこかへ飛び立ってしまったかのように感じられる。
 「籠鳥吊れば籠の影」という表現が、どこかしら蛻の殻のような空虚さを覚えるのは、それがそのまま「下萌」の季節感のありようとして、心に通ってくるからであろうか。
 鳥籠でなく、籠鳥であるというただこの一点の引っ掛かりが、韻律とともに忘れられない要因になっているのかもしれない。

 この、私の小さなこだわりを、先日、とある名高い俳人に愚問してみたところ、即座に「そこが石鼎、天才ですね」と一言に答えられた。
 ああ、やっぱりそうであったかと、嬉しく納得したことであった。

 ちなみに、石鼎の「下萌」は全句集の中に、十数句ほどある。
 掲句の瑞々しさを筆頭に、どの句をとっても生々躍動している。

   牛にやがて曳かるる巨石(いし)や下萌ゆる      大正6年
   汀よりすぐの堤や下萌ゆる                  〃
   下萌や鶏追ふ人の躍る如し                大正7年
   ぬぎし靴片方たほれて下萌る               大正10年
   下萌や片方はすみし靴磨き                  〃
   下萌や掃きし土より蝶の骸                 大正12年
   下萌やくつがへりゐる霜柱                  大正13年
   雪達磨消えてしまうて下萌ゆる               昭和25年
   若鶏に鶏冠出来初め下萌ゆる                 〃

 「籠鳥吊れば籠の影」という至極当たり前のことが、当たり前のように思っていることの次第が、じつは天地運行の大きな摂理であった。
 石鼎の感性が、わが感性に響いたのは、何より生きてある命にとっては当たり前のことであったからだったのだ。
 自然と共に生きるささやかな喜びは、齢を重ねるほどに気付かされて、掲句の軽やかさにも、いよいよ滋味が増してくるように思われてならないのである。

 
by masakokusa | 2015-03-31 23:42 | 原石鼎俳句鑑賞 | Comments(0)