<   2015年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
昌子365日(自平成27年2月1日~至2月28日)
 

f0118324_20404565.jpg
    

       2月28日(土)       真つ白な馬の鼻梁や雛まつり

       2月27日(金)       雲のゆくやうに雲ゆく利休の忌

       2月26日(木)       屋根打つてものの落ちたる音や春

f0118324_20254912.jpg
    

       2月25日(水)       草餅や寺に正岡子規の句碑

       2月24日(火)       踏青のここは蹄の音あげて

       2月23日(月)       春雨のどこからかしらオルゴール

       2月22日(日)       踏青の天満宮に発したり     

       2月21日(土)       まのあたり馬の脚過ぐ芽立ちかな

 
f0118324_2033189.jpg


       2月20日(金)       春風の雀降るなり佃島

       2月19日(木)       馬場に向く椅子がいくつも冴返る 

       2月18日(水)       罫線の白紙にあをき春灯

       2月17日(火)       その辺の梅見をさそひあはせけり

       2月16日(月)       城山に俄かなるかな涅槃西風

f0118324_2157559.jpg
     

    
      
      
       2月15日(日)       水温む八手の花は青白く

       2月14日(土)       春泥を来たれば猿の睦みあふ

       2月13日(金)       この部屋の玻璃一面の芽吹きかな     

       2月12日(木)       あたたかや鉢に植ゑたる葱の丈

       2月11日(水)       春泥のここら莟の大いなる
     
      

f0118324_21472514.jpg


       2月10日(火)      よき夢に覚めたる雪の淡きこと

       2月9日(月)       人々は石の道ゆく芽吹きかな

       2月8日(日)       ブロンズの臀や乳房や水温む

       2月7日(土)       うぐひすの初音を立子記念館

       2月6日(金)       パソコンの修理叶ふや蜆汁

f0118324_2216210.jpg


       2月5日(木)       薄氷のあるかなきかにあをみたる

       2月4日(水)       立春の小川の音に流れけり

       2月3日(火)       腕時計外せば重き朧かな

       2月2日(月)       一室はなべて遺品の日脚伸ぶ

       2月1日(日)       鳶去れば鷗の来たる実朝忌  
 

       

       

      
by masakokusa | 2015-02-28 23:59 | 昌子365日 new! | Comments(0)
WEP『俳句通信』
  

     珠玉の7句             草深昌子

f0118324_14431699.jpg

    

             鎌倉     
                  

     日短ことに海辺の平屋建

     水鳥に赤い着物の子が寄りぬ

     冬暖か地図のどこにも寺があり

     踏切の音か木魚か日向ぼこ

     長谷寺の塀を前なる干蒲団

     唐門に金を尽くせる氷かな

     見晴らしの寒詣とはなりにけり



   草深昌子(くさふかまさこ)

   昭和18年2月17日 大阪府生まれ
   昭和52年 「雲母」入会 「鹿火屋」同人を経て、
   平成12年より「晨」(大峯あきら代表)同人
   句集に『青葡萄』『邂逅』など


(平成27年2月発行『ウエップ俳句通信』84号所収)
by masakokusa | 2015-02-28 23:59 | 昌子作品抄 | Comments(0)
秀句月旦・平成27年2月
f0118324_21192433.jpg


   あらためて期することある二月かな     片山由美子

 ふらんす堂の365日更新『片山由美子の俳句日記』の2月1日(日)、この一句に出会った瞬間に、背中を押されたような、力強さを覚えた。
 「あらためて期することある」という主情的な言の葉が、なぜかくも赤の他人の心に届くのか、ひとえに「二月かな」、この「二月かな」に尽きる。
 俳句は季語で決まりということをあらためて思うばかり。
 そしてまた「期することある」とは、言えそうで言えない、清らかさ。
 かの幸田文が、「二月はものがしいんと、うち静まる月」と書いていたことを思い出す。一年のうちに一度しかまわってこない、この二月の特徴。
 年が明けて、何やかやが一と心地ついたところで、身も心も打ち静めて、この先を思うのである。


   白波を一度かかげぬ海霞      芝不器男

 霞のかかった海の向こうに、白波が思いがけずあがった、あっという間のくっきりとした瞬間であった。
 何よりも大洋の霞が持ち上げたような白波が美しい。
 茫洋と見渡しながら、又、ここそこに白波が立ち上がりはせぬかと期待している。
 おっとりとして、しかもスケールの大きさは、まさに現代俳壇の彗星であったと言われる芝不器男ならではのものである。
 永遠の今がスローモーションのように、明らかに盛り上がってくる。

f0118324_21454050.jpg

   

   
by masakokusa | 2015-02-28 23:53 | 秀句月旦(3) | Comments(0)
「青草の会」・秀句抄(平成27年2月)        草深昌子選
  
f0118324_14224684.jpg


   仰向いて足を踏んばる大根引     菊竹典祥

 大根は関東ロームによく育つそうだが、ここ丹沢周辺でも、いたるところに大根畑がある。
 典祥さんもまた、自家栽培されておられるのだろう。作者自身の体験がなければ詠えない素朴さが、漫画の素描を見るようにリアルに迫ってきて面白い。もう顔は真っ赤であろうか。
 大根引といえば、一茶の、〈大根引き大根で道を教へけり〉、や茅舎の〈たらたらと日が真赤ぞよ大根引〉の名句ぐらいしか思いつかなかった傍観者にとって、「足を踏ん張る」という主体的な詠い方は、大根そのものの力強さを実感させてくれる。
(青葡萄)


  冬ざれや額縁の絵につり合はぬ       佐藤昌緒

 草も木も枯れ果てた蕭条たる冬の姿が「冬ざれ」である。
 そういう冬ざれの光景をしかと感受するきっかけとして、額縁が絵に釣り合わないのである。
 あるいは、一枚の絵にまみえたとき、あまりにも釣り合わない額縁を、ちょっとした不快感をもって、これは一体何なの?と思われた、その心象そのものが、「冬ざれ」であるともいえる。

 同じ作者に、<乗初のワイパー雪を払ひけり>もある。こちらはまた単刀直入のすがすがしさである。
(青葡萄)

f0118324_1412919.jpg



    霜真白逢いたき人に逢ひに行く     佐藤健成

 俳句を作り始めたばかりの作者に、こういう俳句ができると、「俳句っていいなあ」と、あらためて、その楽しさを教えられる思いがする。
 「逢ひたき人に逢ひに行く」ということはもちろんすばらしいことではあるが、俳句で何がいいかといえば、断然「霜真白」がいいのである。
 この逢いたい人が、お手盛りの恋愛感情などではなくて、本当に作者にとって、真実逢いたい人なのだということが、真っ白な一面の霜が発信してくれるのである。
(草原)


   新しき袱紗の折目春隣      石黒心海

 日脚の伸びたことが実感されてくると、寒中でありながら、春の訪れを待つ心がふつふつと沸いてくる。
 まっさらな袱紗を捌く、その折り目折り目の正しさ、美しさ。そこに「春近し」の思いを感受された。
 むろん、お手前はまこと見事であったことだろう。
 背筋を正して、まっすぐに手先を見つめる姿勢が、とりもなおさず、春がもうそこまで来ていることを示してくれている。
 まして、折り目きっちりの「春隣」からは、来たるべき春のときめきすが清新に伝わってくる。
(草原)


   夕支度雪に埋れし葱を抜く       木下野風

 何という美しい葱であろうか。
 真っ白な雪の中から引きぬかれた葱の真っ白、そしてその先っぽの真みどり。
 心身ともにあたたまる鍋料理に使われるのであろう。
 作者はむろん無意識に違いないが、この一句には、家族への思いやりがたっぷりひそんでいる。
 さりげなさが、佳句の身上である。
(草原)

f0118324_14123122.jpg



   初鏡われを励ますわれがゐる     古館千世

 思はず拍手をしたくなるような初鏡の一句。
 私自身も見習わねばと、瞬時に励まされたものである。
 千世さんはもとより美しい方であるが、何よりその精神が美しい。
 新年になって、初めて向う鏡が「初鏡」であるが、こうして、一個の鏡に命を吹き込まれたのであるから、365日いつだって、鏡に立つと微笑まれるに違いない。

 この前向きは、「納豆」が兼題に出ると早速納豆汁を試みられた一句に表れている。
   <つづしろふ納豆汁の初味覚    千世>
 ちなみに「つづしろふ」は、少しずつ少しずつ食べるということ。
(草原)


   赤丸は愛の記念日初暦       松尾まつを

 
  「ごちそうさま」ともいうべき、松尾まつをさんの「初暦」。愛の記念日が果たしてどういう日であるかは、誰も知らない。
 俳句はすべからく、「ご想像におまかせします」もの。
 そこで、何より素敵なのは「赤丸」。
  初暦たるものを一気に、めでたく祝ってくれる赤丸である。さあ、がんばるぞという意気込みが真っ白なカレンダーに吹き込まれた。
(草原)


   初晴や猿も小鳥も庭通り      長田早苗

 
 透き通るような真っ青な大空、新鮮そのものの日の光り、そんな「初晴」の喜びが、「猿も小鳥も庭通り」に言い尽くされている。
 それにしても鳥はともかく、猿までもが、わが庭を通ってくれるとは、本当であろうか?などという詮索は要らない。
 嘘であっても本当であっても、まかり通る強さが「初晴」の本懐である。
 スナップショットのように見えて、なかなかの力作。
(草句の会)

f0118324_18354273.jpg


   叩き割り氷の厚さ見とどけり      堀川一枝

 上五の「叩き割り」がすばらしい。
 どこに張った氷とも知れないが、ともかく叩き割った、その意識が、一句全体に作用して、厚氷をあきらかに見せてくれる。
 ふと、凍りつくような寒ささえも感じられてくるものである。
 俳句は時に、このようにざっくりと表現して、功を奏することがある。
(草句の会)


   濡縁の作付話し日脚伸ぶ       新井芙美

 「作付話し」とは、耳新しく、なんとも聞き心地がいい。
 お百姓さんのひと時と読んでもいいが、これは近郊の片手間に菜園を営んでいるようなお宅の濡縁ではないだろうかと思われる。
 深刻さのない気楽な会話のよろしさが、「日脚伸ぶ」によくにじみ出ているからである。
 季題は「日向ぼこ」でも一句になりそうだが、お手軽にそうはしないで、もう一段バーを高くして、文字通り日脚を伸ばされたところで、春も真近かき感覚が打ち出されている。
(草句の会)



 



 


 


 
by masakokusa | 2015-02-28 23:44 | 『青草』・『カルチャー』選後に | Comments(0)