<   2014年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧
昌子365日(自平成26年11月1日~至11月30日)
 
f0118324_1921362.jpg

     11月30日(日)       山茶花の松のほとりに濃かりけり

     11月29日(土)       長谷寺の塀を前なる干蒲団

     11月28日(金)       蹼の落葉を踏んで赤きこと

     11月27日(木)       夕時雨笄坂を上りけり

     11月26日(水)       日短ことに海辺の平屋建て      

f0118324_2223323.jpg
 

     11月25日(火)       冬ぬくし路地行くほどにせばくなり

     11月24日(月)       水鳥に赤い着物の子が寄りぬ

     11月23日(日)       ハイカラは紅葉散り敷く煉瓦道

     11月22日(土)       踏切の音か木魚か日向ぼこ

     11月21日(金)       白船を前の昼めし惜命忌

 
f0118324_2131542.jpg
 

     11月20日(木)       汽車道やこの烈風は神渡し

     11月19日(水)       冬めける地べたの色に孔雀ゐる  

     11月18日(火)       真向うて吉田茂と日向ぼこ

     11月17日(月)       時雨忌の筵に一つ薬缶かな

     11月16日(日)       神発ちて美男葛をひとちぎり

 
f0118324_2224236.jpg


     11月15日(土)       石蕗咲くや飛行機の音槌の音

     11月14日(金)       冷泉の墓まで来たる木の葉かな

     11月13日(木)       行きずりに飛竜頭買うて冬に入る

     11月12日(水)       浅けれど流るる川の落葉かな

     11月11日(火)       南都より小春の荷物届きたる

f0118324_2125776.jpg


     11月10日(月)       神発ちて岸辺に風の寄りやすし

     11月9日(日)       ぼんぼりの灯る落葉を掻きにけり

     11月8日(土)       雁やかたみに鳴いて鳶鴉  

     11月7日(金)       渓流を橋に見下ろす今朝の冬

     11月6日(木)       破れそめて夕日まともの芭蕉かな

f0118324_20444249.jpg


     11月5日(水)       冷やかや身をゆさぶつて鳥の鳴く

     11月4日(火)       紅葉茶屋雑巾掛けをおこたらぬ

     11月3日(月)       大晴の道々にして木の実落つ 

     11月2日(日)       木から木へ尾長よく飛ぶ七五三

     11月1日(土)       行秋の子供の竿を垂らしけり
by masakokusa | 2014-11-30 23:21 | 昌子365日 new! | Comments(0)
日本の俳人・辻惠美子句集『帆翔』一句鑑賞       草深昌子
角川俳句叢書・日本の俳人100
辻恵美子句集『帆翔』・一句鑑賞               

      吹き荒ぶ風のどこかが囀れり     辻惠美子

 行き悩む風の中にあって、かすかに感じられる囀り。ふと面を上げて、明るき声に耳を澄まされたことだろう。
 「吹き荒ぶ」といい、「どこかが」といい、光景をダイナミックに押し広げて、なお繊細に引き寄せる感覚が際立っている。
 我知らず洩らしたような句には、作者の内なるものが反映されるものである。人の行く手は刻刻に開かれている、だから人生は楽しい、そんな肯定的な生き方がなければ、聞きとめられなかった囀りではないだろうか。 
 
 掲句はもとより、〈一瞬の初つばくろのやうなもの〉、〈てのひらにのせれば跳ねて春落葉〉など、文字通り一瞬を、一瞬のままに表現される鮮やかな詩情は、軽快な速度を保っている。
 「帆翔」とは、渡り鳥が羽撃かずに、気流に乗ることだという。
 その飛法はまるで辻恵美子俳句のありようそのもののようである。大きなエネルギーを秘めて、明晰に凝縮された姿はどこまでも美しい。                     

(角川学芸出版『俳句』平成26年12月号所収)
                  
by masakokusa | 2014-11-30 22:03 | 俳論・鑑賞(2)NEW! | Comments(0)
「青草の会」・秀句抄(平成26年11月)       草深昌子選
 
f0118324_10322918.jpg


  車座の稲架を日影の昼餉かな     中澤翔風

 稲を刈ったあと天日に干して乾燥させるための稲架。
 その組み方は、風土によってさまざまであるが、この稲架の日影はさぞかしぬくもりのあるものだろう。
 「車座の」という上五で小休止を置くと、豊年を喜びあい、一年の農作業の労苦がやっと報われた安らぎが目に見えるように浮かび上がってくる。
 中七、下五へとひと続きのよき韻律が、その心弾みを伝えて、いかにも爽快な情景である。
(木の実)


   木枯や一夜の冷えに山白く     熊倉和茶

 木枯一号は例年、11月の中旬あたりであったと思うが、今年はまだ立冬にならないうちに吹いたようである。
 もちろんこの木枯は何時のものでも、何処であってもいいのだが、厚木在住の作者ならば大山であろうか。
 木枯の吹き荒れたひと晩が明けて見ると、その頂に雪を冠せていたというのである。
 こう表現されてみると、まさに木枯というものの本体がいかばかり壮絶なるものであるかが知れるというもの、まこと腰の据わった句である。
 (木の実)
 
   狛犬の大きくありし神の留守     小川清

 陰暦10月は神無月。
 八百万の神さまがことごとく出雲に旅立たれて、どこの神社も神様は留守なのだという。
 小春日和にさそわれて、ふと近くの社へ立ち寄ってみると、「あれっ、ここの狛犬はこんなに大きかったかしら」と訝しんだ。
 それというのも、あたりの木々が落葉し、閑散とした明るさがあったからだろう。
 狛犬の存在感がいつになく確かなものに思われたのではないだろうか。まるで神様の留守をお守りするかのように。
(花野会)

f0118324_0492895.jpg


   神の留守川の流れのおだやかに     後藤久美子

 この句もまた先の句と同様、神無月という時節の自然相のありかたが、作者独自の感覚で率直に受け止められている。
 こちらもあたたかな小春の日和であったのだろう。
 浅瀬の石に乗り上げて、水音をあげながら流れゆく川の様子がいつになくゆったりと感じられた。
「おだやかに」という下五が、文字通りおだやかにしまっているのがいい。
 ここには、澄みきった大気と、広やかな空間が一筋に光っている。
(花野会)

 
   朝寒や馬突然に嘶けり      齋藤坐禅草

 晩秋の頃、日中はあたたかであっても、朝晩はめっきり冷え込むことがある。
 掲句はそんな「朝寒」が、よそ事でなく、わが身に、俄かにくっきりと実感されたものであろう。
 あたりの草々にはうっすらと、露なのか霜なのか白いものが置かれているのではないだろうか。
何がなし、馬にも切ないものがあったのかもしれない。
 同じ地平に命を養っているもの同士の共鳴が感じられて、朝寒の臨場感をいっそう強く打ち出している。
(草句の会)


   お日様の光の分が紅葉かな     木下野風

 俳句をはじめたられたばかりの初々しい心の輝きが、そのまま一句になっている。
 「お日様の」何とやさしい、やわらかな出だしであろうか。
 子供の頃、光合成ということを習ったことがあった、そんな郷愁さえ覚えながら、お日さまのおかげでこんな素敵な紅葉の色彩を楽しませてもらっていることに気づかされるのだった。
 当り前のようで、当り前でない紅葉の赤さである。
(草原)


   カーテンに揺るる木蔭や秋の昼     田野博子

 秋の明るい日差しに窓を開けて、ちょっと空気の入れ替えであろう。
 折からの風をはらんで、木蔭を載せたカーテンが静かにも揺れるのである。
 朝からあれこれ家事に精を出した主婦の昼間のくつろぎ。
 さりげなく詠われながら、「春の昼」とは違った、落着きのある「秋の昼」の空間が爽やかである。
(草原)

f0118324_10231799.jpg



   晩秋や林に太き蜘蛛の糸     中園子

 蜘蛛はいろいろの物の間に網を張って虫のかかるのを待っている、ことに夏場にその勢力は旺盛であるが、秋になってもまだまだ踏ん張っている。
 秋も終盤のとある日、林に踏み込んでみると、そこには何とまあ、蜘蛛が太々とした糸を木から木へくっきりと渡していたのである。
 「林に太き蜘蛛の糸」は、「晩秋」というつかみどころのない荒涼感をそのまま眼前に見える形でもって示したものである。
「太き」発見もさることながら、「林」の一語がよく効いている。
(青葡萄)
by masakokusa | 2014-11-30 19:54 | 『青草』・『カルチャー』選後に | Comments(0)
秀句月旦・平成26年11月
f0118324_23195924.jpg


   よき壺にたまる埃や神無月       大峯あきら

 神無月は陰暦10月の称、諸国の神々が出雲の国へ旅をするので、神が留守になるという、新暦では11月の頃である。
 「よき壺にたまる埃」と「神無月」は、一読した瞬間にぴたりと結びついて離れない。神無月の静かにも落ちついた味わいにしみじみするばかりである。
 これを解説すれば、この句のよさが逃げてしまいそうだが、あえて私の感じたところを引き出してみれば、よき壺は床の間に置かれた、古い大きな壺であろうかと思う。
 この壺の底にうっすらとたまった埃は、神無月という季節の澄み切った明るさにふと認識されたものである。
 埃は、ある種の寂寥感のようなものを漂わせながら、光陰にも等しいものではないだろうか。
 そう思うと、埃もまた愛おしく、美しく感じられてくるものである。


   ひとり居る時の時雨のよく聞こゆ       大峯あきら

 「秋の雨」は蕭条と降る。やがて時が移って初冬の頃ともなると、「時雨」がやってくる。晴れているかと思えば降り、降っているかと思えば晴れてくる、こんな雨の降り方が時雨である。
 時雨は、その語感もあって、はなやかともあわれとも感じられるものである。
 掲句は、家であろうか、どこかの座敷であろうか、それはどちらでもいい、ただ一人、正座しているか、机に向きあっているか、そんな時であろう。
 庭の草木や敷石に、そして又、軒端に当たる時雨の音が身に染み入るように聞こえてくるのである。
 「ひとり居る時」とさりげなく限定されてみると、なるほどそのしーんとした時雨と作者の対話が臨場感をもって実感されてくる。
 思はず読者も時雨に耳をかたむけたくなるものである。


   九天に舞ひはじめたる落葉かな       大峯あきら

 スケールの大きい句である。
 「九天」とは、私には耳慣れない言葉であったが、高々と真っ青な天上に違いないと思った。
 辞書にあたってみると、中国で天を九方位に分かった称であり、きわめて高いところ、やはり天上と出ている。
 「キュウテン」という言葉そのものの壮大さでもって、木々の葉が、一枚また一枚と数限りなく凋落してゆくさまをまのあたりにするように見せてもらえる。まるで宇宙という舞台を見ているように。
 「舞ひはじめたる」という、優雅にも思える措辞が、そのまま生きて、ダイナミックな時節の始まりを告げるのである。

f0118324_23255384.jpg

     
       山廬一句
 
    筧鳴りあちらこちらに帰り花       大峯あきら

 2013年11月3日、山梨県笛吹市において、「国民文化祭」が開催された。
 その折の記念講演に、大峯あきら俳人が講師として招かれた。
 氏は、大勢の俳人や参加者と共に、前日、山廬(飯田蛇笏・飯田龍太の居宅)を訪問されている。
 「筧鳴り」からは、奥行きのある落ち着いた山廬の佇まい、「帰り花」からは、ぽっと頬の染まるようなぬくもりが伝わってくる。
 そして何より、「あちらこちらに」という親近感のこもった措辞をもって、蛇笏、龍太の生涯に対し、心からの敬意を表されている。
by masakokusa | 2014-11-29 22:33 | 秀句月旦(3) | Comments(0)