<   2014年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
昌子365日(自平成26年10月1日~至10月31日)
 
     10月31日(金)      長き夜のつひぞ机をはなれざる

f0118324_1951080.jpg
 

     10月30日(木)      数珠玉のひとかたまりのさびしかり

     10月29日(水)      見晴らしのここ一番や小鳥来る

     10月28日(火)      雲割つて日の照る菊の名残かな 

     10月27日(月)      萩刈つて鐘撞堂を高くしぬ

     10月26日(日)      山伏に追ひ抜かれもし紅葉狩

f0118324_20375166.jpg
 

     10月25日(土)      水門は鯔のひしめくところかな

     10月24日(金)      新走りあたりのどこも黒光り  

     10月23日(木)      榧の実の匂ひのここら登山口

     10月22日(水)      身に入むや四方にひらく松の幹

     10月21日(火)      障子貼りかへたる膳につきにけり     

f0118324_20201287.jpg


     10月20日(月)      鴨塚といふものがあり鴨来る

     10月19日(日)      花野行く靴脱げさうになりもして

     10月18日(土)      長命寺思へば鷹の渡るころ

     10月17日(金)      鵙鳴くや精神医学資料館

     10月16日(木)      晩秋や林の中の石の道

 
f0118324_20481651.jpg


     10月15日(水)      黒板を前の机や秋の声

     10月14日(火)      野分過ぐ松の木蔭の濃ゆきこと

     10月13日(月)      方々に松ある障子洗ひけり

     10月12日(日)      石に石積んで隙間の草紅葉

     10月11日(土)      勉強のまだまだ足らぬ夜食かな

f0118324_1931997.jpg
 

     10月10日(金)      きしきしと秋の日差しに半仙戯

     10月9日(木)      馬場跡の続きの秋の野原かな

     10月8日(水)      大山を座敷に見たるちちろむし 

     10月7日(火)      ひとところ蟻の無数の十三夜

     10月6日(月)      野分だつ姥目樫の実踏みしだき 


f0118324_03955.jpg
 


     10月5日(日)      世田谷の野分めきたる庵かな

     10月4日(土)      九十の秋の遍路に出くはしぬ

     10月3日(金)      爽やかにふと立ち止まりたるところ

     10月2日(木)      坂本の午下はかがやく帰燕かな   

     10月1日(水)      塀なりに行けば行き着く寺の秋
by masakokusa | 2014-10-31 23:32 | 昌子365日 new! | Comments(1)
花照鳥語     二階六畳下六畳        草深昌子
        
f0118324_22433618.jpg


        

    龍土町に移る 
   秋晴や二階六畳下六畳       石鼎

 「龍土町の家は、六本木から電車線路に沿って乃木神社の方へ向かって歩くと、右側一聯隊に向きあった三聯隊の正門通りの一つ手前の通りの三つ目を左に折れた、洗濯屋の前の高い崖の上にぽつんと建っていた」という原石鼎の妻コウ子の記述を頼りに、脇道を辿っていくと、まさに左に折れたところに洗濯屋はあった。今もれっきとしたクリーニング店で、赤い看板に「創業明治二十八年」とある。
 「洗濯屋の裏あたりから三聯隊の土堤が見透かされた」というそこには全面ガラス張りの国立新美術館が聳え、一聯隊跡は東京ミッドタウンと化している。龍土町という地名もろとも石鼎の家は失せているが、古道のこの一隅の趣は、少しも変わっていないと感じられた。
 ほぼ百年昔、石鼎が息をしたであろう空気が今も漂っていて、鼓動を少しばかり大きくしながら、私はしばらく動くことができなかった。


   秋風に殺すと来る人もがな       石鼎
   己が庵に火かけて見むや秋の風    〃

 思えば石鼎が、放浪の果に故郷を去って、懐中無一文に上京したのは大正四年であった。
 「自己の不遇も又彼の高山幽谷、寒雲怒涛と同じように、むしろ横溢する興味をもってこれを迎えつつある」と虚子は評している。           

     妻を迎ふ一句
   われのほかの涙目殖えぬ庵の秋  石鼎

 石鼎は、誰よりもさびしい人であった。生きて在ることのさびしさを自覚する人であった。そんな石鼎にとって、伴侶も又無常そのものとして、抱きとめるほかなかったというのであろうか。
 結婚の翌年、大正八年九月、晴れて麻布龍土町に一軒家を借りたのであった。そのひそやかな喜びが「二階六畳下六畳」に充満している。
 二年後、この家を発行所に、主宰誌「鹿火屋」は誕生した。

   冷やかや草庵かけて皆我句      石鼎

 〈秋風や眼中のもの皆俳句〉という虚子の先行句にも似た、「皆我句」には、生涯でもっとも充実していた頃の真実がこもっている。

   臥せし穂にふと瞳を見せし稲雀    石鼎

 島田修二の歌に、〈家といふかなしみの舟成ししよりひとは確かに死へと漕ぎゆく〉がある。
 家という舟を漕ぎだしたばかりの、かの龍土町の秋晴の輝きは、三十年を経た秋、稲雀の瞳に紛れなく映し出されている。何と愛おしいまなざしであろうか。稲雀の気迫が石鼎に乗り移った瞬間である。
 そして私には、生きていくということの孤独に、一つのぬくもりをいただいたようにも思えるのである。
 石鼎が六十五年の生涯を閉じたのは、この直後である。

(平成26年11月号「晨」所収)

by masakokusa | 2014-10-31 23:11 | 俳論・鑑賞(2) | Comments(0)
秀句月旦・平成26年10月
f0118324_0224417.jpg


   鶏頭に夕日永しと思ふなり       細見綾子

 日の暮れが早くなったが、ここ鶏頭の赤い花には夕日がいつまでも燃えている、いやいつまでも赤くあって欲しいという願望かもしれない。

 先ごろ、ふらんす堂の「365日入門シリーズ」の9巻目として、岩田由美著『綾子の一句』が刊行された。
 掲句はこの著作の10月1日の一句。
 岩田由美はこう鑑賞している。
「―実際にはそれほど長い時間でなくとも、感覚的には永遠のように永い。鶏頭に夕日の当たる光景を作者は何度も見ただろう。何百年も繰り返されてきた光景でもある」
 「鶏頭」といえば、〈鶏頭の十四五本もありぬべし  正岡子規〉が思われてならない、そういえば、その昔、子規の見た鶏頭がここにもあかあかと生きているということが、あらためて気づかされる鑑賞である。
 ちなみに、9月29日から10月4日まで、「鶏頭」の句ばかり、6句掲載されている。

   鶏頭を三尺離れもの思ふ
   見得るだけの鶏頭の紅うべなへり
   鶏頭に夕日永しと思ふなり
   思ひ出す事あるやうに鶏頭立つ
   そののちも鶏頭の花赤からん
   鶏頭の襞にこもれりわが時間

 二句目、「――見尽して、紅さこそが鶏頭の本質であり、鶏頭はこうでなくては、と納得したのだろう。満足感がある。鶏頭を詠むのではなく、自分の心を詠む」とある。
 スパッとした率直な物言いが、細見綾子の清新な句風によく添っている。


   己が庵に火かけて見むや秋の風      原石鼎

 「人間の暗い情念を詠んだ句だ。わが庵に火をつけてみようかと詠う。秋風の中で庵が燃え上がるさまを見たい。刹那の官能のためならば、庵の一つや二つ焼けてもかまわなぬ、というこの句には、危ない匂いがする」
 と鑑賞するのは俳人岸本尚毅。
 その著『名句十二か月』から引かせていただいた。
 さきの岩田由美とは、鴛鴦俳人夫妻である。

 ところで掲句は、大正3年、原石鼎28歳の時のもの。
   父母のあたたかきふところにさへ入ることをせぬ
   放浪の子は伯州米子に去って仮の宿りをなす

     秋風や模様の違ふ皿二つ 
   瞑目して時に感あり、眼開けば更に感あり 二句  
     秋風に殺すと来る人もがな 
    己が庵に火かけて見むや秋の風

 鶏頭ならぬ「秋風」も赤い。模様の違う皿も赤絵など赤い色のものではないだろうか。

f0118324_0183521.jpg


   朝風は芙蓉の白にありあまる       大峯あきら

 一瞬、画面は真っ白になり、よく見ると、その真っ白はゆっくりと大きく、とぎれもなく揺らいでいる。
 汚れなき芙蓉の白さであると気付くまでのたっぷりとした時間が何とも美しい。
 「ありあまる」というような、ごく平凡な日常の言葉が、たった17文字にして、まさにありあまるような詩情豊かなものに変現することに唸らされる。
 ひんやりとした朝風が、芙蓉をゆらしてやまないのである。
 そういえば、新田次郎の「芙蓉の人―富士山頂の妻」にみるように、富士山のことを芙蓉と形容するのだった。
 ことに白芙蓉は、富士の雪の白さにかよっているのであろうが、そんな白の印象が掲句にもかぶさってくるものである。
 

    
by masakokusa | 2014-10-31 22:05 | 秀句月旦(3) | Comments(0)
「青草の会」・秀句抄(平成26年10月)       草深昌子選
f0118324_14265526.jpg


   一息に押せる落款鵙の声       二村幸子

 絵画であろうか書道であろうか、上々の仕上がりに、落款印を押す。
 折角の作品を落款で仕損じてしまってはならない。緊張感を持って押したその時、鵙が高らかにキイーキイーと鳴いたのである。
 「一息に押せる落款」は、あたかも「鵙の声」の比喩のようでもある。
(花野会)


   峰々の真中大山柿日和       間正一

 ここ厚木市はどこからも大山が見渡される。その大山は、幾つも峰のある丹沢連峰の真ん中にあるのだという。
 「峰々の真中大山」という、この堂々たる口ぶりがいい。市民の誰もが持っている大山に対する誇らしさが、自ずから表出されているのである。
 柿は秋の代表であり、日本の果物の代表である。いわば日本のふるさとのようなもの。誇らしい気持ちに輪をかけるような柿日和が何とも晴れやかである。
(木の実)
 
f0118324_14273544.jpg


   連れ立ちて行くハイキング雲は秋       後藤久美子

 ハイキングは連れ立って行くものに決まっている、なんて言う人がいるかもしれない。だが俳句は最後まで読み終わらないとわからない。
 下五に至って、「雲は秋」とこう納められると、何でもないことのよろしさが、ぐっと立ちのぼってくる。
 ちなみにこれが「秋の雲」であったら、只事に終わっていただろう。
 「雲は秋」の変幻自在さを味わいたい。一句のリズム感も歩く速度にかなっている。
(花野会)


   数珠玉や指切げんまんまたあした       堀場ゆふ

 数珠玉と言うとまず思い浮かぶのは、濁った川のほとりに傾いている姿であるが、ある時、武蔵野の民家の庭に婦人がさも楽しげに数珠玉を採取されているのに出会ってから、何やらなつかしいものになった。あの数珠玉は、今頃はお手玉になって、かわいいお孫さんに愛されているだろう。
 私のこんな数珠玉の印象に寸分の違いもなく、「指切げんまんまたあした」という跳ねるような措辞がやってきて、一読驚かされた。
 子どもたちのやさしさは時に荒っぽい仕草となって、健やかに今日という日を終える、そして又きっと明日も元気だ。
 念珠のイメージもひそやかにありながら、この艶ややかさは際立っている。
(草原)


   瑞垣や赤み増したる椿の実       石黒心海(ここみ)

 瑞垣は、玉垣ともいう。どこの神社の瑞垣であろうか。
 「瑞垣や」という打ち出しに、荘厳なる静けさに打たれている作者のありようが伝わってくる。
 深閑たる風景の中に見つけた椿の実の赤々とした光りが嬉しい。やがて椿の実は熟れて、黒い種を覗かせるようにして割れることだろう。
 何も語らずして、ただそこに在るものを呈示する。切れの効用を信じて、瑞垣という神聖なるものの奥行きをよく引き出している。
(草原)


f0118324_1428351.jpg



   縄文の祭祀遺跡や初紅葉       鈴木一父(ぴんちゃん)

 相模川と中津川に挟まれた台地の東側に、縄文時代の祭祀遺跡があることを、この句から初めて知った。
 祭祀遺跡は、神を祭った遺跡で、石製模造品、勾玉、土師器など、祭祀関係の遺物がさまざまに出土しているという。
 そんな「縄文の祭祀遺跡」に「初紅葉」を付けただけの、シンプルこの上もない句である。それでいて何と鮮やかな世界が描かれているものであろうか。
 紅葉の、わけても初紅葉の印象が原始のそれとかなさなって、ほのぼのと赤らむのである。
 (草原)


   秋の山自分の色に染まりたる       黒田珠水

 俳句は生まれて初めてという作者の一句。
 俳句のセオリーにとらわれたものには、もうこんな清々しい俳句はできないだろうと思う。
 秋になって、粧いはじめた山は、思い思いに自分の色に染まっているというのである。
 「自分」という、いわば日常的な、通俗的なことばが、生き生きと発色していることに驚かされる。
(草原)


   からからと石段駆ける黄葉かな       滝澤宣子

 10月のはじめに、秋晴の飯山観音へ吟行した。
 今年は紅葉が早いようで、ここ飯山観音の参道も桜をはじめ、ナラやクヌギなど様々の雑木が秋色を溢れさせていた。
 道幅の狭い凸凹した石段には風に吹かれて舞い落ちる黄葉が後を絶たない。
 「からからと」、まさにこれ以外のなにものでもなかった。
 率直な心に捉えた飾り気のない擬音が、澄み切った大気を感じさせてくれる。
(木の実)
 

   吊り燈籠灯す御堂や秋の声       山森小径

 飯山観音の本堂には、紫の僧衣も鮮やかに一心に読経する僧がいた。
 沢山の吊り燈籠はあかあかと灯ともされている。
 作者はそこに一人静かに瞑目されていたが、その時の心に聞こえた、あの世この世のものとも知れぬ天地の間の声を感受されていたのだろう。
 ともすれば観念的になる「秋の声」であるが、この句は、一つの具象をもって、声明にも似たかそけき音を確かにひびかせてくれるものである。
(木の実)

 
f0118324_23574070.jpg


  萩盛り三色饅頭うまかりし     江藤栄子

 萩は秋の七草の筆頭に数えられ、古来日本人好みの花である。
 私も齢をとるほどに愛着がつのって、初秋ともなると萩寺詣でを欠かさない。
 この句の萩も寺であろうか、名園であろうか、今を盛りと咲き溢れるしなやかな萩の光景にほれぼれと見入っている。
 その喜びが、「三色饅頭うまかりし」に言い尽くされている。同時に、秋の日差しもたっぷりと感じられる。
(セブンカルチャー)


   掛稲や遠くに山のうっすらと     菊地後輪

 刈り取ったばかりの稲は、稲架を組んで、天日に干される。
 ここ丹沢山系の麓でも、そんな稲を干す風景がここかしこに広がっている。
 遠く大山がくっきりと鮮明に見える日もあるが、この作者は霞がかかってうっすらと見える様子をいかにも掛稲の風景としてふさわしいものに感じられたのであろう。
 遠景をぼかしたことで、近景の掛稲の重量感がいっそう明らかに、たのもしく感じられる。
(セブンカルチャー)


   灯明の如きひとむら曼珠沙華     矢島静

 曼珠沙華は、秋の彼岸が近づくと、いっせいに畦や土手や藪のなかに赤い花を咲かせる。
 彼岸花ともいわれる、そんな曼珠沙華を、「灯明のごときひとむら」と簡潔明瞭に言い切った。
 蕊の長い、真っ赤な花のひとかたまりが、まるでお灯明を灯しているようだというのは、視覚的にも、心象的にも、納得させられるものである。
(セブンカルチャー)

f0118324_23582056.jpg



   満月の雫の欲しき今宵かな     河合順
 
 仲秋の満月を賞でた作者は、皓々たる月光のしたたるような感覚に魅せられたのだろう。満月の雫が欲しいとはまた何とゴージャスな願いであろうか。
 あまりに強い月光に、思はず洩らした若々しい感受性はうらやましいばかり。
 「今宵かな」の座五がさりげなくていい。
(セブンカルチャー)


   運動会目立つ靴下穿かせたり     吉岡りほ

 一読、わが孫の小さい頃の運動会が思い出された。娘に、「太郎は、真っ青な靴下を穿いているから、よく見ていて」なんて教えられて、先づ足下に気を付けると、なるほど大勢のなかでもすばやく見つけられた。
 作者もまたそんな体験をおもしろく思われたのだろう。
 若いお母さんになりきって、運動会の一つの側面をさらっと詠い上げられた。
 家族ぐるみの楽しさが滲みでている。
(セブンカルチャー)


   湧水に笹舟揺るる涼新た     田渕百合

 湧水に子供が笹舟を浮かべて遊んでいる。あるいはもう子供が帰ってしまって、笹舟だけが静かに浮かんでいるのかもしれない。
 水は透き通って、笹舟の緑がちらちらと揺れている。
 それは、ちょっとひやっとするような今年初めての秋の涼気であった。
(セブンカルチャー)
by masakokusa | 2014-10-30 23:32 | 『青草』・『カルチャー』選後に | Comments(0)