<   2014年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧
昌子365日(自平成26年8月1日~至8月31日)
f0118324_20154929.jpg
 

    8月31日(日)      涼しさと暑さと秋の日の中に

    8月30日(土)      山ごとに違ふ緑の涼新た

    8月29日(金)      虫鳴くや石の仏に石供へ

    8月28日(木)      新秋の百日紅のしだれかな

    8月27日(水)      ぶらんこに新涼の胸反らしたり

    8月26日(火)      稲は穂に人は半袖半ズボン

f0118324_22513693.jpg


    8月25日(月)      大数珠を月にまはすや地蔵盆

    8月24日(日)      玩ぶうちにだんだん猫じやらし

    8月23日(土)      秋風に田舎の匂ひのりきたる

    8月22日(金)      新涼の木に咲く花の白さかな

    8月21日(木)      掃苔の夕焼いよよ濃かりけり

f0118324_22492987.jpg


    8月20日(水)      縁先やビールの栓と鳳仙花

    8月19日(火)      秋水の音が屋敷の中に来る

    8月18日(月)      エプロンを外さぬままに踊りけり

    8月17日(日)      行きずりに榊いただく在祭

    8月16日(土)      空色の空の八月十五日

f0118324_2313263.jpg


    8月15日(金)      母の丈抜いて長子や墓洗ふ

    8月14日(木)      盆魂の笑へば笑ひかへしけり

    8月13日(水)      コレド室町を往き来の秋扇

    8月12日(火)      新涼やポストに落つる文の音

    8月11日(月)      盆荒れの戸障子がたりぴしりかな

f0118324_2131149.jpg
 

     8月10日(日)     パソコンを教わつてをる長崎忌

     8月9日(土)      立秋の昼を過ぎたる天気雨

     8月8日(金)      奈落なるところはなれて兜虫

     8月7日(木)      てのひらにご飯熱しや今朝の秋

     8月6日(水)      滝壺に日当るほかは小暗がり

f0118324_2113130.jpg


     8月5日(火)      餡蜜や男の口の美しく

     8月4日(月)      子は拾ふ松ぼっくりと空蝉と    

     8月3日(日)      霍乱の閉づるほかなきまぶたかな

     8月2日(土)      父のあと子のあと母の日傘行く

     8月1日(金)      撫づるほどかなぶんぶんのつやめける

f0118324_23364891.jpg

by masakokusa | 2014-08-31 23:27 | 昌子365日 new! | Comments(2)
昌子の会・青草抄(平成26年8月)        草深昌子選
  
  手を洗ふただそれだけの涼気かな     平野 翠

 句会で多くの共鳴を得た句である。
 この猛暑にあって、誰にも思い当るささやかな涼しさを代弁している。
 上五「手を洗ふ」のあとやや小休止があって、ダメ押しをするかのように中七、そして「かな」で止めるという、ことばの運びにも隙がなく、読後に文字通りの涼気がたちこめる。
(花野会)

f0118324_2185548.jpg


   柚子坊はいつ飛び立たん夏の空     伊南きし子

 柚子坊とはアゲハチョウの幼虫である。
 柚子の葉っぱを食べるというだけあって、保護色の緑も鮮やかに、みるからにころころと太っていて、やんちゃな「坊」の名がついているのは、納得させられる。
 私などはそんな芋虫を見るとキャーと逃げ去るが、作者は柚子坊と日々心を通わせているのだろう。
 「早く揚羽蝶におなり」という、愛情をたっぷりの声が聞こえるようである。
(花野会)



   庭に咲く向日葵ひねもす東向き     佐田とよ女

 大輪の炎とも咲く向日葵は、夏のエネルギーそのもののようでたくましい。
 向日葵は太陽に向かって回るのだと言われているが、そんなことはない。わが家の向日葵は朝から晩まで東を向いているというのだ。
 「庭に咲く」というところからして、とよ女さんにとって思い入れの深い向日葵であることがうかがわれる。西でも北でもなく、日の出づる「東」を向きっぱなしであることが愛おしくてならない、それは又作者の健康の証でもある。
(花野会)


   コーヒーの香りの高き今朝の秋     小川清

 立秋といえど、暑さはピークである。
 だが人は、古来より二十四節気の立秋を認識することにより、本格的な秋を徐々に味わっていくのである。
 そんな心のあらたまりが、「コーヒーの香りの高き」に紛れなく打ち出されている。ストレートに詠いあげたところが、いっそう爽やかである。
(花野会)

f0118324_2113048.jpg


   梅干の夜露をのせてふつくらと     齋藤ヒロ子

 梅干は、「三日三晩の土用干し」と言われるように、天日に干し、夜露にもあてる。
 私には若いころの失敗体験しかなくて、「夜露をのせてふっくらと」というような梅干を示されると、もうそれだけで感嘆してしまう。
 「ふっくら」はやがて柔らかな皴になって、さぞかし上等の梅干が仕上がることだろう。
(花野会)


   小児科の飾り賑やか星祭       湯川桂香

 星祭は、裁縫や手習いの上達を星に祈るものであったが、今はさまざまの願いごとを短冊に書いて七夕竹に結ぶ風習として、各地各所に伝承されている。
 この句は病院の七夕飾りであろう。総合病院の内科でなく、外科でなく、「小児科」であること、ただその一点で、切なくも祈りの深い星祭が再現されている。
 「飾り賑やか」というシンプルな描写のうらには、子供の命によせるあたたかな作者の心情がひそやかにこもっている。
(木の実)


   夏萩や老人ホームの庭の端      芳賀秀弥

 老人ホームということばのひびきに、どことなくさびしさを感じてしまうのは私だけであろうか。
 だが、「夏萩」と聞いただけで、先入観がさっと払拭されてしまった。
 秋の七草の一つに数えられ人々に親しまれる萩の花が、早くも青々とした葉を茂らせて咲いているのである。
 作者のやさしが庭の隅に夏萩を見出した。ホームにはきっと明るい笑い声があがっていることだろう。
(木の実)


   水揺れて金魚の尾鰭踊りけり     熊倉和茶

 金魚というだけで、今は懐かしい。
 軒につるした金魚玉、水をこぼしてやってきた金魚売、下手くそで掬えなかった縁日の金魚、それらはみんな遠い思い出になってしまった。
 ところで作者は、そんな感傷をよそに、好奇心旺盛に「コレド室町」にて開催の「水中アート展覧会」へ出かけられた。
 水中アートとはつまりは水族館の金魚展である。何千匹のゆらめく金魚の美しさに目を奪われながらも、作者は落ち着いてこの一匹の金魚のさまに目を凝らされたのである。
 金魚もろとも澄み切った水のゆらめきが、大振りの尾鰭を揺らした。
 いや金魚の尾鰭が水の揺れそのものになったというのである。
 あの懐かしの金魚は、まさにこのような金魚であった。そのゆったり感が大いなる涼味である。(木の実)

f0118324_21163489.jpg



   閉ぢて開く翅は鉄漿蜻蛉かな      間正一

 蜻蛉なんだから、その翅は閉じて、また開くに決まっている。
 当り前といえば、当り前の事を、こうも悠然と言いあらわされると、あらためて鉄漿蜻蛉というものの姿が、明らかにクローズアップされてくる。
 鉄漿蜻蛉を見せながら、ここには、刹那というもののありよう、その静けさをも感じさせてくれるものである。
(木の実)


   鶏小屋は父の手作り鳳仙花     湯川洋子

 手作りというからには、さほど立派な鶏小屋ではないかもしれない。だが、誰よりも大好きな父が一生懸命作ったもので、子供心に誇らしい鶏小屋である。
 かたわらで、女の子は、鳳仙花に爪を赤く染めて機嫌よく遊んでいる。
 鳳仙花という花のみずみずしさがよみがえってくる句である。
 「父」の一字が、過去を回想されているようななつかしさをもたらしているが、これもまた鳳仙花の本情の一つであろう。
(草句の会)


   台風の過ぎて瓦の光る夜     新井芙美

 台風が過ぎ去った夜、その恐怖や不安から解放されて、安堵の思いに眺め遣つた家々の屋根瓦が、ピカピカと光っていたというのである。
台風のあとみるみる晴れ上がった空には大きな月が出ていたのであろうか。月光の明るさが身に染み入るような夜であったことだろう。
 こういう風景をしっかりと一句にとどめて置くという姿勢に学ばねばならない。
(草句の会)


    放牧の牛のうごめく濃霧かな     石原幸子
 
 放牧というからには、広大な土地があって、何頭のもの牛が放たれている光景であろう。
 霧のため、はっきりとは見えないが、絶えずどこかしらに牛の動きがあるようである。大いなる命を包み込むような霧の息遣いが実感される。
 一面にたちこめた霧を、ただの「霧」でなく「濃霧」と言い切ったところに、リアリティーがある。
(草句の会)

f0118324_2120090.jpg



   知らぬ間に咲いてをりけり鳳仙花     堀川一枝

 昔はどこの家の庭にも、どの路地にも、鳳仙花はよく咲いていたように思う。
 子供の時代、鳳仙花の汁で、爪を染めて遊んだのも、ひそかな思い出である。
 今はもっと鮮やかな花が好まれるのであろうか、あまり見かけなくなったように思うが、いかがであろうか。
 掲句は鳳仙花にまつわる本情のようなものを一切放棄して、ただいつの間にか咲いていたとのみ詠いあげている。
 これも紛うことなき鳳仙花の一つのありようである。
 鳳仙花は地味ながらまだまだ健在なる花であったのだった。
(草句の会)
by masakokusa | 2014-08-31 23:18 | 『青草』・『カルチャー』選後に | Comments(0)
秀句月旦・平成26年8月
f0118324_232617100.jpg


   ただ立ってゐる日焼子の笑顔かな      綾部仁喜

 「昭和60年、日焼子の句は岡山県竹久夢二生家の庭での作だが、そこで休んでいる私の目の前に真裸の子が立っていつまでも私を眺めていたのである。」
 俳人綾部仁喜は、「私はその姿に俳句はこれでいいんだなと俳句の本然を教わった気がした。謂わば俳句開眼の一句とでもいおうか。」と、近刊の俳句雑誌「俳句あるふあ」に述懐されている。
 なるほど、下五の「笑顔かな」には作者の心の笑顔が写しだされている。
 まこと健やかな詩情である。
 暗いものであれ、淋しいものであれ、なべて俳句は明るく、前向きに感受され、詠い上げられるところに喜びがある。
 そういえば、「下五に行き詰まったら、笑えばいいのだよ」と、句会で仰ったことがあったように思い出される。

f0118324_23101734.jpg


   看護婦のひまあれば立つ窓の秋      海扇

 掲句はホトトギス雑詠選集に載っている。大正11年の作品であるから現在の機械化された病院とは、およそ趣は違うであろう。
 看護婦のありようも、今よりもっと落ち着いて患者の気持ちに寄り添うものであったのではないだろうか。心やさしい看護婦であればこそ、季節の移り変りにも敏感であったのだろう。
 窓から見る雲のかたち、草木の戦ぎの微妙な変化、蝉や鳥の声にふと耳を澄まされるのは、看護婦だけにあらずして病床にある作者又同じである。
 すぐそこに迫り来る秋の風景に、ほっと一息つくのは、両者もろともの思いである。

 雑詠選集は、四季別になっているが、「秋の部」に「○○の秋」という作例が多いのは、俳人岸本尚毅が指摘している通りである。
   見えがてに遅るる人や野路の秋       たけし
   ささやかな夕餉支度や尼の秋        素 人
   藪かげのこの細道も京の秋         榎 松
   十年前亡くなりしとや人の秋         星野立子
   呼びに出て子と遊びをり妻の秋       肝付素方
等、50句弱もの収録の多さは、「秋」という言葉(季題)が春夏冬よりも比喩的・詩的な含蓄に富んでいるからであろうと書かれている。

f0118324_23205514.jpg


   病床に秋海棠を描きけり       正岡子規

 正岡子規は、中村不折から貰い受けた画帖に草花の絵を描いた。
 明治35年8月1日から始めた、その絵は秋海棠であった。
 この「草花帖」は、モルヒネを服用した後に、寝ながら描いたもの。
 普通の人間には考えられない意志の勁さと、草花への愛情、写生への執念が思われる。
 秋海棠に続いて、射干も日日草も撫子も、水引草も野菊も写生されているが、
 「病床に○○を描きけり」の○○に、日日草や水引草を置いてはただの報告に終わるだけで、一句にはならないであろう。
 「秋海棠」は、ゆったりとした韻律をともなって、心の背景までもが見えるようによくおさまっている。
 先の解説の通り、「秋」の一語が陰影を帯びて感じられるからかもしれない。

f0118324_23165245.jpg


   生身魂七十と申し達者也       正岡子規

 お盆には故人を祀るだけでなく、長寿の父母などを祝う風習がある。
 それが生身魂である。
 生きたまま仏に近い存在とでもいうような感覚で受け止めていたが、「70」という齢ですでに崇められるのかと思うと、今や愕然とする。
 40年前の初学の頃、この句を読んでも、違和感なく合点していたのであったが。
 光陰矢のごとし、後期高齢者にも届かない70が、格別の長生きであった時代が、たしかにあったのだった。
 事実、子規は70の半分しか生きられなかった。
by masakokusa | 2014-08-31 22:51 | 秀句月旦(3) | Comments(0)