<   2014年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
昌子365日(自平成26年3月1日~至3月31日)

    3月31日(月)     母のこと霞に語る奥之院

f0118324_20335846.jpg


    3月30日(日)     初蝶の命の色を見せにけり

    3月29日(土)     三椏の花や椿のよく落つる

    3月28日(金)     鳥雲に入るや四つ葉のクローバー

    3月27日(木)     石垣のはざまの小石初ざくら

    3月26日(水)     黒犬にリボン赤しや目借時
 
f0118324_21385949.jpg


    3月25日(火)     一と匙の味噌にうましや春キャベツ

    3月24日(月)     江の電の線路跨ぐと初蝶来

    3月23日(日)     渾身のいままつくろや鳥の恋

    3月22日(土)     お彼岸のくさめを風にはばからず

    3月21日(金)     分校に役場に雨やお中日

f0118324_229954.jpg


    3月20日(木)     切通し下りて来たれば水温む

    3月19日(水)     出航を待つ一群のうららけし

    3月18日(火)     春風の峠にあればつめたかり    

    3月17日(月)     蟻穴をいもづるしきに出づるかな

    3月16日(日)     枝折戸を出づればうぐひすの初音

f0118324_2135863.jpg


    3月15日(土)     足の向くところかならず春の泥

    3月14日(金)     戸に隙間あれば覗きてうららけし

    3月13日(木)     その墓にのどけく虚子を語りけり

    3月12日(水)     はからずも桟橋に摘む蓬かな      

    3月11日(火)     春風に鳥打帽を飛ばしたり

     
f0118324_231488.jpg


    3月10日(月)     北窓を開けたる舟の往き来かな

    3月9日(日)      胸元のなまあたたかき御開帳

    3月8日(土)      春泥に取り落としたるものや何      

    3月7日(金)      啓蟄の手を繋いだり離したり

    3月6日(木)      戸を引けば鈴なる春の館かな

      
f0118324_2084242.jpg


    3月5日(水)      寺町や塀のどこにも梅の花

    3月4日(火)      雛の日やまたも汽笛の遠ざかり

    3月3日(月)      星屑のやうなるこれも雛の菓子

    3月2日(日)      象さんのお鼻に草の芳しき

    3月1日(土)      薄氷にのぞきて浮葉らしきもの  

f0118324_21315332.jpg
   
   
   
by masakokusa | 2014-03-31 23:58 | 昌子365日 new! | Comments(1)
原石鼎俳句鑑賞・平成26年3月

f0118324_2324393.jpg
   
   一点の雲なき空や梅は散る      原石鼎   昭和26年

 「一点の雲なき空」は、真っ青な空かもしれない、あるいは早春にありがちな霞のかかった空かもしれない。だが、どこまでも晴れわたった一枚の大空であることは確かである。
 こんな穢れなき空をバックに、散りゆくものは何の花でもよさそうだが、やはり梅の花に如くものはないように思われるのも、「一点の」措辞が、梅の花に作用して、その花びらをこまやかに散らつかせるからであろう。

 昭和26年、原石鼎全句集には、掲句をはさんで梅の花の句が十数句並んでいる。

   手紙書く墨をすりけり梅盛り       昭和26年
   日に月に風雨のあとの梅は白し        〃   
   大暴風雨のあとにも浮きて梅の花       〃
   雨音も風音も止み梅浄し              〃 
   一点の雲なき空や梅は散る           〃 
   碧空や散り居る梅の花に風           〃   
   碧空や梅の落英見えて居る           〃  
   梅の花雪降る如く吹かれ散り          〃 
   石蕗の葉のどの葉にも梅の落花かな      〃 
   けふも鶯散りつくしたる梅が枝に        〃   
    散り尽す梅の中なる星の数           〃

 先ごろ、時ならぬ大雪や大雨を経験したせいで、これらの句々には大いに共鳴させられる。
 梅の花の散りゆくのは惜しまれるが、ことに暴風雨に耐えた梅の花であればひとしおなのである。夜となく昼となく仰ぎ見て、ことごとく俳句にのせずにはおれなかったのだろう。

   早梅や眼にもなれつる山容         大正2年
   藪蔭に大肥溜や梅の花            大正6年
   灯りて二軒親しや梅の中          大正12年
   日当りし梅の太枝を潜りけり        大正13年
   紅梅に照り沈む日の大いなる       昭和16年
   大木と見えてさながら畑の梅        昭和24年

 梅の花は、全句集に40句ほど見出されるが、どれも皆ばっちりと咲いている。梅の花はなべて、石鼎にとって頼もしい存在であったようである。
 その落英に触れたのは最晩年の昭和26年だけである。

 先日NHKテレビで、影絵作家藤城清治の創作現場のドキュメントを見た。
 89歳の今だから描けるという覚悟でもって、宮沢賢治の「風の又三郎」に向き合う日々、完成のあかつきに感極まって泣かれていた。
 今までにない自分に出会った感激であろうか、汲めども尽きぬ創作熱である。

 思えば、石鼎の作家魂もおとろえることはなかったのだった。
 文字通り風雪に耐えた梅の花の散りゆく姿は、愛惜する石鼎の気持がそのまま、静かなる詩情となって、それこそ一点の曇りもなく描かれているのではないだろうか。
 若き日の格調の高さとはまた別種の趣である。

 写生の道を究めれば、最後には「いのち」が写し出されるというあたりのことが、おぼろげにわかってきたような気がする。
by masakokusa | 2014-03-31 23:56 | 原石鼎俳句鑑賞 | Comments(0)
昌子の会・青草抄(平成26年3月)        草深昌子選
f0118324_14513277.jpg


   草餅や焼いて匂ひて萌黄なる     熊倉和茶

 市販の草餅を、和茶さんは網に載せて焼かれた。
 しばらくすると蓬の匂いが立ちのぼり、そしてその色といえば何とまあきれいな萌黄色、こんな草餅を前に喉が鳴らずにおれましょうか、本当においしい草餅であることよ。
 幼き日の母の草餅、わが若き日の溌溂たる草餅、老いてなお旺盛にいただく草餅、和茶さんの草餅に寄せる思いが「焼いて」「匂ひて」「萌黄なる」の三段構えにじっくりと力強くこもっています。 
(木の実)

   雪解やまづ樹のまはり石の上     湯川桂香

 関東にしては稀なる大雪。その雪解のさまを桂香さんはばっちりと見とどけられた。
 この的確な見定め、その表現の完璧なること、柔軟なる好奇心と理性がなければ詠いあげられなかったことでしょう。
 俳句は先づ「驚き」から発するものであることを、思い知らされたことである。 
(木の実)

   剪定の終へたる庭や寒々と    滝澤宣子

 かの大雪のおかげでわが家の狭庭の木々が雪折したり、生垣の一部が崩壊したりした。
 早速植木屋さんに修繕してもらったのを機に、どの木も思い切り刈り込んでもらった。
 植木屋さんが立ち去ったあとに庭に立ってみると、その透け透け感に身震いしてしまった。
 そんな折にこの句に出会って、いたく納得させられたのであるが、宣子さんの句にはもっと素敵な趣が通っている。
 広々としたお庭のあの木この木を優雅にも細やかに剪定されたのであろう、美しく整ったさまが下五の「寒々と」からそこはかとなく漂ってくるところが妙である。
(木の実)

f0118324_14564086.jpg


   猫の恋大雪積もり埋まりけり     菊地後輪

 大雪に遭遇した恋猫は、何とまあ哀れであろうか、いや何とまあ愉快であろうか。
 「埋まりけり」には恋心をものの見事に封印されてしまったような、一巻の終りと言う感じがある。
 男性ならではの、諦観のすばやさかもしれない。
(セブンカルチャー)
 
   残雪や黒土つつき雀二羽     矢島静

 生きとし生けるものの命の営みは何とも健気である。二羽がよりそっているところ、しかもそこは黒々とした土であるところに救いがあって作者のやさしさがしのばれる。
(セブンカルチャー)

f0118324_15155230.jpg


   早春や手作りケーキすみれ色     河合順

 「春は名のみの風の寒さよ」という日々にあって、手作りケーキのあたたかさはどうであろう、束の間の幸せにあたりは一気に春めいたことだろう。
 ケーキが赤やピンクでなく「すみれ色」であるところに抑えた静けさと喜びが感じられる。
(セブンカルチャー)

   春の雪庭に小さな富士の山     伊南きし子

 太平洋側に降る春の雪の印象は、降りつつ解けていくような淡い感じであるが、先般の大雪はそんな情趣とはかけはなれたものであった。
 だが、「庭に小さな富士の山」という措辞にはあきらかに冬の雪ではない、春のそれを表出している。 吹きすさぶままに自然に積もった富士の形をした雪でも、雪達磨を作るようにして小さな富士山をこさえたというのでもよい、いずれにしてもミニ富士山が美しい。
(花野会)

   ディサービス柚子湯に染まる肌かな     佐田とよ女 

 作者は高齢者ディサービスを受けておられる。
 足腰が痛くて思うにまかせぬことも、すっかり忘れて冬至の日の柚子湯に一身を伸ばされた。
 じんわりと柚子の色香が染み入りるように肌があたたまってきて、ほのかにも明るんできたのであろう。
 この一時の幸せを、感謝をこめて詠いあげられたのだが、そこには図らずもとよ女さんのまだまだ老いない精神の若々しさがにじみ出ているのが何よりすばらしい。
(花野会)

   藁苞の黒豆匂ふ春の雪     二村幸子

 藁納豆しかも黒大豆のそれを、藁苞から開けていただこうという時の匂いはさぞかし食欲をそそられるものであろう。
 折からの淡雪が、その上質な香りをおのづから感じ入らせてくれるようななつかしさを醸し出している。
 典雅に過ごされる日常生活の一端がよくうかがわれる。
(花野会)

f0118324_15203366.jpg


   下萌やパターゴルフの笑ひ声     小川清

 パッティングを楽しむというパターゴルフは、観光地や遊園地に見かけたことはあるが、実際にやってみたことはない。こんな句に会うと試してみたくなる。
 パターのみを使用して、長い飛距離を競うものでないだけに、「下萌」がいかにも実感をもって目に見てくるようである。 
 微妙な手加減で、うまくいった時の笑い声もきっと大声ではないだろう。
(花野会)

   降りしきる雪に門戸を開けておき     齋藤ヒロ子

 一晩の大雪のあと、降り積もった雪で玄関の戸が開かなかった。作者はすでにそのことを体験済みで、はじめから門戸を閉めないで開けているのである。
 それだけのことのように見えてこの句には詩情がたっぷり漂っている。それは上五の「降りしきる」という措辞にあるのだろう。切ないまでに雪の情景がよく見えてくるものである。
(花野会)
 
by masakokusa | 2014-03-31 23:23 | 『青草』・『カルチャー』選後に | Comments(0)
 光芒7句 ・     人なつかしく         草深昌子
 
f0118324_2211381.jpg
              

   風吹いて椎拾ふ子の帰りけり      大峯あきら 
                             「俳句」一月号

 島の子であろうか。椎の実拾いに無心に興じている。
 風が吹いたら帰らねばならないという因果はどこにもないのであるが、子供たちはまるでそれが必然であるかのように帰っていった。その行動が自然そのものとなっている子どもの何と健気なありようであろうか。 
 誰にも思い当りながら、誰一人とどめることのできなかった刻々の光景。見落としてしまった刹那を今一度ここに拡げて見せていただいたような静けさが、詩情たっぷりに漂っている。
 かの打撃王、川上哲治が、「ボールが止まって見える」と言ったことが思い出される。打とう打とうと自分から打ちにいったのではなくて、球の方から摑まれたという、比類なき川上の感覚の不思議。
 それはそのまま描こう描こうと身を乗り出したのではないが、言葉の方から掴まれたという大峯あきら俳句の神髄にかよっている。


   濃紫見えて春着の肩あたり      宇多喜代子
                            「俳句」一月号

 子供の頃、お正月は袂を揺らしながら歌留多取りを嬉々として楽しんだ。
 私の着物は満艦飾だが、姉のそれは淡い花々をちりばめ肩のところは目の覚めるような紫雲であった。 凛々しくも楚々たる姉に負けん気を燃やしていた妹のあどけなさが今更になつかしい。 
 さて掲句は妙齢の春着であろうか。「濃紫見えて」は、古風な品位もさることながら「コムラサキ」の語感も強く打ち出して、この一点に正月の粋を凝縮した。
 瑞祥の句である。

f0118324_22175390.jpg


   萱の穂のなびく諏訪より甲斐に入る      山本洋子
                                 「俳句界」一月号

 やまなし国民文化祭への旅の途であろう。
 甲斐に近づく予感に萱の穂をなびかせる。「なびく」は風に萱が横伏せになっていくさまであるが、同時に甲斐の国に象徴される俳人飯田龍太へ次第に心を移してゆくという心象でもある。一字一句が緊密に響きあって、えも言われぬ抑揚を醸し出している。 
 典雅なる作風で知られる作者であるが、作者その人の心情や佇まいがすでに典雅であることをここに物語っているようである。


   病む時は病むに従ふ春の風邪      的場秀恭               
                              句文集『夏炉冬扇』

 「的場さんは一人で三人分くらいの病気を持っていますね」と主治医に言われるほど、病気と付き合っておられるという。
 だが、松下幸之助の「人は一生に何回か病の床に臥す。しかし人間にとって所詮死は一回。何回病気をしようとも死につながる病は一回きり。いつの時の病が死につながるか、それは寿命にまかすとして、病を味わう心を養いたい」を信じて、激務をこなされる。
 病を味わうといえば子規がその筆頭であった。氏もそれやこれやの思慮、試練を経て、かくも自然体の措辞を得られたのであろう。
 自他ともに癒される句である。何より、「春」の一字がやさしい。

f0118324_22253154.jpg


   湯の底に水沈みをり鉦叩      小川軽舟
                           句集『呼鈴』

 五右衛門風呂ではないが、「沸きましたよー」に応えてドボンと入ると、「水風呂だー」ってことが多々あった。じっと沸き上がるまで縮かまっている主人のうすら寒さ、風呂焚きの申し訳なさ。鉦叩のおなぐさみがチンである。
 こんな散文に置き換えてしまってはそれこそ申し訳ないが、なつかしい湯船に浸らせていただいた。

   かたじけなき社宅の家賃鉦叩

 鉦叩に触発された感懐に人柄がしのばれる。「ヤチン」もチンに嫌味なく応えている。
 二句とも二物配合であるが、その距離感はそう遠くなく、ぬくもりをもって鉦叩の音色を響かせてくださる。
 読者はただ黙って、命あることをいとおしむばかり。



   母訪へばすぐに扉の開く良夜かな      角谷昌子
                                句集『地下水脈』

 「お帰り」と同時に自動的にするすると扉が開くようなすべらかな感覚がとりもなおさず幸せの良夜のそれである。ここにさしこんでくる月光ほど輝かしくも清らかなものはない。「母訪へばすぐに扉の開く」と「良夜」は、磁石で吸い寄せられたかのように密着する。

   本閉ぢてこころただよふ蝶の昼

 蝶々の世が、まこと宙に浮かんでいるような、可憐ないっとき。
 俳句は幸せであり、歓びであるのだと、気付かされる。

f0118324_22311215.jpg


   ラグビーの声の逆巻く顔洗ふ      綾部仁喜
                             「泉」一月号
 
 ラグビーの熱狂は、作者の鼓膜をも震わせる。逆巻く波の如き奮戦は、やがてわが身の興奮と化すのである。だが急転直下、この熱の冷まし方はどうだろう。クールそのものでありながら、洗顔の飛沫も飛び散るような力を秘めて一句はめでたく結ばれる。

   校庭を飛ぶ枯蔓を見たるのみ 

 綾部仁喜氏は、人工呼吸器に繋がれて、病院生活も十年が経つ。
 石田波郷を継ぐ氏は、波郷の究極の特質を、その香気に感じると書かれていた。病窓に見るべき命を見とどける氏の作品もまた人知れず香気を放っている。しかも凛冽たる香気である。


(「晨」平成26年3月号第180号記念号所収)
by masakokusa | 2014-03-31 23:15 | 俳論・鑑賞(2) | Comments(0)
秀句月旦・平成26年3月
f0118324_2256292.jpg


   歩み来し人麦踏をはじめけり      高野素十

 この一句の間じゅう、人は歩んでいる。
 麦畑へ着くまで畦道をやってきた、その歩みのまま、麦畑に入ると今度は麦踏という歩みになったのである。歩みは歩みでも目的が変わった、それだけである。
 しかしまあ、これほどよく納得させられて、よく景が見える句というのも見事で、思はず笑ってしまう。
 笑ったあとに、思えばこういうことが世の中には多々あることに思い当る。
 農夫のすがたを寡黙に描写して、どことなく広い世界を感じさせてくれる句である。


   わが妻にながき青春桜餅      沢木欣一

 桜餅というと、高濱虚子の〈三つ食へば葉三片や桜餅〉が思い浮かぶが、これは向島の長命寺にある名高い桜餅であろう。
 桜餅の関東風は長命寺と言い、関西風は道明寺と言う。こちらは道明寺粉というもち粉を蒸して、それで餡を包み込んだもので、関東のクレープ状でなく、饅頭状である。
 塩漬けの桜の葉っぱで包み込むところはどちらも同じ。
 掲句の桜餅はどちらであろうか。私には道明寺の方が好ましいが。

 沢木欣一は大学在学中に召集されて終戦の年の秋に復員、翌年細見綾子と結婚した。沢木より一回りも年上の綾子はすでに先夫を亡くしていて、又長い病臥も経験していたのだった。
 妻には永い青春というものがあったという、沢木の綾子をいたわるこころが美しい。妻の歳月をいとおしむようなやさしさを「桜餅」に代弁させている。
 桜餅は、その紅のうすさ、淡い甘さ、葉っぱの醸し出す芳香など、俳人夫妻のロマンスにひっそりと寄り添っているのである。

f0118324_22552291.jpg


   囀やピアノの上の薄埃      島村元

 ぴかぴかのピアノの蓋には、どこよりも埃が乗りやすいようだ。さっと拭けばすぐぴかぴかになるが、いつしか又うっすらと埃がかむる。
 しんとした大きな部屋があって、庭先には春の鳥たちの恋の歌が高々と響きあっている。
 「囀」と「ピアノの上の薄埃」の取り合せは、春の華やかさと春の倦怠感とでもいうようなものをかすかにも共鳴させながら、美しいバランスを保っている。

   春雷や蒲団の上の旅衣      島村元

 島村元は俳人として将来を高濱虚子に嘱望されながら、30歳で夭逝した。


f0118324_034866.jpg


   春寒や乞食姿の出来上がる      中村吉右衛門

 中村吉右衛門は歌舞伎俳優にして、高濱虚子門の名だたる俳人である。
 この乞食姿は、どんな出し物かよく知らないが、種々衣装や化粧に凝って、見るからにあわれな乞食に扮装したのであろう。
 貧相な乞食姿というものになってみると、その気分までもがうすら寒く、折からの春寒料峭にぴったりと決まったというような感じである。
 歌舞伎というと大方は絢爛豪華をイメージするが、黙々と乞食姿に取り組む姿勢もまた役者ならではのものだろう。
 俳人としても、真似の出来ない巧さを感じ入るのは、「出来上がる」という即妙の表現である。
by masakokusa | 2014-03-30 23:46 | 秀句月旦(3) | Comments(0)