<   2014年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧
昌子365日(自平成26年2月1日~至2月28日)
 
    2月28日(金)      裸灯を三和土に灯す終の雪

    2月27日(木)      天神の雪を跳んだる恋の猫

    2月26日(水)      がらくたはがらくたをよび下萌ゆる

f0118324_2293855.jpg
 

    2月25日(火)      呼鈴のやうなる春の鳶のこゑ

    2月24日(月)      茂左エ門丸に乾くや若布屑

    2月23日(日)      水温む一つ大きく箒雲

    2月22日(土)      雪はまだ薄紅梅に残りたる

    2月21日(金)      松原のここは端つこ種物屋

       
f0118324_20425185.jpg


    2月20日(木)      きさらぎや目に美しき雪の池

    2月19日(水)      雪残る天満宮の鶏しづか

    2月18日(火)      おととひの雪を積みたる春日かな

    2月17日(月)      鶺鴒の黄を立てにけり一の午

    2月16日(日)      水草生ひ初めたる氷張りながら

f0118324_22265115.jpg


    2月15日(土)      涅槃雪「ノボさん」に読み耽りをり

    2月14日(金)      物種を売るや手袋赤くして

    2月13日(木)      薄氷をきみが礫の走りけり

    2月12日(水)      冴返る夕べ生しいたけ焦がす

    2月11日(火)      金塊の寝釈迦に如くはなかりけり      

f0118324_20305170.jpg
 

    2月10日(月)      下萌に人の蹴りたるものを蹴り

     2月9日(日)       一つ家に一と日老いたり春ふぶき

    2月8日(土)       硬くなく柔らかくなく蕗の薹

    2月7日(金)       料峭の見ゆるかぎりに富士白し

    2月6日(木)       紅梅の影にこけたる女の子

f0118324_1648361.jpg


    2月5日(水)       冴返る古木のかくも捩じれたる

    2月4日(火)       地と天の間せましやあたたかし

    2月3日(月)       橡の木の並木を行けば春近し

    2月2日(日)       待春の鉄瓶の蓋ずらしたり

    2月1日(土)       著ぶくれて一と世の薪を燃しにけり
by masakokusa | 2014-02-28 19:30 | 昌子365日 new! | Comments(0)
秀句月旦・平成26年2月


f0118324_2225023.jpg

   下萌えぬ人間それに従ひぬ       星野立子

 立春のころはこころなし大地が柔らかくなったような気分がする。降り積もった枯葉の隙間から春の草々が芽吹きそめているのである。
 この四季の巡りというものは、本当に正直に年々繰り返されるものであるが、下萌の時期になると、人も又それまでの冬籠を返上して、ともかく外へ出てみようという前向きな気持ちも生じるのである。
 立子は、虚子の言う「写生する場合に最も注意すべきことは目前の景色にのみとらわれないで常に心を天の一方に遊ばせてをるということである」をここに見事に実践している。


   天日のうつりて暗し蝌蚪の水       高浜虚子

 天日は日輪、つまり太陽のことである。
 こちらは立子の句のように、「天に遊ばす心」というよりは、足下のお玉杓子の泳いでいる水の情景を、実直に写生した句である。
 とはいえ、「うつりて暗し」という表現はやはり堂々としていて、季節感そのものを描き切ったような大きさがある。


   崖急に梅ことごとく斜なり       正岡子規

 もう十数年も前になるが、水戸偕楽園を訪れたとき、この句碑(あるいは看板か?)があったように覚えている。
 実際、そこにそのように梅の木が咲いていたわけではないのに、つくづくと梅の木とはこういうものであると感じ入ったことで忘れられない。
 「崖急に」も、「ことごとく斜なり」も、一字一句あまさず梅をあらわして梅以外の何物でもないと思う。
 かほどに梅の花は、尖鋭的であり、寒気の中を清楚にけがれなく咲いているのである。
by masakokusa | 2014-02-27 22:05 | 秀句月旦(3) | Comments(0)
原石鼎俳句鑑賞・平成26年2月
f0118324_10182372.jpg

   中空に渦巻きもして春の雪     原石鼎     昭和9年

 2月8日、日本列島は記録的な大雪となった。
 首都圏で積雪20センチ越は20年ぶりとか。積雪はともかく暴風も吹き荒れた。
 春の雪といえば即ち淡雪であり、消えやすい解けやすいというイメージであるが、それらを全部覆すような雪であった。
 もっともこれは雪国に住まないものの印象であり、あるいは又俳人独特の思い込みに過ぎないともいえよう。
 自然のすべては想定外にあるということを改めて実感させられるものであった。

 そこで石鼎の「春の雪」の句を繙いたところ、この度の大雪に似通った、かなり激しい雪を想像させる掲句に出会った。
 「中空に」と先づ読者の眼を中天に引き寄せながら、「渦巻きもして」とその目まぐるしさをあきらかに見せる。
 さりげなくも巧いのは「もして」である。読者はおのずから、より広やかな空間一面に不規則に降りしきる春雪を重層的に鮮やかに思い浮かべることになる。

   淡雪に忽ちぬれし大地かな      大正7年

   いちさきにつもる枝見よ春の雪      昭和6年

   青空をしばしこぼれぬ春の雪      昭和8年

 「忽ちぬれし」「いちさきにつもる」「しばしこぼれぬ」のスピード感、ここには降りつつ解けていくような雪を手づかみにしようとする心弾みがあり、同時にはかなさをすでに我がものとしているようでもある。
 何よりその美しさを少しもよごさないで、そのまま読者の胸にふわっと着地するような透明感は、春の雪以外の何物でもないと驚かされる。

   縫ふものに尺八(たけ)の袋や春の雪      昭和10年

   鯉を画き水をゑがくや春の雪            〃

 こちらは、時間的にはゆったりと春の雪を味わっている句である。
 「縫ふものに」という出だしは、意図的に選び出した尺八の袋であって、単なる縫い物ではありませんよという、春雪への心の寄せ方が中七で自ら盛りあがってくるところが一味違う。
 鯉を画くだけでも一句になりそうだが、加えて水も描くということによって、水気の多い雪片を印象させている。鯉は「画き」、水は「ゑがく」という表記もよく計算されていて、濃淡や滲み具合の違いを思わせる。
 かにかく、水中の鯉をより鮮明にしながら、春の雪のさまが、まるでその画のようであるとも錯覚させられるのである。

   降りやまんとして卍する春の雪      昭和12年

 一読して卍という字のままに、くるくると追いかけるように乱れ、かつ絡み合っているという雪の止みぎわの華やかさが面白い。
 ところで、「卍」は寺院の記号や紋章であるが、本来はインドのビシュヌ神の胸の旋毛を起源とする瑞兆の印だという。そういえば「卍する」という発想は石鼎独特のもので、その下地には、神のごとき日の綾を織り込んでいるようにも思われれる。

 この年、昭和12年にようやく石鼎は初めての句集『花影』を出版した。
 「おくがき」によると、石鼎は、16歳ぐらいから俳句をはじめたものの自分の句を記載しておく等とは思いもよらぬことで、大方は忘れた。大正8年頃から書きとめるようになったものの、そのうち12年分の手帖を落失した。それで2万に近い句も今手許に明記されているだけのもので、そこから千句を選出した。
それがこの『花影』であるという。

 卍する春の雪は、まさに2万句という膨大なるさまの句が漸くここに一巻となって結ばれるという様相そのものを指し示すように思われる。
 卍するなかで、振り落されまいとする20000句が眩しくもせめぎ合っているのである。
 ともあれ、幸運のシンボルとしての卍、すなわち『花影』一巻がめでたく上梓されたのである。

(草深昌子=晨)
by masakokusa | 2014-02-26 10:02 | 原石鼎俳句鑑賞 | Comments(0)
昌子の会・青草抄(平成26年2月)
 

f0118324_2325231.jpg
 
  
  路地曲りまがりしてゆく春の風      山森小径

 「路地曲り」「まがりしてゆく」という畳みかける調子のよろしさが、いかにもあたたかな柔らかな春風を感じさせてくれる。春風を顔に受けながら路地を行く人の心地もまたのんびりとしてくるのだろう。
(木の実)

   街燈の灯りかすかや夕霞       熊倉和茶

 微細な水滴が浮遊して、空がぼんやりとして遠景がはっきり見えない現象を春は霞といい、秋は霧という。
 夕昏れともなれば尚のこと、街燈の灯りさえも定かならぬというのである。霞に包み込まれた作者のほのかにもやさしい気分がにじみ出ている。
(木の実)

   寒風の一鳶嶺の遙かなり      間正一

 寒々とした北風の中を鳶が揉まれるように飛んでいる。大空にたった一羽の鳶がクローズアップされてみると、連峰はことさら遙かにも感じられるのである。
 平明に詠わずして、あえて調べを高くしたこで、一句の内容をよく引き締めている。
(木の実)

   解けずあるアンパンマンの雪達磨     芳賀秀弥

 子供たちの大好きなアンパンマンは、たちどころに雪達磨に変身した。ことにその頭には、雪玉を何度も何度も大きく硬く塗りかためたことだろう。
 「解けずある」という打ち出しに作者の驚きがよく出ている。思はず笑みの浮かぶ句である。
(木の実)

f0118324_2338313.jpg


   春浅し予定くるくる変はりけり      小川文水

 二度の春の大雪で、人々は予定変更を余儀なくされた。一つ予定を変更するとまた一つ予定が狂ってくる。
 ただ予定が変わったというだけでなく「くるくる」という措辞は、やはり冬のものでなく春の感覚である。
 「春浅し」という季題が、精神的な春の寒さをも象徴して動かない。
(草句の会)

   ひそやかと言ふこと知らず恋の猫      湯川洋子

 妻恋の猫を恋猫というところからして、すでに人々は恋猫におのが恋のありようをもユーモラスに重ねてみるのだろう。
 それにしても、あの大仰な鳴き声をたてて、夜ごと浮かれ出てはばからない猫の様子は何やら羨ましくもあり、疎ましくもある。
 そして嗚呼、やっぱり哀れは人の恋ならぬ、猫の恋であることよと思う。
(草句の会)

f0118324_23431370.jpg


   菜の花を抱いて農婦は腰伸ばす      藤田若婆

 上から下まで一息に詠い上げた調子が、そのまますっくと菜の花の明るさを表出している。
 摘みあげた菜の花を無造作に束にしているのだろう、胸のぬくもりが一身のものとなって腰を伸ばしてくれる。土くさい匂いまでもがうるわしく伝わってくる。
(草句の会)
by masakokusa | 2014-02-21 23:43 | Comments(0)
昌子の会・青草抄(平成26年2月)        草深昌子選
f0118324_10394677.jpg


   路地曲りまがりしてゆく春の風     山森小径

 「路地曲り」「まがりしてゆく」という畳みかける調子のよろしさが、いかにもあたたかな柔らかな春風を感じさせてくれる。春風を顔に受けながら路地を行く人の心地もまたのんびりとしてくるのだろう。


   街燈の灯りかすかや夕霞      熊倉和茶

 微細な水滴が浮遊して、空がぼんやりとして遠景がはっきり見えない現象を春は霞といい、秋は霧という。夕昏れともなれば尚のこと、街燈の灯りさえも定かならぬというのである。霞に包み込まれた作者のほのかにもやさしい気分がにじみ出ている。


   寒風の一鳶嶺の遙かなり      間正一

 寒々とした北風の中を鳶が揉まれるように飛んでいる。大空にたった一羽の鳶がクローズアップされてみると、連峰はことさら遙かにも感じられるのである。
 体裁を整え、あえて調べを高くしたこで、一句の内容をよく引き締めている。

f0118324_1055854.jpg


   解けずあるアンパンマンの雪達磨     芳賀秀弥

 子供たちの大好きなアンパンマンは、たちどころに雪達磨に変身した。ことにその頭には、雪玉を何度も何度も大きく硬く塗りかためたことだろう。「解けずある」という打ち出しに作者の驚きがよく出ている。思はず笑みの浮かぶ句である。


   春浅し予定くるくる変はりけり   小川文水

 二度の春の大雪で、人々は予定変更を余儀なくされた。一つ予定を変更するとまた一つが予定がはみ出てくる。ただ予定が変わったというだけでなく「くるくる」という措辞は、やはり冬のものでなく春の感覚である。
「春浅し」という季題が、精神的な春の寒さをも象徴して動かない。

f0118324_1044272.jpg


   ひそやかと言ふこと知らず恋の猫    湯川洋子

 妻恋の猫を恋猫というところからして、すでに人は恋猫におのが恋のありようもユーモラスに重ねてみるのだろう。それにしても、あの大仰な鳴き声をたてて、夜ごと浮かれ出てはばからない猫の様子は何やら羨ましくもあり、疎ましくもある。
そして嗚呼、やっぱり哀れは猫の恋であることよと、人としてある我を思い直すのである。


   菜の花を抱いて農婦は腰伸ばす   藤田若婆

 上から下まで一息に詠い上げた調子が、そのまますっくと菜の花の明るさを表出している。摘みあげた菜の花を無造作に束にしているのだろう、胸のぬくもりが一身のものとなって腰を伸ばしてくれる。土くさい匂いまでもがうるわしく伝わってくる。
by masakokusa | 2014-02-01 23:30 | 『青草』・『カルチャー』選後に | Comments(0)