<   2013年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧
昌子365日(自平成25年12月1日~至12月31日)
     12月31日(火)       大年の花びら赤く掃きにけり

f0118324_22214039.jpg


     12月30日(月)       朝に富士昼に富士見て年詰まる

     12月29日(日)       歳晩や嬶座の礼の美しく

     12月28日(土)       霜柱踏んで芝生に靴拭ふ

     12月27日(金)       どことなく昼のさびしき年の市

     12月26日(木)       毛皮著て吊革に手の届かざる

f0118324_2029104.jpg
 

      12月25日(水)       水仙に一服つけてをりにけり    

      12月24日(火)       去年よりも今年のことに惜しまるる

      12月23日(月)       千鳥飛ぶこの世に波の久しかり

      12月22日(日)       到来のお多福豆の冬至かな   

      12月21日(土)       ベビーカー来ては去りては園枯るる

f0118324_22232392.jpg
 

      12月20日(金)       冬の雨木立の丈をそろへけり

      12月19日(木)       たかさごやむさしやえどや雪催

      12月18日(水)       十五人緊とそろひて年忘れ

      12月17日(火)       空に枯れ水に枯れたる蓮かな

      12月16日(月)       落葉掻く大金持の裏の庭

f0118324_20405899.jpg

                       くるみ割り人形・子役 山口凛ちゃんは
      12月15日(日)       雪の精りんりんりんとくるくると

      12月14日(土)       忘年の薪を焼べたるにほひかな

      12月13日(金)       象しづか欅落葉のその向かう

      12月12日(木)       ほのぼのと帰り咲きたる花の色

      12月11日(水)       犬の耳振ったる音や冬薔薇   
  
f0118324_22124951.jpg


       12月10日(火)      枯蔓や道を隔てて女学院

       12月9日(月)       塀低く冬青草の庭が見ゆ

       12月8日(日)       何やかや吐露して日向ぼこりかな

       12月7日(土)       著ぶくれて薔薇の花咲く港町

       12月6日(金)       冬ぬくし座右に喉飴力餅

f0118324_2045337.jpg


       12月5日(木)       二度ばかり懸巣鳴きたるお講凪

       12月4日(水)       山雨急報恩講のかへりしな

       12月3日(火)       御正忌やをりをり通る吉野線

       12月2日(月)       五十年来の付き合ひ酢牡蠣食ふ

       12月1日(日)       高僧の声に力やお取越
by masakokusa | 2013-12-31 20:45 | 昌子365日 new! | Comments(3)
原石鼎俳句鑑賞・平成25年12月


f0118324_0354124.jpg

   大雲も小雲もあゆむ年のくれ     原石鼎   大正10年


 何ということもなく通り過ぎてゆきそうな句である。
 だが、このゆったりとした呼吸がなぜか年の暮の側面をもっとも明瞭に見せてくれているように思える。
 大雲とか小雲とか、子供が見上げているような物言いもさることながら、一句全体の抑揚もどこか世間離れしていて、のどかな年の暮の様相。
 雲が流れるでも、雲が浮くでもなく、「あゆむ」ところが石鼎ならではの、まるで雲に命を託したかのような捉え方である。
 物と我との二元対立はここにはない。

 真っ青な空にある片々の雲は、石鼎の歩みのままについてくる。
 気分は上々である。やがて雲はちぎれて、うすく引き伸ばされて、夕日に染まりつつ失せてしまうであろう。
 この天空がいつまでもどこまでも同じ状態ではありえない。どことなく空漠たる思いも漂いはじめるのではないだろうか。
 こうした宇宙の現れの一つを見届け、季節の巡りそのままに地上も暮れてゆくという、是も非もない年の流れを肯定的に認識している感覚はやはり平凡ではない。

 原石鼎全句集には、掲句の続きに以下の句が並んでいる。

   大年の日のさしてゐる小草かな     大正10年
   大年の夜の大霧となりにけり        〃
   大年を掃かれて起きる小草かな       〃

 ここにも、「大」と「小」が小気味よく配合されている。

 この年大正10年、石鼎は35歳にして、「鹿火屋」を創刊した。
 以来30年、「鹿火屋」30周年を迎えた昭和26年の年の暮に、石鼎は死去した。

   大空と大海の辺に冬籠る        昭和26年

 もう、外出は叶わなかった。
by masakokusa | 2013-12-31 05:01 | 原石鼎俳句鑑賞 | Comments(0)
秀句月旦・平成25年12月
f0118324_22122683.jpg


   十二月上野の北は静かなり       正岡子規

 十二月は言わずもがな一年最後の月。
 師走ともいい、極月ともいい、いかにも切羽詰まった感じである。人は十二月というだけであわただしさを感受する。
 子規も又そうであった。
 上野界隈はさぞかしにぎやかであろう、喧騒にまみれているであろうという思いがあっての、「上野の北は静かなり」である。
 上野の北は、子規の住む根岸であろう。病床にあって上野の喧騒に紛れることのできない身をそれこそ静かにも肯定しながら、一抹の寂しさは否定できない。
 この句を読むと、子規の静けさを共有できる。
 そんな子規と心を合わせていると、十二月という言葉の響きにはどこか落着きが感じられて、子規にあらずとも誰しもがふと「忙中閑あり」の思いに至る刹那があるように思われてくる。


    ささ鳴くや鳴かずや竹の根岸人       正岡子規

 子規独特の機知に富んだ句ながら、どこか風雅でもある。
 子規の雅号は百もありそうだが、「竹の里人」というのはよく知られる。
 東京の住いを「呉竹の根岸」と称して、そこで暮らしているので「竹の里人」である。
 笹鳴は冬の鶯のチャッチャッという地鳴きのことで、文字通り笹原などによく鳴いている。
 竹の根岸人ならばいち早く聞きとめたいものであるという願望をこめて、まだ鳴かぬうちから一句を成したのであろうか。
 笹鳴は子規その人の声でもあるかのように、小声がよく偲ばれるものである。


f0118324_22857100.jpg


   日向ぼこしてさへをればよき身かな      都穂

 ホトトギス雑詠選集(高濱虚子編)冬の部に掲載されている。
 大正13年の作品。
 都穂さんはおじいさんであろうか、おばあさんであろうか、何とも幸せなご身分である。冬の日差しをあびて、日々のんびりと、近隣の気の置けない人々と語り合って過ごされているのだろう。
 冬の日光のみならず、やさしい家族や友人に恵まれているに違いない。
 そんな人情としてのあたたかさまでもがじわっと伝わってくる。
 この雰囲気は隔世の感がしないでもないが、こう詠いあげるには達者で呆けもせず、何より、人生を生きる賢さが備わっていなければならないだろう。
 一歩ひいた余裕が感じられる。


   老いぬれば夫婦別なきスエタかな       松尾いはほ

 ホトトギス雑詠選集掲載、昭和9年の作品。
 スエタはセーター。
 「老いぬれば」と、じんわり引き延ばしたような上五に何が続くかと思いきや、「夫婦別なきスエタかな」とくる、思はず笑ってしまう色気なき句である。
 流行りのペアのセーターではない。男もの、女ものと一応別個にあるセーターながらおかまいなく手近にあるものに袖を通すということだろう。
 このありようは、80年後のいまも結構共鳴されるものではないだろうか。

f0118324_22101918.jpg


   風邪の妻眠ればなほるめでたさよ       高濱虚子

 「風邪」は冬の季語。
 この解説に「風邪を引いたら休養するにかぎるのだが、薬をのんで、働いているうちに風邪の神が去る場合もあり、こじれて長引く場合もある。風邪は誰でもひく共通の病気だが、人さまざまの実感がある」とあって、面白く頷かされた。
 虚子の妻はとりあえず無理をせず眠ることにした。やっぱり、ぐっすり眠ったらすぐにも治ったというので、喜んでいる句。

 ところで、虚子の孫にあたる俳人稲畑汀子には、

   早寝してなほりしほどの風邪なりし    稲畑汀子

 がある。
 虚子の句を念頭にしたものかどうか。とにかく、山積する用事は後回しにして、寝たら治りましたというもの。
 その体質はたしかな血筋を引いていることを思わせる。これぞめでたいことではないだろうか。


   湯ざめして或夜の妻の美しく       鈴木花蓑

 冬の夜、お風呂からあがってついつい薄着で過ごしたり、夜更かししたりしているとふと寒けを覚える。
 この湯冷めは風邪のもとになるので注意したいものであるが、花蓑は、湯冷めした妻を美しいと感じたというのである。
 そのはっとしたような感覚こそが湯冷めというもののもっている艶なる趣きであろうか。そこにはしんとした寒気も漂っている。
 仲睦まじい夫妻であるが、少々年配でもあろうか。


   寒き日や恥もなく著る古頭巾       村上鬼城

 大正3年の作品。
 頭巾は今では防災頭巾のようなものを想像するが、当時は寒さ除けのためいつでもかぶっていたのだろうか。
 着古して襤褸のようになっていてもこの頭巾こそはあたたかくて手放せないというものであったろう、恥も外聞もなく被ったのである。

 寒がりの私にはいたく納得させられる句である。
 今なら、恥もなく著るヒーットテックというところ。でもこれは着古すとあまり暖かくなくなってくる。
 鬼城の古頭巾には、かぶり馴れた愛着があたたかに作用している様子が頼もしい。

f0118324_22142754.jpg


   身にまとふ黒きショールも古りにけり       杉田久女

 季語の解説に、「ショール」は女性のみが用いる肩掛とある。
 防寒と装飾兼用の品ということになる。
 「身にまとふ」というところに杉田久女ならではの「黒ショール」が彷彿としてよみがえってくるようである。
 鬼城の古頭巾同様、久女の古ショールもまた、その人ならではの独特の味わいを見せている。
 つつましやかな、それでいてキッとした風貌に似合う黒であろう。好んで使っていたショールが古くなったということはその人もその分年取ったことになる。
 一身と同化した黒ショールである。
by masakokusa | 2013-12-30 21:48 | 秀句月旦(3) | Comments(0)
山本洋子鑑賞
f0118324_20364153.jpg


     石蕗の花さかまく波をよそに咲く        草深昌子

 荒波はさかまきたちあがり岸辺に飛沫をあげる。
 そんな渚にほど遠からず、石蕗の花はしずかな佇まいを見せる。
 静と動との対照が「よそに咲く」でみえてくる。

(平成26年1月号「晨」第179号所収)
by masakokusa | 2013-12-30 18:00 | 昌子作品の論評 | Comments(0)
大峯あきら鑑賞
f0118324_2018238.jpg
 

  石蕗の花さかまく波をよそに咲く       草深昌子

 石蕗は初冬の海辺や山かげなどに淋しい黄色の花をつける。
 菊に似ているが、よく見ると、どこか神韻をまとったような花である。
 これは荒波が押し寄せる日の海辺の神社か家の庭に咲いている石蕗であろう。
 今見て来たばかりの激浪の世界とはおよそ別世界であるような静かな花の世界がここにある。
 下語の「よそに咲く」が的確に決まっていると思う。

(平成26年1月「晨」第179号 巻頭 所収)
by masakokusa | 2013-12-29 20:02 | 昌子作品の論評 | Comments(0)
昌子の会・青草抄(平成25年12月)       草深昌子選
 
  冬富士の頂僅か見えにけり     佐藤昌緒

 作者の在住する厚木市は、富士山との間に丹沢山系が横たわっていて、市街地からは見えにくい。だが、ちょっとバスに乗っていくと、よく見えるスポットはいくつもある。
 ふと、そんなところから雪を被った富士山を望まれたのであろう。
 「頂僅か」の措辞が絶妙である。
 見えたと言ってもほんのてっぺんばかり、だけどそのちょっとが雪をかぶって、神々しいまでに真っ白だったのである。
(青葡萄)

f0118324_062249.jpg


   冬晴や大仏の顔空に在り     飯田みえ子

 長谷の大仏。
 雲一つなく晴れわたった冬空に、四角ばった顔がいっそう大きく仰がれたのであろう。
 「空に在り」がうまい。阿弥陀坐像への畏敬の念とともに、その目鼻立ちを明らかに読者に見せてくれるものである。
 ふと与謝野晶子の、
〈かまくらやみほとけなれど釈迦牟尼は美男におはす夏木立かな〉が思い出された。
(青葡萄)

f0118324_0111539.jpg


   赤み帯び大き寒月出でにけり     石堂光子

 寒月は冬の月のこと、寒の内の月に限らず、寒空にかかった月である。
 掲句も、冬の月と言わずして寒月といったことで、大きくも赤味を帯びているという、その荘厳のさまをいっそう際立てている。
 冬の月は「すさまじきもの」と言われ、冴え冴えとした感覚が強調されるようであるが、作者はそんな概念にとらわれず「私の見たまま」を堂々と詠いあげられた。
 作者の本当は必ず読者に伝わるものである。
(青葡萄)


   風花やバスのフロント覗きゆく   潮 雪乃

 風花は真っ青に晴れた空からちらちらと降ってくる雪で、カザハナという響きも美しい現象である。
 この句の風花は閉山間近の上高地を旅されたときのものという。
 風花に喜びの声を上げられたとき、空も樹々も目に入ったであろうが、最も卑近なバスのフロントに目を止めたところがすばらしい、それも「覗きゆく」という流れるような趣で瞬時のさまを捉えた。

〈風花の一片にして遠ながれ   皆吉爽雨〉
〈風花や波路のはては空青き   水原秋櫻子〉
 など、いかにも美しい風花はもとよりいいが、掲句のリアリティーも光っている。
(青葡萄)

   書き込みを確認しつつ古暦     滝澤宣子

 この古暦は日々をめいっぱい多忙に充実して過ごしてきた方のものであろう。
 使い切った古暦ともどもにご苦労さんとお声をかけたくなる。
 12月はことに忙しい。しっかりスケジュールを書き込んであっても、これを見損なってはオシマイである。
 「書き込みを」「確認しつつ」というカ音の反復が、テキパキと確かめては行動に移すという態度をいきいきと詠いあげている。
 来年の新しい暦も、うしろに出番を待っていることだろう。
(木の実)

f0118324_07517.jpg



   日の庭に捥ぎたて蜜柑食うべたり     間正一

 蜜柑の新鮮な飛沫が飛んできそうである。やっぱり、蜜柑も炬燵に入ったままより、日当りに出ていただく方がうんと健康的でおいしそう。
 冬の日差しがキラキラ光っている句である。
 「日の庭に」という省略、「捥ぎたて蜜柑」というスピード感が、「食うべたり」のオチを美事に決めている。
(木の実)

f0118324_21484295.jpg


   枯葦の光る土手行く父子かな      眞野晃大郎

 一読して眩しい句である。
 この眩しさはどこからくるのであろうか。
 どこを行くのでもない土手という一段高きところのありようが日の光りを増幅させているのだろう。
 流れゆく水のきらめきまでもが目に見えるようである。そしてまた誰と行くのでもない、父と子という密接なる関係にして離れやすき間柄、その距離感の清々しさ。
 枯葦の光りの情感にすべてをこめて作者はただ土手をゆく父子を提示しただけである。この透明感にゆったりと浸されながら、やがて身の引き締まるような初冬の気分を覚えもするのである。
(草句の会)


   飛行機雲冬夕焼を突つ走る       齋藤坐禅草

 「飛行機雲と木洩れ日を詠った俳句にロクなものはありません」、初学の師に教わった言葉をいまだに忠実に守って、自慢ではないが私に飛行機雲の句はない。
 だが、我と我が見上げた飛行機雲の美しさを正直に詠いあげて何が悪かろう。わが先入観を美事に打破された一句。
 「突っ走る」という豪快なる語彙には飛行機雲の痕跡の剛直なるさまがくっきりと浮かび上がる。
 寒き日の束の間、夕焼けの身に染み入るような真紅を、「飛行機雲の突っ走る」をもって象徴的に読者にさしだして見せたのである。
(草句の会)
by masakokusa | 2013-12-28 21:18 | 『青草』・『カルチャー』選後に | Comments(0)
原石鼎俳句鑑賞・平成25年11月

f0118324_14403892.jpg

   花終へて安らけき石蕗の葉なるかな     原石鼎  昭和24年


 石蕗の花の黄色は目の覚めるような鮮やかさである。かといって石蕗の花の咲いているあたりはどことなくひっそりしていて少しも華やかさはない。
 季節感そのものが石蕗の花のありようなのかもしれない。

 〈あたたかき十一月もすみにけり〉という、中村草田男の俳句は、毎年この時期になると本当にそうだなという思いに満たされるものであるが、こんな感慨にふける頃にはきまって石蕗の花がおしまいになる。
 狭庭に下りたってみると果たして、石蕗の花びらはすっかり失せてしまって、蘂と萼ばかりになっていた。
 思えば今日はもう十一月も晦日である。
 嗚呼というがっくり感が、折しも掲句に出会ってはたと見直された。
 黄なる花びらばかりが石蕗の花ではなかった、その葉も茎ももろとも石蕗の花であったのだった。
 あらためて、木蔭に揺れるともなく揺れているその姿が好もしく思われた。

 石蕗の花といえば、まっさきに石鼎の〈地軸より咲きし色なり石蕗の花〉が思い浮かぶ。
 そしてもう一句、「地軸」という発想の大胆さに思い出されるのは、

   地軸ずしと傾き太陽は初日と呼ばれ     原 裕

である。
 これは、昭和26年石鼎が亡くなった直後、養子として迎えられた門弟堀込昇(のち原裕)の17歳(昭和23年)の作品である。
 地軸のせいであろうか、石蕗の花は太陽とセットになって、我が胸中に咲き続けている。
 
 石鼎は昭和24年に、石蕗の花6句を連作している。

   大いなる海の力や石蕗咲ける 
   地軸より咲きし色なり石蕗の花     
   うすうすと大地の苔や石蕗の花    
   地軸よりぬき出て咲けり石蕗の花
   雨に照り日に濡れ石蕗の花崇し
   花終へて安らけき石蕗の葉なるかな

 一句目は、間違えて「石蕗の花」と書き写したのであったが、「石蕗咲ける」であったと知って、この違いの大きさを感じ入った。
 「石蕗の花」では「大いなる海の力」はよそ事である。「石蕗咲ける」でもってはじめて石蕗の咲く、ここまでその力が及んでいることを喜ぶのである。
 まるで海の力でもって石蕗の花が開いたかのような輝きをもたらしている。
 大いなる海の力は石鼎の一身にも及んでいるのであろう、気が張っていなければ「石蕗の花」で片づけてしまったかもしれない。
 「石蕗咲けり」にしてはじめて、海の力に力負けしていない石蕗の花が立ちあがる。
 だからこそ「地軸より咲きし色なり」が引き出されもするのである。

 原裕の地軸は、地球自転の少し傾いている回転軸のことであろうが、石鼎の地軸は
大地を支える軸という解釈で成り立つだろう。
 ゆるぎなきエネルギーが突き出してそれがそのまま石蕗の花の色に乗り移った。
「地軸よりぬき出て咲けり」は「地軸より咲きし色なり」の鮮烈に比して、一見見劣りするように思われるかもしれないが、なかなかに渋い味わいが感じられる。
 一か月以上も咲き続ける石蕗の花の茎は強そうに見えて、案外ふらふらとしているものである。抜き出て咲いた余韻のようなもの、一呼吸いれたような感じがよく出ている。
 
 石蕗の花の咲くところには、必ずといってもいいぐらい、「うすうすと大地の苔」がはびこっていそうである。
 石蕗の咲くころの、小春日和の感覚があまねくゆきわたっている。
 
 「雨に照り日に濡れ」には、また驚かされる。
 「雨に濡れ日に照り」が常識であろうが、石鼎はそんな常識を覆している。
 こう言われてみると、「そういえばそうであった」と疑いもなく合点させられるのは私だけではないだろう。
 下五の抑えは「石蕗の花崇(たか)し」である。
 この花の静けさや安らぎは一体どこからくるのであろうか。
 石鼎は空を仰いで、石蕗の花を石蕗の花のかたちにしている、大いなる命のありように思いをめぐらしているのではないだろうか。
 淡々とありながら、その芯の強さにうたれているからこその念押しであろう。

 細部にこだわってしまったが、これらの句はいずれも、テクニックの問題ではない。
 ものに対する思いの深さや愛情がなければ真似の出来るものではないだろう。

 掲句にもどるが、石蕗の花は終わっても、なお艶やかにある葉の緑にまなざしを注いでやまない、お疲れさまでしたとでもいうような微笑みがただよっている。
 石鼎の句に、石鼎の心が入らない句は一つとしてない。
 石鼎の俳句を読んで学ぶところは、一にも二にもここのところである。
by masakokusa | 2013-12-04 14:21 | 原石鼎俳句鑑賞 | Comments(0)