<   2013年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧
昌子365日(自平成25年11月1日~至11月30日)
 
f0118324_21315299.jpg


      11月30日(土)       川の底見えて滾つや親鸞忌

      11月29日(金)       寄鍋の話に高野素十かな

      11月28日(木)       大綿やあばら屋が好き寺が好き

      11月27日(水)       尉のあと姥ゆく橋の小春かな

      11月26日(火)       街並みの時雨も昭和めきにけり

f0118324_20173533.jpg


      11月25日(月)       寄鍋や選者の選の良し悪し

      11月24日(日)       会うてすぐ冬の日向に親しみぬ

      11月23日(土)       凩にトランペットを鳴らしけり

      11月22日(金)       影に日に十一月のベンチかな  

      11月21日(木)       海延べて陸のやうなる冬日和

f0118324_2129155.jpg


       11月20日(水)      小春日や丘のどこにも風が吹き

       11月19日(火)      掻き寄せて炎を立たす落葉焚 

       11月18日(月)      紅葉して地下へもぐれば道長き

       11月17日(日)      路地と路地つながる佃小六月

       11月16日(土)      此岸濃く彼岸淡しや冬紅葉

 
f0118324_2175194.jpg
 

       11月15日(金)      袴着や一家四人の手をつなぎ

       11月14日(木)      橋赤く報恩講のお触れあり

       11月13日(水)      ほろほろとさくらの咲ける寒さかな

       11月12日(火)      翁忌の掻いても掻いても落葉かな

       11月11日(月)      立冬の給仕の裾をひきにけり

f0118324_2130253.jpg


       11月10日(日)      大川へ出づれば冬の日のぬくし

       11月9日(土)       吸殻のやうなるこれも茸かな

       11月8日(金)       つはぶきに来たる蝶々また黄なる

       11月7日(木)       行秋や鉄橋が鳴り堰が鳴り

       11月6日(水)       秋晴の檻を出たがる烏骨鶏

f0118324_19453723.jpg


       11月5日(火)       国分寺跡の凸凹草紅葉

       11月4日(月)       水澄みて甲斐は夕日の沁みる国 

       11月3日(日)       末枯をゆさぶってゐる女の子

       11月2日(土)       ここにまた掃きさしてあり鵙日和 

       11月1日(金)       石蕗の花さかまく波をよそに咲く 

f0118324_22195350.jpg
 
by masakokusa | 2013-11-30 23:32 | 昌子365日 new! | Comments(0)
秀句月旦・平成25年11月
f0118324_23394749.jpg


   橋と橋の間の道の小春哉       内田百閒

 陰暦10月を小春という。ほぼ11月にあたる。
 この頃は空気が澄んで、時に冷え込むこともあるが、快晴の日などまるで春のようなぽかぽか陽気に恵まれる。
 片田舎の小川であろうか、近郊の川であろうか。
 橋をわたってしばらく行くと、また橋のかかった川に出るような道を行くのである。
 あるいは、橋を渡らずして、石橋であったり、木橋であったり、次々と橋がひらけてくる土手の道を行くという情景でもいいのではないだろうか。
 水の流れる音が時折響いて、小春日和の安らぎが立ちのぼってくるようだ。
 字余りの片言のような表現が、道草食って歩きたくなるような小春の気分を醸し出している。

 内田百閒というとなぜか気難しいという印象を受けるが、よく遊んでくれたという、お嬢様の言葉は、こんな句からも納得させられるのである。


   踊の手さらひつつ行く街小春        小川辰弥

 踊りのお稽古に夢中の人である。近々発表会でもあるのだろうか、街の中を歩くときも思はず踊りの手振りをしてしまった。これぞ小春のうらうら陽気ならずして何であろうか。
 最近、内田百閒ではないが、橋のかかる小春の道を歩いている時、男性がダンスの仕草をして悠々と行くのに出会ったことがある。
 片手は女の肩に手を置くように水平に、片手は高々とあげて、人目もはばからず見事な歩きぶりであった。
 掲句は70年以上も前のことであるが、人は今も同じことをするのだ。
 こういうことをさらっと句にする技量に驚かされて以来、何べん読んでも笑えてくる。笑えてくる、この感覚こそが小春そのものである。
 まさに小春のツボを心得た、芸達者である。

f0118324_23473533.jpg



   白雲のうしろはるけき小春かな       飯田龍太

 去る、11月3日、国民文化祭やまなし俳句大会があって、山廬を訪れた。
 山廬は、飯田蛇笏、飯田龍太が生涯を過ごした大邸宅である。邸内には樹齢300年以上の赤松があって、母屋の裏には竹林が広がり狐川が流れる。
 この日も鰯雲の流れる小春日和であって、後山に立つと遠く山々が見晴らせた。
 「白雲」はつくづく龍太に似合っていると実感されたことである。
 大自然の中にあって人としての謙虚なたたずまいが「小春」とともにどこまでも澄んでいる。

 龍太は、日本語の微妙な表現の一つに「小」の字を用いた言葉の使い方にあると述べている。
 小面憎い、小賢しい、小意気、小利巧、さらには小望月、小正月など。
 なかでも小春日和(小春)、小六月などという季語は、いつも自然を身近かに引き寄せる日本人の感性を如実に示すものである。


   のびのびし帰り詣や小六月        正岡子規

 小六月は小春と同様、陰暦10月の異称。初冬にあたる。
 かつて神仏にお願いしたことがあって、それが叶ったらお礼にお参りするのが帰り詣である。
 いつかお礼参りしなければと思いつつ、所用が多くてなかなか行けなかったが、このあたたかな日和に誘われるようについに念願を果たしたというのである。
 「のびのびし」という文字通り言葉ののばし方が、小六月によく呼応して、やっと果たせたという満足感がにじみ出ている。

 「子規秀句考」の著者宮坂静生によると、掲句は、13人の句会で一点も入らなかったが、子規自身は人事を扱う人情句に巧みであった炭太祗めきて仕上がったことに愛着をもっていたという。
 なるほどと気づかされた点は、
 ―小六月も小春も季節のリバイバルの感じがある。草木には返り花がみられる。そのような季節感と帰り詣とがゴロ合わせのようにひびき合う―
 ということであった。
 やはり子規の句は、あっさり詠いあげたようにみえて、その奥には深い思いがこもっているのであった。


   それぞれの星あらはるる寒さかな         炭太祗

 星を仰ぎ見るだに寒い感じはよくわかるが、なお「それぞれの」と言われてみるといっそう夜空が美しく、いっそう寒々しく感じられる。
 一つ一つの星がそれ相当の時と所を得て、その色合いや光の強さを個々に持ちながらきらめきあっているさまは、得も言われぬ悠久の寒さを打ちだしている。
by masakokusa | 2013-11-30 23:18 | 秀句月旦(3) | Comments(0)
第28回 国民文化祭・やまなし
   
   第28回国民文化祭笛吹市実行委員会会長賞

  安西篤選  
  
       水澄みて甲斐は夕日の沁みる国      草深昌子

  石原林々選

       水澄みて甲斐は夕日の沁みる国      草深昌子

f0118324_22534487.jpg


(2013年11月3日 会場 笛吹市スコレーセンター)
by masakokusa | 2013-11-30 20:59 | 昌子作品抄 | Comments(0)
山本洋子鑑賞
 
f0118324_22593463.jpg


    鎌倉の路を知つたるうすごろも       草深昌子

 北鎌倉の屋敷町だろうか。
 その羅を着た人は、辻を曲がってすたすたと行く。
 こんな近道を知っているのは古くからの住人か。
 恰好よく羅を着こなす人についていきたい気分。

 「乾坤の変は風雅の種なり」。
 俳句は、この事に心を致せばいいのだということを、魅力的な作品に出会うと今更のように思う。
by masakokusa | 2013-11-29 22:42 | 昌子作品の論評 | Comments(0)
昌子の会・青草抄(平成25年11月)       草深昌子選
  
f0118324_23251878.jpg


  冬三日月山の峰には日が落ちて     菊地後輪

 夕暮の空である。
 作者在住の厚木市であれば、何と言っても大山の美しい容が思われる。
 「山の端」に日が落ちるのではなく、「山の峰には」というあたり、この大山の峰が抽ん出て、あるべきところにある落日の情景をまざと見せてくれる。
 そうして、片や三日月が早くもその鋭敏な形をあきらかいにして上がっている。
 日の短さに急かれるように家路につくとき、こんな三日月を前方にするとその悠然たる美しさに思はず大きな息をついて、立ち止まってしまう。
 大自然に癒されるのはこんな刹那である。

 時節は違うが、蕪村の「菜の花や月は東に日は西に」をふと思い浮かべもするが、何の花をも介さずして、ただ月と日のみを詠いあげた掲句には冬の寂寥感がただよっている。
 俳句をはじめてまだ数か月の作者にしてこのような句が生まれるとは驚きである。
(セブンカルチャークラブ)


   小春日や海へと続く大通り     江藤栄子

 小春日の全貌をとらえたような大柄な句である。
 この大通りは少し坂を下っていくのであろうか、石畳の道であればコツコツと石打つ靴の音もリズミカルに響くことであろう。
 あるいは少し高みの丘のようなところから、海まで続くまっすぐの道を見下ろされているのかもしれない。
 いずれにしても、あたたかな初冬の澄み切った空気感に満ち溢れている。

 「小春」を詠うのにディテールにこだわるのもいいが、このようにざっくりと詠いあげるのも小春ならではの味わいである。
(セブンカルチャークラブ)

f0118324_23305079.jpg



   本を閉ぢ目を閉ぢてみる小春かな     河合順

 文学少女がそのまま齢を積まれたような、静かにも甘やかな気分のただよう、可憐な小春のひとときである。
 この物語の主人公の思いに同化するように、うっとりされているのかもしれない。
 そのささやかな幸せのぬくもりが読者にもさりげなく乗り移ってくるのが嬉しい。
 それというのも「本を閉ぢ」、「目を閉ぢ」という韻のふまえ方がいいからである。
(セブンカルチャークラブ)
 

   木枯や三味線弾きの音高く     矢島静

 主婦の用事をあれこれ済ませて、駅頭に降り立つと、今はやりの路上ライブというものであろうか、若者が数人三味線をかき鳴らしているのに出くわした。
 折柄の木枯の冷たさはどうだろう。思はず襟を立てると、三味線の音も一段と高鳴ってくるようである。
 三味線の音色は今まさに木枯に相和するがごとく、激しくも哀切に満ちている。
 だが、三味線弾きの熱情は木枯に負けることはないだろう。
 (セブンカルチャークラブ)

f0118324_23352188.jpg


   キャンパスは丘の上なり銀杏散る     河野きなこ

 厚木市には、防災の丘公園という小高い山があって、その一角には東京農大が建っている。
 その農大にさしかかったとき、あたり一面に散り敷いているのは黄金色した銀杏であった。
 「キャンパスは丘の上なり」という鮮やかなる断定は、この時の作者の晴れやかな心情がそのままスカッと出ていて堂々たるものである。
 「農大」にあらずして「キャンパス」という措辞が「銀杏散る」に明るく呼応している。

 作者は初めての吟行であったが、かの有名な山口青邨の「銀杏散るまつただ中に法科あり」にも通うような、見事な句を物にされたのである。
(草句の会)


   北風に流されてゆく鳶かな     堀川一枝

 これも防災の丘公園での吟行句。
 一羽の鳶が悠然と羽根をひろげて、折からの北風にのって飛んでいた。
 その情景を描写して「流されてゆく鳶かな」という文字通り流麗なる語感にとどめているあたり、映画の一シーンを見るようである。
 北風になまじ抗わない飛びように作者の目線が吸い込まれているように感じる。
 気合の入った句である。
(草句の会)

f0118324_23404978.jpg


   綿虫や日の差し込んで森の中     石原幸子

 防災の丘公園の端っこの方には小さな池がある。この池の周辺は鬱蒼たる樹々にかこまれて森林然としている。
 土橋を渡ると、急坂を登らねばならないが、ここには一筋の日の光りが差し込んでいて、小さな青白く光るものが、いくつかふわふわと目前を漂った。
「あっ、綿虫」と誰かが言ったその途端に、消え去って、それきり飛ぶことはなかったのだが、そんな瞬間をすかさず作者は今にとどめてくれたのである。
 これ以上の綿虫もこれ以下の綿虫もないような、全き綿虫の句である。
 あの頼りなげな綿虫にしかと命を与えたものである。
 簡潔にしてぬくもりのある余韻がいつまでも心を離れない。
(草句の会)


   閉店の目立つ町並み冬に入る    中澤翔風

 本厚木駅北口の正面にある本厚木一番街はショッピング街として大いに賑わっているが、少し東側の、相模川に沿った通りは近年閑散としている。
 今や裏通りになっているが、その昔は江戸時代から繁栄したメインストリートであった。
 開発が進み人口が増えた、この数十年の間にがらっと様相が変わったようである。
 立冬の日、厚木神社への参詣ついでにその辺を歩いた作者は、いよいよ本格的寒さを迎えるという心の構えに、この世の慣いとはいえ、さびれた町の厳しさを重ね合わせて、いっそう身を引き締められたことであろう。
 「冬に入る」という的確な把握は、季節感とともに心象をうかがわせて、一句に奥行きをもたらしている。
(木の実)

 
   秋の日や声かけくれる人のゐて   熊倉和茶

 一字一句に無駄がなく、ほのぼのと美しい秋の日射しがたっぷりと感じられ句である。
 何と幸せなことだろうと一読こちらまで秋の日のやさしさにあたためられるような思いがした。
 さらっとした感覚がそのまま秋日の透明感につながっている。

 作者は相模川吟行中に思はぬところで、ふと声をかけられたという。
 俳句とは関係のない方であったが、「あらっ」と素敵な笑顔を交されたことであろう。
 それを「そのまま詠っただけです」と謙虚であるが、そんな出会いを見逃さずに率直に仕上げるのは出来そうで出来ないことである。
 作者その人の生き方が、いつも前向きで新鮮で、人様には思いやりをもって接し、何かにつけて喜び、感謝するというものでなければ生まれなかった句ではないだろうか。
(木の実)

f0118324_23251535.jpg



   坂道にふりかへりみる紅葉山     本松天狗

 紅葉山の全貌が見渡される。
 同時に、体を斜めにひねったまま、そこにしばらく立ちすくんで、錦織りなす山の美しさに打たれている、作者その人の胸中までもが見えてくるようである。
 何も言ってない句こそは、多くを想像させてくれるものであることを改めて認識した。

 この日、紅葉真っ盛りの青梅市の御嶽渓谷を歩いた。
 掲句は、ままごと屋という料亭で昼食をとったあと沢井駅へ出る急坂で得られたという。
 そういえば、私は清流に圧倒されたこともあって、目前に見えてくるものをただチマチマと写生するに精いっぱいで、紅葉山そのものをズバリと見ることはなかった。
 案内人の天狗さんご本人は句帖も持たず悠々とされていたが、さすがに詩人である。
 もっとも大事なスポットを見逃されなかったのである。
(青草)


   大岩の並ぶ河原は冬静か     金子勇優

 この句も同じ青梅の渓谷の作品であるが、こちらは又ユウユウたる捉え方である。
 紅葉のモの字も詠わずして、ただ大岩を並べて「冬静か」というとどめ方は、まこと悠然と落ち着いたものである。
 このようにスケールの大きい句に出会うと、やはり男性ならではのものだと脱帽するほかない。
 内容もさることながら、その表現において上から下まで流れるように叙して隙がない。
 一句は、「冬」という時節の象徴そのものである。
(青草)


   紅葉の真ん中通る川碧き     仙崎礼二 

 御嶽渓谷は「日本名水100選」に指定されている景勝地だけあって、巨岩に波しぶきをあげながら流れゆく多摩川のさまは何とも清々しい。
 赤も黄も一段と濃い紅葉の盛りのなかを行く川を、「真ん中通る」と描写した潔さもまた雄々しくて頼もしい。
 「碧」は、青というよりは、緑に近い色を見せて、紅葉の色彩とよく照応している。
(青草) 


  畝たかく今が盛りの冬野菜     川口麻呂 

 御嶽渓谷の4キロにわたる遊歩道の傍には菜園も随所に見られれる。
 小さな畑であるが手入れが美しく、畝の高さがひときは引きたっていた。
 青々とした葱も、よく巻いた白菜もいかにもおいしそう。
 途中、鋤を下げ鎌を腰に、すたすたと時雨傘をさしてゆく男性に追い抜かれたが、この畑の主であったろうか。
 紅葉狩ながらこういう風景に目を休めるのも俳句実作者の楽しみである。
(青草)

   蛾の翅の葉裏へまはる時雨かな     藤埜まさ志

 青梅の遊歩道を歩いている時、果たして時雨がやってきた。
 一段と清流の音が高くなったような気がしたが、作者は岸の草木から目を離さなかった。
 蛾は夏によく飛び回るものであるが、命ながらえてこの時期までどこかにひそんでいたのだろう。
 時雨に挑発されたかのように、命を食い止めんとばかりすっと葉裏へ回ったのである。
 こんな一瞬をよくぞ見届けられたものだと思う。
 ここには小さなる命を己が命と同様に見守ろうとする気息があたたかく波打っている。
 時雨の情感が臨場感たっぷりに描き出された。
(青草)
by masakokusa | 2013-11-23 23:08 | 『青草』・『カルチャー』選後に | Comments(0)
名句と巡るー日本の世界遺産

     笑むに似て忿怒の像や下萌ゆる      草深昌子

(平成25年11月号「俳句」角川書店)
by masakokusa | 2013-11-17 11:43 | 昌子作品抄 | Comments(0)
俳句手帳・2014
    踏青の二度まで柵を跨ぎたる        草深昌子


(俳句手帳・2014 平成23年10月31日発行 編集制作 北溟社)
by masakokusa | 2013-11-16 20:49 | 昌子作品抄 | Comments(0)