<   2013年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧
昌子365日(自平成25年10月1日~至10月31日)
  
        
f0118324_21442519.jpg


      10月31日(木)       蓼咲いて野川の音に流れけり

      10月30日(水)       つはぶきのみどりかかりし黄色かな

      10月29日(火)       末枯のわが頭髪に触れやすき 

      10月28日(月)       島人の夕日に種を採ってをり

      10月27日(日)       草の穂に生簀の十はありにけり

      10月26日(土)       踊り場の大姿見や紅葉宿

f0118324_2345477.jpg
 

      10月25日(金)       身に入みて孔雀は瑠璃を深くしぬ 

      10月24日(木)       東京に東京湾の露けしや

      10月23日(水)       花野かな箸をつかふに頭を寄せて

      10月22日(火)       石鼎の子どもの時分草紅葉

      10月21日(月)       潮風のつめたき桜紅葉かな

f0118324_2133828.jpg


      10月20日(日)       晩秋や薔薇の疎らに明らかに

      10月19日(土)       けだものも子どもは走る草紅葉

      10月18日(金)       日の色の通草になってきたりけり

      10月17日(木)       片言に片言こたふ穂草かな

      10月16日(水)       末枯に雨脚荒くありにけり
      
f0118324_21213496.jpg


      10月15日(火)       晩秋や幹立つところ人の立つ

      10月14日(月)       上り下りはげしく来たる初紅葉

      10月13日(日)       身に入むや草叢をゆき木叢ゆき

      10月12日(土)       嘴をせはしく小鳥来たりけり

      10月11日(金)       櫨紅葉し初むる雲の疾さかな

f0118324_2016096.jpg
 

       10月10日(木)      秋灯や林の中の一つ小屋

       10月9日(水)       在祭磴のまだまだありにけり

       10月8日(火)       袴吹き払はれながら木の実落つ

       10月7日(月)       鳥渡る人は努力を惜しまざる  

       10月6日(日)       秋の雨芝生に来れば明るかり 
    
f0118324_22385715.jpg


       10月5日(土)       秋風に田舎の匂ひのりきたる

       10月4日(金)       花野原うすぼんやりと奥のあり

       10月3日(木)       赤松の向かう黒松天高し

       10月2日(水)       鳥頭それそこなるに踏み込めぬ

       10月1日(火)       小鳥来ることを恃みのこの日ごろ

f0118324_218108.jpg

by masakokusa | 2013-10-31 20:49 | 昌子365日 new! | Comments(12)
原石鼎俳句鑑賞・平成25年9月


f0118324_2322194.jpg


   臥せし穂にふと瞳を見せし稲雀        原石鼎(昭和26年)


 石鼎は「見る」ということに対して、又「見る」という言葉に対してことのほか敏感であった。

 岸本尚毅氏が、その著『虚子選ホトトギス雑詠選集100句鑑賞』に取り上げた、

   山川に高浪も見し野分かな

も、「見し」の措辞が並外れている。
 ―「山川に高浪見えし野分かな」の「見えし」と比べるとわかるが、「見し」とすると文体が主体的・意志的になり、読み手に強く迫って来る。―
 この一句を、氏は気迫の漲った、「石鼎の一世一代の名吟というべき作品」と讃えている。

 「高浪の立つ野分かな」でなく、わざわざ「見し」とするところがすでに石鼎の天才ぶりを物語って、私も何度溜息をもらしたことであろうか。
 掲句もまたしかり、「見たり」でなく「見せし」、今度は石鼎の側でなく即稲雀の側に立った表現が鮮やかである。
 ふと見せた意志ある瞳は、読み手もまた「ああ、見てしまった」という思いを持って見てしまうのである。
 一読して、一句のベールがさっと開いて、詠み手と読み手の心が一つになるという感じ。

 「稲雀」はもとより雀の種類ではなく、稲の黄ばむころに群れをなしてくる雀をいうのであるからして、稲がそこにあるかぎり稲を食べねばならぬ生き物ということになるだろう。
 ここでふと思い当るのが、

   淋しさにまた銅鑼うつや鹿火屋守

 である。鹿火屋守というのは鹿火屋の番人であるから、山畑を荒らしに来る鹿や猪を追い払うために銅鑼を打たねばならぬものになっている。
 これをいちいち淋しいから打つなどとは鹿火屋守は思ってもいないであろう。
 むしろ意気に燃えて一晩中無心に銅鑼を打っているのではないだろうか。
 だが時として、その余韻を聞くにつけ、ふと何がしかの淋しを感受した人が、鹿火屋守になりきって「淋しさにまた銅鑼うつや」となるのである。
 そして、そう詠われてみると、これぞ鹿火屋守の本質であったかもしれないと思うのである。
 読み手は自身の心の奥底にかねてから感じていた、生きていくということの孤独に一つの形を与えられたような思いがして、いたく合点がいくのである。

 稲雀も今はただ稲穂をついばむことに必死であるだけに過ぎない。
 だが、ひとたび石鼎に見られてしまった瞳は何を隠そう稲雀の本性そのものであったのではないだろうか。
 かの鹿火屋守と同様のありようである。

 ではその瞳は果たしてどんな瞳であるというのか。
 その瞳は具体的に、とんがっているとも、つぶらであるとも、文字通り欣喜雀躍だとも、ここに書き出すことはできない。
 読み手の一人一人の眼に映った瞳こそが、雀の心の瞳である。

 私にはなぜかこんな一首が浮かびあがった。

   家といふかなしみの舟成ししよりひとは確かに死へと漕ぎゆく    島田修二

 生きるかぎりは生きるということのほかに説明のつかない精いっぱい生きている雀の瞳である。
 石鼎は、この年の暮に65歳で亡くなっている。
 思い返せば、石鼎は37歳の折に、こんな稲雀を詠っていた。

   延べ細るつむりにくしや稲雀 
   桑をのぼる雀稲を食ふ奴なりし
   抱きし穂の本から喰みし彼の雀

 この大正11年は、前年に「鹿火屋」を主宰し、学生俳句会の指導に余念がなかった。
 「家といふかなしみの舟」を漕ぎだしたばかりの、前途洋洋のころの句である。
 この若さに漲った句々から、およそ30年後、死の直前に見た雀の瞳は、小さくもまた何と貪欲に光っていることであろうか。
 生きてあるいのちというものは、これほどまでに愛おしいものであったのだった。

 稲雀の瞳はそのまま石鼎の瞳に乗り移った。
 雀の力を得た石鼎は、はたとよみがえったであろう、雀もまた石鼎の瞳に言い知れぬ輝きをもらったのではないだろうか。
 客観写生のありようもここにきてその最終章に至りついたと言おうか、切なくも力強い臨場感に満ちている。
by masakokusa | 2013-10-30 22:45 | 原石鼎俳句鑑賞 | Comments(0)
新刊書評・茨木和生句集『薬喰』            草深昌子
  

       俳句は迫力           

f0118324_14164113.jpg



   ええなあといふお日さんと正月さん

 そして又、「茨木先生」をええなあと言わせていただきたい。そう、お日さんのようなオーラを感じる俳人である。

   常温の切れのよき酒青々忌
   付き合ふと妻のいひたる寝酒かな

 意外性のある美酒は、先師を偲ぶはらわたにやんわりと染み入るのだろう。
「付き合ふ」という、さも熟れた措辞をもって醸し出される寝酒の真情は何と幸せであろうか。
 八面六臂の大活躍のかげには、こんな垢抜けした奥さまがおられるのだった。

   死ぬ暇もなうてと笑ひ薬喰
   のどぐろが出る鮟鱇の福袋
   老斑のなきことうれし初湯殿
   何よりの御馳走は天気山桜

 「自然は本質的に人間の考えに余ります」というのは大峯あきら先生の言葉であるが、これをよく知る人が験を担ぐ人、敬虔なる俳人茨木和生であるに違いない。
 薬喰が紛れもなく血肉となっている証拠に一集には前代未聞の季語が展開される。 
 大歳時記やネット検索を駆使して漸く解釈がつくという、無知も甚だしい私はそのスケールの大きさに圧倒されてしまった。 
 時に地べたを這い、時に天空を駆け、ことごとく感動して生きる俳人には老斑の方から逃げていくらしい。
 山桜好きは「ごっつお」好きでもある。東吉野で松茸のすき焼きをいただいたとき、丼鉢いっぱいの白砂糖を肉の上にダイナミックにもぶっかけられた、東京人は仰天したが、あの天下一品の味は忘れられない。
 「俳句は迫力」を地で行かれるのである。

   濁りたることなき水も温みけり
   春潮の崩れて瀬戸を落ちゆけり
   茶粥にも旬ありとせば薄暑かな 
   月読のひかり氷室の桜咲く
   受付の祖父欄に○聖夜劇

 自分の発見したもの、自分の洞察したものは何ものをも怖れずに言ってのける。誰に言い聞かせるのでもない、自分に言い聞かせてあるものには静けさが漂っている。 
 わが心にも○を点していただいた。自然を詠い上げてやまない俳人はとりもなおさず人の世の味わいを深くする俳人である。

 『薬喰』を拝誦していて、思い出されるのは、四十余年前の自作、〈鰯雲この一族の大移動〉が小学校教科書に掲載されたことを語る一文であった。「この句が小学生に読まれるかと思うと、俳句を作り続けていてよかったと涙している」と結ばれていた。
 かの温顔の裏に、その道一筋を貫いてこられた厳しさは如何ばかりであったろうかと胸を打たれたものだった。
 今改めて、自然を愛し、他者に誠意を尽くす生き方の一途なることに気付かされている。 
 俳人にとって俳句が人生と等価になっているとは、何と尊いことであろうか。

(平成25年11月号「晨」第178号所収)
by masakokusa | 2013-10-30 14:31 | 俳論・鑑賞(2) | Comments(0)
晨集散策(第177号より)              草深昌子

       透明感


f0118324_14135086.jpg
    
       
                     
   ここからは青田に映る下校かな       大峯あきら

 棒切れを振り回す子や喧嘩してうなだれてゆく子など様々に賑わしき下校の姿であるが、青田にさしかかると、もうここからはピカッと光るような静けさに満ちている。
 四季折々にあって、当たり前のように過ぎていく光景が、こんなにも美しく清らかで未来あるものであることを気付かされたのも、「下校かな」の風格である。

   一瀑を一蝶わたりわたりゆく       大槻一郎

 何べん口誦させられただろうか、緩急ある韻律が涼やか。
 可憐なるものの命は、瀑布に吹き払われもせず、なかなかにしぶとい。

   打ち水の流れが下駄の下通る       角 光雄

 「流れ」は、打水ながら川の流れをイメージさせる。そんな大量の水が橋の下でなく下駄の下をくぐってゆくとは、まこと涼しい。

   風鈴のふつと力を抜きし音       菊田一平

 くろがねの風鈴が思われる。
 深山の渓流がふと澱にさしかかったかのような音色に、我知らず息を合わせている人がここにいる。

   手桶ごと虚子へ供へぬ額の花       近藤和男

 近藤氏は嫌いだった虚子が決定的に理解できた契機として、大峯先生の一文を引いておられた。
  ーまだだれも来ていない句会場に虚子ひとりがポツンと坐って静かに作句している情景を何度か目撃したことがある。それは俳壇制覇をなしとげた巨匠ではなく、あくまでも俳句の細い一筋道を黙々と進む一兵卒のような姿であった―。
 こんな虚子の佇まいに、もっとも適った手向けである。

   「ホトトギス雑詠選集」蚊遣香       涼野海音

 ホトトギス雑詠選集「夏の部」。
 名吟中の名吟を味わって涼しさここに極まれり。蚊遣香のもたらす古さは今に新しい。
 ふと虚子の「深は新なり」が思われたのではないだろうか。

   うまさうに舟板壁を蜂舐むる       田島和生

 舟板壁は廃舟を利用して、その板を家屋の壁にはったものとか。
 琵琶湖の波に揉まれた舟板なればさぞかし滋味であろう。
 蜂もさることながら、蜂になりきった俳人の口吻までもが輝いている。

   穀象虫お久し振りと抓みけり       藤本安騎生

 この夏、研ぎ水に浮くものの正体を知った時のショックは大きかった。
 片や、「お久し振り」とは何たるゆとりであろうか、まるで同士ではないか。
 独り居では米も減らないなどと泣いている場合ではなかった。年季の入った俳句に、しみじみと慰められている。

      夕衣さんのお嬢ちゃん
   チホちやんのお手々に余る青胡桃       谷戸冽子

 チホちゃんがすでに詩になっている。愛らしいお手々から零れ落ちた青胡桃の存在感。
 抱きしめたいようないとおしい刹那である。

   筒鳥の声と薪を割る音と       山本洋子 

 例えば武田信玄物語の幕開け、日差しはたっぷり注がれている。
 風にのってくる声と確かなるたずきの音の交錯が何かを予感させる。二重奏にうっとりする耳目は緑に染まっているに違いない。

(平成25年11月「晨」第178号所収)
by masakokusa | 2013-10-30 13:30 | 俳論・鑑賞(2) | Comments(0)
秀句月旦・平成25年10月
 
f0118324_2253940.jpg

  柿の実やうれしさうにもなく烏       正岡子規

 22歳の子規の句、明るく無邪気そのもの。
 「うれしさう」なのは烏より子規の方だろう。どれほどおいしそうな柿の実であろうかと思う。
 そしてすぐまた、〈渋柿のとり残されてあはれ也〉と詠う。
 茶目っ気と思惟の深さと、柿一つとっても、子規の両面に魅了される。

 子規は、樽柿を一度に16個も食べるほどの柿好きであったという。
 樽柿は酒樽のアルコール分によって渋みをぬきとったものだが、かにかく子規は渋かろうと甘かろうと、文字通り「柿いのち」の人であった。

      つりかねといふ柿をもらひて
   つり鐘の蔕のところが渋かりき
   禅寺の渋柿くへば渋かりき
   講堂や渋柿くふた顔は誰 
      ある日夜にかけて俳句函の底を叩きて
   三千の俳句を閲し柿二つ 
      自慰
   柿くはばや鬼の泣く詩を作らばや
      我死にし後は
   柿喰ひの俳句好みしと伝ふべし
      自ら自らの手を写して
   樽柿を握るところを写生哉
      きざ柿の御礼に
   柿くふも今年ばかりと思ひけり

 ここまでくると子規の柿はもう切なくてならない。
 だが何といっても、

   柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺

 子規の大いなる明晰が発揮された一句をもって救われる。

f0118324_2282285.jpg


   長き夜を白髪の生える思ひあり        正岡子規

 子規29歳。
 〈柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺〉の翌年の句である。
 やんちゃな大将ぶりの一句から、がらりと変わって、ここには又、深沈たる思いの子規がいる。
 しんじつ子規には夜が長かったことであろう。

   長き夜や千年の後を考へる

 これも同年。
 夜が長くなったということの実相の捉え方もまた桁違いに大きい。
 こんな夜長を過ごしたら、李白ならずとも白髪三千丈になってしまうだろう。

 ところで、31歳の句に、

   長き夜や障子の外をともし行く

 がある。
 夜長の句として有名な句であるが、掲句があってのこの句ではないだろうか。
 子規のやるせなさはひと続きであり、観念あるいは空想というものが、ある時具象に触発されると、このように生まれ変わるというもののようである。
 「白髪の生える思ひ」と「障子の外をともし行く」は表裏一体になっている。
by masakokusa | 2013-10-29 21:50 | 秀句月旦(3) | Comments(0)
昌子の会・青草抄(平成25年10月)       草深昌子選
  
f0118324_2327146.jpg


   漢江や新月のせて流れゆく       藤田若婆

 漢江(はんがん)は朝鮮半島屈指の大河で、太白山脈中の五台山に発源し、いくつかの支流をあわせて、ソウルの中央を流れ、やがて湾に注ぐという。
 そんな悠久の大河が、眉のように細い三日月を映しながら、ゆっくりとすべるように流れてゆくというのである。
 広大なくらやみと明るさの明滅が幻想的に浮かび上がって、一度も訪れたことのない漢江に思いを馳せさせていただいた。

   秋時雨ソウルの街を洗ひけり       若婆

 二句とも、簡潔明瞭にして、情景が鮮やか。
 韓国の旅を満喫されたのであろう。
(草句の会)



   赤い羽根募金の中の渋い声       小川文水

 10月1日から社会福祉事業の赤い羽根共同募金が行われている。本厚木駅頭でも、子供だったり大人だったり、さまざまの団体が「ご協力お願いします」と大きな声を発している。
 一斉に上がった声の中に作者はふと「渋い声」を聞きとめた。
 渋い声とはどんな声であろうか。どこかひっかかるような、なめらかでない声だろうか、落ち着いたよき声であろうか、お年寄りのものであろうか。
 作者を立ち止まらせた、なにがしかの声が、胸に赤い羽根をつけるという行為に結び付いたのではないだろうか。
 俳句そのものはそっけない表情をしているが、心にあたたかいものがなければ詠えない一句である。
(草句の会)

f0118324_23275499.jpg


   涸沢の紅葉に十色ありにけり       小川 清

 涸沢岳は長野と岐阜の県境にある穂高岳の一峰。
 標高2300メートルの涸沢ヒュッテで宿泊された作者は、星月夜の感動もさることながら、えも言われぬ紅葉の美しさを堪能されたそうである。
 そして、堂々たる一句を記念に持ち帰られた。
 ナナカマドの真赤、ダケカンバの黄色、ハイマツの緑等などさまざまに錦織りなす色彩の妙が、ざっくりと「十色」と言い切ったところに際立っている。
(花野会)

f0118324_23284335.jpg



   無花果をワインに煮詰めたる寒露       齋藤ヒロ子

 「寒露」は二十四節気の一つで、夜にはめっきり冷え込んで秋の深まりが感じられる頃である。
 今年は10月8日であった。
 寒露のその夜、庭になったフレッシュそのものの無花果をたっぷりの赤ワインと砂糖でじっくりと甘く煮詰められたのである。
 句会終了後、お相伴に預かった。
 まことトロリとして無花果の美味がそのまま生きて、なおかつ極上のワインの風味を加えて、絶品の味わいだった。
「ワインは250円の安いものよ」となんてさりげなく仰るが、自然の移り変わりを日常に丁寧に取り入れ、その季節感を心から楽しまれる姿勢は真似の出来ないものである。
(花野会)


   糯米を残して稲田刈り取られ       佐田とよ女

 稲刈りの終わった田んぼと、まだ稲穂を存分に垂れたままの田んぼが劃然と見はるかされる。稲のある田園風景が何とも晴れやかである。
 そもそも、うるち米ともち米はどう違うのか、穂のありようも、成熟の遅速も、私にはよくわからないのであるが、もち米の刈り入れは一般的に遅いのであろうか。
 こういう光景を常識的あるいは知識的に見ただけでは詩にならないが、何か一つの心思いを持って見届けた場合には詩になるという句づくりの秘密を見せてもらえたような気がする。
 作者はご高齢であるが、子供のころから見慣れた稲刈りの風景を、今あらためて、手ごたえをもって認識されたのであろう。
 作者の何ともなつかしい感慨なくしては一句に仕上がらなかった風景である。
(花野会)

f0118324_23435540.jpg



   客来たり金木犀の香をつけて       松村久代 

 インターホンの音色が軽やかにひびいた。
 あわてて門口に出てみると、「まあ、ようこそ」挨拶もそこそこになつかしい笑顔がこぼれる。
 その瞬間に、その人からふとただよってきた金木犀の芳香。
 心待ちにしていた客人であろうか、思いがけぬ友人であろうか、いずれにしてもお客様の佇まいは楚々とした明るさを放っている。
 迎え入れる喜びもまた金木犀の香りがたっぷり物語ってくれる。

 作者自身が外出して金木犀の香りを詠うことは多いが、この句は見事に逆転の発想をしている。
 その匂いをもたらした人を描いて、秋もたけなわのころの爽やかさを奥深くも明快に見せてくれるものである。
(木の実)


   木曜は燃えるごみの日鵙の声       山森小径

 「モクヨウは」「モエル」「モズの」、頭韻の反復がいかにも心地よく、弾みになって、キイキイキイーッと叫ぶような鵙の声がいっそう秋晴を強調している。
 「ゴミの」「コエ」も又よく呼応している。
 何でもないようなさりげない詠いぶりのなかに細心の注意が払われていて、文字通りごみを出しのあとの清々しさが余韻となっている。

 ごみ収集を素材にした俳句を見かけぬことはないが、厚木市の燃えるごみ収集日はたしかに木曜日であって、掲句には作為のないことがうかがわれて楽しい。
(木の実)
by masakokusa | 2013-10-27 22:49 | 『青草』・『カルチャー』選後に | Comments(0)