<   2013年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
昌子365日(自平成25年9月1日~至9月30日)
 
f0118324_1942774.jpg


      9月30日(月)      矢場に日の濃ゆき榧の実拾ひけり

      9月29日(日)      かたぶきをそろへて百の紫菀かな  

      9月28日(土)      一団は坊主頭や桐一葉       

      9月27日(金)      渦巻に真一文字に穴まどひ   

      9月26日(木)      哲学は好きで分からぬ薄かな

f0118324_2135196.jpg


      9月25日(水)      島へ橋かけて長しや秋の風

      9月24日(火)      夕月夜夫に後れてしまひけり

      9月23日(月)      今年また萩をこぼせる彼岸かな

      9月22日(日)      竜淵に潜む河童はブロンズに

      9月21日(土)      秋草にところどころの巨木かな

f0118324_20463356.jpg


      9月20日(金)      十六夜の浦ゆく人の手ぶらかな

      9月19日(木)      おむすびのあとあぢ子規の忌なりけり

      9月18日(水)      大雨のあとの大晴燕去る

      9月17日(火)      大空に雲のかたまり放生会

      9月16日(月)      穂について舌嘗めづりの蝗かな

f0118324_23105869.jpg


      9月15日(日)      いつかうに日の衰へぬ梨を切る

      9月14日(土)      蜂来たり秋の日傘にくるほしく

      9月13日(金)      新涼や姉さん被りしたる声

      9月12日(木)      ひもすがら帰燕の庭を掃きにけり

      9月11日(水)      秋燕や飴をふふめば塩の味

f0118324_2211083.jpg


      9月10日(火)      草の名をあてずつぽうに九月かな

      9月9日(月)       花野人キスを交はしてゐたりけり

      9月8日(日)       虫鳴いて鳥の啼かざる花野かな

      9月7日(土)       秋晴や赤子の髪を一括り

      9月6日(金)       年老いて疲れをしらぬ鳳仙花

 
f0118324_15424875.jpg
   

      9月5日(木)       秋の雨子供の傘に聞いてをり      

      9月4日(水)       一湾の栄ゆる荒地野菊かな

      9月3日(火)       此所往古畳山とや虫すだく 

      9月2日(月)       秋風の藪蚊の食ふにまかせたり

      9月1日(日)       花柄を胸のほとりに九月来る

f0118324_23325396.jpg

by masakokusa | 2013-09-30 20:36 | 昌子365日 new! | Comments(0)
秀句月旦・平成25年9月
 
f0118324_20658.jpg


    秋風や生きて相見る汝と我       正岡子規

 我は、明治28年日清戦争に従軍して遼東半島から帰航中に喀血、神戸病院に入院していた子規であり、汝は、やはり日清戦争に看護長として従軍、銃弾砲火をくぐり抜けて生きのびた松山の俳人五百木飄亭である。
 子規28歳、五百木飄亭25歳であった。
 日清戦争が終わった秋、いったん健康を回復した子規は広島で飄亭に会い、お互いに生きていてよかったという命をひしと確かめ合ったのだった。

 そういう事実関係を外してみても、「生きて相見る汝と我」には秋風の本情ともいえる零落の哀れを人の世のそれに重ねて、現代のさまざまの場面で実感するものではないだろうか。


f0118324_20225170.jpg


     桔梗活けてしばらく仮の書斎かな       正岡子規

 明治28年、飄亭と別れて松山に帰った子規は、夏目漱石の下宿愚陀佛庵に50余日にわたり滞在した。
 仮の書斎に桔梗の花ほどふさわしいものはないように思える。
 逆にいえば、桔梗の濃き紫が凛と活けられてあれば、ただそれだけで、そこが書斎という空間になりうるのだと言ってるようでもある。
 深閑とした佇まいである。

 だが実際は、子規の部屋では毎日子規の指導する句会が行われて、盛況であった。
 二階へ移動させられていた漱石は、階下のあまりのうるささに閉口していたが、いつしか句座に連なるようになったという。
 そういう情況を知ると、「仮」の一字に子規の真情がよくこもっていることが知れる。


f0118324_203496.jpg


     吹かれ来し野分の蜂にさされたり       星野立子

 台風シーズンがやってきた。
 台風は暴風雨だが、これを野分というと日本古来の伝統が加わって、少し風流というか草木の吹かれるさまが見えるように思われる。
 立子の句は、そういう野分のニュアンスを、いかにもさらっと詠いあげて、その想像力を読者にゆだねてしまう。
 「吹かれ来し」とすかさず詠い出したスピード感が、野分の風の流れようや、その中にたたずむ人のちょっとした不安感を臨場感たっぷりに伝える。
 同時に、「吹かれ来し」という措辞は、蜂のいのちであり、同時に一句のいのちともなり得ているのである。

f0118324_20125377.jpg


     人の身にかつと日当る葛の花       飯島晴子

 葛の花の自生しているところは切岸であったり、茫漠たる荒地であったりする。もちろんその辺の草むらにも咲いてはいるが、その勢力の旺盛なさまをもってすると、ちまちましたところは似合わない花である。
 そんな葛の花がむさぼるように蔓をのばすのは、強烈な秋暑のころである。
 さっきまでそんな秋日を泰然と独占していた葛の花の一群であったが、そこに人が来たとたんに、人の身に焦点を当てたかのようにかっと照りつけたというのである。
「人の身にかつと日当る」、ただその一瞬のさまが、俄かに葛の花の凋落というか、萎みゆく哀れを見せてしまったような空気をただよわせる。

「一見写生作品には見えても、その向うに或る一つの時空、目には見えないし、何とも説明のしようはないが、確かに存在する時空が顕たなければダメである」という飯島晴子の理論通りの句である。
by masakokusa | 2013-09-30 19:15 | 秀句月旦(3) | Comments(0)
昌子の会・青草抄(平成25年9月)        草深昌子選
f0118324_16511490.jpg


   天水に代はるものなし秋茄子     湯川桂香


 わが家の菜園の茄子は秋になってもまだまだ花を咲かせている。
 この甚だしい残暑の中でも、実の引き締まった茄子が次々とできるのは何と嬉しいことだろう。
 それにしても茄子は乾燥に弱いので水やりには気が抜けない。精根尽き果てそうになったとき、大雨がやってきて、たっぷりと潤った。
 「天水に代はるものなし」という潔くも堂々たる詠いぶりには、大いなる安堵とともに天の恵みに感謝する気持ちが隠しようもなく出ている。
 「天水」という一語が、「秋茄子は嫁に食わすな」というほどの美味を保証してやまない艶やかさを浮き立たせて、全くウマイ一句である。
(木の実)

 
   虫時雨いつの間にかに眠りつく     伊南きし子

 古来より日本人は、草むらにすだく虫の音色にしみじみと秋を感じてきた。
 虫時雨とはよく言ったもので、さまざまの虫の音が高々と響き渡ってくるさまは、さっと降っては止み、また降っては止みを繰り返すような時雨の音によく似ている。
 そんなリズミカルな声にはついつい聞き入ってしまうものだが、枕元にしていると、何時の間にかすーっと虫の闇に引き込まれるように寝落ちたというのである。
 入眠剤代わりの虫時雨とは何と気持ちのいい睡眠であろうか。
 こういうところにも、作者の心身のすこやかさがよく出ている。
(花野会)


   風吹いて縞柄変はる稲田かな     眞野晃大郎

 「縞柄変はる」とは鮮やかな見立てである。
 俳句はオブザベーションといわれるが、まさによく観察されている。同時に作者その人ならではの物の見方が反映されたものでもある。
 だから、縞柄がわからないと異義を唱える読者があってもかまわない、縞柄が面白いという選者がいたら、それで一句である。
 ことに「風吹いて」が何でもないようで、微妙な色彩の変調を動きをもって見せてくれるところが、秀逸。
 縞柄は、稲の稔るころの秋風の模様かもしれない。
(草句の会)


   バス降りてみな薄野に吸ひ込まれ     新井芙美

 薄は山野のいたるところで見られ、野原のように群生している。
 作者は山歩きの達人であるが、この日も軽装に身を包み、お仲間と一緒にバスに乗り込まれたのだろう。
 さあ着きましたよ、とバスを降りると、次々と薄野へ向かっていった。
 その様を、何ら修飾することなくそのまま一句に仕上げられたことで、澄み切ったあたりの空気感まで見渡されるようである。
 「吸ひ込まれ」という措辞が、よき余韻となって、秋風になびいてやまない薄のすがたがおのずから想像されるのである。
(草句の会)
 

   収穫の秋高々とジェット飛ぶ     齋藤坐禅草

 「収穫の秋」に呼応するかのように高々と、「ジェット飛ぶ」のである。
 「豊年」かつ「天高し」という季語も瞬時に浮きあがってきて、爽快感に満たされる。
 坐禅をよく組まれる、もの静かな「坐禅草氏」であるが、やはり男性ならではの気概が晴れやかに打ち出されている。
(草句の会)


   写経を書き始めたる人の秋     福山れい子

 「一日一句」を始めた作者は、この秋から何とお経を書き写すこともはじめられたという。
 そういう自身を客観的にながめて、座五に「人の秋」を据えたというあたりに、すでに写経効果の表れであろうか、曰く言い難き趣が醸し出されている。
 多忙な中にあって、このような「秋」を人として味わうことは何とすばらしいことであろうか。
 俳句と写経の相乗効果で、いよいよ集中力を高められるであろう。
(青葡萄)


   秋めくやふと饅頭のあたたかき     常世いよこ

 猛暑が去って、今なお残暑は厳しいのであるが、ほっと一息ついたとき、その饅頭のぬくもりに秋の気配を感じ取った作者のやすらぎがしみじみと伝わってくる。
 最愛の御主人を失われて一年、「気力をふりしぼってやっと来ました」という久々の句会で、最高点を得られた。
 お饅頭は柔らかかったでしょう、熱いお茶がおいしかったでしょう、等々みんなでよき一句を味わった。
 他に、

   初秋の夕闇せまる早さかな
 
 誰しもが気付いていても、なかなかこうは表現できない。
 一抹のさびしさに秋の訪れを鋭敏に感じ取っておられるようである。
(青葡萄)
by masakokusa | 2013-09-26 16:23 | 『青草』・『カルチャー』選後に | Comments(0)
原石鼎俳句鑑賞・平成25年8月
 
f0118324_20232623.jpg



   月明のこの野右せんか左せんか       原石鼎 (昭和2年)


 「早川早一路氏の新居を訪ふ」と前書がある。
 早川早一路とは語呂を合わせたような面白い名前であるが、俳人であろうか。石鼎が意識していたかどうかはわからないが、微妙に掲句に響きあっている名前ではある。
 新居を訪うのだから当然初めての道である。
 月明かりの野を行くと、大木の立つところでちょうど道が二手に分かれていて、さあどちらへ曲がろうかと、ふと思案する。
「この道」としてしまいそうなところだが、「この野」というところで、月明かりが茫洋と浮かびあがってくる。
 又、新居を訪問するというちょっとした心弾み、その期待感がそのまま「右せんか左せんか」にのっているところが愉快である。

 この句に続く7句のどれもが美しき月のさまを臨場感たっぷりに見せてくれる。

   明月や道を曲ればあからさま
   明月の道に拾ひぬ松の枝
   月を見るわれに句きかせよといふ人よ
   月を見る面上にしてあらき風
   この良夜わがたち去りし後の縁
      遅がてに帰庵して
   十五夜の卓上梨の一つづつ  
   十五夜のなほいざよひを待つ心

 右折、あるいは左折したとたん、木々などで少々さえぎられていた満月が、ふいにくっきりと顕われ出でたのである。「あからさま」とは何とまぶしい。
 「句きかせよ」とは風流ではないか、石鼎もまんざらではない。
 「面上にして」は、仰向いた顔に、まるで能面のように突き出た鼻のありようをちらりと見せて、あとは吹く風になぶらせているばかり。
 今ここにある月見の縁はさぞかし居心地のよいものなのであろう、心を残して立ち去るのである。
 一変して、夜更けたわが家の十五夜。卓上の梨はかの青味のある二十世紀梨であろうか、丸くも黄なる月との照応がひっそりと美しい。コウ子夫人が寄り添っていただろう。
 「なほ十六夜を待つ心」には、石鼎の満ちたりた心が何より偲ばれるものである。

 ちなみに、石鼎句集『花影』には、
   明月や道を曲ればあからさま
 の一句のみを載せている。
 感覚の冴えを本領とする石鼎には、「あからさま」の他は、決定打に欠くものとして採用しなかったのであろう。
 それにしても、虚飾なき句々は、そのまま月の夜のよろしさによく溶け込んでいる。

 永田耕衣が、麻布の旧居に石鼎を訪れたときのことを、「先生のあの八字ひげが偉大でたっぷりしていて、現在の如く思い出すことが出来る。石鼎先生は絶えずニッコリしていられたのではあるまいか」と書いていたのを思い出した。
 石鼎はなぜかむっつりしていたように思われがちだが、この月の夜こそ終始ニッコリしていたに違いない。
by masakokusa | 2013-09-16 19:45 | 原石鼎俳句鑑賞 | Comments(0)