<   2013年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧
昌子365日(自平成25年7月1日~至7月31日)

       7月31日(水)      波となく帆となく白き土用かな 

f0118324_22155294.jpg


       7月30日(火)      せせらぎに障子外してありにけり

       7月29日(月)      道の真ん中に出てゐる端居かな

       7月28日(日)      霍乱や耳の聞こえて眼の見えぬ 

       7月27日(土)      水遊び日傘さしかけられもして

       7月26日(金)      日覆の大きくゆるぶ履物屋 

f0118324_19571718.jpg


       7月25日(木)      大雨に夏菊の色あらはるる

       7月24日(水)      青葡萄屋敷の広く屋根低く

       7月23日(火)      人来てはゆらゆらしたる水中花

       7月22日(月)      白シャツの声に白シャツ寄り来たる 

       7月21日(日)      鴇色にはた鶸色に黴るかな

f0118324_2023825.jpg


       7月20日(土)      青桐の木蔭言問橋見ゆる

       7月19日(金)      単衣著てかんかん帽を載せてをり

       7月18日(木)      牛蛙鳴くやマイクを通すかに

       7月17日(水)      祗園会の大き木蔭にゐたりけり

       7月16日(火)      曳かれゆく馬の蹄の音涼し

f0118324_2213536.jpg


       7月15日(月)      南風や江の島かけてうろこ雲

       7月14日(日)      たとふれば細川ガラシヤアカンサス

       7月13日(土)      芋饅頭芋煎餅や麦茶のむ

       7月12日(金)      腰折れの蛭蓆まで来たりけり

       7月11日(木)      浅草は汗を惜しまぬ人ばかり

f0118324_20144976.jpg

       7月10日(水)      羅漢から羅漢へ蜘蛛の糸掛くる

       7月9日(火)       白南風の菓子屋通りにかうばしき

       7月8日(月)       席得たる電車に開く扇かな

       7月7日(日)       日輪に棚機かけてありにけり

       7月6日(土)       草取やことに酢漿草竜の鬚 

f0118324_12213638.jpg


       7月5日(金)       欄干の濡れにぞ濡れし蟻一つ

       7月4日(木)       時鐘の今し亭午や雲の峰

       7月3日(水)       藻を曳いて曳いて水ゆく涼しさよ  

       7月2日(火)       観音に覚えある夏木立かな       

       7月1日(月)       古道の一筋道の涼気かな
by masakokusa | 2013-07-31 10:25 | 昌子365日 new! | Comments(0)
秀句月旦・平成25年7月
 
f0118324_22351474.jpg


   窓の前幹ばかりなる夏木かな      今井つる女

 どの木も大木で窓の高さには幹ばかりが見えるのである。
 先日も、旅館の裏窓を開けるとこんな光景が広がった。避暑の宿では裏ならずともよくある景だろう。
 横浜の開港記念館の会議室などはまさにこの通り。
 あまりにもさりげない詠みようだが、誰にも思い当たるものを描いてゆるぎない。
 読者も又窓の前に立って、言外にある、一面の緑を見ているような静けさや涼しさを覚える。
 ガラス戸一枚を通して、夏木のたくましさまでもが伝わってくるものである。



   露涼し形あるもの皆生ける      村上鬼城

 露は秋の季節のものだが、夏でも朝晩には露をみることがある。この夏の露のことを俳句では「露涼し」と詠んでいる。

 <朝の間のあづかりものや夏の露  千代女>にあるように、寝坊助には無縁のものであるが、鬼城は疾く起きて、草抜きなど庭の手入れに余念がないのであろう。
 そういう時には、貧乏も老弱もなにもかも忘れて、無心である。何だって世に形のあるものはみな生きているという認識は、一種の恍惚感のようなものかもしれない。
 それほどまでに夏の露はいきいきとして蘇えるような涼しさをもたらすのである。

f0118324_22363397.jpg



   誰が死んでも仙人掌仏花とはならず     長谷川久々子

 先日咲いた月下美人はサボテンの一品種ということから、サボテンの花に思いを寄せていると、ふと掲句がなつかしく思い出された。
 
 仙人掌(サボテン)は南北アメリカの乾燥地帯の特産ということだが、東京の下町などでは鉢植えのサボテンなど、日本のどこにでもよく見かける。
 そんな身近なサボテンではあるが、そういえば仏さまに供えることはない。何故だか、そういう気も起らない。
 そのことに作者は如何なる契機をもって気付いたのであろうか。
 あまりの美しさにふと供えてみたいような衝動にかられたのかもしれない。
 上五の字余りが、一句を長くひっぱって、作者の物思いのさまを見せている。

   <さぼてんの名の老いらくの恋といふ    富安風生>

 「老いらくの恋」と名付けられた仙人掌の花は真っ赤であろう。
 ましてや、死を連想させる掲句の仙人掌は、いっそう赤いものではないだろうか。


f0118324_227892.jpg


   月下美人一分の隙もなきしじま       阿部みどり女

 我が家の月下美人は、七夕の夜に花開いた。
 真っ白に大きく、たった一輪きり。
 一鉢の月下美人が初めて咲いたのは一昨年であったが、秋も深まった頃のように記憶している。俳句では夏の季語である。去年は6月であったろうか、取り込みごとがあって気付いたときには、もう萎んでいた。
 この様は、同じ作者の<月下美人あしたに伏して命あり>の通りであった。

 今年は、6月20日に5ミリほどの莟を見つけて以来、ずっと見守ってきたが、昼ごろ俄かに蕾がふくれあがったと思いきや、夜の10時、得も言われぬ芳香を放って、花自身が身を揺さぶるようにして開ききった。
 まさに「一分の隙もなき」見事さで、思わず拍手などしてしまった。
 感動のあまり月下美人とともに黙りこくっている数時間。
 匂いばかりが何かを訴えるようで、何の物音もしない夜である。

 <月下美人たまゆらの香の満ちにけり 深見けん二>
by masakokusa | 2013-07-31 09:59 | 秀句月旦(3) | Comments(0)
自句の周辺           草深昌子
 
 
f0118324_1241132.jpg
 
   
   耕して大日寺の裏に住む      草深昌子


 数年前の春、大峯あきら先生の「花の開花を待つ吉野」という長文が新聞紙上に掲載された。
 ―(前略)観光ルートを外れた静かな山中に立つ民家に泊めてもらったわたし達は、観光客や俳人たちに逢う事のない山径を、一種奇妙な生きものみたいにたどりながら俳句を拾うのである。
 それは「けものみち」ともちがうし、「吉野山こぞのしをりの径変へてまだ見ぬかたの花を尋ねん」と詠んだ西行の超越の径ともちがう。
 人里を離れて奥山へ消える径ではなく、山人たちが日常に通う生活の径である。
 そんな径がちょっと注意するとあちこちにあるのが花の吉野山の個性であろうか。
 谷々を一面に埋める桜の、この世ならぬ華麗さと、昔変わらぬ素朴な山人たちの日常生活とが事もなく共存しているのだ(後略)―

 明晰な文章から、何と贅沢な径を歩かせていただいていたのだろうと気付かされた。
 この翌年の吉野吟行は、私なりに殊勝であった。大日如来を本尊とする大日寺までの小径を、一歩一歩、心して下ったことをよく覚えている。
 裏手へまわると、少しばかりの土地があって、山人がただ一人、黙々と鍬をふるっておられた。
 その先は深い谷である。人の背に出逢った驚きから「大日寺の裏に住む」はすぐに書き留めた。
 あたりには椎茸榾があり、独活があり、菫がそよいでいる。居心地のよさに目を細めていると、何と蝶々まで飛んできてくれるではないか。どの季語を置いてもつきそうで、すぐには決まらなかった。
 宿について一息入れたところで、あの匂い立つようにあたたかな日だまりが思い返されて、当り前のように「耕し」がやってきたのだった。

 自分が感受したところのものに季語が命中したときの快感はたまらない。だが、そんな一瞬はめったにやってこない。今もって季語の取りこぼしばかりしている。
 思えば、拙句はお見通しであったと言おうか、計らずも自身を戒めてやまないものになっている。
 大いなる日のもと、仏さまに守られて住まわせてもらっているのは私も同じであった。
 あのように見事に鍬を遣うことはできないが、腰折れなりに、こつこつと俳句を耕やしていけば何とか命を養わせていただけるだろう。
 かの吉野人に肥やしをいただいたような気分になっている。

(平成25年7月号「晨」所収)
by masakokusa | 2013-07-30 11:03 | 俳論・鑑賞(2)NEW! | Comments(0)
原石鼎俳句鑑賞・平成25年6月
f0118324_1304492.jpg

   一つ盆にコップ二つや麦酒抜く       大正7年 


 一読、唸らされた。これぞ麦酒だと思う。
 清冽なるビール瓶の立ち姿が見えるのである。何と静かな佇まいであろうか。
 お盆は、たとえば鎌倉彫のようなものであろうか、あるいは朱塗りの盆であってもいい。ピカピカに透き通ったコップが二つ、伏せてある。
 盆を挟んで向かい合う二人。栓抜を手にとると、とびきりつめたく冷やしきったビール瓶の栓をキュッと抜く。そこへ一陣の風が吹きぬける。
 この、何とも言えない間合い。
 「暑かったでしょう」「いやあ、美しい庭ですね」、会話も又簡潔明瞭に一言二言。
 二人の向き合った膝がいかにも端正である。

 眼前にあるものを言っただけで、その周辺のものが読者に広やかに想像されてくるのはひとえに「麦酒」の美味さである。
 凡愚、我が言えないのは「麦酒抜く」である。早々と咽を鳴らして「麦酒飲む」「麦酒酌む」とやってしまうだろう。そこを「抜く」と抑えたところがたまらない。
 「飲む」や「酌む」では栓抜きが見えない。この栓抜きを持ち出したおかげで、かのビール瓶の口のキューっという感覚までもが描写されるのである。
 何と長く書いてしまったことだろう、ただその一瞬の爽快さを言いたかっただけであるのに。

 とにかく麦酒は切れ味が大事、俳句も又然り。
 つまり喉越しが命なのである、咽をくだる時のこたえられない感覚というものはその人のみぞ知るもの。
 俳句という文芸も、ビールの喉越しのようなものかもしれない。わかる人にしかわからないものなのである。

 ところで、麦酒は古代エジプトから飲まれてきたらしいが、日本では明治以降のことである。

 石鼎の他のビールの句をみると、

   卓高し溢れんばかり麦酒つぐ        大正8年  

 これは大正時代のカフエであろうか、ビアホールであろうか。

   絽羽織の畳み置かれしビールかな     昭和6年  
   ビールあほる袴つけたる男どち        〃
   滝に浮くビールのマーク何々ぞ         〃
   今日の衣襞にかかれるビールかな      〃

 大正時代は高嶺の花であったビールも、昭和になって大衆化してきたのだろう、家庭でも飲まれるようになった雰囲気がよく醸し出されている。

 大正7年、石鼎は弱冠32歳でホトトギス同人になり、3月に大阪毎日新聞社主催俳句大会に出席したのを機に、以後大阪に毎月出張、大阪の実業家、医専、学校など種々の句会指導に赴き、経済的にも大きな支援を得られるようになっている。
 そんな時代背景を思えば、掲句は大阪の料理屋に招かれた折のものかもしれない。
 ビール瓶には、大日本麦酒株式会社「ASAHILAGERBEER」たるラベルが燦然と輝いていたことだろう。
by masakokusa | 2013-07-29 11:17 | 原石鼎俳句鑑賞 | Comments(0)
昌子の会・青草抄(平成25年6月)        草深昌子選
f0118324_16283855.jpg

   緑蔭や畑仕事の一休み      菊竹典祥

 畑の一隅に緑滴るよき木立の蔭があるのだろう。
 何と言う気持ちのいい木蔭であろうか、緑蔭への感謝の気持ちまでもが伝わってくるようである。
 畑仕事と一口には言うものの、時に重労働があり、時に繊細なる神経もはたらかせ、こまごまとやるべきことは山ほどあることだろう、滲みでた汗をしばし緑陰に冷まされると、又元気を盛りかえして鍬をふるわれるのである。
 「畑仕事の一休み」という、簡潔明瞭なる表現がすばらしい。
 この雄々しさが、いっそう緑陰の清々しさを引き出して、光と影の明暗をくっきりと際立たせるのである。
(青葡萄)

f0118324_1629336.jpg



   花菖蒲光源氏はまだ莟      金子勇優

 花菖蒲は、品種が多くて、色彩も多様で、菖蒲苑などを見て廻ると、一つ一つの花菖蒲に、さもゆかしき名前が付されていたりしてなかなか風流である。
 さて掲句、「光源氏」とあるからには、紫であれ、白であれ、優雅に大きく、一段と光り輝くものであってほしいものだが、何と、「光源氏はまだ莟」だというのである。このはぐらかされたような言い切りが何とも言えぬ味わいである。
 見たものを正直に詠うということに於いて、この右に出るものはないかというほどの単刀直入なる句であるが、こう言われてみると、しっとりした梅雨ぐもり、あるいは燦々たる日差しであろうか、何れにしてもあたり一面の花菖蒲の照り昃りが否応なく想像されてくるのである。
 むろん、光源氏がその襞深き花片をほぐすように開ききったさまも、読者の胸にはほんのりと見えもするのである。
(青草)

f0118324_1630759.jpg


   畠中にいきなり葵昼下り      仙崎礼二

 これは町田の薬師池公園を抜けて、その裏手の山径を登っていった時の嘱目吟である。
 山畑に時鳥の声が何度も響きわたる他は、竹藪を通り過ぎる風の音が聞こえるだけという静けさを、句帖を手に手にただ黙々と歩いて行った。
 七国山(ななくにやま)という峠のてっぺんに至りつくと、まさに日は真上にあって、景色は大きく開けた。
 そこへ出くわした一叢の赤々と咲きのぼる花、何だこれはと思いきや、立葵であった。
 木立の暗がりを抜け出た、突然の明るさ。
 とにもかくにも「いきなり」という言葉に作者の無上の詩情を感じ取るのは私だけであろうか。
 葵の花のありようを詠いあげて充分の句である。
(青草)

f0118324_1631313.jpg


   尺蠖やひの字への字と小枝行く      森川三花

 尺蠖に尺を取られたという句がよくあるように、体を伸ばしたり縮めたりしながら、まるで尺を取るように進んでいくところから尺蠖と名付けられた虫である。
 木の枝にじっと止まっているときはピンと体を張って、枝に密着して立っているので思わず枝と間違えてしまいそうで、虫嫌いには気持ちの悪いものであるが、三花さんはそんな虫にも愛情をそそがれる。
 「への字」は言えても「ひの字」の発見がお見事、その観察のたしかさが決まっている。
 作者の命は、今、小さな命と静かにも呼吸を合わせているのである。
(草句の会)
by masakokusa | 2013-07-14 16:26 | 『青草』・『カルチャー』選後に | Comments(0)