<   2013年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧
昌子365日(自平成25年5月1日~至5月31日)
       5月31日(金)       神宮の雨に木苺草苺

f0118324_2342827.jpg
 

       
       5月30日(木)       梅雨に入る土かきよせてものの苗

       5月29日(水)       いろいろの色の薔薇見て薔薇は赤

       5月28日(火)       十薬の明日を思はぬ白さかな

       5月27日(月)       窓に見てスカイツリーや生ビール

       5月26日(日)       きのふわが夫の忌あすを晶子の忌

f0118324_22312146.jpg


       5月25日(土)       巫女の行く廊下や灯し涼しかり

       5月24日(金)       山遠く一つ日傘に顔寄せぬ

       5月23日(木)       末の子は笑うてばかり豆の飯  

       5月22日(水)       このあたり草のとげとげ天道虫

       5月21日(火)       山羊の髭夏野の端に垂らしをり

f0118324_23134483.jpg
 

       5月20日(月)       大山は小山を曳きぬ夏霞

       5月19日(日)       ひもすがら若葉に傘をさしにけり

       5月18日(土)       花嫁の笑うて蓮の浮葉かな 

       5月17日(金)       その肌つめたくねばる今年竹

       5月16日(木)       何やかや木々の降らせるもの薄暑

f0118324_20573910.jpg
  

       5月15日(水)       わが庭の蕗の煮付けを忍び草

       5月14日(火)       釈迦堂に鐘を打つたる青嶺かな

       5月13日(月)       初夏や藪に聞きたる風の音

       5月12日(日)       風に乗る子供のこゑを夏座敷

       5月11日(土)       夏浅き虫捕網は走りけり

f0118324_2275768.jpg


       5月10日(金)       味噌垂れの串にしたたる青葉かな

       5月9日(木)       石垣の苔にとどまる竹落葉

       5月8日(水)       弁当をつかふ青葉のつめたかり

       5月7日(火)       軽暖や田舎の道に影少な 

       5月6日(月)       大山を紫紺に夏の立ちにけり

f0118324_22515041.jpg


       5月5日(日)       げんげ田に子供の腕を捲りけり

       5月4日(土)       卯の花や結びに塩のよき加減

       5月3日(金)       緑摘む仕草のどこか芝居めく

       5月2日(木)       一枚を脱ぎたるこれが更衣

       5月1日(水)       爪赤く染めてつめたき新樹かな
by masakokusa | 2013-05-31 22:33 | 昌子365日 new! | Comments(4)
秀句月旦・平成25年5月
f0118324_23581531.jpg


   青梅を洗ひ上げたり何の安堵      細見綾子
 
 梅の若葉を美しいと見上げていたのも束の間、梅は早くも実になっていることに驚かされる。この梅の実がまるまると肥ってくるにはまだ間があるのだが、そう思って迂闊に過ごしていると、又いつしか落果してしまうということにもなるのである。
 まだ黄熟しないうちに、真っ青な実梅をよく捥いで、よく洗って、よく拭きあげて、たっぷりの焼酎に漬け込む。
 そんな愛惜の時間は、我が家の梅の実であってすれば、いよいよ大切な味わい。
 ささやかなことであっても、無心に仕上げたことの達成感は例えようもない。
 ガラス瓶に透き通った真っ青の清々しさ、何かしら遠くを見るような思いに眺めている。
 「洗ひ上げたる安堵かな」等と言う安易ではない、「何の安堵」というところに細見綾子の嘘偽りのない詩情が窺われる。
 言葉の一つ一つにそれこそ心を込めずにはおれない作者の至純を今さらに思う。
 細見綾子というと、先ず「青」の瑞々しさが湧きあがってくる。

   そら豆はまことに青き味したり
   蕗の薹食べる空気を汚さずに
   青梅の最も青き時の旅
   春の雪青菜を茹でてゐたる間も



f0118324_10363446.jpg


   筍のへんてつもなく伸びにけり       正岡子規

 五月が来ると、子規が思い出される。
 五月は病身の子規に変調をきたしやすく、「五月は厭な月なり」なのであった。
 だが、この句はまだ寝込んではいないころ。
 「変哲もなく」というような決まり文句を使いながら、そういえばそうだと、
納得させられるに充分の言い回しが、いかにも子規らしい知的率直さだと思う。
 だが、こう言われてみると逆に、筍ほど変哲なものはないようにも思われる。
 そんな微妙なところが「伸びにけり」にすんなり繋がって、筍の伸びゆくさまがコマ送りをするかのように想像させられもするのである。

   筍や目黒の美人ありやなし       子規

 秋刀魚ならぬ筍に「目黒」がつくのは何故だろうかと思いきや、昔、筍飯が目黒不動門前の名物であったことを知った。
 今のように筍の炊き込みごはんでなく、江戸時代の料理書によると、
 「筍の柔らかな部分を塩ゆでにしてから小さく切る。飯は普通に炊き、沸騰が終り次第に弱火にする時に、飯の上の筍を置き炊き上げる。筍飯を器に盛り、吸い物味のだし汁をかけ、浅草海苔や山椒を添える」ものであったそうだ。
 まこと垂涎、、、子規の俳句も余裕たっぷり。


f0118324_10493971.jpg


   人々と新茶ひとりの今を古茶       皆吉爽雨

 お仲間といただく新茶の味わいは格別である。
 ふるさとが茶どころであったりすると話に花も咲くことだろう。
 そうしたよき時間を過ごしたあと、一人我が家でいただくのは新茶ならぬ古茶であったというのである。
 いそいそと俳句にいそしむばかりではこのような句はできない、この落ち着いた静けさこそが、真の俳人ならではのものと思われる。
 古茶は、去年の茶であるから夏到来の新鮮味を感じるものではない、それだけに一人思考したり、ほっとくつろいだ時間によく適っているようである。
 それにしても「今を」という措辞の、何とコクのある表現であろうか。
 一句に古茶、新茶を同時に読み込みながら、そのしみじみとした人物像が、お茶の香りと共に匂い立ってくるようである。
by masakokusa | 2013-05-30 23:40 | 秀句月旦(3) | Comments(0)
原石鼎俳句鑑賞・平成25年5月

f0118324_17162546.jpg

   若竹にそよげる風や藪の中       昭和2年


 つい先日、生田緑地で見た光景はまさにこの通りであった。
 しばらく見惚れて、句を案じたのであったが、最も感じたことでありながら、こういうことを俳句に載せることは至難であり、そもそも思いもつかなかったものである。

 筍がいつしか伸びあがって、根元から順々に皮を脱いで、まだ上の方は皮を被っているのだが、竹藪の暗がりにはガバガバの竹皮が散らかっている。
 若竹の姿としてすっかり整ったわけではない、いわゆる「今年竹」という初々しさ、その先っぽのあたりはよく撓って、古い竹藪の中にあってひとしお微風にゆらいでいる。齢取った竹はもとより動かない。
 「若竹の風にそよげる」ではない、「若竹にそよげる風」である。
 手垢のついた「そよぐ」という言の葉が、これほど清々しく感じられるのは若竹ならばこそ、藪の中ならばこそである。

 生田緑地に限らず、どこにでも「これ、この通り」の光景があり、日本人なら誰の記憶にも「そう、その通り」の光景があるであろう、あまりにも当たり前に通り過ぎるものであるが、こうして一断面にとどめられてみると、ある日、ある時、何十年も後の人に、かくも新鮮なる思いをもって蘇るものに成り得るのだということに、驚かされた。

 石鼎の若竹はどれもリズムがいい。
 若竹の根っこあたりに遅れ出た筍があるのも詰まらないことのようで確かなこの世の在りようである。

   若竹の着いてははなる風の屋根     大正11年
   若竹にかざ雲疾き日のありぬ        昭和2年
   若竹に晩鐘の余韻今ぞ今ぞ         昭和2年
   若竹の伸びたる根なる筍よ          昭和9年

 中でも、次の一句は、上掲の句々よりも、その奥深い技巧でもっていかにも俳句的である。この広やかな情趣は下手には説明できない。

   若竹の午下(ごか)しじみ蝶せせり蝶      昭和13年
by masakokusa | 2013-05-30 17:04 | 原石鼎俳句鑑賞 | Comments(0)
昌子の会・青草抄(平成25年5月)        草深昌子選
 
f0118324_13263267.jpg

  
   牛の眼の遠くを見るや走り梅雨       石原幸子

 作者はきっと牛好きなのであろう。いつも見る、愛らしいその眼が今日は何だかいっそう遠くを見遣って、虚ろのようである。
 朝から降りだした雨が小降りになったものの夕方になっても止みそうにない、牛小屋のあたりの木々も草々もしとどに濡れているのではないだろうか。
 「牛の眼の遠くを見る」と「走り梅雨」が曰く言い難く照応して、五月も末頃の梅雨に入ったのではないかと思われるような雨模様がしんとした心持によく描かれている。
 折からの作者の眼が、そのまま牛の眼となっているような気配である。

 「牛の眼の遠くを見る」に類想があるやも知れぬが、作者は俳句を始めてまだ二年余、それでいてこれだけの描写が出来るのである。間違いなく作者の一句である。
(草句の会)


   新緑や垣根を少し太らせて       小川文水

 はっと見届けた新緑は、何とも鮮やかである。
 何の木の生垣であろうか、少し盛り上がって、幅広になって道にはみ出さんばかり。
 「少し太らせて」という見立てがユーモラスにも見事である。 眼差しのあたたかさがあればこそのもの。
 この作者も俳句を始めて二年余、文字通り初々しい一句である。
 このような句に出会うと、「初心忘れず」を教えられる。
(草句の会)

f0118324_13333624.jpg


  木々の間を風すり抜けて渓蓀かな       江藤栄子

 新緑の木立の中を風に吹かれて歩いて行かれたのだろう。
 やがて、あっと目の前に開けたのは渓蓀の花の鮮やかな紫であった。
 清々しい空気があたり一面にたちこめて、作者は思わず深く息を吸われたのではないだろうか。
 読者をも渓蓀の前にいざなってくれるような気持ちのよさは、一句の余韻である。
 風がただ吹いたというのではなく、「すり抜けて」というところに、妖しいとまでは言わないが、渓蓀ならではの幽艶がしのばれるもするのである。

 俳句を始めて一年足らずにして早くも俳句の骨法を心得た作者である。
(厚木セブンカルチャー)

f0118324_13354070.jpg



   カモミール抱き少女の日に戻る       河合順

 カモミールはハーブ茶として茶房でいただくことがあっても、カモミールの花というものを知らなかった。
 今回はじめて句会に参加、はじめて俳句を作ったという作者から教わった花である。
 カモミールはカミルレともいう、キク科の一年草。芳香のある薬用植物で、真ん中が黄色で花びらが白く、マーガレットに似ている。
 そんなカモミールの花を沢山剪って、胸に抱き寄せたら、少女の日に舞い戻ったというのである。何と愛らしいことであろうか。
 カモミールの花を知らなくても、カモミールという西洋の花、片仮名書きがどこか童話のように明るく、花の純粋さが目の前に開けてくるようである。
(厚木セブンカルチャー)
 

   もういいかいつつじの山でかくれんぼ       矢島弘子

 「山」の漢字以外はみなひらがな書きの一句は、韻律も印象も明るさにあふれている。
 「もういいかい」「かくれんぼ」にはさまれた「つつじの山」が見るからにこんもり盛りあがっているようである。
 かくれんぼはどこでやっても楽しいが、躑躅も盛りの山ならば、隠れどころがいっぱいあって、鬼さんもかなり走り回らなくてはならないだろう。そんな子供のエネルギーが躑躅の花の燃えるような色彩を引き出している。
(厚木セブンカルチャー)


f0118324_1692734.jpg


   少年と恋の話や粽解く       二村幸子

 何て瑞々しい粽であろうか。
 そして又何て貴重な今日この時であろうか。
 笹の葉の匂いがたちこめてくる。
 幸せだなあ、、そういうあたたかみを読者にたっぷりもたらしてくれる句である。
 少年は小学高学年、あるいは中学生くらいであろうか、まだあどけなさを持ちながらみるみる男らしさを備えてくる時期。
 少年は粽を結う手元や手順を楽しげに見ていたことだろう、時に手を貸したかもしれない。
 そうして、出来上った粽を一緒に並んで、くるくると解いてゆく時間のときめき。
 少年の口から飛び出す言葉の新鮮さ、齢の差がみるみる縮まっていきそうななつかしさに、作者の微笑みは絶えない。
(花野会)

f0118324_119566.jpg


  新緑の凄さに明日を貰ひけり       中澤翔風

 憲法記念日の5月3日、厚木市荻野運動公園から荻野川ほとりを吟行した。
 一句はその折の、圧倒的な新緑の美しさをダイナミックに詠いあげたもの。
 凄さて何なの?それで何を貰ったの?そういう屁理屈を一切はねのけるだけの精気に溢れている。
 初夏の明るい緑なら「青葉」や「若葉」という季語でもって言い表すこともできたであろうが、「新緑」という季語ならではの、「新」という文字のもたらすもの、「シンリョク」という韻律の引き締まりなどが、一句のエネルギーそのものになっている。
 新緑に呼応する作者の心の張りがあきらかに窺えるものである。
(木の実)
by masakokusa | 2013-05-07 10:58 | 『青草』・『カルチャー』選後に | Comments(0)