<   2013年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧
昌子365日(自平成25年1月1日~至1月31日)
 
f0118324_10202150.jpg

 

      1月31日(木)       足跡は雪女郎とも狐とも

      1月30日(水)       くちびるは春の隣の観世音

      1月29日(火)       あばらやが好きで笹子の鳴きにけり

 
f0118324_2237097.jpg


      1月28日(月)       焚火してものの影みなぼやけたる

      1月27日(日)       明晰の寒満月に如くはなし

      1月26日(土)       春待たる猫の大きな夜のこゑ

      1月25日(金)       大琵琶の北も北なる雪を掻く

      1月24日(木)       主なき書斎に日脚伸びにけり   
 
   
f0118324_22434620.jpg


      1月23日(水)       寒晴の丘に帽子を失へる

      1月22日(火)       枯棚に垂らしてものの一個かな

      1月21日(月)       涸れながら水の流れの止まざりし

      1月20日(日)       鋸に伐り鋏に剪つて春待たる

      1月19日(土)       せせらぎや鴨の三羽の徒歩き

f0118324_22573322.jpg


      1月18日(金)       冬萌の吹かれ柳となりにけり

      1月17日(木)       底冷えの一羽飛んだる疎林かな

      1月16日(水)       朝日子や濡れてゐる道凍る道

      1月15日(火)       左手は凍えて右手凍えざる

      1月14日(月)       もんどりを打つたる鴨の寒日和

f0118324_19394548.jpg
  
 

      1月13日(日)       着ぶくれてあわてふためくことのあり

      1月12日(土)       探梅や屋敷林を抜けもして 

      1月11日(金)       一言に通り過ぎたる冬薔薇

      1月10日(木)       どの椅子も剥げて港は寒ぬくし

      1月9日(水)        一駅を乗つて降りたる初電車

f0118324_17493730.jpg


      1月8日(火)        寒晴や港は音のみな谺

      1月7日(月)        木に花の貼りつく寒に入りにけり

      1月6日(日)        買初のエスカレーターエレベーター 

      1月5日(土)        初鴉鳴けばこたふる初鴉

      1月4日(金)        まむかへる人美しや初句会

f0118324_051815.jpg
 

      1月3日(木)        鳥の尾の打って三日の畷かな     

      1月2日(水)        二日はや子供のこゑの風に乗る

      1月1日(火)        初鶏や井戸の深きに水湛へ
by masakokusa | 2013-01-31 23:00 | 昌子365日 new! | Comments(0)
秀句月旦・平成25年1月

f0118324_13354617.jpg


   水仙に春待つこころ定まりぬ      高濱虚子

 人は悲しみや淋しさ、あるいは苦しみをかかえもつとき、寒さが一段と身にこたえるのではないだろうか。ことに寒の内という、一年でもっとも寒いこの時季は、何をするのもおっくうである。
 そんな寒中のある時、床の間に活けられた水仙の凛然たる立ち姿、かすかなるよき匂い、その清々しさに釘付けになるほど感じ入ったのである。
 そういえば畳に挿しこんでいる日差しも心なし長くなったようである。一日ごとに、畳目の一つまた一つと日脚が伸びていくと、やがて立春である。
 水仙を前にして、その気合をいただいたように心に張りが生まれたのだった。

 若いころは当たり前のことを言っただけのような気がして通り過ぎていた句が、年を経てあるとき切実に腑に落ちることがある。
よき俳句は、長い時間を生き続けてくれる。そうして、こんなにも遅れてやってきたものに、ヤアーと人懐かしく語りかけてくれる。
 秀句もまた孤独なのである。


f0118324_1732190.jpg


   寒夕焼妻と見る日を賜りし        綾部仁喜

 第四句集『沈黙』に所収の一句。
 この時、作者は呼吸不全で入院中、その妻は脳梗塞を患って又別の病院に入院中であったが、漸くの思いで妻の病院を訪ねた時のものであるという。
 家族が一つ屋根の下に住むことが叶わず、しかも重病をかかえているという情況はいかなるものであろうか、来し方をかえり見て、当事者でなければ分らないものが心中には押し詰まっていることであろう。
 読者は分らぬことは分らぬままに、この「寒夕焼」の濃さに思いを重ねるのである。
 身も凍えんばかりの寒さの中にあって、まさに身を切るような赤い赤い夕焼けである、生きて在る命の尊さが刻々かがやいている。



   寒紅の濃き唇を開かざり        富安風生

 寒中に製造された紅は寒紅として珍重され、ことに寒中の丑の日に売り出す紅が最高の物とされたとか。現在は、単に女性が寒中にさす口紅として詠ってもいる。
 高濱虚子に、
   丑紅を皆濃くつけて話しけり
がある。
 虚子は赤い花びらがゆらゆらするような感じを面白く受けとめたのだろうが、風生の好みは「開かざり」にあった。
 口をキッと結んだ佇まいが、いかにも冴え冴えとして美しい。



f0118324_163321.jpg


   元日も二日も暮れてしまひけり      正岡子規

 当たり前のことをあらためてこう言われると、そこに子規その人が居るような気がして、「本当にそうですね」と相槌を打ちたくなるような句である。
 ふと胸中を吐露したかのような単純さが、かえって、新発見のように読者の多くに共鳴されるのではないだろうか。
 それというのも、年が改まって「元日」というもの「二日」というものへの意識の持ち方が、日本人なら誰しも強いからである。
「暮れてしまひけり」という引き伸ばし方に、何をしたでもない、無為に流れてゆく時間を惜しむ気持がことさらに実感されるものである。



   封切ればあふれんとする歌留多かな      松山夏山

 「小倉百人一首」の歌がるたであろう。
 子供の頃のお正月は歌留多に明けくれた。紅白歌合戦ならぬ源平二手に分かれての紅白かるた合戦が子供心にも嬉しくてならなかった。
 取札と歌札のびっしり詰まった箱の蓋をあけると、まさに札そのものが勇んでいるかのように溢れ出たものである。
 その溢れ出たものを手のひらにさーっと撫でる時の冷たさが、一気に熱気を帯びてくる感覚は今でも鮮やかに思い出される。
「あふれんとする」は実態でありながら、心象でもある。


f0118324_1642489.jpg


   別のつれと妻も来てをり初芝居      上林白草居

 こういう情況は他の場面でもあることだろうが、笑ってゆるされるのは「初芝居」ならではの「めでたさ」である。
 作者の妻を見る眼には余裕が感じられる。初芝居もまた艶なる華やぎに満ちたものであっただろう。
 新年早々「ご馳走さま」の句ではある。
by masakokusa | 2013-01-31 22:00 | 秀句月旦(3) | Comments(0)
昌子の会・青草抄(平成25年1月)        草深昌子選
 

f0118324_21174971.jpg


   二日はやディーサービスの迎へ来ぬ     石堂光子 

 正月一日は、遠く離れて住む息子さんも帰って来られたであろうか、家族揃って祝う雑煮やおせち料理は格別の味わいだったに違いない。
 どこの家庭でも一日は、泣いたり怒ったりしないで、静かに過ごすのが古来の慣習であり、ちょっと肩の凝るようなところに気分があらたまるものである。
 明けて二日は、初荷、初乗り、初湯、書初めなど、さまざまに行事もはじまって、今を生きる人々の生活がいきいきと始動する。
 光子さんのお宅には二日にして、早くもディーサービスのお迎えの車が横付けになった。老齢のお母さまはきっと上々のご気分で乗り込まれたことだろう。見送る家族も、有難さにほっとするひとときである。
 <まづ母の予定書き込む初暦  光子>も同じ作者のもの。母の介護を生活の中心に据えて、自身の向上への努力も忘れない作者の意欲と感謝の気持ちが滲み出ている。
(青葡萄)


   初謡不断の曲の新たなり      菊竹典祥

 年のはじめに謡曲を朗々と謡いあげられたのである。
 謡のことはよく存じあげないが、奥深い世界であることは想像に難くない。一生をかけて熟成されていくものであろう。
 典祥さんはたしか82歳。100歳を超えた謡仲間の女性の背筋の通った生き方のすばらしさを、句友の我々にもよく教えてくださる。
 典祥さんも又矍鑠たるもの。この簡潔にして断定した一句の姿がそのまま典祥さんの真っ直ぐな姿にかさなっている。
 一年を加えるということは、平常慣れ親しんだ曲であっても、そこに「新たなり」の瑞気を自ずから取りこんで、かくの如く認識するところにあるのだろう。
(青葡萄)

f0118324_21182133.jpg



   寒卵朱色に染まる日の出かな    齊藤坐禅草

 寒中に産んだ卵は栄養価が高く、貯蔵も長く利いて重宝にされる。
 そんな寒卵が、鶏小屋に産み落とされて、折からの日の出にあかあかと朱色に染まっているというのである。
 坐禅草さんは、東京農大のお近くにお住まいで、句材を拾うためによく農大構内を散策されるそうだから、掲句も、農大で飼っている鶏かもしれない。
 俳句を始めて二年にして、かくも力強く美しい一句が生まれた。
 まさに「寒卵」の値打ちである。
(草句の会)


   潮の香の湯に包まるる寒の入    森川三花

 今年の寒の入りは正月5日であった。寒さを覚悟の上の露天風呂であったが、存分の湯気には、何とほのかにも伊豆の海の潮の匂いがこもっていたのである。
 「潮の香の」発見が寒の入りの実感となって一句を引きしめている。
 旧年の不幸も困難も一切を忘れて、ただただふわーっと幸せの湯気に包みこまれておられたのであろう。
 ロマンチスト三花さんの夢見心地が、文字通り匂い立ってくるような一句である。
(草句の会)


f0118324_15345425.jpg


   しがらみを脱ぎ捨て生きん冬の川      小川清

 しがらみは水流を塞き止めるための柵であるが、転じて、人が生きていく中で、まといつくもの、引き止めるものをいうことの方が一般的になった。
「しがらみを脱ぎ捨て生きん」という観念的とも思えるフレーズが、真実作者のものとして立ちがってくるのは、ひとえに「冬の川」という季題が決まっているからである。
 水量の少なくなった川であるが、その水流は杭にぶつかり石に乗り上げしながらも潔い音を上げながら一途に流れている。蕭条とした中にも折からの冬日は眩しいほどである。
 「しがらみを脱ぎ捨て生きん」というのは、自由に生きようとする作者の決心であると同時に「冬の川」の光景そのもののようにも機能しているのである。
(花野会)


   大冬木曲りし角に祠あり      佐田とよ女

 町外れであろうか。大冬木はすっかり裸木となった欅などが印象される。がっしりとした幹をぐるっとまわった、その角に小さな祠があったというのである。
 だれしもが経験したことのあるような、懐かしい情景が目に浮かぶようである。
 「曲りし角に祠あり」という叙し方には、静かなる歩幅まで感じられるし、そのことであらためてその土地に長く生き続けた冬木の貫録も思われるのである。
(花野会)

f0118324_15275947.jpg


   好きなこと互ひにしてる炬燵かな      中澤翔風

 炬燵は一家団欒の象徴ともいえるものであるが、翔風氏の炬燵は、一つテレビを共に見るのでなく、一つ蜜柑を剥き合っているのでもなく、思い思いに好きなことをしているというのである。
 何と幸せなひとときであろうか。
 「互ひに」は老夫妻でも親子でもいい。
 古くから庶民に親しまれた「炬燵」が、俄然現代性を帯びて洒落ているではないか。
 「してる」という口語調も気楽さの表出であろう。
(木の実)


   読初の本借り出しに出掛けんや      間正一

 新年になって初めて読む本を、さあ図書館に行って借りて来ようというのである。
 読初めに選ばれる本は、平素はなかなか読めない大冊であったり、長く書架にある愛読書をあらためて熟読しようとしたりするものであるが、作者にそんな気どりはない。
 何とも率直に読初めをとらえて新鮮である。
 ぶっきらぼうな言い回しのようであるが、ここには新年のくつろぎが充分に感じられるし、とりあえず家を出て新年の淑気に触れようとする心意気も伺われるものである。
(木の実)

f0118324_15283716.jpg


   侘助の咲けばなにやら口寂し    江口こう助

 侘助は椿の一品種ですが、椿のような華やかさはありません。花は一重で、小さく口をすぼめたように半開きです。そして色は白か薄いピンクでしょうか。
 もし侘助と言う花を具体的にそれと知らなくても、「侘」という一字からして、思わず「詫び寂び」を連想するでしょう。虚飾のない非常に簡素な、何かが少し欠落したような趣きをイメージするのではないでしょうか。
 そう、茶人に好まれるだけあって、とても控えめな美しさなのです。
 ある日、作者は、庭に咲いた侘助を見つめていると、いつしか「なにやら口寂し」という思いに引き込まれていったというのです。
 「口寂し」というのは、お腹は空いてないけど何か口にしたいという気持ちです。侘助の咲く頃の寒さなら熱いコーヒーなどがいいかも知れません。いや、そんな実質的なものを欲するというより、潜在的な、何か満たされない思いが滲み出て来たのかもしれません。
 今、作者は侘助の心におのが心を重ね合わせて、静かにも自身を見つめ直しておられるのではないでしょうか。
 この句が一読一瞬にして、私の胸にひびいたということは私自身もまた侘助という花のありように心打たれたからにほかなりません。
(草句の会)


   釣堀の人影二つ夕時雨       眞野晃大郎

 原句は「釣堀の人影二つ冬時雨」でした。時雨は冬のものですから、あえて「冬時雨」としなくても、たとえば「釣堀に人影二つ時雨けり」、「釣堀に人影二つ夕時雨」では如何でしょうか、と申しました。
 しかし作者の写実には下手な抒情が少しも紛れてなく、ここに写しだされているのは釣堀の水に写ったすこしうす暗い人影の二つであった、それだけです。「それだけ」ということが最も尊いのです。だからこそ作者は「冬時雨」と名詞止めにしたのでした。ここは後者の添削が適切でしょう。

 私はこの情景に時雨という急にぱらつく雨の冷たさを身に入みて覚えます。連峰の山々から降りてきた、まさに墨絵のような時雨の情感です。この二人の釣果も思わしくなかったのではないでしょうか。それでも、季節の巡りの中にある人影が二つであったことは、救いです。ときに時雨をかがやかせてもいます。
 句会でも、何やら艶やかなもの、何やらなごやかなものを感じ取られた方もおられました。俳句の解釈は一つですが、鑑賞は人それぞれに自由です。
 鑑賞の幅が広いということ自体、この句が秀句であることの証しです。
(草句の会)


   湯婆や添へた赤子と同じ丈      湯川桂香

 「何だ!これっ!」ってびっくりしました。「湯婆」の句で、こんな句は見たことがなかったのです。
 そして直ぐに、産子の頬っぺがいっそう真っ赤に感じられて、「かわいい!」って快哉を叫びました。 
 「添えた赤子と同じ丈」という、およそ体裁ぶらない、一気呵成の表現こそが、赤ちゃんのあまりにも小さな、あまりにも尊い命への驚きであり、最大の慈しみにほかならないことに気付かされます。
 原初的な命のありようを、湯婆という日常の何気ないものを通して、文字通り対比して見せたのですが、ここには何のはからいもありません。
 ただただ作者の無心の喜びが伝わってくるばかりです。
(木の実)
by masakokusa | 2013-01-31 20:00 | 『青草』・『カルチャー』選後に | Comments(0)