<   2012年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧
昌子365日(自平成24年8月1日~至8月31日)
 

f0118324_20132953.jpg


     8月31日(金)       おしろいが咲いてふろやの風呂よろし

     8月30日(木)       ほほばりしもののうまさや花芙蓉

f0118324_2165515.jpg

   
     8月29日(水)       沼を来て池に出でたる秋暑かな

     8月28日(火)       秋蝉の行きも戻りもならぬ道

     8月27日(月)       すつぽりと花にはまるは秋の蜂

     8月26日(日)       法螺貝を吹いて赤らむ僧の秋

f0118324_19471911.jpg

     8月25日(土)       寒蝉は我が二の腕を掴みける

     8月24日(金)       処暑けふの海老チリソース赤きこと

     8月23日(木)       大杉に苔のぶあつき秋日かな

     8月22日(水)       クッキーはロンドン土産涼あらた 

     8月21日(火)       いづかたを向きても山の展墓かな

f0118324_22251577.jpg
 

     8月20日(月)       かなかなや背ナの荷物の今軽ろし

     8月19日(日)       坐せば尻熱くなる水澄みにけり

     8月18日(土)       消えなんとしてなほ左大文字

     8月17日(金)       送行の空のあまりに青きこと

     8月16日(木)       新盆の庭に熊手をつかひけり

 
f0118324_2358688.jpg
      

     8月15日(水)       アウンサンスーチーを言ふ盆の客

     8月14日(火)       ふるさとは双手に抱ふ南瓜かな 

     8月13日(月)       稲妻や盧舎那大仏笑みたまふ

     8月12日(日)       露けしや林の中の草の丈 

     8月11日(土)       胸にして初秋風のリボンかな

 
f0118324_21215073.jpg


     8月10日(金)       さやけくて亀にぶつかる亀のあり

     8月9日(木)        立秋をきのふにしたる蝉のこゑ

     8月8日(水)        立秋の平等院の風に会ふ

     8月7日(火)        溝萩に立てば一人の寄り来たる

     8月6日(月)        青芝に雲の垂れこむ日なりけり

   
f0118324_22303587.jpg
 

      8月5日(日)       見るほどに揺れてきたれるハンモック  

      8月4日(土)       幼子の臍の笑へる水着かな

      8月3日(金)       夕立して真白き船の名は飛鳥

      8月2日(木)       カウボーイハットの行ける夏の霧

      8月1日(水)       網戸して女はうしろ見せにけり

f0118324_23231895.jpg


      
by masakokusa | 2012-08-31 23:23 | 昌子365日 new! | Comments(0)
秀句月旦・平成24年8月
 
f0118324_1112209.jpg

   朝顔の裂けてゆゆしや濃紫     原石鼎

「裂けてゆゆしや」という中七の措辞、そのリズム感がたまらない。
 何か大きなうねりのようなものがあって、韻律を大きく盛り上げたかと思いきや、ストンと落した「濃紫」、この濃紫こそが作者の強調したいところであった。
 要は、裂けてこそある神聖なる美しさに感動があったのだろう。
 もったいぶって最後に濃紫を見せるところが無技巧の技巧である。
 読者は、濃紫の前に立ちどまり、ただ朝顔に見惚れるほかはない、しばしその清浄感に浸らせていただくものである。


f0118324_11124216.jpg


   稲妻のほしいままなり明日あるなり    石田波郷

 旅先の東大寺で、大仏を拝観して外へ出たとたんに稲妻が走った。暗雲を打ちやぶるようにあっちにもこっちにも稲妻が光った。
 燈花会という夜の行事を待っていたのだが、何だか不気味になって、追われるように奈良を去ったのであった。
 この句の作者は窓から見ているのであろうか、「もっと光れ」とばかり、静かにも稲妻を礼賛している。
 夜になって、豪放なる電光が音もなく立ち現れるさまは、病身の作者にとってむしろ爽快であろうか。
 自分の思う通りにふるまうのが「ほしいまま」である。われも又、稲妻の如く、ほしいままに生きたいと切に願っている。


f0118324_2353341.jpg


  朝夕がどかとよろしき残暑かな     阿波野青畝

 暦の上で秋になってからの暑さが残暑で、盛夏の暑さよりいっそう身に応えるものである。 その分、朝夕の気温の低下には命拾いするかのような涼しさを覚える。
 人々の「朝晩は涼しくなりましたね」という日常の挨拶に過ぎないような一句だが、これが俄かに「詩」になっているのは、ひとえに「どかと」であろう。
「どかと」は甚だしくという意味と同時に、何かすごく重たいものをドカンと置いたような響きがあって、残暑というもののありようが直に実感される。
 又、俳句的に仕上げるなら「朝夕の」であろうが、あえて「が」という濁音を「どか」の前に置いたことで、市井の残暑のありように相乗効果をもたらしている。


   花よりも鳥美しき秋扇      後藤夜半

 こちらも立秋が過ぎてからの暑さに使われる扇子である。
 なでしこや桔梗などの草花は涼しげで扇面にはよく用いられる模様であるが、ここに羽根の綺麗な鳥が小さく描き添えられてあるのだろう。
 鳥が花よりも美しいというのは、作者の感覚であるが、夏の扇ならぬ秋の扇ならではの繊細さがよく出ていて、読者にも自然と納得されるものである。
 花鳥という自然の美のうちでも花の静けさに対して、鳥の生きてあるような動きがふとゆかしく思われたのは、そこに一抹の秋風がよぎったからかもしれない。

f0118324_00491.jpg


   新涼や豆腐驚く唐辛子      前田普羅

 秋になって俄かに覚える涼しを、はっとするような新鮮な涼気として見事に言いとめている。
「驚く」とは、まさに驚かされる言葉。
 俳句そのものがすでに斬新である。
「豆腐に載せて唐辛子」や「豆腐の上の唐辛子」など、間延びした表現では、「新涼」はもたらされない。
 唐辛子の真っ赤が、みるからに、ぴりっと効いている。
 冷奴の冷たさが、いっそう引き立ってくる秋の涼しさである。

f0118324_11304712.jpg
 

  
   草取も傭はず仕事手一杯       岩木躑躅

 一読思わず笑ってしまった。
「草取」を題にして、こういうことが俳句になるのだから、おもしろい。写生というより呟きのようなものであるが、これが又いたく納得させられるのである。
 この種の俳句は「ホトトギス雑詠選集」にはよくある。人生模様がさまざまに浮き出て、さながら映画を見ているような、小説を読んでいるような感情が湧きあがって、飽きることがない。

 夏の雑草はしょっちゅう抜いていないと繁茂して手に負えなくなってしまう。「仕事手一杯」というつづまった言い方がすでに手一杯である。
 作者は二足の草鞋を履いておられるのであろうか、何やかやと押せ押せになって、雑草に追いかけられている感じである。
 ふと洩らしたように見えて、一句の裏を返せば、抜かれても抜かれても生えるが身上の雑草たちのやるせなさのようでもある。


f0118324_11312283.jpg


   走馬燈こころに人を待つ夜かな       高橋淡路女

 今はあまり見かけないが、走馬燈は縁日や夜店によく売られていた。
 枠を内外二重に作ってあって、内側に貼った切りぬき絵の影が外枠に貼った紙に回りながら映るように仕掛けた回り燈籠である。
 お盆に欠かせない「燈籠」は秋の季題であるが、「走馬燈」は涼みがてらに吊って夜を楽しむためのもので、夏の季題に入っている。

 杉田久女に<走馬燈灯して売れりわれも買ふ>があるように、灯火のほのぼのとした明るさに吸い寄せられるように見入ってしまうものである。
「思い出が走馬燈のように浮かぶ」という如く、過ぎ去ったことや、今は亡き人を偲ぶこころのありようはまさに堂々めぐりで果てしがない。
 掲句の「こころに人を待つ夜かな」も、ひたすらの思いがどことなく悩ましい。
 待っている人は誰であろうか。待つという一念に、心は高くどこまでも澄んでいることだろう。


f0118324_11565067.jpg


   掃苔や父の一生一穢なし        深見けん二

 「掃苔」は盂蘭盆に先祖の墓に詣でることであるが、この句が「墓参」ではなく「掃苔」であるところ、簡潔にして要を得た中七下五によく適っている。
 墓石は洗いに洗って、したたる雫は日の光りに煌めいたことであろう。
 綺麗さっぱり、心まで洗われたところで、あらためて父への追慕の念を深くされたのである。
 日常にあっては、「死者はお墓に何か眠っていない」と承知しながら、やはり墓を浄めるという行為は紛れなく、父の血がわれに流れて在ることを直感できるときではないだろうか。
「父の一生一穢なし」という感懐は、何より「掃苔」という季題が立証してくれるのである。
by masakokusa | 2012-08-31 20:35 | 秀句月旦(3) | Comments(0)
原石鼎俳句鑑賞・平成24年8月
  
  
f0118324_20463981.jpg



    秋風や模様の違ふ皿二つ      大正3年


 今年の猛暑は百十三年ぶりとあって、処暑が過ぎても一向に衰えない。
 漸く夕方になって裏道を下ってゆくと、草叢に虫が鳴き、遠く蜩が鳴き、竹薮がふっさりと風を送ってくれる。まぎれもない秋風である。
 ああ涼しい、やっと人心地ついた思いで仰ぎ見ると、青々とした空の一隅は真っ赤に焼けて、うっすらと薄墨を刷くように雲の一筋二筋が流れている。歩くほどに人家の小窓に灯がともり、日暮れは俄かに迫ってくる。
 こんな何気ない光景に浮びあがってくるのが掲句である。

 「父母のあたたかきふところにさへ入ることをせぬ放浪の子は伯州米子に去って仮の宿りをなす」という長い前書きのせいか、俳句初学の頃は寂寥感たっぷりに読みとっていた。
 親子であっても、夫婦であっても、所詮は模様の違う皿二つなのだ、そんな思いが秋風に仮託されていっそう侘びしかった。
 だが、今は違う。
 秋風はもっと明るい。ここに見える風景のあれもこれもが、ただ秋風に吹かれて秋風になりきっている、何よりも私が秋風をしている、そう思うだけで清々しい。
 ここまで長く生きてみれば、二つ在れば二つ違うことのありようの方がむしろ頼もしいと思う。だからこそ人生は楽しい。
 模様という措辞は、膝を突き合わして見るごとき臨場感をもたらしながら、大いなる天然の模様と化している。絢爛たる夕焼け空は、花鳥をほどこした赤絵の小皿そのものの彩色である。 
 今や、「模様の違ふ皿二つ」はイコール「秋風」となって、私の心の中で溶けあっているのである。

 石鼎も詠いあげた時点ですでに救われていたのであろうが、自らの苦悩の末に見出した言葉は読者をして人生に向わせる力を持っていることにあらためて気付かされるばかりである。
 石鼎の小さな胸には大きな背中が貼り付いていたというか、微視的なものと巨視的なものが同居していた。
 眼前にあるものは言わば人智、背後には人智を超える大自然があったのだった。

 掲句から十年後、関東大震災に遭った翌年の句にも、そのあたりのことが伺われる。

   我肌にほのと生死や衣更

 衣更えという人事が、自然の移り変わりと切り離すことのできない、のっぴきならぬ山水として、その身に染みわたるように実感されたのであろう。
 「ほのと生死や」からは、瞬時によみがえるような命の輝きを覚える。
 「秋風」にしても、「衣更」にしても、石鼎は人間よりもむしろ自然との切り結びを強固にしているのである。
 しみじみとした静けさにありながら、俳句に勢いがあるのは、石鼎その人の、単孤無頼の勁さではないだろうか。


(草深昌子=「晨」平成22年11月号第160号所収)
by masakokusa | 2012-08-29 20:28 | 原石鼎俳句鑑賞 | Comments(0)
大峯あきら鑑賞
   

f0118324_03461.jpg



    遠州の出水濁りでありにけり       草深昌子


(平成24年9月号「晨」第171号所収)
by masakokusa | 2012-08-28 23:31 | 昌子作品の論評 | Comments(0)
山本洋子鑑賞
   

f0118324_23452266.jpg


     この道の先に道なき揚羽蝶       草深昌子

 「この道の先に道なき」そういう奥まで舞っていこうという「揚羽蝶」。
 揚羽蝶の勁くて妖しい生命感があらわれている。


     サングラスかけて命のことを言ふ    草深昌子


(平成24年9月号「晨」第171号所収)
by masakokusa | 2012-08-28 23:28 | 昌子作品の論評 | Comments(0)
晨集散策・浦川聡子鑑賞
   
    
   うち晴れて朝しづかに雛の日       草深昌子


 やわらかな朝の日差しが畳の上の雛壇まで差し込んでいる。
 雛を飾って、お雛さまが家の中にある期間は、家じゆうが華やかさにつつまれる。
 今日は晴れて、雛祭の日。おごそかで晴れやかな気分と同時に、雛納が近いさびしさもある。

(平成24年9月号「晨」第171号所収)

f0118324_21213797.jpg

by masakokusa | 2012-08-28 20:59 | 昌子作品の論評 | Comments(0)
新刊書評・佐保光俊第一句集『銀漢』        
      

      好漢のかがやき


 「筋金入りの好漢というべきか」、田島和生主宰の序文はこの一言にはじまる。  
 なるほど、同人総会に颯爽と現れた佐保氏はまことイケメン、眩しかった。その寡黙なる眩しさは、『銀漢』から発光されるそれとそっくりであった。

   餅を焼く妻の手に染みありにけり
   薫風やラジオ聞きゐて妻笑ふ
   尻あげて自転車こぐ子稲の花
   春の月子と自転車を買ひに行く

 愛妻句が多い。だが美化されたものではない、親しくお声をかけたくなるような奥さまである。手の染みが、真っ白な餅を大きく膨らませ、かすかなる笑い声が緑の風を匂い立たせる。
 朝日に輝く稲の花の活力は子供の尻を持ち上げ、親と子の心が一つになったとき春の月はほのぼのと照り輝く。
 これらの句の根底にあるものは妻子への慈しみに違いないが、何より、何気ない日々の暮らしの一齣一齣が、二度と還ってこない、かけがえのないものであることを知る詩人の感性である。
  
   きちきちの飛んで一気に流さるる
   ひるがへり尾鰭大きく金魚玉
   丸き石あれば手に取り野に遊ぶ
   夕ざくら倉庫を閉づる人小さし

 愛情は、生きとし生けるものへ等しく注がれている。
 野に出ても石ころ一つあればもう楽しくて仕方ない。桜の咲く夕べは何と森閑としてしかもあたたかい情感であろうか。
 物の姿をしっかり見る眼があればこそ、本当のものの美しさ、ものの命をしかと感受されるのであろう。

   淵深く沈みゆく葉に水澄めり
   寒林を出で来る細き流れかな
   穴惑また岩棚に出てゐたる
   実紫こぼれし岩の凹みかな
   六月の山の岩場に手をかけぬ

 技巧を弄さない句々はどれも透明感にあふれている。得がたい発見が大きな自然のありようを輝かせるのである。
 ことに「六月の山」の瑞々しさはどうだろう。これぞ好漢の真骨頂ではないだろうか。下五に危うさをみせながら、ドッコイ底知れぬ力が潜んでいる。

 先日、熊谷守一美術館二十七周年展を観た。画伯の語録はどれも凄い。
 「絵にも流行りがあって/その時の群衆心理で流行りに合ったものはよく見えるらしいんですね/新しいものが出来るという点では認めるにしてもそのものの価値とはちがう/やっぱり自分を出すより手はないのです/何故なら自分は生まれかわれない限り自分の中に居るのだから」
 この言葉の意味は深いところにあるのだろうが、折しも新進気鋭の一集を拝誦していて、膝を打つ思いがしたのだった。
 佐保光俊氏は、何かを「持っている」作家であることを信じてやまない。


f0118324_20464648.jpg

by masakokusa | 2012-08-27 20:27 | 俳論・鑑賞(2)NEW! | Comments(0)
岩淵喜代子句集『白雁』・一句鑑賞
  
 
    紫陽花に嗚呼と赤子の立ち上がる       岩淵喜代子
 

 一句には「あ」音がリズミカルに畳み込まれて、読めばすーっとこちらまで背筋の通るような感覚が生じる。そのみずみずしき韻律がそのまま紫陽花の本領であり、奥行きのある季節感でもある。
 「あー」ならぬ「嗚呼」と表記する作者は、すでに、現実世界の単なる描写を超えて、他界との交流の境地に陥っておられるのであろう。
 ご機嫌の赤ちゃんが「あーあー」と発する声が、人としての言葉の原点であるならば、喜代子俳句の原点も又このあたりにあるようである。
 なべてヌーボーとありながら、深く感応あればこその措辞に迷いがない。事物をすかさず象徴的なる季題に置き換える感覚はいかにも明晰。

 〈葉牡丹として大阪を記憶せり〉なども一連の手法をよく現している。
 作者の独断とも言える直感が、他の何ものにも取りかえられないかのように納得させられてしまうあたり、魔訶不思議である。

                  
(『俳句』2012年9月号 クローズアップ岩淵喜代子句集『白雁』所収)


f0118324_20201021.jpg

by masakokusa | 2012-08-24 20:14 | 俳論・鑑賞(2)NEW! | Comments(0)