<   2012年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧
昌子365日(自平成24年6月1日~至6月30日)
 
    
f0118324_0165599.jpg

  
      6月30日(土)       向う岸見えて橋なき行々子

      6月29日(金)       べた書きの一途に瓜の冷ゆるかな 

      6月28日(木)       涼しさのここにも天台烏薬かな

      6月27日(水)       何やかや植ゑて育てて日焼せる

      6月26日(火)       うぐひすの鳴いてばかりや梅雨の寺

     
f0118324_2333790.jpg


      6月25日(月)       涼しさや松のそろはぬ松並木

      6月24日(日)       遠州の出水濁りでありにけり

      6月23日(土)       渦巻くは夢が淵とや夕河鹿

      6月22日(金)       大洞に人の吸はるる岩煙草 

      6月21日(木)       六月や道細ければ空広し

f0118324_2045557.jpg
 

      6月20日(水)       紫陽花の寺や奥にも奥のある

      6月19日(火)       朝涼や声聞こゆるは草野球

      6月18日(月)       藁の堂瓦の堂や夏木立

      6月17日(日)       西行の蠑螈に結ぶ庵かな

      6月16日(土)       蟻地獄見て説法を逸らしけり

f0118324_22282363.jpg


      6月15日(金)       時鳥鳴くや高きに明り取り

      6月14日(木)       紫陽花に愛染明王説かれたり

      6月13日(水)       葭切がどこにも葭がどこまでも

      6月12日(火)       めちやくちやに鳴いて鶯老けにけり

      6月11日(月)       羅や雨に濡れては乾きては

f0118324_18374599.jpg


      6月10日(日)       会ふたびに人の笑へる茂りかな

      6月9日(土)        青梅の流れにのりし一個かな       

      6月8日(金)        六月の摘果の潔かりけり

      6月7日(木)        いろいろに山羊のこゑ出て麦の秋

      6月6日(水)        もの言へば矮鶏の寄りくる朝曇

f0118324_23312826.jpg


      6月5日(火)       南風や泥手に拭ふ泥の足

      6月4日(月)       悲しみの網戸のかたくありにけり

      6月3日(日)       強腰の女子供の田植かな 

      6月2日(土)       何もかも忘れてしまふ夏蛙

      6月1日(金)       六月の山羊にうしろを向かれたる

  
f0118324_20315257.jpg
    
       
by masakokusa | 2012-06-30 23:17 | 昌子365日 new! | Comments(6)
秀句月旦・平成24年6月
 
   同じ日の毎日来る柿の花        松藤夏山

 柿の花は落ちて初めて気付くような地味な花である。落ちるべく咲き出でたような花が、ころころところがっているさまは、どことなくいじらしい。
 落花は、毎日のように幾日も続くことから、「同じ日の毎日来る」と描写したのであるが、「同じ日の毎日来る」という感覚は、梅雨のころの、少しうっとうしい世の暮しそのもののありようでもある。
 良くもなく悪しくもなく、代り映えのしない日々であろうとも、そのような日々こそが幸せの証し以外の何ものでもないことを人は人を失ってはじめて知るのである。
 とまれ、花のあとに、早くも小さな青柿が出来かかっているのを仰ぎ見るのは楽しい。

f0118324_1614935.jpg


   卯の花や森を出てくる手にさげて       石田波郷

 こういう句を見ると、波郷はやっぱりうまいものだなと感嘆する。ホトトギス雑詠選集の中の一句といってもおかしくないような、何気なさも御手の物なのである。
 森を脱け出た卯の花がにわかに明るく、その純白を見せてやまない光景は、<泉への道後れゆくやすけさよ>と同様に、「泉」や「森」の一語でもって、季題をどこまでも引き立たせる感覚が冴えている。

 卯の花といえば、日本の唱歌「夏は来ぬ」(佐々木信綱作詞 小山作之助作曲)を思い出さずにはおれない。

   卯の花のにおう垣根に
   時鳥早やも来鳴きて
   しのび音もらす
   夏は来ぬ

   五月雨のそそぐ山田に
   早乙女が裳裾濡らして
   玉苗植うる
   夏は来ぬ

 卯の花ほどなつかしい花はない。まこと瑞々しい6月の到来である。

f0118324_16171545.jpg


  南瓜より茄子むつかしき写生哉      正岡子規

「悟りといふ事は如何なる場合にも平気で死ぬる事かと思って居たのは間違ひで、悟りといふ事は如何なる場合にも平気で生きて居る事であった」と、子規が「病床六尺」に書いたのは明治35年6月2日。
 同年6月27日から8月6日まで、「果物帖」に青梅や冬瓜など18点を写生し、続いて8月1日から8月20日まで、「草花帖」に秋海棠や朝顔など16点を写生している。
 果物や草花を枕元に置いて、写生してやまない子規の目は、「造化の秘密」に触れて、いよいよ眼光炯炯であったろう。

 <青梅をかきはじめなり果物帖>に始まって、茄子を描いたのは7月16日、死ぬ二か月前のことである。まさに、如何なる場合も平気で生きて居る子規であった。
 命を写した一つ一つが、今もって何かをいきいきと語りかけてくれるものである。

f0118324_14422510.jpg


   一人立ち一人かがめるあやめかな       野村泊月

 「いづれがあやめかきつばた」というように、アヤメとハナショウブとカキツバタは色も形もよく似ている。アヤメはハナショウブやカキツバタと違い、水辺ではなく野に咲くというが、そうとも限らないように思う。
 一番見分けやすいのは花びらの元のところを見て、ハナショウブは黄色、カキツバタは白、アヤメは網目状の模様があるところであろうか。

 泊月の句は、読んでそのままの光景である。
 泊月の句集の序文に虚子はこう書いている。
 ―「どんな句が一番いいのか」と君が私に尋ねたことがある。
其時私が「一寸見たところでは平凡なようだが味わえば味わうほど趣きの深い句」と答えたそうである。其結果「技巧のうまさが誰にでも認められるような句は好まなくなり、苦心の跡の見えるような句も好まなくなり、底力のある句、深く光の包まれた句を好むようになった」と。
 ― つまりそのような句が泊月の句の命であることを続けてねんごろに述べている。

 立っているところの一人、かがんでいるところの一人、その一人一人もよいが、二人の関係、二人の透き間もまた涼しく眺め遣ることのできる句である。
 清楚な光景は、あやめがそこに咲いてあればこそであり、何よりも、あやめが際立っているのである。


f0118324_1231638.jpg






 
by masakokusa | 2012-06-30 20:30 | 秀句月旦(3) | Comments(0)
原石鼎俳句鑑賞・平成24年6月
 

  
f0118324_095599.jpg
 
   
    

     
      提灯を蛍が襲ふ谷を来り        大正2年

 峯高くあれば谷深くある、そういう山中の切り立った崖の縁をやや急ぎ足で歩いているのだろう。
 手にした提灯に、真っ暗闇の中から、一匹かあるいは数匹の蛍がいきなり突進してくるのである。それも一度ならず二度も三度もあったことだろう。
 そのたびに石鼎は息をつめるのである。その張りつめた感情が「谷を来たり」の字余りに自ずから滲み出ている。

 かつて、この句を読んだ時には、無数の蛍が提灯めがけて飛んできたかのような燦たる光景、耿耿たる乱舞を想像したものだが、今思うに、そういう情況には「襲ふ」が馴染まないように思われる。

 「襲ふ」からは、だしぬけに独りの石鼎が独りの蛍と向き合った、一対一の真剣勝負のような勢いが感じられる。
 明かりには明かりをもって抗する蛍は文字通り命がけに火を燃やしたであろうが、その明滅の強さに石鼎の熱情が応え、石鼎の切情が応えてやまないのである。

 思うに「襲ふ」は、無我の境にあった石鼎が言葉の方からおそわれたのである。天啓のごとく下り来た措辞ではないだろうか。
 又、下五が例えば「谷であり」と定型に収まっていては他人事に過ぎない。
「谷を来たり」という真っ向から詠いあげた調子が、「襲ふ」を真実のものにして、昂奮さめやらぬ息づかいを生々しくも伝えるのである。
by masakokusa | 2012-06-26 23:47 | 原石鼎俳句鑑賞 | Comments(0)