<   2012年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
昌子365日(自平成24年5月1日~至5月31日)
 
  
f0118324_19334196.jpg

    
      5月31日(木)       縦横にさらに斜めに青田波

      5月30日(水)       線香を一束買うて涼しかり

      5月29日(火)       老鶯に簾を垂らす家並かな

      5月28日(月)       黒鯛を路地のかかりに捌きをり

      5月27日(日)       青田波寄せくる母は蓬(ほほ)けたり

f0118324_2136481.jpg


      5月26日(土)       夏めきて鴉の翔ちあと濡るる

      5月25日(金)       何鳥か鳴いてやまざる夏木かな

      5月24日(木)       この道の先に道なき揚羽蝶

      5月23日(水)       おもひきり風吹く丘の新樹かな

      5月22日(火)       薔薇園の一つ裸像をさびしみぬ

f0118324_23234664.jpg
 

      5月21日(月)       サングラスかけて命のことを言ふ

      5月20日(日)       薫風や掴みどころの蔓になき

      5月19日(土)       あをあをとありしあたりや姫女苑

      5月18日(金)       へこへことゆける毛虫の嫌はるる

      5月17日(木)       薫風に鴉の嘴を滴らす

f0118324_2011639.jpg


       5月16日(水)      豆飯に豆の潰れてあるが好き

       5月15日(火)      道細く直ぐにあらざる薄暑かな

       5月14日(月)      夏めくや中洲に花の赤きこと

       5月13日(日)      たとふれば墨痕淋漓朴の花

       5月12日(土)      青芝のいきれともなき匂ひかな

      
     
f0118324_10582048.jpg


      5月11日(金)      日輪の新樹隠れの高さかな

      5月10日(木)      新緑の鉄砲打にすれちがふ

      5月9日(水)       葉桜の陰と知りたる帰りしな

      5月8日(火)       若葉して豆大福の店に列

      5月7日(月)       ただ歩むこの楽しさの端午かな

f0118324_21164241.jpg


      5月6日(日)       観音の胸を抽きたる若葉かな      

      5月5日(土)       林泉の静けさにゐる菖蒲の日

      5月4日(金)       妹は兄より強きみどりの日  

      5月3日(木)       花棕櫚の影に紫煙をくゆらしぬ

      5月2日(水)       母のこと語らん新茶淹れにけり

     
f0118324_191094.jpg


      5月1日(火)       燕らのいそしむ五月来りけり     
by masakokusa | 2012-05-31 23:40 | 昌子365日 new! | Comments(0)
秀句月旦・平成24年5月
  

   窓ひらく鉄線の花咲きわたり      山口青邨

 さながら鉄線のように細く硬い蔓の伸ばすので鉄線花という。
 <鉄線花を一重の花の元(はじ)めとす  後藤夜半>にあるように一重のすっきりとした花びらが美しい。白色もあるが気品ある紫色が好もしい。
 又、掲句のように、窓を開けば、そのあたりにひとかたまりに咲いているというのがいかにも鉄線花らしい佇まいである。

 こんな鉄線花を、「父の日」を主題とした一句にかぶせたものも忘れ難い。

   忘らるるものに父の日鉄線花     神蔵 器


f0118324_21175328.jpg



   棕櫚の花海に夕べの疲れあり      福永耕二

 棕櫚はヤシ科というだけあって、野性的かつ南国的である。
 海辺などに見かける棕櫚は際立って大ぶりで、晴れやかな印象をもたらすが、手入れの行き届かない庭やさびれた公園に咲いていたりするとどことなく陰気な風情でもある。
 「海に夕べの疲れあり」という抒情は、作者その人の疲れのようであり、棕櫚の花のあの垂れ下がった黄色の粟粒のような花の脱力感のようでもある。


f0118324_2335026.jpg

   水馬かさなり合うて流れけり      内藤鳴雪

 「水澄まし」と言う昆虫には二種類あって、生物分類学でいうミズスマシは、水面をくるくる回っている「まいまい」という甲虫であり、もう一つのミズスマシは「あめんぼう」と呼ばれ、表面張力を利用して、すいすいと水面滑走する虫である。
 掲句は「あめんぼう」と読むのだろうが、関西出身の私などは「みずすまし」と呼ぶ方がなじみがいい。

 この水馬の軽快感をそのままリズムにのせてゆくあたり、さすがにさらっとして上質な写生句である。
 春に水面に現れた水馬は、初夏の頃よく重なり合っている。上に乗っている方が雄で下が雌だとか。水中で産卵のときも雄は背中に乗ったままというから面白い。
 そのユーモラスなところが、「流れけり」に通っていて、自然のなりゆきにまかせているかのような飄々たるさまがいかにも涼しげである。

 内藤鳴雪は松山の人。文部省参事官を経て明治22年旧藩の常盤会寄宿舎の監督となった。舎生としていた正岡子規の影響で46歳から俳句を始め、子規日本派隆盛の原動力となった。
 円満洒脱な人柄は、『内藤鳴雪自叙伝』によく表れている。



   白牡丹ある夜の月に崩れたり        正岡子規

f0118324_22194726.jpg


 この堂々たる格調高い一句は、子規がまだ健康体の25歳の作品である。
 気品ある白牡丹が、ほろほろ散るというよりは、グシャッと一気に崩壊した感じをもたらして、どこか無残な冷たさが印象される。
 「ある夜」とは、一体いつ、どういう夜であるのか、明確に示さないところが心憎い。まるで、満月の今宵こそはとばかりに意識的にどっと崩れたかのようなところ、白牡丹の白さを際立てて、いかにも心象的である。

 牡丹の句と言えば蕪村の<牡丹散ってうちかさなりぬ二三片>が有名だが、この蕪村を称揚したのは子規であった。
 子規もまた蕪村にならって牡丹が好きであったらしい。

   一輪の牡丹かがやく病間かな
   林檎くふて牡丹の前に死なん哉

   
 明治32年5月、「夜昼焦熱地獄に在り」という病子規のもとへ、鼠骨らが子規庵へ牡丹の鉢植を持参した。  薄紅大輪の牡丹であったという。



   花の如き口をあけたり燕の子        青木月斗

 スーパーマーケットの入口に立て看板があって躓きそうになった。そこには「ツバメが巣を作っています。糞が落ちますので頭上ご注意ください」とあった。
 見あげると壁に巣があって親鳥がしきりに出入りしている。
 掲句の如き、愛らしい子燕はまだ雛であるのだろう、「花の如き」口をいっせいに巣の外に向けてひらくほどには成長していない様子。
 やがて六月中旬頃からは二番子の産卵も始まるとか、初夏の空は楽しみに満ちている。
by masakokusa | 2012-05-31 22:00 | 秀句月旦(3) | Comments(0)
原石鼎俳句鑑賞・平成24年5月
 
  
    老鶯や日に見えながら谷わたり      昭和9年

 
 春に山里近くに鳴いている鶯は、夏になると山中に甲高い声を響かせる。
 その声を、「人を遠ざけて己を持したれいろうのひびきがある」と書いたのは飯田龍太であっただろうか。
 まさに、玲瓏の声を聞いたのは昨日、鎌倉は極楽寺裏の山畑であった。
 一度見た光景が、一句でもって再現される、もう一度その場に踏みこませてもらえるという楽しさこそは俳句の醍醐味である。

 石鼎の老鶯なら、大正2年の<山門の日に老鶯のこだまかな>の方が、格調が高いかもしれないが、「山門の日に」という限定は、手練に過ぎるように思われる。
 片や、「日に見えながら」という中七はあまりにも無造作である。
 何も言わない俳句ほど味のあるものはない、想像力をふくらませてくれる。
 「日」の一字でもって燦々たる大気のひろがりを見せ、「見えながら」でもって作者の目をたちどころに読者の目に摩りかえてしまう。
 ある意味したたかな措辞とも言えるが、肩の力を抜いた石鼎の風貌がここに現れているのも好もしい。


f0118324_111036.jpg



 

   
by masakokusa | 2012-05-31 21:40 | 原石鼎俳句鑑賞 | Comments(0)