<   2012年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
昌子365日(自平成24年3月1日~至3月31日)
 
     3月31日(土)       蕾の木花の木実の木長閑なり

 
f0118324_22245244.jpg
 

   
     3月30日(金)       山笑ふ雲の溶けたる空の色

     3月29日(木)       親鸞の説や蛙の目借時

     3月28日(水)       春風のときに鳶を吹き飛ばす

     3月27日(火)       あたたかに撫でてポストのあたまかな

     3月26日(月)       春の雲そのさきざきに鳶の飛ぶ

f0118324_20342122.jpg


     3月25日(日)       またしても空を見上ぐる春愁

     3月24日(土)       春寒の勅額門といふがあり

     3月23日(金)       暮れなづむ梅のかをりの濃ゆきこと

     3月22日(木)       うぐひすの初音にかをる花白く

     3月21日(水)       はくれんの港の音に芽吹きけり

f0118324_2083953.jpg


     3月20日(火)       開帳や風にはためくものの音

     3月19日(月)       海向けば顔に風来る彼岸かな

     3月18日(日)       江ノ島は余寒に痩せしかと思ふ

     3月17日(土)       いちさきに蝌蚪の生るるや芭蕉庵       

     3月16日(金)       日晒しの港の椅子のあたたかし

     
f0118324_2216199.jpg


     3月15日(木)       野遊びの子の詰め詰めに一と筵

     3月14日(水)       仲春や南から来る風つめた

     3月13日(火)       曾祖父の髭の写真や山笑ふ

     3月12日(月)       貝殻は砕けて草は芳しく

     3月11日(日)       遠足の子に萬年橋搖るる

 
f0118324_18352047.jpg


     3月10日(土)       ものの芽のなべてしつとりしてゐたる

     3月9日(金)        鳥雲に入るや涼亭開け放ち

     3月8日(木)        蝌蚪の紐浪速言葉に掬はるる

     3月7日(水)        浪速から友の来たると蝌蚪生るる

     3月6日(火)        永き日の突堤縦に横にあり

f0118324_21175054.jpg


     3月5日(月)        梅林に入りもせでゆく春の人  

     3月4日(日)        踏青の大盤石に坐りもす

     3月3日(土)        古町をい行く雛の日なりけり

     3月2日(金)        のどけしや波打際は波の音

     3月1日(木)        春雪の積もらぬ木々の揺れにけり

f0118324_11575752.jpg

by masakokusa | 2012-03-31 23:12 | 昌子365日 new! | Comments(13)
秀句月旦・平成24年3月
 


f0118324_2256201.jpg

    ひた急ぐ犬に会ひけり木の芽道      中村草田男

 ひた急ぐ犬に会うのはいつの時節だってよさそうであるが、木の芽道ほどふさわしいものはないように思う。 逆に言えば、木の芽道であればこそ、ひた急ぐ犬に出会ったのであろう。
 まさに出会いがしらの一句である。作者の感受性もろとも、木の芽吹くころのみずみずしさが際立っている。


   芽柳の水に綾ある日となりぬ        上村占魚

 芽柳はいろいろの芽のなかでも最も大らかな感じがする。
 <芽柳の吹かれてもどるときゆるし 草也>という句にもあるように、ゆったりとしたさまがいかにも春の風情である。
 掲句は、そんな萌黄色の新芽をつけた無数の枝が、高みより水の上に枝垂れるさまである。
 水面にはこまかな波がたっているのであろう。あるいはさまざまの砂塵がたゆたっているのかもしれない、物の影も映っていることだろう。
 「水に綾ある」という言葉の技巧が、さらっと読み下されて美しいのは、まこと「ことばの綾」である。



   春泥やつなぎたる手を又はなし       岡田耿陽

 春泥は、春の雪解けや、霜解けなどによってできた「ぬかるみ」のこと。この穢ない泥さえもシュンデイといえば何か独特の季感がわきあがってくる。
 春泥にはばまれていったん右と左に手を離したのは、幼い子供であろうか、それとも若いカップルであろうか、はたまた年寄り同士であってもいいと思う。
 いずれにしても離した手はまた繋ぎ直されるのであるから、ほのぼのとした光景である。
 繋ぎなおされた手は、前にもましてあたたかな温もりをもたらしたことだろう。
 耿陽は明治30年生れの虚子門下俳人。

 同じく虚子に師事した明治33年生れの中村汀女に、
   春泥にふりかへる子が兄らしや       中村汀女


 がある。こちらも愛らしい。



   いかなごにまづ箸おろし母恋し       高濱虚子

 兵庫県は室津名産「いかなごくぎ煮」新子詰合せなるものが到来して、まさに掲句の通り、ひとしおなつかしく春の美味を味わった。
 室津は万葉集にも詠われる古い港町、「炭屋」という老舗は創業二百数十年。参勤交代の帰路、故郷への手土産にもなったとか。
 瀬戸内や阪神地方では、各家庭で競って炊かれるようで、姉からも毎年のように届く。こちらは老舗のように、煮上がった姿がくっきりと釘のようにはいかないが、その柔らかみがたまらない。
 ちなみに、虚子は愛媛県松山市出身。虚子の箸にした鮊子もまた格別のものであったろう。

f0118324_02125.jpg



   二日灸花見みる命大事也          几董

 高井几董は江戸中期の京都の俳人。蕪村の高弟。
 二日灸(ふつかきゅう)は陰暦二月の二日に灸を据えること。
 「二日灸は効能が倍あるとか、息災になるとか言われている。この日往々寺や村に名灸の札が立ったり、田舎道をぞろぞろと灸すえに行く人々に逢うことなどよくある」と古い歳時記に出ている。

 掲句は、「四十以後の人三里に灸すべしと」という前書きがある。
 人生五十年と言われたのはついこの間のことで、江戸時代の平均寿命は三十歳ぐらいだという。乳幼児の死亡が異常に多かった頃の数字ではあるが、いよいよはかない命が思われるものである。
 それでも長生きの方も相当おられたのであろう。今の百歳以上の方々の如く。
 「花見る命」とは美しくも具体的であり、几董の敬意がよく表れている。

   先人の惜しみし命二日灸         高濱虚子

 は、几董の句と響きあっている。

 ところで、私の好きな二日灸の句は、
   やまの娘に見られし二日灸(ふつかやいと)かな   石鼎

 である。
 石鼎の吉野時代のものであるが、この句に魅せられた私は、若き頃より二日灸をひそかにも実践して今に至っている。


f0118324_2112530.jpg


   雛飾る四五冊の本片寄せて       山本洋子
 
 何とつつましい、女らしい仕草であろうか。
 雛に寄せるいとおしさが滲み出ているように感じられるのは「四五冊の本」であり、「片寄せて」という、上質、上品なる措辞である。
 いかにもさりげないのだが、たくさんの書物に囲まれて暮らしている知的な表情も加わって、このように飾られたお雛さまのお顔はいかばかり凛々しく美しいものであろうかと、自ずから想像されるものである。
 「片寄せて」という連用形止めに、ちょっと弾んだ心持ちが窺えるのも楽しい。



   雛もなし男ばかりの桃の酒       正岡子規

 明治28年、子規の日清戦争への従軍が決まって、日本新聞社の同僚や、内藤鳴雪などが見送りの酒宴をはってくれた。おりふし3月3日であったから、皆で「雛もなし」という句を詠みあったそうである。
 「桃の酒」は、「お白酒」ではなく、酔いのよくまわりそうな酒の雰囲気である。

   首途やきぬぎぬをしむ雛もなし

 このあと子規は日清戦争へ向けて勇躍東京を発ったのである。
by masakokusa | 2012-03-31 22:06 | 秀句月旦(3) | Comments(0)
原石鼎俳句鑑賞・平成24年3月
  


    雨を来し人ひとくさし桜餅      大正12年  

f0118324_10245872.jpg



 桜餅と言えば先ず虚子の句が思い浮かぶ。

   三つ食へば葉三片や桜餅      虚子

 人を食ったような句であるが、大阪から東京に引っ越して間無しの頃、向島長命寺のさくら餅をいただいた時、あまりにもこの通りであることに笑ってしまった。
 暗黙のうちにおいしさが通っている。

 石鼎の桜餅の句は全句集の中に二句ある。
 掲句の前に、
   
   雨を来し人の臭ひや桜餅      大正12年

 がある。
 セルのような毛織物であろうか、雨に濡れて少々臭ったのであろう、桜餅に雨の日の情趣がかぶさったものである。
 「雨を来し人の臭ひや」はとりあえずの句であろう。
 やがて、その臭いは雨を運んでやってきた、生身の、呼吸している人間の臭いであると、人なつかしくうけとめたのである。
 「雨を来し人ひとくさし」と、畳みかけるように、作者の見た通り、感じた通りに書きなおしている。
 ここには虚子のあほらしさはなくて、石鼎の五感が蠢いている。
 虚子の句はいつなんどき食べても桜餅は桜餅であると突き放しているが、石鼎の桜餅は「ひとくさし」でもって、その時ならではの桜餅の味わいを文字通り咀嚼しなおさねばならないものになっている。

 桜餅らしい屈託のなさが虚子であり、桜餅らしい粘っこさが石鼎であろうか。


 ところで、大正11年に柳の句がある。

   お神輿の荒れて過ぎたる柳かな      大正11年

 全句集において、この次に来るのが、

   神輿荒れもみにもみたる柳かな      大正11年
 
 である。
 「桜餅」と同様に、「柳」も又、はじめは、「荒れて過ぎたる」と実況報告的であったが、のちに「もみにもみたる」といっそう明確、具体的になった。
 而うして、柳の最も柳らしい揺れかたが再現されるという趣きである。

 石鼎の全句集を繙いて、こういう手の内を覗かせてもらうような句に出会うと、石鼎の「ひとくささ」がひとしおなつかしく匂ってくるものである。
by masakokusa | 2012-03-31 10:15 | 原石鼎俳句鑑賞 | Comments(0)
『雉』同人作品評(平成24年1月号)
  

   富士新雪ささらで寄する白子干し    二宮英子
 
 富士新雪たる四文字の荘厳、その韻律の引き締まり、思わず身丈の伸びるような清らかさを覚える。そこへ引き寄せた十二音の何と柔和なることであろうか、この措辞でもって俄かに一句が躍動する。
 「ささら」は簓であろうが、新雪さらさらの感を誘って、あたり一面輝くばかり。


   金星の明るき冬の水飲めり       河野照子
 
 清冽なる水は、たちまち私の喉をひやりと下っていって、身も心も透き通るような感覚をいただいた。まるで金星の雫のような、得も言われぬ味わいである。明けの明星であろうか、気持ちが前向きになってきそうである。かりに宵の明星であれば、心落ち着くことであろう。いずれにしても天地のリズムと共にある気力は清々しくも自然体である。
 俳句を拝誦して、あたかも読者自身のものとして取り込ませていただくことほど幸せなことはないのである。


   松茸を一本かかげ婿来たる       鈴木厚子
 
 何て素敵な婿殿であろうか。屈託のないスケールの大きさ、繊細なるやさしさ、千金に勝る松茸の一本である。好機を逃さず、リアルに詠いあげるという俳人の実力もさることながら、何より親としてのあたたかさに魅了される。


   首立てて夕日に消ゆる秋の蛇      大前幸子 

 金色の夕日に威儀を正したかと思うと、すっと穴に吸い込まれていった蛇、何と神々しい命であろうか。人としての最期もかくの如きものでありたいと思ったほどである。 「首立てて」は、腰の据わった作家ならではのものである。


   雨はれて刈田雀のかまびすし     紺井てい子
 
 「雨はれて」と、時間の切れや経過にひと呼吸置いたあと、一転、「刈田雀の」「かまびすし」という頭韻の弾みでもって、文字通り欣喜雀躍の刈田を展開している。
 一見素っ気なく見せるのも、俳句の芸である。


   ひとつ濃く富士五合目の秋灯     神田美穂子

 「ひとつ濃く」なる描写に、類想がないわけでもないが、富士五合目と続くと、まさにそれだけでもって秋灯の詩情が十二分に伝わってくる。大きな世界に埋没していくような己でありながら、己への愛惜もまた濃いのである。


   苞にせむ金の芒を一摑み         宮崎修
 
 「苞にせむ」に全体重がかかるのであろう。ただの芒ではない、「金の芒」ならではの華やぎ、「一摑み」というざっくりとした手触り、ある種の豊穣を思わせる。一本気なる男のロマンは、苞の行方にかかっている。


   清流の淵へなだるる野菊かな     浜田千代美 

 碧潭になだるる野菊の香気が匂い立ってくるようである。印象鮮明なる光景は、石鼎の〈頂上や殊に野菊の吹かれ居り〉と、好一対である。


   椿の実からりと落つる日和かな     高橋咲子
 
 椿の実は神社仏閣の一隅によく見かけるが、静けさの中に「からりと」落ちる音のみを捉えて、よき日和を堪能されている。
 ときに眩しいほどの艶やかな日差しである。


    大笊に縮れてゐたり唐辛子       山崎桂子 

 唐辛子の乾燥は完璧、見るからに激辛である。お手製であるがゆえに、ひとしお惚れ惚れする大笊であり、縮れもまた並ではないのである。
 俳人は食生活一つをとっても手抜きをされない、この愛惜の唐辛子ほど己を励ます真紅はないのではないだろうか。


    屋上にシーツはためき菊日和      小林亮文
 
 屋上にシーツがはためくのは何時であってもよさそうであるが、作者はとりわけ菊のよく咲くよき日和をもって称えられたのである。日常に詩を見い出すということは、いいかえれば三百六十五日よく生きていなければならないということである。存命の喜びここにありだと教えられる。


   大粒の雨にたたかれ崩れ簗       大片紀子
 
 「たたかれ」がいきいきと機能するかと思えば、「大粒」も又見逃せない。崩れ簗はお手上げ、この雨はたまったものではないだろう。俳句は言葉で作るとはよく言われるところだが、この句など先ずお手本である。


   対岸の造船の灯や秋惜しむ       佐保光俊 

 穏やかに叙して、他のどの季節でもない秋深む思いにしばし立ち止まらされる。なぜ対岸か、なぜ造船の灯か、つまらない鑑賞を一切必要としない作者独自の思い。その筋の通った勁さが、しんとした詩情をもたらしている。


   出漁の男の咳を闇に聞き        塚田裕之

 「男の咳」には生業に生きる男ならでは溜め込みがあるのだろう、ゆるがせにできないものの響きがこもっている。「闇に聞き」という簡要を得た措辞は、「男はつらいよ」ではないが、どこか物語的であり、濃密なる出漁である。


   夜神楽や大蛇の腹に大き穴      川口眞佐子 

 大蛇の腹には女を容易すく飲みこんでしまえるほどの大穴が空いているのだろう。神秘にひそむ人間臭のおかしみを一つの具象で捉え、夜神楽というものの真実を伝える。


 田島和生主宰の「風鳥園雑記」は毎号読み応えがあった。
 新年号では、「先師に学べ」と題して、厳しかった沢木欣一選を仰いだ林徹先生の態度を偲ばれている。
 徹先生は「先生は先生、自分は自分など不遜なこと」は考えず、必死に作った、「常に自分の師事する先生の胸を借りるつもり」で先生の作品を読み、選評を読んで理解することの大切さを主張され、俳句に打ち込まれた、というのである。このくだりは、何度読んでも叱咤激励されるものであるが、ふと思い出されたのは幸田露伴の「他者によって自己を新たにする」という考え方であった。
 立派な人や賢い人に随身しているうちに、意外にその人が能力のある人になって頭角を出して来る、やがて新しい自己が出来上った頃、新しい運命を獲得するという。
 「この他力によって新しい自己を造るという道の最も重要な点は、自分は自分の身を寄せて居るところの人の一部分同様であるという感じを常に存する事なのであって、決して自己の生賢しい智慧やなんぞを出したり、自己のために小利益を私しせんとする意を起こしたりしてはならぬのである」と結ばれている。
 林徹俳人は、己を無にし、すぐれた師を全面信仰することの大切さを、身を以って教えてくださったのである。

 
f0118324_1147158.jpg

by masakokusa | 2012-03-01 11:23 | 俳論・鑑賞(2) | Comments(0)