<   2012年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
昌子365日(自平成24年2月1日~至2月29日)
     2月29日(水)       ながらへてゐたる命や水草生ふ       

     2月28日(火)       路地裏のここにも若布干されあり

     2月27日(月)       江の電の音に過ぎたる春障子

 
f0118324_2193527.jpg
 

     2月26日(日)       真向ひて雛の意気をいただきぬ

     2月25日(土)       くちびるの今しひらかん雛かな

     2月24日(金)       寺に着くころにはあがる木の芽雨

     2月23日(木)       ものの芽のどの芽といはずのけぞれる

     2月22日(水)       観梅や大倉山の一と凹み

f0118324_1952883.jpg


     2月21日(火)       さつきよりすこしゐざりし蝌蚪の紐

     2月20日(月)       五十貫目余とやこの石春の泥 

     2月19日(日)       境内は林の如し凍て返る

     2月18日(土)       紅梅の幹にしばらく掌を置きぬ

     2月17日(金)       あかあかと吾が誕生の涅槃図絵

 
f0118324_2361275.jpg


     2月16日(木)       谷戸深く来たれば涅槃像に会ふ

     2月15日(水)       暗雲の縁は黄金の涅槃かな

     2月14日(火)       鶺鴒の羽根の白さも余寒かな

     2月13日(月)       鯉の身の波打つ水の温みけり

     2月12日(日)       どこにでも日輪一つあたたかし
>  
f0118324_20133241.jpg


     2月11日(土)       はけぶらしたはしひしやくやあたたかし

     2月10日(金)       下萌に石灯籠の倒(こ)けてあり

     2月9日(木)        水温む嘴赤く羽根黒く

     2月8日(水)        下萌に象の脚踏み替へにけり 

     2月7日(火)        駅の名の永福町や春立てり 

f0118324_23214249.jpg


     2月6日(月)        冴返る鯉の鯰に似てゐたる

     2月5日(日)        人々は春立つ橋にとどまれる

     2月4日(土)        立春の湖の金剛光りかな

     2月3日(金)        鬼やらふ古江は家のみな古び

     2月2日(木)        悴んで屋敷林の中とほる

f0118324_20482389.jpg

       2月1日(水)       太々と幹ある障子開きけり
by masakokusa | 2012-02-29 23:35 | 昌子365日 new! | Comments(7)
秀句月旦・平成24年2月
 

   日洩れきし谷を急ぎて実朝忌       石田波郷

 頼朝の第二子、右大臣にして大歌人であった源実朝は若くして非業の最期を遂げた。命日は陰暦1月27日であるが、陽暦では2月も末のことである。

 鎌倉の谷戸を所用があってやや急いで通り過ぎたその日が、たまたま実朝忌であったのだろうが、実朝自身が馬上凛々しく駆け抜けたさまのようにも重ね合わせることができるという構図に臨場感がある。   
 一縷の日がさしていたことが実朝への心寄せであろう。
 <松籟の武蔵ぶりかな実朝忌   波郷>もある。

 波郷に申し訳ないが、実朝忌の句なら、尾崎迷堂の<鎌倉右大臣実朝の忌なりけり>の右に出るものはないように思われる。
 何も言わずしてもっとも多く語っているところが、やはり何ともいえない。



   春草は足の短き犬に萌ゆ       中村草田男     

 枯れ切った冬の道端から、生垣の隙間から、草の芽が萌え出していることをいち早く嗅ぎ分けているのは犬のようである。わけても足の短い犬が寄り道しげき足取りとなると、いかにも滑稽で、その明るさがそのまま人の喜びに繋がってくる。

 下萌の句というと星野立子の<下萌えぬ人間それに従ひぬ>というのが理屈抜きに納得させられるが、要は草も、犬も、人も、なべて天地の運行に従って、命を養っているのだと知れる。


   海苔あぶる手もとも袖も美しき     滝井孝作

 去る大寒に、横須賀港から軍港巡りの船に乗らんとした折、景品に「新のり」半帖をいただいた。
 渺渺たる寒潮の中にあって、まるで鳥がついばむようにパリパリと音を立てていだくと心中まで青く染まってゆくようであった。
 この時初めて、「新海苔」が冬の季語であることを確認した次第。

 さて春立って、掲句の海苔を焙っている女性は仕草もしなやかに、着こなしもよき趣きである。
 うるわしい女性に託けて、実は海苔そのもののはなやぐような艶やかさや香ばしさを詠いあげているのである。心憎い句ではある。


   薄氷の吹かれて端の重なれる     深見けん二

 薄氷を「うすらい」と読むことを知ったのは俳句をはじめてからである。
 古語というか詩語というか、語感からして冬の氷とは違った、春寒き頃の感じがよく出ている言葉である。

 かすかなる風が吹いた、その風に呼応して薄氷は、「吹かれて」而うして「重なれる」という状態になった。自然の動的な姿をありのままに描写して、その存在を静止状態にして、浮き立たせるという写生の迫力に驚かされる。  
 「吹かれて」「重なれる」という、端的な表現の落ち着き。
 何より、「端」という一語に作者ならではの発見があって、しばしその場にシーンと佇まされるのであるが、明るさも、あたたたかさも又この端の方から滲み出てきそうな気配がするのである。


   白魚の小さき顔をもてりけり       原石鼎

 白魚は、6、7センチの細長い魚で、体は透き通っていて、眼は黒点パチリと鮮やかである。
 小さい魚に小さい顔というのは当然のようであるが、「小さき顔でありにけり」ではない、「小さき顔をもてりけり」である。
 「もてりけり」というところに、標本ではない、今生きてある白魚の一つ、一つがいじらしくも見えてくるのである。
 人は残酷にも、そんな小さなる命をもったものを、「シロウオの躍り食い」などと称して、生きたままいただく。
 やや深い鉢に何匹も泳いでいるところを、小さな網ですくっては酢醤油につけていただいた、博多の春の夜の妖しさは忘れられない。

(博多から転勤してきた友人に、白魚とシロウオは違うというご指摘をいただいた。たしかに躍り食いの方はもっと小さかった。無知ながら石鼎の一句からは博多が思い出されるということでお許しいただきたい。)


   碧梧桐のわれをいたはる湯婆(たんぼ)哉        正岡子規

 2月1日は河東碧梧桐の忌日。
 碧梧桐は18歳の時から子規に俳句の教えを受け、高濱虚子とともに門下の双璧と称されたが、子規亡き後、新傾向俳句を唱え一世を風靡したもののやがて衰退、昭和8年には俳壇を引退した。
 碧梧桐忌の例句もほとんどないのが現状であれば、子規の読み込んだ碧梧桐はなつかしい。

 碧梧桐と虚子はもっともよく子規を看病した。
 子規は随筆に、「人々代る代るおとづれとぶらひたまひし中にも碧虚二子は常に枕をはなれず看護もねごろなり。去年と言ひこたびといひ二子の恩を受くること多し。わが命二人の手に繋りて存するもののごとし」と称賛している。

 明治29年、掲句の他にも湯婆の句があり、懐炉の句がある。

   冷え尽す湯婆に足をちぢめけり 
   目さむるや湯婆わづかに暖き
   古庭や月に湯婆の湯をこぼす
   貧乏は妾も置かず湯婆かな
   胃痛やんで足のばしたる湯婆かな
   三十にして我老いし懐炉かな


f0118324_1148624.jpg

by masakokusa | 2012-02-29 20:40 | 秀句月旦(3) | Comments(0)
原石鼎俳句鑑賞・平成24年2月
 

    くもり来て空ばかりなる梅林       大正13年


 梅林は、一つの丘であったり、一つの山の凹みであったりすることが多いから、そこから見渡せる空の青さは格別である。
 さっきまで、空には真綿のような雲が幾つも浮かんでいた。そんな雲の一片が日輪の前を通りかかると、あたりは白光してかえって眩しくもあった。
 だか、午後になって、急に曇り始めると、いつしか数多の雲は空にとけて一つもなくなってしまった。空は一面、うっすらと翳って、しろじろとあるばかりである。
 晴れ間には酒旗の一つぐらいは揺れていたかもしれないし、梅のみならず何かしらが目に飛び込んでいたであろう。よし曇ってきたとしても「空ばかりなる」筈はないのであるが、そうとしか言いようがないのが石鼎の詩情である。

 上から下へすっと一本の線を引いたような簡潔な描写は、そのまま春の寒さを物語り、「空ばかりなる」というつぶやきは、そのまま作者のうっとうしさである。
 そして結句にきて、俄かに「梅林」のありようがクローズアップされるという塩梅である。梅の咲きようも今一歩のように思われる。

 翌年に、

    日高さにまぶしき梅の一枝かな     大正14年

 がある。こちらは、日の高きことを手放しに喜んでいる、健康的な心の力強さがうかがわれる。
 客観写生の裏には情が濃く潜んで在ることを、この二句からも気付かされるのであるが、「梅林」は「日高さにまぶしき」ものでなく、「梅の一枝」は「くもりきて空ばかりなる」ものでないことは明白である。
 「梅林」を掴み、「梅の一枝」を掴むことにおいて、焦点の絞り方はさすがである。

 100人いたら100人が見る見方ではない、101人目の目とでもいうような石鼎のものの見方が、「くもりきて空ばかりなる」なのである。誰しも空を見ると救われるのであるが、掲句の空は必ずしも救われるような空ではない。
 空に執するところが石鼎の独創性であろう。

 昔、「鹿火屋」の最古参の同人の方から俳句は「真善美」であると教えられた。それはやはり原石鼎から学ばれたものではないかと思っている。
 石鼎の人口に膾炙する句はあまねく真善美であるが、全句集を繙くと、マイナーなるものも、意に介せず思うままにどんどん詠み込まれていて面白い。
 人の世に生きる人間として、偽りのないものの見方というものが強固な裏打ちとなっているからこそ、石鼎の俳句は今に生きているのではないだろうか。

f0118324_10542083.jpg

by masakokusa | 2012-02-29 10:39 | 原石鼎俳句鑑賞 | Comments(0)
『雉』同人作品評(平成23年12月号)
 
f0118324_9283116.jpg

 
   三人や老いを語りて茶碗むし      田上さき子

 三人寄ればかしましいと言われた遠き日、今や足腰が痛いの忘れ易いのと嘆き合うばかり。
 だが茶碗むしをいただく三人はいかにも上品。銀杏をふふんで、いよいよ老いの才覚を発揮しましょうよと意気投合。
 三人に救いがある。


   浪曲は天野屋利兵衛十二月       水野征男

 十二月、何はともあれ忠臣蔵にほれ込む。
 討入りに使用する武器を調達したのではないかと、厳しい拷問にかけられても、「天野屋利兵衛は男でござる」と金輪際口を割らなかった、その人。
 権力に立ち向かう切々たる節回しに男の理想像を重ねて、年を惜しまれるのだろう。
 胸のすくような図太い句はすでに天野屋利兵衛的である。


   流れつつ薄くなりゆく秋の雲        藤江駿吉

 何気なく現しながら、これほど言い得て妙なる秋の雲の句を他に知らない。まこと「雲を掴むような」雲である。 
 この句をしばし仰ぎ見るうちに、すっかり秋の雲気分になってしまった。
 これを秋思というのかもしれない。


   銀杏の葉散るや市電の敷石に      井上久枝

 市電は市民にとって親しくも機能的であり、旅人とっては旅情なぐさめられるものである。
 ある日、こんな黄金の輝きに出会ったら、思わず足取りが軽くなりそうである。


   枯蟷螂ぎざぎざの鎌かき抱き       井上智子

 生きんがために、鎌状の前肢をむき出しに闘争する蟷螂。だが枯れてしまった今は、ぎざぎざであることがいっそ空しい。
 即物具象の裏に伏せた作者の思いが滲み出ている。


   芙蓉咲く独歩旧居は坂の上        田丸富子

 国木田独歩のものをよく読んだわけでもないのに、涼しげな芙蓉の花はまるで天の配合のようにかなっている。
 緩急のある韻律が効いているのだろう。


   月下美人白き花弁のぬれゐたり     岩切貞子

 去る日、わが家でも初めて月下美人が開花した。純白の美しさは、今更にこの句の通りであったと共鳴してやまない。生まれたばかりの花びらはすでに月の雫を浴びていた。


   無患子を転がせば音堅かりき       山崎吉哉

 深大寺の無患子は何度も仰ぎ見ているが、ついぞ「転がせば音堅かりき」であることを知らなかった。
 無患子は羽子の玉や数珠になることを認識しつつ、尚且つ誰のものでもない私の無患子の発見である。
 空は真っ青に澄んでいる。


   きちかうの綻ぶ口や蜂もぐる      井上千恵子

 桔梗の蕾の角が今にも綻びそうなところを、まるで蜂が抉じ開けでもするように生き生きと詠いあげている。「もぐる」という的確なる描写が命を吹き込んでいるのである。


   虫鳴くや律の薪割りせしあたり     小林美成子
 
 〈薪をわる妹一人冬籠〉は、まだ子規の病臥する前の句であるが、その後子規は妹律の看病にどれほど救われたであろうか。
 虫を聞くと、子規はすぐそこに居るようである。

  
   鵜は水に鴉は岩に秋澄めり        伊藤芳子

 鵜と鴉は、それぞれにその鳥ならではの処を得て、澄みきった悠久の流れに黒々と翼を光らせている。
 点在するものを季語に集約されたところ看過できない。


   新牛蒡しやきしやき削げり外厨     小室登美子 

 新牛蒡は先ず笹掻きにして、さあキンピラに、サラダに、そのレシピを想像するだけで手元は愉しい。
 「外厨」であることが、野趣ある香りをどこまでもまき散らすのである。


   巡礼に雲一つなき伊予の秋        田中忠夫

 「雲一つなき」という身近なる言葉は、巡礼の人々に強くよりそっているからこその措辞である。
 伊予聖地の空は、どこまでも歩きたくなるような労りに充ちている。 


   冬瓜をリュックに島の友来る       佐藤静香

 冬瓜一個でもってリュックはちょうど満タンであろうか。その重量感が、そのまま飾り気のない友情を物語っている。
 「人生そはよきかな」と励まされるような一句である。


   風のままころがつてゐる芋の露     町田美智子

 飯田蛇笏の〈芋の露連山影を正しうす〉は、大粒の静止の露が思われるが、この句は流動の露である。
 肩に力のはいっていないところがむしろ風雅である。


   掛稲のあかがね色や浦日和       塩田佐喜子

 海光の降り注ぐ掛稲は照り翳りつつ光彩を放っている。
 浦人の絆の深さが豊作に結実したことを祝福するかのようなあかがね色である。
 迫真にして穏やか。


   十月や海女来て神の鈴鳴らす       芦田一枝

 爽やかな十月、その十月を一直線に詠いあげたところに屈託のない海女の笑顔が見えるようである。
 〈穂芒や万葉の浜藻塩焚く〉、瀬戸内ならでは風光明媚が羨しい。


   きりぎりす壁にとびつき髭振りぬ    浜田千代美

 一瞬の驚きが詩になった。俳句は発見、眼で作るのが第一義であることを思い直される。
 「髭振りぬ」は徒事ではない、きりぎりすと作者の哀感が通いあっているのである。


   秋麗や硝子の部屋の白鳳佛        森 恒之

 「硝子の部屋の」には、まさに魂の宿った仏さまがそこに腰かけておられるような温もりが感じられてくる。シュウレイのよき響きも、流れるような衣紋を浮き立たせる。


   露けしや牧場に放つ裸馬         宮さと志

 鞍を置かない馬たちが露びっしりの草々を自由に駆け巡る。
 晴れやかさとともにある露けき情感は絵には描けない。ここには裸馬同然にある作者の命がこもっている。


   光りゐて車窓をよぎる蜻蛉かな      佐保光俊

 不思議な感覚の起きる句である。そのままを叙しただけのようで、一瞬の光となった蜻蛉の出会いと別れがいつまでも心に残る。
 スピード感が詩情を濃くするのであろう。


(『雉』平成24年2月号所収)
by masakokusa | 2012-02-05 20:34 | 俳論・鑑賞(2) | Comments(0)