<   2012年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
昌子365日(自平成24年1月1日~至1月31日)
 
     1月31日(火)       大鷲を見たるその夜のよき知らせ

 
f0118324_21112131.jpg


     1月30日(月)       待春や雪に落ちたる雪の音

     1月29日(日)       上人の腰掛石の深雪かな 

     1月28日(土)       裘(けごろも)の突つ立つてゐる上がり端

     1月27日(金)       待春の五目畠とは言ひなせる 

     1月26日(木)       探梅の浮桟橋に下り立ちぬ


f0118324_2039610.jpg
   


     1月25日(水)        日の丸のはためく雪の朝かな      

     1月24日(火)        見るところ椅子なきはなき春待たる

     1月23日(月)        室といふよるべありけり寒の雨

     1月22日(日)        待春の豚のひとこゑあがりけり

     1月21日(土)        ひるがへる薄き衣や寒念仏

f0118324_16482737.jpg


     1月20日(金)        着ぶくれて東郷平八郎に会ふ

     1月19日(木)        探梅のかへるさチャイナタウンかな

     1月18日(水)        待春や通りすがりに甘栗を

     1月17日(火)        寒林を来たれば楽の鳴りにけり

     1月16日(月)        荷を負うて荷をひつさげて日短

     
f0118324_204783.jpg


     1月15日(日)        伝馬町はた紺屋町春隣      

     1月14日(土)        寒晴や檻を出たがる鳥のこゑ

     1月13日(金)        床柱いただく新年句会かな

     1月12日(木)        銅鑼一つ一つに日脚伸びにけり

     1月11日(水)        寒木を切なくしたる鴉かな

f0118324_23182348.jpg

     
     1月10日(火)        寒木の駱駝の首に似たるかな
      
     1月9日(月)         ガス灯もベンチもみどり寒日和

     1月8日(日)         大晴の注連明けにして鴉飛ぶ

     1月7日(土)         初買の目にとびこんできたるもの

     1月6日(金)         読初のわが生ひ立ちの記なりけり

f0118324_035473.jpg


     1月5日(木)        歌留多読む声にこつくりする子かな

     1月4日(水)        膨らんでゐたる三日の鳥の肚

     1月3日(火)        暗がりはつめたかりけり松の内

     1月2日(月)        二日はや大きな皿にモンブラン

     1月1日(日)        その人の年賀みじかくあたたかく

f0118324_0582676.jpg
    

    
by masakokusa | 2012-01-31 23:33 | 昌子365日 new! | Comments(0)
秀句月旦・平成24年1月
   
 
f0118324_21465817.jpg
 
   波来れば波の上飛ぶ千鳥かな       岡田耿陽

 <高浪の裏に表に千鳥かな 耿陽>の千鳥もろとも、かくも生き生きと、目の当たりに飛ぶが如くに、その生態をよくぞ描写できるものだといつ読んでも感嘆する。
 波間をくぐり、あるいは、波より高く飛びあがり、空中を軽々と旋回してよき声を落としてくれる千鳥、小さな愛らしい軍団を活写してやまない。

 岡田耿陽は虚子門下。写生に驀進して止まない姿勢を虚子に称揚された。
 このたび発刊された岸本尚毅著『生き方としての俳句』に於いて、著者は先ず耿陽の次のような句を引いて、鑑賞をはじめている。

   水切ればむらさき走る蜆かな
   又ひとつ烏賊の嚏や籠の中
   灯りたる障子に螻蛄の礫かな 
   魚籠の目を噴出す潮や夜光虫
   寄せかへす波のにごりや桜貝

 耿陽の句からは、それぞれに物の命があり、生命の営みがあるという思いが力強く伝わってきます。
耿陽の力強さは言葉の力に由来します。俳句は言葉で出来ています。映像も音響も伴いません。言葉に頼るしかありません。しかし17音はあまりに短い。それゆえ俳句における言葉の技巧は、短さゆえの瞬発力を発揮するものでなければなりません。
「むらさき光る」「烏賊の嚏」「螻蛄の礫」などは、短い形式の中で彫琢を凝らした表現です。

 千鳥の句も又、「彫琢を凝らした表現」であることを、あらためてかみしめている。


   寒雀顔見知るまでしたしみぬ       富安風生

 雀は年中、その辺を飛んでいるが、ことに寒中は餌が少ないからであろうか、いっそう人家に寄ってくるようである。
 吟行に出かけた折など、日溜りの椅子に坐ると必ずといっていいぐらい、「何かちょうだい」という風情で足下にやってくる。
 寒さに負けじと、毛並みもまるまるとふくらんでくる冬の雀は一茶ならずともつい声をかけたくなるようないじらしさがある。
 それにしても「顔見知るまで」とはさすがに言い得て妙である。

f0118324_2241481.jpg



   住吉の松をはなるる寒鴉       山本洋子
 
 寒鴉というと一見荒涼として、さも粗雑に扱われそうな季題であるが、作者はまことに丁寧に典雅に詠いあげた。
 それでいてこの寒鴉の孤影はいっそう明確である。
 「住吉」は住吉神社のあるところ、つまりは海の神様を祀ってあるところであり、歌枕でもある。神々しきまでに緑濃き住吉の松ではないだろうか。
 そこへ飛んできた寒鴉は、おのれにそぐわないことを察知したかのように、さっと飛び立っていった。今頃は、どこかの枯木にあって松への思いをあたためていることであろう。

 掲句は、山本洋子句集『夏木』に所収。
 他に、

   室生寺へ行くかと問はれ春の風
   正月の人に寄りくる鴎かな
   いくすぢも鳥羽に立ちたる稲光
   刈萱や池にうつりて女来る
   満月はのぼり暦は果てにけり

どの句も平明にして、その味わいは奥深い。
 作者は、「私意をはなれよ」を信条としているが、無我から表現されたものは、隠しようもなく己が現れてくる。
 まこと、「清雅な気品に充ちた第六句集」である。


f0118324_21538100.jpg



   寒鯉の雲のごとくにしづもれる       山口青邨

 寒中、冷え切った水中をゆらめかせて、黒っぽい鯉の群れが見える。泳いでいるというより打ち重なるようにかたまって、漂っている感じでもある。
 そんな寒鯉の静かなありようを、雲行きの怪しい黒々とした雲のように感じているのである。
 「しづもれる」という下五のとどめかたが、いかにも暗く身をひそめるかのような余韻をよく引いている。


   先生は大きなお方龍の玉         深見けん二


 昨年、NHKラジオ放送にて「選は創作なり―高濱虚子を読み解く」という深見けん二の講座はすばらしかった。深見けん二は19歳で虚子に師事、虚子の最晩年まで薫陶を受けた一人である。

 虚子の<龍の玉深く蔵すといふことを>について、テキストの中でこう述べている。
―昭和14年作。1月9日笹鳴会。丸ビル集会室にて。笹鳴会は婦人中心の句会。
1月1日には明治神宮に詣り、参拝の兵の列を見、遺族を見ている。
『句日記』(昭和11年刊)の序に「心の生活は深く湛へたる潮であり、詩は表面の波であるとも言へる。」とあり、それは終生変わりなかった。
 「深く蔵す」は、深い心を奥深くおさめ貯えることであろう。それが今一番大事と「龍の玉」の瑠璃色の実の美しさを見て思う。龍の玉という名自体がふくらみを持つ。―

 「先生は大きなお方」というまさに大きな打ち出しが、龍の玉を輝かしくも包み込んでいる。

 
f0118324_222852.jpg


   元日も二日も暮れてしまひけり      正岡子規


 明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 新年の賀辞を述べかわして、ものの始まり、時間というものを強く意識させられるのが元日であるが、いつしか暮れてしまった、そして二日も同じように早くも暮れてしまった、というのである。
 「暮れてしまひけり」、をもう少し丁寧に詠いあげたのが、芥川龍之介の<元日や手を洗ひをる夕ごころ>ではないだろうか。
 古俳句には<元日はかくて二日のまたれける>、<元日はうれし二日は面白し>などがあるが、元日も二日も大差ないのが本当のように思われる。
 何もしなかったというのではない、とどのつまりは暮れるのである、単純なるところこそが味わいである。
 年寄りの句のようであるが、子規28歳の新年。
 高濱虚子に、<老しづかなるは二日も同じこと>がある、こちらも実感。

f0118324_22114795.jpg

by masakokusa | 2012-01-31 22:10 | 秀句月旦(3) | Comments(0)
原石鼎俳句鑑賞・平成24年1月

   夫婦して豆撒き歩るく暗さかな        大正15年


 大正15年というと石鼎は40歳、年譜によると相変わらず病を養っていたようであるが、こんな風に追儺の豆撒きをやったのだなあとなつかしく偲ばれる。
 追儺は、大晦日の夜、疫病神を追い払う朝廷の儀式だったが、いつしか民間に普及して今の節分になったらしい。

 夫婦して個々に、炒ったばかりの豆を桝一杯に抱えてはいるが、きっと妻コウ子の方が先頭をきって、「福は内、鬼は外」と大きな声を張り上げていたのではないだろうか。
 ぼそぼそとコウ子につき従っていた石鼎も、廊下をわたり畳をわたりするうちに、いつしか厳粛になって、それなりの声を四方に放って鬼を追い払ったに違いない。
 「夫婦して豆撒き歩るく」までなら誰にでも言えそうだが、これを下五で「暗さかな」ととどめられてみると、やっぱり石鼎ならではのものだと思うばかりである。
 豆撒きといえば、明日は立春、こころなし弾み心があってもよさそうだが、そうは言わない。
 灯のもたらす明るさと闇夜のはざまにただよう現実の暗さはもとより、自身を意識せずにはおれない心情としての暗さも滲み出ているようである。
 暗いと感じるのは、石鼎がいまここに生きているからであって、石鼎がいなければそういう暗さもないのである。

 石鼎が病身だからというのではない、石鼎の暗さは、ふと今を生きる私のもののようにも実感されるのである。


f0118324_1045553.jpg

by masakokusa | 2012-01-31 21:29 | 原石鼎俳句鑑賞 | Comments(0)
課題詠(兼題=賀状 年用意)
           浅井陽子選

   特選    若宮にはじまる年の用意かな         草深昌子

         早めに来た人が少し小振りの若宮から始める。
         人が揃った頃、本宮にかかる。
         古老の声も弾み清々しい。


   入選    本善寺さまから賀状たまはりぬ        草深昌子
  

   (平成24年1月号「晨」所収)

    
    

     
by masakokusa | 2012-01-03 23:20 | 昌子作品の論評 | Comments(0)
晨集抄(第166号より)
         
           奥村義一選

   消えなんとしてなほ左大文字           草深昌子
by masakokusa | 2012-01-03 23:11 | 昌子作品の論評 | Comments(0)