<   2011年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
昌子365日(自平成23年5月1日~至5月31日)
 
       5月31日(火)       黴かしら蘚かしらなど幹叩き

f0118324_23534479.jpg


       5月30日(月)       ひきがへるとべよと思ふ日なりけり

       5月29日(日)       茎に葉にさらに葉うらに天道虫

       5月28日(土)       吹き降りの苫屋の梅雨に入りにけり

       5月27日(金)       柿の花咲いてその葉をくらくしぬ

       5月26日(木)       白シャツを着て行くところどこも風

f0118324_22312326.jpg


       5月25日(水)       夏の風邪波立ちやすし消えやすし

       5月24日(火)       雑巾をつかふ女の涼しかり

       5月23日(月)       微酔いまじゃがたらいもの花を前  

       5月22日(日)       船乗りの船を下りたる薄暑かな

       5月21日(土)       ねんごろに犬を拭へる代田べり

f0118324_2143103.jpg


       5月20日(金)       赤い目の白い兎や南風

       5月19日(木)       風薫り靴鳴りここは田舎道

       5月18日(水)       葉桜や一人一人に傘の色

       5月17日(火)       更衣摘めばこぼるるものを摘む

       5月16日(月)       原子炉のこといふ青葉若葉かな

f0118324_21163996.jpg


       5月15日(日)       襟足のすずしき日なり椎の花

       5月14日(土)       松が枝に額うちつくる薄暑かな

       5月13日(金)       考へる人のごとしや蟇

       5月12日(木)       花あやめ雨脚早くまた遅く

       5月11日(水)       くちなはの上目遣ひや雨の音

f0118324_223356.jpg

  
        5月10日(火)      踊り場のその片隅の夏灯  

        5月9日(月)       新聞を浜にひらきて五月かな 

       5月8日(日)       若葉してあはれ痩けたる象の頬  

       5月7日(土)       蹼の立夏の土を踏まへけり

       5月6日(金)       蓬髪に蕊ふりかかる立夏かな

f0118324_053558.jpg

         ~~~~~~ ~~~~~~ ~~~~~~

       5月5日(木)       館出てすぐの波音夏隣 

       5月4日(水)       昭和の日庭木に梯子伸ばしけり

       5月3日(火)       風の出て憲法記念日の夕べ

       5月2日(月)       ターナーの絵を見る如き卯浪かな

       5月1日(日)       木の花のこよなく白き夏隣

f0118324_23251184.jpg


        
by masakokusa | 2011-05-31 23:00 | 昌子365日 new! | Comments(15)
原石鼎俳句鑑賞・平成23年5月
 
 
  楪のしきりに殖ゆる古葉かな     昭和6年


 楪(ゆずりは)と言えば、河井酔茗の「ゆずり葉」という詩が思い出される。


 子どもたちよ/これはゆずり葉の木です/このゆずり葉は/新しい葉ができると/入れかわって古い葉が落ちてしまうのです

 こんなに厚い葉/こんなに大きい葉でも/新しい葉ができるとむぞうさに落ちる/新しい葉に命をゆずって―

 子どもたちよ/おまえたちは何をほしがらないでも/すべてのものがおまえたちにゆずられるのです/太陽のめぐるかぎり/ゆずられるものは絶えません

 かがやける大都会も/そっくりおまえたちがゆずり受けるのです/読みきれないほどの書物も/みんなおまえたちの手に受け取るのです/幸福なる子どもたちよ/おまえたちの手はまだ小さいけれど―

 世のおとうさん、おかあさんたちは/何一つ持ってゆかない/みんなおまえたちにゆずってゆくために/命あるもの、よいもの、美しいものを/いっしょうけんめいにつくっています

 今 おまえたちは気がつかないけれど/ひとりでにいのちはのびる/鳥のようにうたい/花のように笑っている間に/気がついてきます

 そしたら子どもたちよ/もう一度ゆずり葉の木の下に立って/ゆずり葉を見るときがくるでしょう


 この詩に言い尽くされている通り、楪は新しい葉が生長するのを見届けるかのように、古い葉が散り落ちるので「譲り葉」と名付けられ、『万葉集』にも『枕草子』にも出てくる昔ながらに懐かしい常緑樹である。
 恙無く世を譲ることができる祝木として、その楕円形の葉は正月の飾りにはなくてはならぬものであって、俳句の世界でも、楪は新年の季語である。

 先日、葛飾へ吟行に出かけた折、五月の雨上がりの陽光のなかで、掲句の光景そのものの姿に出会った。ここに詠まれているのは、新年の楪ではなく、古葉をつけた夏の季語としての楪のありようである。
 見るからに柔らかそうな楪の若葉はまるで花のような華やかさに萌え出ていた。その薄緑色は、他のどの木の若葉よりも、最も透明、最も新鮮なるものに思われた。

 帰って、石鼎全句集をぱらっと捲ったそこに、掲句はあった。
 偶然の出会いもさることながら、「しきりに殖ゆる古葉」という措辞の巧さに驚かされた。
 あまりの美しさにただ呆然と見上げていた元気溌剌たる若葉の根元には、たしかに、今にも落ちそうに、薄黒くも硬そうな古葉がどっさりと無様にもぶらさがっていたのでる。あたかも花弁を囲む萼(がく)にも当るような古葉が無数に持ちこたえているのであった。

 なべて古い葉は落ちて地に還るのであるが、そういう概念的な、「しきりに落つる古葉」ではない、「しきりに殖ゆる古葉」なのである。古葉がしきりに殖えるということは、裏を返せば若葉をそれだけ燃えたたすことである。
新しい命をもたげてやまない楪という木の、まさに脈打ってある、絶え間ない鼓動が聞こえてくるようである。
 一見さらっとしたスピード感に詠いあげながら、その技巧は細緻で、並々ならぬ底力が湛えられている。

 酔茗の詩は、昭和7年の作品であるから、石鼎の俳句が一年先である。
 石鼎の俳句を知ったら、もはや酔茗の詩は長すぎる気がしないでもない。いや、酔茗の詩が好きだから、石鼎の句にも深入りするのかもしれない。

 酔茗の楪に托した親としての願い、石鼎の心のこもった古葉を思うほどに、老いた者から年齢順に死んでいくのが、命の順当であることを思い知らされる。
 同時に、年長者が年少者の供養をすることほど、むごい仕打ちはないということを、あきらかに思い知らされることでもある。 
 思えば、東北大震災でどれほど多くの逆縁というものがあったであろうか。胸が潰れそうになる。

  楪の若葉の上やとぶ燕

 掲句の一句前に掲載されている句である。
 人間も命、楪も命ならば、大空を飛んでいるものもまた命であることに、今更に心打たれている。
 すべての命は、地球という命一つの星に生き合わせているのである。

f0118324_0462295.jpg

by masakokusa | 2011-05-30 00:36 | 原石鼎俳句鑑賞 | Comments(4)
秀句月旦・平成23年5月
 
  緑陰といふもののある星に住む     村松紅花

 緑したたる木立の影を緑陰という。木洩れ日の織りなす影の濃淡は思わず絵筆をとりたくなるような美しさである。何より涼しい。
 緑陰というもののある涼しさ、そんな涼しきこの星、この地球星。
 作者は大正10年生れのホトトギス同人、
 同じ作者に、<太陽系一惑星の蝉時雨>もある。
 緑陰や蝉時雨という季節の恩寵が当たり前のように与えられたものでなく、宇宙の巡りの不思議の中に感謝をもって捉えられている。
 そういえば、「津波といふもののある星」に住んでいることも、忘れてはいけないことである。


f0118324_21461781.jpg


   大空の吹かれてゐるや青あらし      松瀬青々

 「青嵐」を歳時記でみると、「青葉のころに吹きわたる清爽な、やや強い風である」と出ているが、この句を読むとそんな解釈よりも、まさに大空の吹かれてやまぬ風こそが青嵐というものであると思われる。

 高々と繁った青葉若葉が折からの風にいっせいに揺れ交している光景を仰ぎ見て、大空に風が吹いているのでなく、大空そのものが吹かれていると捉えたスケールの大きさ。
 そこにはさっきから青嵐に吹かれている作者の内面にある、一つの静かなる意思のようなものさえうかがわれるのである。


f0118324_10453517.jpg



   サングラス掛けて妻にも行くところ     後藤比奈夫

 失礼しちゃうわ、女だって行くところぐらいありますよ、と思わず言いたくなる、そんなところがおもしろい。
 時代は昭和であろうか。
 普段は、内助の功一辺倒でつつましやかな奥さまなのだろう、だが今日は、夫があれっどうしたの、なんてびっくりするほどにサングラスが決まっているのである。
 妻の毅然とした態度、その後ろに、ちょっと臆した夫の目線がある。だが、夫もまんざらではない、妻の健闘を称えているようでもあって、なかなかに心憎い。
 つまりは、サングラスが功を奏しているのである。

f0118324_21481892.jpg


   今日の日の蚕豆摘みぬ前垂に     原石鼎

 前垂が何ともいえない幸せ感をもたらしている。前垂という言葉は今も通じるのであろうか。前垂は前掛け、つまりエプロンのことである。
 だが掲句は、ひとえに「マエダレ」でなければならない、その語感が絶妙である。
 前垂でもって、日常の些細な情景をリアルにし、蚕豆の量感のほども十分に知れるのである。
 庭に小さな畠があって、日々丹精こめた蚕豆は今や捥いでも捥いでも収穫できるようになったのであろう。  家人が今日も庭に下り立って摘みとった光景を、そのままに詠んでいるだけだが、得難い喜びに満ちている。
 笊や籠にいっぱい捥いだのではない、二人の夕餉に十分なだけのものが「前垂に」そっと大事に包み込まれている、そこがミソである。
 


   母の名はルイと申しぬフランネル    大石悦子

 宇多喜代子著『古季語と遊ぶ』に見出した句である。
 ルイという名のお母さんが着ているのはフランネル、いわゆる「ネル」で仕上げた単衣だというのである。ネルを知らずとも、さすがに俳人は上手に仕立てあげる。
 昔、冬の寝巻にしていたネルが、何で夏の季語かというと、冬に着ていた「綿入れ」を「袷(あわせ)」に替え、そのあとに「ネル」や「セル」を着ることが多かったことに因るらしい。

   古妻のネルの寝巻でありにけり   岩城久治

 こちらの句の方がピンとくるのであるが、これは「綿ネル」で、毛織物のフランネルの方を「本ネル」というそうだ。
 昭和のはじめまで、初夏の平常着として婦女子に愛されたというネル、その時代の代表的例句は、

   ネル着たる肉塊(にく)の女に聖書かな    島田青峰



  紅塵を吸うて肉(しし)とす五月鯉       竹下しづの女

 五月鯉は端午の節句に掲げて男子の出生を祝い、将来の出世を願うものである。そんな鯉幟が、大いなる風を孕んで颯爽と翻っているさまを、作者はやや挑戦的に見上げている。
 紅塵(市街地に立つ塵、転じて世のわづらわしい俗事)を吸うてその肉叢(ししむら)を太らせているという見立ては、まるでしづの女の自画像のようにたくましい。
 しづの女は他にも、〈短夜や乳ぜり泣く児を須可捨焉乎(すてちまおか)〉、〈汗臭き鈍(のろ)の男の群に伍す〉等、女流のリーダーとして、胸のすくような句を成している。

 大正時代、虚子は猛然と客観写生を説き進めたのであるが、強烈な主観の働くしづの女の句であっても巻頭に登場させるなど、次々と俊英を育て上げている。
 そのことは、4月~6月にわたるカルチャーラジオ、深見けん二の「選は創作なり」―高濱虚子を読み解く―にくわしい。

f0118324_15285244.jpg



   薔薇の画のかきさしてある画室かな       子規

 子規は明治33年に、薔薇の絵を画いている。
 病室の6畳の間から隣りの8畳間をみて、襖に寄り添うように敷居の上に花瓶を置いて、薔薇を二三本挿したものを写生している。透き通ったガラスの花瓶に薔薇があっち向きこっち向きしている可憐な絵であるが、何より襖を背にした構図がユニークである。

 『墨汁一滴』(五月一日)に、子規はこう書いている。
 「ある時不折(ふせつ)の話に、一つの草や二つ三つの花などを画いて絵にするには実物より大きい位に画かなくては引き立たぬ、という事を聞いて嬉しくてたまらなかった。俳句を作る者はことに味わうべき教えである」

 掲句は明治32年の作品。
 この画室は子規と交友のあった画家中村不折の画室を想像してもいいが、ここはやはり、病間ながら「わが画室よ」と思い入れている子規ならではの感性の働いたものであろう。
 四六時中、俳句をかきちらし、詩歌を案じてやまない、あたかも画室のような子規の一と間。
 句中に薔薇そのものは描写されていないが、その空間に薔薇の花の明るさが充満している。



   母の日や卒寿の胸に今も母          及川貞

 水原秋櫻子の俳句教室に飛び込むようにして行ってみたら、講堂には男ばかり、女は不可かとたづねたら、「コッピドクやっつけられるから」と言われ、その理由なら自分は大丈夫と思い定めて席に着いた、という及川貞の言葉が残っている。大正時代のことであろう。
 それから半世紀以上経った頃、私の飛びこんだ句会は、女性ばかりであったが、「コッピドクやっつけられる」という体験は何回もあった。おかげで甘えん坊の私は鍛えられたことを有難く思っている。

 掲句の作者は、初めから肝の坐った方であった。長い歳月の間に、三人の子どもを失い、孤独のうちに人生を全うされた。
 90歳という高齢であっても、今なお、いつもどこかで母の愛情にすがっている自分を見出し、今は亡き母への感謝をあらたにしている母の日である。
 女性が社会で活躍できる背後にはかけがえのない母の愛情が必ずやあったのである。孤独に負けない女の生き方は、母の生き方そのものがお手本となって、子子孫孫に受け継がれていく。


f0118324_15484817.jpg

by masakokusa | 2011-05-01 15:32 | 秀句月旦(3) | Comments(2)