<   2010年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
石鼎俳句鑑賞・3月                   草深昌子

   囀やあはれなるほど喉ふくれ         大正10年

 「囀」は、虚子編新歳時記によれば月別には4月、同時に春3カ月に亙る「三春」の季題となっている。
 その解説には、「再びめぐって来た春を喜ぶ如く、鳴禽類の声をつづけて鳴くことである」とある。
 再びめぐって来た春を喜ぶとは、なかなかセンチメンタルな解説であるが、実態の多くは雄が雌に求愛する恋の歌である。

 石鼎の一句も現実的な、ある種切ないともいえる囀をそのまま活写したもので、「喉ふくれ」という、この客観で一句は充分であるかと思われるが、石鼎はこれではおさまらない。
 ここに「あはれなるほど」の主観をはさみこむことで、その客観の部分がいっそう増幅されるという、石鼎独特の中七の引きのばし方が何とも巧みである。
 かにかく石鼎の俳句は、リアルでありながら直裁でなく、むしろ幻想的にまで、ゆったりと読者をまきこんで引きのばしていくあたりのテクニックに魅せられる。

 2月の「孕猫」鑑賞に対して、土岐光一氏から有難いご指摘を賜って、なるほどと納得し、私も土岐氏にならって、『原石鼎全句集』と自選句集『花影』とを比較しながら読むということをやってみたところ、まさに「ばっさり落した」句というものの種々がおもしろかった。
 20年ほど前、「鹿火屋」の同人から頂戴した、昭和12年6月刊行の『花影』は秘蔵していたが、このたび頁を繰って、その年年の風を通したようななつかしさを覚えたのも嬉しいことであった。 

 ところで掲句のあとには、全句集では、

   囀りや山の口なる細椿
   囀や裾合ふるる椿山
   囀や棚田の奥の椿山
   囀や一羽のために搖るる桑

と続くが、『花影』では、椿を取り合せた三句は落している。確かに、この配合では囀の季題がかすんでしまうようである。
 そして、「一羽のために搖るる桑」という確かな描写の一句を残している。
 ここにも、「搖るる桑」が具象であるが、やはり「一羽のために」と付加して、主観をこめている。

 さて、「喉ふくれ」は囀そのものに迫って、まさに焦点が絞られて、明らか過ぎるほどあきらかに、渾身の囀を見せ、囀を聴かせてくれる。接写である。
 これをエロスといえばエロスとも読めるが、私には、異性美への追及というよりは、母恋いしさのように見える。
 たとえば、斎藤茂吉の「のど赤き玄鳥(つばくらめ)ふたつ屋梁にゐて足乳根の母は死にたまふなり」(大正二年刊行「赤光」所収)などが、石鼎にも去来していたのではないだろうか。
 茂吉の「のど赤き」に比べ、石鼎の「喉ふくれ」のほうは虚無的である。
 ともかく、石鼎に終始つきまとう人なつかしさ、人恋いしさのあらわれのように思われる。

 深吉野時代の、

   囀や杣衆が物の置所             大正2年

 を見ても、石鼎の自然は、人の味わいそのものに化している。囀一つ聴くにも、人の気配なくしては考えられない、石鼎の淋しさである。

 石鼎の句は、徹底して具象に根ざしている、つまりは石鼎の全精神全体重がかかっているからこそ、読者はさびしさ等という、むしろ抽象的な感覚を暗黙のうちに感じ入るのではないだろうか。

 「俳句は事実でなく、真実を詠うものです」、という初学の師の教えは、石鼎の句を読むたびに腑に落ちるものである。

f0118324_2015791.jpg


(ブログ「原石鼎」・2010年3月18日UP)
by masakokusa | 2010-03-19 01:15 | 原石鼎俳句鑑賞 | Comments(0)
課題詠   兼題=雛・貝寄風             草深昌子選

  特選

   貝寄風や英字新聞開きたる     涼野海音

 「英字新聞開きたる」は所作にとどまらず、貝寄風そのものの如きはるけさを象徴していかにも伸びやかである。

   湖も貝寄風があり貝拾ふ       堀江爽青

 ハッ!と固着観念がくつがえった。すぐさま、「貝拾ふ」という具象の抑えは、「ホンマに!」と心きらめくばかり。

   雛の客畷の雪を踏みきたる     谷戸冽子

 春めいた気配や土着の感じがゆたかに描かれる。美しくも清らに育っている女の子まで目に浮かぶようである。

                        
   秀作

 貝寄風や湖辺の屋根の茅散れり      伊藤秀雄
 大樟の四五本も立つ雛まつり         大槻一郎
 貝寄風や双子のうぶ着二枚づつ      小堀紀子
 詰襟の男が灯す雛かな            近藤和男
 赤ん坊のひつぱるちから雛まつり      星野 繭


   入選

  貝寄風や戸の開いてゐる兎小屋     大矢節子    
  貝寄風の投げ釣りの竿たわむまで    久田草木
  貝寄風やくちばし赤き鳥の来て       涼野海音
  貝寄風や遷宮ありし伊勢の浜        木村辰子
  貝寄風に髪逆立てて漁師の子       猿木勝司

  他65句

(2009年3月号「晨」第156号所収)
by masakokusa | 2010-03-04 01:37 | 俳論・鑑賞(2)NEW! | Comments(0)
特別作品評                        草深昌子

        葭の村            堀江爽青

   拾ひたる椎が手にあり歩きけり


 椎の実を握りしめた感触から、すでに香ばしい甘さを読みとっておられるのであろう。「歩きけり」には、子供のようにほくそ笑んだ表情が見える。つまりは椎の実の本懐をピカピカに光らせているのである。

   木犀が匂ふ砦の物見窓

 視覚を働かせる物見に嗅覚が働いたおもしろさ。木犀は悠久の芳香に思われる。 

   嫁取りや菊に振舞ひ酒零す

 「嫁取り」は「菊」に通って晴れやか。

   負ひ籠に秋茄子一つ入れ戻る

 まるで一人娘のように極上の紫紺を負ぶって帰る。そして、生かされてあるいのちの確認をおこたらないゆとりが、〈菊を焚く煙となりの畑より〉なのだろう。
 「生えて来るもんは刈らな仕様がない」のは、ヨシ?アシ? 去年蘆の芽ぐむ頃、近江八幡水郷めぐりを楽しんだが、船頭さんはむろんヨシッ、ヨシッ、だった。

   葭束を下ろす度船揺れてをり
   葭刈を仕舞ふ大声江に広げ


 葭刈の重量感が即ち働く人の重量感。何ともめでたい大揺れ、大声、こんな村に住んだらもう長生き間違いなしに思われる。

 「葭の村」は文章といい、俳句といい、生きもののように生きていて、どっぷりよき情景に引き込まれた。
 吟行の折など、自然体の爽青氏には、その光り輝く眼光のやさしさにスーッと吸い寄せられるのだが、その感じが俳句の感じそのままである。無欲恬淡にして一期一会の濃密なる詩情。
 宇宙の出会いを知る作家の日々は「燗を熱くせよ」、もうそれで充分だと仰る。


       ~~~~~~~~~   ~~~~~~~~~~    ~~~~~~~~

         鈴鹿峠             中野達也

    関宿に馬つなぎ石朴落葉

 関宿は古代から交通の要衝で、江戸時代はことに活気あふれた宿場町であったという。ほかでもない朴の落葉は踏めばバサッと驚くほどの音を立てそうで、馬子の名残があきらかである。
 蛇足だが、「関の山」は、関宿の山車が「これ以上のものはない」というほど立派だったことに由来するらしい。

   夕鵙や峠の屋根のみな低く

 さきの「関の山」は、山車が街道筋の建物ぎりぎりを通過する様子から「目一杯」という意味でもある。
 さて、鵙は夕暮になるといっそう猛るのであろうか。日毎に日が短くなって、秋の深けゆく人々の暮らしが静かな思いに描かれている。

   神発ちて追風の吹く鈴鹿かな

 鈴鹿に風が吹いた。それを神様の旅立ちへの追風だという捉え方は、物見遊山の眼からは到底感受できない、風土への思いが濃くあればこそのものであろう。
 その昔旅人にとって最大の難所であった鈴鹿峠、「スズカ」の韻律はひそやかに響きわたる。

   父と子の手のふれ合へり籾筵 

 寡黙なる手と手が、日向のあたたかさ。

   吊橋を来る人の手に秋の草

 危うくも揺れやすいところを得て、楚々たる秋草はむしろ鮮やかに見えてくる。

(2010年3月号「晨」第156号所収)

f0118324_15423287.jpg

by masakokusa | 2010-03-04 01:05 | 俳論・鑑賞(2)NEW! | Comments(0)
秀句月旦・平成22年3月

   残雪やごうごうと吹く松の風      村上鬼城

 「ごうごうと」とは、「轟々」であろうか、とどろくひびきである。そんな寒々とした風景にあって、どこかに春の息吹を感じさせられるのは「松」のすがたを見せるからであろう。
 「残雪」は一句のテーマを真正面からうけとめて、凄然たる自然の相を読者にあきらかに喚起させてくれる。
 「ごうごうと」もさることながら「吹く」という直裁なことばが力をもって迫ってくることに思い至ると、さりげない言葉こそが名句の秘訣なのだとあらためて思い知らされる。

f0118324_2292755.jpg



   白酒やどんどこ降って昼の雪      大峯あきら

 「どんどこ」は辞書をひいても出てこない、作者自身の感受した言葉である。何と愛らしくも力のこもった響きであろうか。
 鬼城の「ごうごう」が「残雪」でなければならない如く、「どんどこ」は「白酒」でなくてはならないものである。
 お雛祭りに供される白酒は粘りがあって白濁している。その甘くて、何とも言えない香気が弥が上にも「どんどこ降って昼の雪」に感応するのである。


   春の山松の横から登りけり       大峯あきら

 中国宋代のころの禅宗の画家が、「春山淡冶にして笑ふが如く、夏山蒼翠にして滴るが如く、秋山明浄にして粧ふが如く、冬山惨淡として眠るが如し」と喩えたことから、俳句では春の山のことを「山笑ふ」という季語でもって詠うことも多い。
 掲句は「山笑ふ」などとはぐらかさないて、正面から「春の山」を詠いあげている。
 にもかかわらず、松の横から登ったという捉えようは、山のどこかがくすぐったくなるような、おのづからして笑うが如き風趣をかもしだしていて、おもしろい。
 本当に面白いことには計らいがない。それにしても「横」の一字は絶妙である。


   春泥に押しあひながら来る娘       高野素十

 春の泥んこ道は春雨や雪解の雫がもたらしたものであるが、梅雨の頃の泥んことはまるで違った明るさに満ちている。
 春の日差しがふりかかると、泥の屈折は弾けるようになまめいて、いっそう踏んでみたい気持ちにかられる。 そのせいか、私のこの時節の靴にはいつも泥がくっついている。
 掲句は、そんなヤンチャな婆ではない、すこぶる生きのいい若々しい女性である。彼女らの屈託のない心身のかたまりが押してくるような勢いがうれしい。
 「ホトトギス雑詠選集」には「ハイデルベルヒ 昭8年」とあって、素十が留学先で出会ったドイツ乙女のスナップであることがわかる。
 「来る娘」という下五の抑えには、作者の圧倒された顔つきが見えるようである。


   土筆籠風呂場に忘れ置かれあり     中村吉右衛門

 事実をありのままに述べて、その詩情は深い。目の付けどころがそのまま余情を引いている句である。
 初代中村吉右衛門は、明治末から昭和にかけて活躍した歌舞伎役者として名高いが、俳句の方でも高濱虚子門にあって『吉右衛門句集』を成している。

   雪の日や雪のせりふを口ずさむ   
   破れ蓮の動くを見てもせりふかな
   菜の花や裾から晴るる雪の富士
   春寒や乞食姿の出来上る
   幕間に彼岸詣でもして来る
   大夕立ありてせりふの通らざる

 吉右衛門の母の芸に対する厳しさを書いた文章がある。
 ―母は、芸は十分に会得してしまったら、それを一ぺん初日の前に残らず忘れてしまへとよく言はれた。何芸によらず覚えすぎると面白くない、覚え込んだものを一度忘れ、それが自然に出て来たのでなければ芸にゆとりも味も出ないと言ってよく教えられた。すべての形は心持から出た形でなくてはならぬ、と言われた―
 
 俳句もまたそうでありたいとつくづく思う。
 吉右衛門の俳句は、まことそのような態度から生まれたものであることがよく納得されるものである。

f0118324_2285646.jpg



   どの道も家路とおもふげんげかな      田中裕明

 正岡子規の<野道行けばげんげんの束捨ててある>と同じ情感が通っている。
 げんげは紫雲英と書くが、一般的には蓮華草(れんげそう)、レンゲということの方が多い。
 一面の田んぼや野原に咲きあふれる紫雲英は人々をやさしくいざなう。わけても小さな子供は一つまた一つと摘まずにはおれない。
 その無心は無意識に母に向けられているものではないだろうか、紫雲英は母のために摘まれる、そんな花のありようがなつかしい。
 紫雲英を摘み終わった、その先には、きっと母が待っている。

f0118324_2282987.jpg

by masakokusa | 2010-03-02 22:09 | 秀句月旦(3) | Comments(0)
平成22年3月~昌子週詠

     3月29日(月)
 
          鳥帰る人の住む島住まぬ島
          菜の花の丈の高さも伊良湖かな
          春潮やいづれ伊勢湾三河湾
          三角の島は神島鳥の恋
          人々の艫に片寄る霞かな
          栄螺食う十一人のこゑあげて
          檻に見て鳥うつくしき彼岸かな


f0118324_22215579.jpg



     3月22日(月)
     
          春泥にひらくと赤い鳥の羽根
          鳥帰る岸を眺めとしてゐたり
          雪を来て春の灯しのくらきこと
          犬に手をなぶらせてゐる春浅き
          青鷺の寸も動かぬ余寒かな
          果樹植ゑて鴉せはしくなりにけり
          デパートの窓に見てゐる春うれひ


f0118324_19112924.jpg


     3月15日(月)

          対岸の椅子に色ある残り鴨
          樹の瘤の太りやまざる鳥雲に
          小魚は小竿に釣りぬ春の雨
          春雨にただ立ってゐるポプラかな
          蓮如忌や島の階段数へきれず
          蓮如忌や島の裏よりかへり舟
          芳草のひと筋ありぬ道となく


f0118324_1933026.jpg

     3月8日(月)

          蟻穴を出づる如雨露の水の音
          啓蟄の木に攀じ上りゐたるかな
          赤松に傾ぐ赤松寒戻り
          料峭の女の蒸籠洗ひをり
          さっきよりすこしゐざりし蝌蚪の紐
          水温む白鳳仏を祀りたる
          噴水の濃やかなりし春の風邪


f0118324_8591395.jpg

     3月1日(月)

          観梅や川白波の見ゆるまで
          しつらへてありし小径も梅日和
          白壁の汚れを芽吹く欅かな
          あたたかや水にあたりし水の音
          梢下りて雀の子とは知られけり
          餌に来てあさましからぬ雀の子
          遠足の子に手を振ってゐる子かな


f0118324_16153720.jpg

by masakokusa | 2010-03-01 00:07 | 昌子週詠 | Comments(0)