<   2007年 06月 ( 48 )   > この月の画像一覧
特別作品評                  草深昌子
 
    待春・蔵田美喜子

  日あまねし寒の金柑枝の先


 「枝の先」には、作者の心情が乗り移って、読者もちよっと手を伸ばして頬張りたくなるような旨みに満ちている。太陽も金柑も赫奕たる金色を放って、その果肉ははちきれんばかり。
〈 水音は裏白叢の下に生れ〉 〈 寒靄や草にのりたる水の玉〉 などと共に、待春のこころが自然と一枚になっている。

  狐火が靴紐結ぶうちに消ゆ

 狐火は鬼火とも燐火ともいう。そんな怪々の狐火が、ここにリアルに現出した。彼方に山が聳えている田んぼのあたり、蛇行した豊かな水辺をさんざんに歩いた後のことであった。
ぎゅっと靴紐を結んだ体感の確かさに、直前の不確かさを際立てて、有るか無しの瞬時を見せるという、鮮やかな芸当である。
 
   待春やかたづけてをる机の辺

 ひやりとした机に日脚の伸びた光線が載っている。スナップに見えて実は芸術性の高い写真というものがある。そんな一葉にも似た一句である。落ち着いた日常がなければこのようにさりげない行動を客観視することは、できない。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   
    旅鞄・佐治紀子
 
  声高に漕ぎよせてくる蜜柑売


 蜜柑のうずたかく積まれた船であろうか。上五のコ、中七のコ、頭韻の畳みかけにてらてらと蜜柑の迫ってくるような重量感、臨場感がある。この蜜柑は、炬燵で蜜柑という味わいより、立ち食いしたくなるような大味な感触がかもし出されている。

  綿虫の空となりけり舟着場
 
 舟繋りは一種独特の郷愁が惨み出るところである。はたして綿虫が暮色の色合いをいっそう濃くただよわせた。あたりの夾雑物を払って綿虫に焦点をしぼったのは、舟の発着によどみなきことを祈る気持のあらわれでもある。

  一万尺登り来たりて大霞

 一読、「アルプス一万尺… 」という手遊び唄が口を衝いて出て楽しい。一万尺は額面通りではおよそ三千メートルの高さ。広大なる霞を一望に収めるとは、何と壮観であろう。春の枕詞としての「霞立つ」とは別種の異国の趣がしのばれる。

  (2007年5月号「晨」第139号所収)
by masakokusa | 2007-06-20 20:04 | 俳論・鑑賞(1) | Comments(0)
特別作品評                 草深昌子

     山の神・本多佑子
 
  花冷えの竹を割るとき人の息

 
 〈花冷えの〉 で一瞬の小休止があるが、直ぐに〈竹を割るとき〉 に繋がる勢いがある。然るに、下五の措辞は、人の息である。真青に走る竹幹の冷たさは尋常ではない。その感覚の冴えを、一呼吸おいた気息でもって包み込んだ。
 桜時のときとして底冷えにも似た冷ややかさを、さすがに季節の情を逃さないで、余韻たっぷりに表出した。
 作者の志す、「強く美しい句」を見せていただいた。

  袖口に松葉匂へる朧かな
 
 松葉といえば、「海辺の戀」(佐藤春夫)を思い出す。

 こぼれ松葉をかきあつめ
 をとめのごとき君なりき
 こぼれ松葉に火をはなち
 わらべのごときわれなりき。
 
 一句の松葉は、こんなロマンでなく、もっと現実に即した背景があろう。だが、読者には、生活感を詩情に高めた朧の情緒がなつかしい。ほのかな芳香を漂わせながら、しんとした印象でとらえた朧は五感のすべてに通う。



f0118324_20394490.jpg



     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    
     潮騒・吉田玉恵

  蟹が家へ細き石段夏燕

 
 〈細き石段〉を上り行く、そのぎゅっと圧縮されたような空間がすでに旅人の心を高揚させる。折りしも、行き交う夏燕。天地一体となりゆくような心弾みを誘われたであろう。
 詠法は淡々としているが、そのシンプルな言葉の連係が、景のみならず情を伝えて心地よい。
 漱石の句に、〈 思ふ事只一筋に乙鳥かな〉 がある。まさに燕の飛びようを活写している。それにも増して、育雛期の燕はまめまめしい。そのいじらしさはわれわれ人間に似通っていっそう親しみ深い。掲句の夏燕も蟹の生計の健やかさを存分にうかがわせる。

  浜を掃く少女に夏の来たりけり

 一読、清涼感に魅了される。少女の竹箒でもって空の欝陶しさを一掃した趣がある。潮風は肌に馴染んでにおい立つばかり。浜を掃く少女の仕草は、こころもち乙女さびて、やがて主婦となり母親となりゆくであろう行く末が頼もしく想われる。それはまた、立夏の情でもある。
 「けり」の用法が、箒を遣う速度にかなうように、ゆったりと一句にゆきわたる。
  
  (2003年9月号「晨」第117号所収)
by masakokusa | 2007-06-20 19:39 | 俳論・鑑賞(1) | Comments(0)
特別作品                草深昌子
      
      起居

    稲刈の鎌をはなさぬ往き来かな
  
    白雲の動かぬ稲を刈りにけり
  
    秋草や起居はものにつかまつて
  
    よきこゑに呼ばるる萩のこぼれかな
  
    天高し大蛇の松と名付けたる
  
    湧き出づる水のさながら澄みにけり
  
    紅葉して幹は割れたり捲れたり
  
    柞山翅のかぎりに虫飛んで
  
    風やんでからのそよぎを草の花
  
    あとは寝るだけとなりたり七五三


 中川一政特別展では人物画を多く観ることが出来た。〈 少女のモデル〉 は七十四歳の作品である。
 きっと脱みつけた右目、遠方へ接ね上げた左目、唇は尖って、頬っぺは破れそうに真っ赤である。そこには顔というより、利かん気な少女の内面があぶりだされて、今にも額縁を飛び出さんばかりであった。
 凝視の描写は、生きて脈打つまでにデフオルメされているのである。その迫力は少女のものとも一政のものとも知れなかった。
 少女の前に二度も三度も立ち戻った。 

f0118324_8502846.jpg
  
 (2007年1月号「晨」第137号所収)
by masakokusa | 2007-06-20 19:18 | 昌子作品抄 | Comments(0)
子規とアンパン               草深昌子

 秋風が吹きはじめると、正岡子規がしのばれてならない。
 子規は、明治三十五年九月十日、三十五歳で息をひきとった。その死の直前まで、およそ一年間の病床を綴った「仰臥漫録」は私の最も愛読する随筆集である。いつだったか、司馬遼太郎が「私は子規が好きである。子規のことを考えていると、そこにいるような気がしてくる」と語ったときは、私の気持ちを言い当てられたような思いがした。「仰臥漫録」を幡くと、いつでも「そこにいる子規」と出会うことができる。
 子規は、「食い過ぎて吐きかえす」「大食のため下腹痛くてたまらず」「煩悶を極む、頭脳苦しくなる」「歯茎の膿を押し出すに昼夜絶えず出る」等という病苦に悩まされながらも三度の食事、間食を欠かさず書きとどめていった。食欲旺盛だった。好物のさしみや果物のほかに、連日飽かず食べているのは菓子パンである。ちなみに、筆を起こした明治三十四年九月二日は十個ばかり。三日、数個。四日、二個。五日、数個。七日、十個ばかり。八日、朝数個、間食数個。九日、三個。十日、六、七個… という具合である。八日は、四個のパンの色彩画があり、それぞれに、「黒きは紫蘇」「乾いてもろし」「あん入」「柔か也」と注釈し、「菓子パン数個とあるときは多く此数種のパンを一つ宛くふ」としている。ココア入り牛乳とともにパンを齧る子規の顔は、子供のような好奇心にあふれていたのではないだろうか。
 私の子規好きは、俳句を学びはじめて年毎に募ってきたものであるが、アンパン好きのほうは子供の時からである。パン屋さんの向かいで生まれ育ったおかげで、たえず焼き立てパンに恵まれていた。そのせいか今では、旅先などでアンパンを食べないでいると手が震えて、体がひとりでに要求するほどになっている。だが果して、子規のように、モルヒネを打つほどの重病におちいったときも、アンパンを欲するであろうか。考えただけで喉がつまってしまう。
 子規は、命旦夕に迫りながら、最期まで強い意志をもってアンパンを食べつづけた。まこと命がけのアンパン好きである。私にとって、子規の偉大さも、子規のなつかしさも、この命がけのアンパンを通して伝わってくる。
 彼がもぐもぐと口を動かしている刹那は、そのまま彼の生き得た、ぬきさしならぬ刹那であったのだ。そのことを思い合わせていると、生にたいする気迫の凄みはもとより、境涯を悠然と楽しむゆとりごころが何とも切実に、愉快に実感できるのである。
 秋風にさそわれるように、銀座の木村屋に出かけた。子規のアンパンは明治創業の木村屋のものであっただろう。その小ぶりのアン入りを、秋の日差しに溢れた二階で、「そこにいる子規」と一緒にしみじみといただいた。
 じわーっと、あたたかくもなつかしい味がしみわたった。

f0118324_19154950.jpg


(1999年9月9日発行・「赤いペン」第5号所収)
by masakokusa | 2007-06-20 18:57 | エッセー2 | Comments(0)
新刊句集鑑賞・草深昌子句集『邂逅』      川崎慶子
      
     平明にして深く          
 
 草深氏の第二句集『 邂逅』 のご上梓を心よりお祝い申し上げる。

  数珠玉を水切るやうに振ってをり
  柿齧る風の音して風の来ぬ
  蟻穴を出づる出合ひの辞儀あまた
  ぼうたんに非のうちどころ無くはなし
  青田風とは絶えまなく入れ替はる

 
 平成3年から14年までの12年間の厳選された珠玉の作品の数々が、逆年順に収めてある。一句目の何気ない所作、二、三句目の自然への観察、四、五句目の心のうちを吐露された句といづれの句も、全くゆるぎなく磐石である。
 
 昌子さんのことは何も存じ上げないが、著者略歴やあとがきによると、1978年「雲母」入会、85年「鹿火屋」入会とあり、すでに20数年以上のキャリアを持っておられることを今回知った。どの作品にも自己投影がなされていて、奥行の深いものになっている。

  家中の昼を灯して帰省子に
  鈴虫や夫の背広の持ち重り
  曼珠沙華挿して家族の箸洗ふ

 
 数少ない家族詠より。家族への愛がさりげなく表出されている。

  露時雨傘を刀に鞍馬の子
  大勢を振り向かせたる熊手かな
  竹の皮脱ぎ惜しみしが二三本
  石垣の石ひきしまる夜の桜
  蟻に尾のありやなしやと問はれても
  花衣脱ぐといふより辷りたる
  人たれも背中忘れてゐる良夜
  雁がねや水の切り口あをあをと
  笑ふとき全円となる海月かな

 
 多くの優れた句の中から好きな句を選ばせていただいた。

  こころざしありとせば立葵ほど

 平成11年に師事されていた、原裕先生が逝去され、「鹿火屋」を退会され、大峯あきら先生、山本洋子先生との出会いにより「晨」に入会されている。1995年には「深吉野佳作賞」を受賞され、現在は「晨」「ににん」同人としてご活躍で岸本尚毅氏とも句会仲間で、その尚毅氏が「『邂逅』に寄せて」の懇切な栞を記しておられる。

  沖へ出てなほ沖見たし西行忌   

 俳句の道に終りはない。更なるご活躍をお祈り申し上げる。

  (2003年11月号「晨」第118号所収)
by masakokusa | 2007-06-20 18:53 | 『邂逅』書評抄録2 | Comments(0)
深吉野賞佳作  真清水                草深昌子
                             
     あけたての音あたたかに石鼎居
      
    和紙延べしごとき空より初つばめ
      
    正座して吉野の少女霞むかな
      
    てのひらに意中の椿載せにけり
      
    夢の淵蓬を摘みて摘みきれぬ
      
    切り株に背中合はせや蓬餅
      
    参禅の春の障子の隙間なき
      
    幼な児を泣かせてをりぬ鳥の恋
      
    種袋鳴らしてバスのまちどほし
      
    石垣の石ひきしまる夜の桜
      
    まほろばの倭の新樹にほひけり
      
    望郷の男へしんと捩り花
      
    一鳥に一声のあり夏料理
      
    伐り出しの丸太匂へり片かげり
      
    息災の袖とほしけり衣紋竹
      
    巣燕に水分りの峯はるかかな
      
    家中の昼を灯して帰省子に
      
    サッカーの話燕の子のはなし
      
    鮎釣りに夕日大きくなりにけり
      
    切岸に人のかたまる初蛍
      
    ほうたるの闇のうしろへ廻りたき
      
    音なべて鳥声なりし夏未明
      
    山国の新進気鋭ほととぎす
      
    敲くべき推すべき真清水の一句
      
    コウ子忌の夕空燃えてきたりけり
      
    石鼎の巨き瞳となる鹿の子の瞳
      
    鹿の子にすいと句帳を食はれけり
      
    古文書のあらあらかしこ閑古鳥
      
    傾くもますぐも夏を惜しむ幹
      
    掌から掌へ椿のわたる石鼎忌



f0118324_9314764.jpg

     (平成10年11月3日・第六回「深吉野賞」全国俳句大会)  
by masakokusa | 2007-06-18 22:48 | 昌子作品抄 | Comments(0)
迷信          草深昌子
    
  
 祖父には早く死に別れたが、祖母とは中学三年まで一緒に暮らしていた。祖母の暮らしぶりは、迷信あるいは格言によって万事が回っているといっても過言ではなかった。一方、母は大阪の師範学校で専攻した哲学を支えに、理性的に進歩的に生きようとしていたから、二人はよく意見の衝突をしていたのを覚えている。
 しかし祖母が、はばかりで倒れて急逝した折、その直前に玄関を鬼門に向けて改築したのがいけなかったのだと親戚から噂されたことは、遺されたものの悲しみをいっそう深くしてしまった。そのことから、私は迷信をおろそかに出来なくなった。
 現在の家を買う時も、八卦見に真っ先に相談した。
「今年の三月、西南の方位は吉。東に川、南に海、北に山あるは吉なり」に符合する物件を迷わず契約し、後からお金の工面に慌てたものだった。しばらくして、設計図による回答書が封書で届いたが、開けてびっくり、地相はともかく家相は悪いところだらけだった。
 主な悪相は、三つあった。先ず、家の中心に階段があること。「お金がどんどん出ていって、 中心空虚の支配が襲いかかります。これを避けるためにはご主人は出張を多くなさること」
 二番目に、便所が裏鬼門にあたること。「臭気排除、掃除は十分過ぎるほど心がけて」
 三番目は、玄関が乾(いぬい)にあり、「欠け」になっていること。「乾は主人という意味の代名詞です。毎日、ご主人の頭の上をふんずけて出入りすることになり、ご主人の世間的名誉を踏みにじります」
 家中を解体するわけにもいかず、そのまま生活は出発した。
幸いにも、夫は出張の連続だった。が、お金も出る一方だったのは、相当空虚だったのだろうか。当初は、玄関の出入りをそろりそろりとまるで抜き足差し足、できるだけやわらく踏むように心がけていた。だが、貧乏ひまなしの暮らしはいつしか慌ただしく出入りするようになり、踏むというより引き摺る具合になっていった。果たして、夫の頭髪はみるみる後退していった。確かに見かけの名誉は台無しである。
 そして、便所。ある日新しい解釈に目覚めて吹っ切れた。迷信の便所は和式の話である。我が家は洋式トイレであるから、用を足すときは裏鬼門に背を向けていることになる。それでなんとかウンに見放されないのではないかと、せっせと背を向けた。
 以来、二十年も経った。あちこちガタがきて、あと何年もつだろうかという状況になってしまった。家のみならず人間の方もである。人と家は運命共同体であった。
「吉相の家に、吉相の人が住むのが大吉」という建築家の言葉はつくづく頷かされる。
 大病も大過もなく、これまでのところはやってきた。だが、小さな疵は満身にある。
 「それなりの家に、それなりの人が住んで末吉」ということであろうかと、見果てぬ夢をささやかに繋いでいるところである。
 ともあれ、迷信を信じてきたことに悔いはない。迷信は、非力な私がこの世に生かせてもらうための「祈り」のようなものだったと思っている。
 そしてなにより、厳しくも優しかった祖母のことを思い出す「よすが」であった。

(1999年12月15日発行・横浜エッセストクラブ「風笛」第一号・所収)
by masakokusa | 2007-06-15 23:16 | エッセー2 | Comments(0)
『岳』・句々光彩         抽出・宮坂静生


     人には盆山は巨木を蔵すかな   武田伸一(『出羽諸人』)
  
    枯芭蕉一ト筋の青立ちにけり    星野恒彦(『邯鄲』)
  
    冬の象貌の輪郭さだまらず     江中真弓(『水中の桃』)
  
    香水にふと寂光のありにけり    草深昌子(『邂逅』)
  
    松本ぼんぼんその殿に深山星   高橋邦夫(『天柱』)


                 

  (2004年2月1日発行・「岳」2月号)
by masakokusa | 2007-06-15 23:11 | 昌子作品抄 | Comments(0)
現代俳句鑑賞         中山幸枝


  鶏小屋を鶏出はらひし鎌祝    草深昌子

 「ににん」春号より。
今月号の題詠は「祝」。祝の文字を入れての競詠が並ぶ中で、掲句が目に飛び込んで来た。
 季語「鎌祝」は、稲刈りを終えた後の刈り上げの行事である。九州地方では「鎌払い」と言う。稲を刈った鎌に感謝する行事で、鎌を清めて床の間に飾り、お赤飯や餅を供える。作業を人に頼っていた頃は、お世話になった人達を招いて祝の宴となっていた。
 「鶏小屋を鶏出はらひし」と秋晴れに鶏たちも、自由を与えられているのである。のどかな農家の佇い。
 「祝」の題詠に「鎌祝」が浮かぶ作者に好感が持てる。

(2006年7月1日発行・俳誌「白桃」伊藤通明主宰・№255)
by masakokusa | 2007-06-15 22:59 | 昌子作品の論評 | Comments(0)
鹿火屋受賞作品               草深 昌子

f0118324_20351110.jpg


○平成六年度鹿火屋奨励賞受賞作品


        炎昼を


  柿噛みて眼球堅くなりゐたる

  月光をふふみてゐたるまぶたかな
 
  マフラーに海近き闇にほひけり
 
  冬紅葉浄土のいろをこぼしげり

  婚近き娘やコスモスの種を掌に

  石舞台枯れのきはみに置かれたり

  しぐれとも飛鳥の川のしぶきとも

  山浅く亀石深く睡りをり

  熱燗やかくしごともうなにもなき

  一身といふ一個ありけり冬至風呂

  父の忌を修し了へたる冬銀河

  燕来るおほき空気の玉ころび

  菱餅のきつ先に触れモーツアルト

  花の冷えためて女の身とおもふ

  母の日や器に水のかたち見て

  つめたくてならぬ爪先桐の花

  夏うぐひす七月いのちながらへる

  老鶯や力ある風にほふ風

  万緑に万の風筋ありにけり

  炎昼を宇宙遊泳めきてゆく

  まむかへるまなこまぶしき氷菓かな

  日昏れきてもの憂さつくや稲の花

  畝火ををしををしと地虫鳴きにけり

  おのが影重たくなりぬ葉鶏頭

  望の夜を夫に遅れて寝ねにけり


  (「鹿火屋」2005年 p48~49所収)


受賞のことば      草深 昌子

 昭和五十八年、高校一年の娘の一句が、神奈川県高校芸術祭において、優秀作品になった。選者は、原裕先生であった。
 丁度その頃鹿火屋同人の樋口恵三さんと邂逅した。二つの思いがけない出来事が、私を鹿火屋に手引してくれたのであった。その娘は、昨年、結婚した。恵三さんとは今年、終のお別れをした。
 昨年の作品に、今年受賞の栄を授けて下さったことに深い感慨を覚えている。
 今日まで根気よく御指導下さった主宰はじめ鹿火屋の皆様に感謝の気持でいっぱいである。あたたかな鑑賞のお言葉にどれほど励まされたかしれない。
 別れの積み重ねがこの世であることを実感させられている。
 空しさと憧れのようなものが、私の胸には、いつの時もあって、満たされることがない。瞬時、心が悦ぶのは、ささやかな日常からかけがえのない詩的空間を発見し得た時である。私の、この漠として満たされないこころが、これからも私に、真実の俳句を作り続けることを求めるのであろう。

 (略歴)昭和十八年、大阪に生れる。昭和六十年、鹿火屋入会。昭和六十二年度鹿火屋新人賞受賞。俳人協会会員。句集『青葡萄』『平成俳人大全集・第二巻』(共著)。



    ~~~~~~~~~~~~~~
                   ~~~~~~~~~~~~~~~


昭和六十二年度鹿火屋新人賞受賞作品

    地平線 
        
  望郷の空の淵より初明り

  裸木や千手千眼われになし

  春暁やわが産声のはるかより

  春陰の首まはし見る地平線

  白鳥のひねりてあまる頚薄暑

  母の日の風顔の辺にきて迅し

  父の日の空の厚みを知らず居りし

  美容師の鏡に見たる神輿かな

  屑籠の底ぬけてゐる終戦日

  身に入むや仏見し夜の細面



受賞のことば     草深 昌子

 授賞を知らされたのは、芭蕉記念館であった。大川端の葉桜が大きく揺れた、柳がそよいだ。私のような者に賞をいただいてよいのだろうか…。
五月の空が、押し黙った。

 <夕桜手をつながねば恋離る>

 その日の句会で笑い草になった私の句だ。実際、夕桜に触発されなくとも、あまったれの私は、誰かに何かに直に触れていないと、よりどころない思いにかられるのだ。
 そう、俳句が私の身内から離れていかないように、これからも裕先生に、鹿火屋の諸先輩の皆様に、私の手をはなさないで引っぱつていってほしいと切に願うばかり。
 と同時に、日常の中に、もう一人の自分として棲みつきはじめた俳句ならば、一層の切磋を、一層の琢磨を、厳しく自己に命じる他はない。
 終始、あたたかな御指導を賜りました師に、諸先輩方に、心より御礼申し上げます。
有難うございました。

by masakokusa | 2007-06-15 20:34 | 昌子作品抄 | Comments(0)