<   2007年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧
『琅玕」(手塚美佐主宰)・読書室     村田修太

 句集『邂逅』草深昌子
 
 昭和18年大阪市生まれ。昭和53年植村通草に師事。「雲母」に入会。昭和60年「鹿火屋」入会。昭和63年鹿火屋新人賞受賞。鹿火屋同人。平成11年原裕主宰の逝去に伴い、「鹿火屋」退会。平成12年「晨」同人。「ににん」同人。俳人協会会員。
 本書は著者の第二句集である。原主宰亡き後に、「晨」の大峯あきら氏、山本洋子氏らに多くの示唆を与えられたとある。また岸本尚毅氏が「ありがたいことに私の俳句仲間には俳句の上手な人が多い」と栞を書いている。読んで得する句集である。

  引っ張れば伸びる耳朶露けしや
  秋風の赤子に眉の出できたり
  河馬は濡れ象は乾きし冬日向
  はつゆめのにぎりこぶしをひらきけり
  たれよりも靴を汚してあたたかき
  笑まふとき全円となる海月かな   
                
  
f0118324_19352797.jpg



 (平成15年8月1日発行「琅玕」平成15年8月号 p33所収) 
by masakokusa | 2007-02-16 22:54 | 『邂逅』書評抄録1 | Comments(0)
『阿夫利嶺』(山本つぼみ主宰)・句集紹介

 『邂逅』草深昌子句集  発行所・ふらんす堂

  春風の人の背中へまはりたる
  山羊鳴きしあとに鈴鳴る日永かな
  涼しさは橋のかからぬ向う岸
  田遊びのごたごた言ふが唄らしき
            
 
 (2003年10月1日発行、山本つぼみ主宰「阿夫利嶺」平成15年10月号 p10所収)       
by masakokusa | 2007-02-16 22:11 | 『邂逅』書評抄録1 | Comments(0)
『たかんな』(藤木倶子主宰)・俳書紹介   中崎良子

 草深昌子『邂逅』 
 
 著者の第二句集。平成三年から平成14年まで12年間の作品より325句収録。

  赤梨に田舎の日差しとぞ思ふ
  おしなべて秋草あかきあはれかな
  セーターの黒の魔術にかかりけり
  ぼうたんに非のうちどころ無くはなし
  青田風とは絶えまなく入れ替はる
  露時雨傘を刀に鞍馬の子
  くろぐろと睫毛のあれば春眠し
  沸く力雲にありける子規忌かな

 
 一読、発想の新しさと非凡な表現力による俳句の形が際立っている。岸本尚毅氏の栞文に「表現に抑えの効いた言葉に対する制御が行き届いている句集」とある。抑えた分だけ逆に読者に深い想像力を生ませてくれる。俳句の真髄を貫きつつご巧吟を。
 昭和18年大阪生まれ。飯田蛇笏高弟の植村通草氏に師事。「雲母」入会。「鹿火屋」入会同新人賞。同同人。近松顕彰全国俳人大会文部大臣賞。第一句集『青葡萄』『平成俳人大全集』共著。鹿火屋奨励賞。深吉野佳作賞。現在「晨」「ににん」同人。俳人協会会員。(ふらんす堂・2400円)


f0118324_19301828.jpg



 (平成15年10月発行、藤木倶子主宰「たかんな」平成15年10月号 p97所収)
 
by masakokusa | 2007-02-16 22:09 | 『邂逅』書評抄録1 | Comments(0)
『青芝』(中村菊一郎主宰)

 草深昌子句集 邂逅
 
  岩洗ふたびに澄みゆく水ならん
  柿齧る風の音して風の来ぬ
  おしなべて秋草あかきあはれかな
  秋風の赤子に眉の出できたり
  秋灯暗しと頭寄せあへる


 「晨」同人・「ににん」同人・俳人協会会員・ふらんす堂刊

 ( 平成15年10月1日発行、中村菊一郎主宰「青芝」平成15年10月号 p43所収)   
by masakokusa | 2007-02-16 22:06 | 『邂逅』書評抄録1 | Comments(0)
『耕』(加藤耕子主宰)・句集紹介
     
草深昌子句集『邂逅』
 
 「晨」「ににん」同人の第二句集。岸本尚毅氏は栞文に、「もともとは叙情的な作家と思われるが、辛抱しながら俳句に忠実にならんとしている。その結果表現に抑えの効いた佳句が生まれる」と評。

  おしなべて秋草あかきあはれかな
  セーターの黒の魔術にかかりけり
  蟻穴を出づる出会ひの辞儀あまた
  かりそめの人垣牡丹供養かな
  邂逅のハンカチーフをかがやかす
  雁がねや水の切口あをあをと

 
 (平成15年11月1日発行 加藤耕子主宰「耕」2003年11月号 p40所収)
by masakokusa | 2007-02-16 22:03 | 『邂逅』書評抄録1 | Comments(0)
『壷』(金箱戈止夫主宰)・句集展望

 草深昌子句集『邂逅』ふらんす堂
  
  棚糸瓜仰ぐは子規をあふぐなり
  引っ張れば伸びる耳朶露けしや
  赤梨に田舎の日差しとぞ思ふ
  数珠玉を水切るやうに振ってをり
  おしなべて秋草あかきあはれかな
  セーターの黒の魔術にかかりけり
  ぼうたんに非のうちどころ無くはなし
  如何しても蟻の力を借りぬ蟻
  母郷かな簡単服のひらひらす
  青田風とは絶えまなく入れ替はる
  邂逅のハンカチーフをかがやかす
  貼紙に一つ苦情や花八ツ手

 
 栞文・岸本尚毅

 著者は1943年生まれ。植村通草に師事。1998年深吉野佳作賞受賞。共著に「平成俳人大全集」がある。
 「青葡萄」に続く第二句集。平成3年~14年間の作品を収録。
 あとがきに――手にふるる野花は・それを摘み・花とみづからをささへつつ・歩みを運べ 伊藤静雄の詩の一節に励まされた――と述べている。表現に抑えの効いた作品、逆年順に収められた句集。現在「晨」「ににん」同人。

 (平成15年11月5日発行、金箱戈止夫主宰「壷」2003年11月号 P70所収)


f0118324_14573144.jpg

by masakokusa | 2007-02-16 21:58 | 『邂逅』書評抄録1 | Comments(0)
 冬の苺                        草深昌子
           

 阪神大震災の直後のことである。テレビを見ていたら、まだ足の踏み場もない避難所にレポーターがやってきて、二人の主婦にインタビューをした。
 「今いちばん何が欲しいですか?」の問いに、一人は、「家!」と答え、もう一人は、「苺!」と答えた。
 思わず、「いきなり家なんて贅沢」と、私はあきれた。夫は、「そんなことを言うもんじゃないよ」と、たしなめた。同席していた大阪出身の友人が、「家より、苺の方がもっと贅沢で、あつかましいわよ。私たちでも冬の苺なんて高くて食べられないのに。水とか、おにぎりとか言うなら普通でかわいいけど、あれはホンマに関西人や!」と、言い放ったのでみんなつい「ホンマ!」と同調してしまった。
 それにしても主婦はけなげだった。災難にもめげず、まるで質問を楽しむように、「イエッ」とか、「イチゴッ」とか、気合を込めて単刀直入に答えたものだから、見ているほうもすっかり同情を忘れて、こんな会話になってしまった。

 ところで、家と苺はどちらが贅沢だろう。物価から言えば家に決まっている。なのに、苺が顰蹙をかったのは何故だろう。
 水やおにぎりそして家、それらは差し迫って必要な現実性のあるものだけれど、冬苺は少し現実から離れている。そこのところが、顰蹙の原因だろう。
 苺と答えた方は、その非現実の方を求めた。あの、真っ赤でみづみづしい苺を、本当に一口でもいいから、口に含んでみたかったのに違いない。後になって、その心の希求に打たれた。
 一粒の苺を口にしたら、嘆きの人は元気百倍になることが出来るのだ。私は、一粒の苺の美しさや尊さを日常のなかですっかり忘れてしまっていた。冬苺の真っ赤な雫は、命の雫になり得るのだった。究極の不幸の中から欲したささやかな雫・・・
 「苺」と答えた女性の凄さに改めて脱帽した。
俳句をしているということは、あの悲惨な状況の中にあって、「苺が欲しい!」というのに似ている。
 雑多でとりとめもない日常、満たされることのない現実の中から、きらりと光る鮮紅色を見つけたいと願うのが俳句である。
 私の俳句は、わたしのいのちの色でなければならないことを教えられた。

    
f0118324_2345153.jpg


   (2001年4月・芽の会50回記念文集・所収)
by masakokusa | 2007-02-11 19:04 | エッセー2 | Comments(0)
何のかんのと冒険者                草深昌子


 早春のある日、旅のついでに奈良県にある実家に泊まった。明け方、枕もとを通して、ローカル線の列車の振動が徐々に伝わってくる目覚めはなんとも心地よい。ガタゴトガタゴトという音のはるけさにいつまでもほのぼのしていると、「長き長き春暁の貨車なつかしき!でしょう」と姉が朗々と呼びかけた。「あっ、楸邨の句ね」まさに私の気持ちを代弁するものだ。しみじみするわねえ、と感嘆しあった。
 「枯れゆけばおのれ光りぬ冬木みな」「その冬木誰も瞶めては去りぬ」「短日やわれらおのおの悔を持ち」「こがらしや女は抱く胸を持つ」「木の葉ふりやまずいそぐないそぐなよ」……姉と私は、高校時代によくそうしたように、お互いにそらんじている句をいくつも言い合った。
 さて帰って、旅の句をまとめようとして、はたと行き詰まった。姉と口誦しあった人間探究派の名句が重たくのしかかって、一句も作れなくなったのだ。
 そこで気分転換に俳句雑誌を捲っていると、こんな句が飛び込んできた。

  雪見酒なんのかんのと幸せよ   星野椿

 楽天的で幸せな句だと評者は絶賛している。作者は虚子の孫に当たる女流俳人だ。うーん、なるほど、この単純明朗はいかにも捨てがたいものとおもわれてきた。
 私は、人生の辛苦の何たるかも知らないで、ただ深刻ぶって俳句を難しく考えているのではないだろうか。
 二十数年前、俳句初学の頃は、ほとんど直感で作っていた。そんな句が、大胆と評された。師は、「これから大いに暴れなさい。どんどん冒険してください。いやでも五十歳になったら落ち着きますから」と言われた。
 その落ち着く歳をとっくに過ぎた今、振り返ってみると、たいした冒険はしていなかった。大真面目に取り組めば取り組むほど、冒険からは遠いものになっていったようだ。
 さらにページを繰ると、時評氏が、「人間である前に俳人であれ」と述べている。「俳人である前に人間であれ」、ではない。
 ――私たちは俳句を作ることが無条件に楽しいのではないか。句会で席題が出たとき、「人間探究派を目指す」だろうか。そんなことは意識しないで五七五音の表現に熱中するはず――
その通り。人生いかに生きるべきか等と、俳句一辺倒に向き合っていると、人間も人生も卑小化するだけということであろう。
 なんのかんのと幸せよ、それぐらいあっけらかんと言えたら、それこそ幸せだろう。冒険者たらんと気張ったところで、名句は生まれない。年齢を積んでわかったことはそれぐらいである。
今後は肩の力を抜くこと、自我を捨てることが、わたしの課題、いや私の冒険となるであろう。思い立ったが吉日、再び「十七音の冒険者たらん!」
 オッと、そんなに力んではいけなかったのだ。なんのかんのと、、、まだまだ修行がたりませぬ。

f0118324_1124847.jpg

  (2001年4月・芽の会50回記念文集・所収)
by masakokusa | 2007-02-08 18:35 | エッセー2 | Comments(0)
飯田蛇笏の俳句・秋の音色             草深昌子

                                 
 本箱を整理していたら、古い俳句誌の特集に目が止まった。「私の推す秋の名句」である。錚錚たる有名俳人によるアンケートの結果は、だんトツ飯田蛇笏の俳句だった。

   くろがねの秋の風鈴鳴りにけり
   芋の露連山影を正しうす
   秋たつや川瀬にまじる風の音


 それらの秀句の他にも、忘れられない句がある。

   戦死報秋の日くれて来たりけり
   なまなまと白紙の遺髪秋の風


 蛇笏は、虚子に次ぐ俳壇の巨匠として大正時代を一世風靡した俳人である。だが、痛恨の生涯でもあった。長男はレイテ島にて玉砕、次男は病死、三男までもが戦地にて亡くなっている。「雲母」を継承し昭和俳壇をリードしていった龍太は、四男であった。
 二十余年前、私が初めて俳句を習った先生は、蛇笏の高弟で、当時は龍太主宰「雲母」の筆頭同人だった。
 初学の頃の私は、今思い出しても涙ぐましいほどひたむきで純粋だった。褒められると天にも昇る心地がし、貶されると地獄の底だった。実際、よく叱られた。机上で鉛筆トントンして、知恵を絞りに絞った一句を披露すると、「それがどうしたの!」の一言だった。反発すると議論は徹頭徹尾となって、遂には泣き出してしまうこともあった。それでいてある日、感動を素直に表現すると、「参った!私にはもうこういう句はできないわ。ああ、参った、参った!若さって凄いわねえ」と、しんから賛辞とも嘆息ともなく呟かれるのだった。
 「俳句は、事実でなく、真実を詠うものです」と、凛然と威儀を正された。真実という究極の難題にがむしゃらに立ち向かわせて下さったのは、蛇笏俳句の孤高の精神を骨の髄まで染み込ませた女流俳人の矜持にあった。
 その後、私は別の結社に属し、やがて主宰と永訣してしまった。この十年ほど、いつしか仲間褒めのなかで、容易く十七音に纏めてしまっていなかっただろうか。
 「それがどうしたの!」、あの一喝が、たまらなく恋しい。それに、「若さって、凄い」というセリフは、いまや私のほうが発する番になっている。

 蛇笏の秋の名句を思い返しているうちに、図らずも、わが俳句姿勢を懐旧することになってしまった。
 ふたたび、蛇笏俳句の数々に思いをはせていて、強烈に気付かされたことが一つある。

 俳句に人生を詠うのではない、
 人生が俳句を詠わせしめるのである。

 秋風の中で、くろがねの風鈴の音色を、瞑目して考えてみたい。

f0118324_1615252.jpg

   (2001年4月・芽の会50回記念文集・所収)
   
by masakokusa | 2007-02-08 00:09 | 俳論・鑑賞(1) | Comments(0)
〈あたたかさ〉からの出発         草深昌子


     犬ふぐり生ふ地どこまであたたかき   昌子

 初めて句会に出たのは、三十四歳のときでした。
 植村通草先生は七十歳をいくつか越えられていたでしょうか。飯田蛇笏の高弟で、当時飯田龍太の主宰する「雲母」の筆頭同人でした。 
  「犬ふぐり」という季題で俳句を作ってくるように言われた時は、その花がどんな花かも知りませんでした。句会に誘って下さった方が親切にも多摩川べりまで連れて下さって、「ほら、こんなにいっぱい」と指をさされたそこには、なんとも可憐ないとおしいような青い花が震えるように咲いていました。初めて自分の立っている地べたをしみじみと眺めたことでした。風は冷たかったのですが、足裏がこころもちあたたかく感じられてきました。
 〈犬ふぐり生ふ地にはあるあたたかさ〉、その日のつぶやきがそのまま十七音になりました。
はたしてこれが俳句になっているのかどうかもわからないまま出句しました。
ところが、この句が先生の特選になりました。
  「うーん、まいった。若さってすごいわねえ・・・」と何遍も感嘆されました。「私にはもうこんな句はできないわ」と、ため息交じりです。
「初心者ってこわい者知らずなのよねえ」と、二十人ほどの句座の方々は口々に褒めたり、素直に悔しがったりされます。嬉しさにぽーっとしていると、ふいに先生の声が末席の私に礫のように飛んできました。
 「犬ふぐり生ふ地どこまであたたかき、ですよ、ねっ、こうですよっ、これなら俳句です」
 威光を放つその凛然たるひびきに、ぴしっと身が引きしまりました。
 私の表現は、散文のきれはしでしかなかったのです。でも単純な若さをかってくださった先生のおかげで初回から、句会の醍醐味を味わったのです。
  ところでもう一つ、私にとって衝撃的な添削がありました。
〈一本の桜が山をさみしうす〉という句に対して、先生は「違うでしょっ、一本の桜が山を明るうす、です」といきなり正反対のことを仰いました。名乗り出た作者の方は「本当にさみしい感じがしたのです」と、かなりムキになって状況を縷々訴えられました。でも、何を言っても先生は平然としています。そしてもう一度、「桜が山を明るうすッ」ときっぱり言ったきりでした。そのときの先生の凄みのようなものを忘れられないのです。
 あれから、もう二十五年の歳月が流れました。
句作はままなりませんが、頭で分かっていただけの俳句理論が、ようやく私のものとして少しづつ腑に落ちてくるようになりました。
  この世に生きるということは、悲しみや苦しみやさまざまな困難にぶつかるということです。ところが、俳句を通してこの世を見つめたなら、悲しみも苦しみも、明るさや美しさにとって代わることが出来るのだと気付き始めたのです。生きる限り俳句を作ることのよろこびがそこにあるのです。
  俳句は季語です。季語は、愛情です。故に俳句は愛情です。
犬ふぐりといったら犬ふぐりに愛情を感じているのです。さくらといったら桜に愛情を感じているのです。そういう観点にたってみると、桜が山を淋しくする、ことはありえないのであって、桜が山を明るくする、と断定された心意気の勁さ、対象への愛情の深さがいまさらに身に染みるのです。
 〈一本の桜が山を明るうす〉、そう口ずさんだほうがうんと元気が出てきます。
初めて作った私の句も、そういう眼で見直してみると、まったくわれ知らずではありましたが、犬ふぐりへ愛情ある眼をそそいでいたことだけは確かのようです。
稚拙を問わず、感動するこころを掬い上げてくださった初学の師の尊さは今もって忘れることは出来ません。
 自然から人さまから、〈あたたかさ〉をいただいて私の俳句修行はスタートしたのでした。そして、いま尚、そのあたたかさにつつまれて俳句修行を楽しんでいることをつくづく有り難く思っています。

f0118324_1661965.jpg

  (2002年12月・芽の会文集・所収)
by masakokusa | 2007-02-07 23:53 | エッセー2 | Comments(0)