カテゴリ:挨拶文・書簡・他( 6 )
晨創刊25周年記念祝賀・同人挨拶     草深昌子           

 神奈川県厚木市から参りました草深昌子と申します。
 20周年の時の記憶がまだ昨日のように思われます。
 早くも5年が経ったことにひどく驚いています。その時は田中裕明さんもご一緒でした。
 さきほど読売新聞の浪川さまがいいお話をされました。最近、文学に対する心が薄れて来ているとおっしゃり、そんな中で俳句が元気なのは何故かと問いかけられました。「俳句研究」の石井さまがおっしゃいましたが、私は俳句は座の文学だからだと思います。座の文学ということは、選句をすることが大変大事なことだと思っています。
 大峯あきら、山本洋子という選者を擁する「晨」はすごい同人誌だなと思い、日頃からとても感謝しています。このことを一言申し上げたいと思っていました。

(2009年6月28日 晨創刊25周年記念大会 於・ウエスティン都ホテル京都  
 挨拶・代表同人大峯あきら 
 来賓祝辞・文芸ジャーナリスト酒井佐忠、角川SSコミニュケーションズ俳句研究編集長石井隆二、 
 毎日新聞学芸部大井浩一、角川書店俳句編集長河合誠、読売新聞社文化部浪川知子)
 
by masakokusa | 2009-08-31 11:51 | 挨拶文・書簡・他 | Comments(0)
追悼二編                       草深昌子


追悼・原裕先生

 厚木句会に欠かさずご出席下さっていたころ、裕先生の睡眠時間は二、三時間であると伺っていた。そのせいか、選句の間についコックリされることがあって、新参の私ははらはらさせられた。ところが選句は、目の覚めるような鮮やかさで、どの一句も洩らすことなく、講評にはたっぷり愛情がこめられていた。その度に私はハハアーツとひれ伏すのだった。まるで神様の御前にいるように。
 ある日、「今日は昌子、昌子って何遍も名乗りましたね。私まで嬉しくなりましたよ」と、笑ってくださった。主宰にこんな一言をかけていただいてのぼせあがらない者がいようか。たちまち俳句の虜になった。その含羞と憂愁の入り交じった笑顔は、慈父のようになつかしかった。裕先生は、神になり父になりして、平凡な私の日常を輝かせてくださったのである。
 その頃、「若い間は大いに暴れてください。自在に冒険しなさい。五十歳になったら自然といい味が出てきますよ。」と仰った。その五十歳をもうとっくに過ぎてしまった。先生のご指導に俳句をもってお答えすることが出来なかったことが哀しくてならない。
 本葬の日、腰抜けの身となった私は、立っているのがやっとだった。翌日はもう動けなくなった。漸く杖をついて歩けるようになると一歩を運ぶことがいかに切実なものか思い知らされた。初めて、路傍の野菊の美しさが身にしみたことであった。
 いつだったか、「本当に具合が悪くなると足が出ませんよ。一歩でも前に出るうちは大丈夫」と、非常なお疲れを押してご出席下さったことがある。師の強靱な精神に頭を垂れたのを覚えている。引き返すことの出来ない俳句一筋の道を求道者のごとく歩みを貫かれた鹿火屋主宰であった。
 思いがけない杖は、裕先生が私に遣わせて下さったのに違いない。「俳句は一人の道ですよ。最後はたった一人の道ですよ」と怠け心を戒めてくださるために・・・。
 俳句を放さなければ、いつでも裕先生にお会いすることができると信じている。合掌。

(鹿火屋厚木勉強会会報「谿声」平成11年10月号・通算182号所収)


f0118324_21234650.jpg

f0118324_20513976.jpg
 

追悼・森田美枝子様           

 「昌子さんはご飯の支度もしないで、顔も洗わないで俳句ばっかりしてるんじゃないのオ」と、美枝子さんはお会いする度にそう言って、いたずらっぽく身をよじるようにして笑われるのだった。
 平成4年の厚木句会の席上でした。美枝子さんの、<冬海の波慕ひ寄る余生かな>の句を一番にいただいた。苦労してきた方の、そしてこれからの苦労もいとわぬ覚悟のできているかたのやさしさに打たれた。句評を求められて、その感動を少し興奮気味に話したのを覚えている。そのあと期せずして拍手が起こった。むろん拍手は、作者の美枝子さんに向けられたものである。
 あの日私は、美枝子さんから日常をおろそかにしないこと、生活実感を裏打ちにした句作りが大切であることを教えられたのだった。
 美枝子さんの胸中にはいつも蝦夷の海が湛えられていた。その胸に寄らせていただくと、大船に乗ったように気持が安らいだ。「昌子さんのことは命をかけて守ってあげる」、そんな嬉しい、尊い一言を遺して下さった。
 美枝子さんは、大寒の真澄の空へまっすぐに上っていかれた。合掌。

(鹿火屋厚木勉強会会報「谿声」平成11年1月号・通算173号所収)
by masakokusa | 2009-01-18 11:01 | 挨拶文・書簡・他 | Comments(0)
眼と骨と  ~平成12年度同人総会に参加して~   草深昌子

 桑名の漁港では土用蜆の糶市の始まるところでした。漁夫の眼は、大自然から収穫を賜った喜びに光り輝いています。威勢のいい声に、遊山の私もたちまち熱気の渦に巻き込まれていきました。溌剌としたいのちの風景を前に私の小さな句帖は恥ずかしくなりました。
 今回幸いにも、大峯あきら先生の吟行スタイルを垣間見ることができまして、詠もうとする対象の要所をすばやく抑えられる集中力の凄味に圧倒されました。
 まさに「時の深みに入る」という先生のお言葉通りです。
 労働する眼、思考する眼、生きてものを見る眼のかがやきを目の当たりにした感動は、今後の実作の課題になりそうです。
 そして総会の席上、宇佐美魚目先生の第一声は「骨がなければ始まらない」でした。深く頷くと同時に、腰折れの私は思わず背骨を伸ばしたのでした。
 今年、西暦二千年のカレンダーにまっさきに記した六月二十五日は、快い緊張と興奮に過ぎました。憧憬の皆様の座に加えていただきしたことをしみじみ感謝しています。 

(平成12年9月号「晨」99号所収)  

 
f0118324_2292937.jpg
   
by masakokusa | 2008-07-26 22:05 | 挨拶文・書簡・他 | Comments(0)
「在原」を尋ねて    ~平成18年度晨同人総会に参加して~       草深昌子

 琵琶湖の北側にある在原は青杉、青田、青空、青野原、どこを見ても一面真っ青。ここで晩年を過ごしたという在原業平の墓は、七十センチほどの小さな宝篋印塔である。真二つに罅割れた石が針金で縛ってあるのは、色好みの美男のジョークのようで少々おかしい。それでも涼やかな木陰に大瑠璃の声を聴いていると、この密やかな墓標の傾ぎこそが歌人の哀れのようで慕わしく思われるのだった。 
 其処此処の茅葺屋根は修復の真っ最中で、はらはらと茅がこぼれては舞い上がった。  
 ふと雲隠れされた大峯あきら先生は、手に一輪の笹百合を捧げてにこやかに舞い戻られた。わっと取り囲んだ女性陣はかわりばんこに神秘の香りを分け合った。白昼夢のような香りは業平の化身に違いない。一輪は、在原集落の一掬の水もろともに宿に持ち帰った。 
 清楚な笹百合、わけても業平の笹百合にまみえるのは今日を限りのことである。同人会の前夜はなにやら興奮して眠れなかった。  

f0118324_2130183.jpg

(2006年9月号「晨」第135号所収)
by masakokusa | 2008-03-26 10:04 | 挨拶文・書簡・他 | Comments(0)
『俳句四季』句会拝見・「ににん」句会      草深昌子 
                                      

 同人誌「ににん」の句会は、高田馬場駅近くにある会場で毎月第一水曜日を定例としている。
 ときに最寄りの早稲田や下落合あたりを吟行することもあれば、句会後たちまち校正や編集の場に取って代わるなど、そのスタイルは岩淵喜代子代表の目指す、自由な風の出入りする公園のような同人誌のありようをおのずから反映している。
 「ににん」の創刊はちょうど七年前の秋であった。以来、会員と購読会員が両々相俟って着実に号を重ねてきたが、両者十数人による定例句会もまた粛々と歩み続けている。
 午前十時半に持ち寄り五句の句会。昼食後は席題十句による句会、誰からともなく「もう一回やりましょうよ」とさらに十句などということもしばしば。とにかく俳句が好きで好きでたまらない集団である。大方が結社に属しながら尚つとめて別種の批評にも耳を傾けようとする自立したメンバーは、適宜進行役を引き受け、互選の講評も打打発止かつ藹々である。
 俳句の立脚地がさまざまであっても、「主人が客をもてなすように、俳句の作者は受け手に対して敬愛の慎みを忘れてはならない」、そんな清々しい風を確認しあっているのである。
             
   (2007年9月1日発行『俳句四季』9月号所収)
by masakokusa | 2007-08-22 11:31 | 挨拶文・書簡・他 | Comments(0)
「晨」創刊二十周年記念大会 同人挨拶   草深昌子

 草深昌子でございます。
 この度は「晨」の二十周年、おめでとうございます。
 私はまだ「晨」の同人として五年程でしかないのですけれども、脈々と「晨」を紡いで来られました先生方、皆様のお陰で、こういう席にご一緒させていただいておりますことにたいへん感謝しております。ありがとうございます。

 さっきから二十年という歳月はどれぐらいのものだろうかと考えていたのですけど、私には体でもって実感される思いがあるのです。実は、私が初めてギックリ腰を起こしまして、椎間板ヘルニアだと判断されましたのが、ちょうど二十年前のことで、私の腰痛歴と「晨」の二十周年がピッタリ一致するわけです。このようなおめでたい「晨」の二十周年に、私事のお粗末な出来事を申しあげるのはたいへん恐縮ですけれども、痛みを通して苦節二十年というものが思い返されるわけです。
 一時は手術より他ないと医師に言い渡されたのですけれども、そのとき手術寸前に逃げだしまして、カイロプラクティックですとか整体ですとか、お灸ですとか鍼とか、いろいろ走り回ったのです。結局、何が一番効果的であったかと申しますと、自分の足で歩くことに他ならなかったわけです。私にとりましては、歩くことが最大の課題だったわけですね。ですから「晨」の二十年というものは、私にとりまして俳句イコール歩くことに他ならない日々であったわけです。

 そんな覚束ない私の足どりの中で、今でも忘れられない一つの大切な思い出があります。それは大峯あきら先生と山本洋子先生と共に吉野山中に、ご一緒させていただいた時のことです。大峯先生が、私に会うなり、にこやかに「俳句は素直にならなあかんよ」とおっしゃって下さったのです。それもスタスタ歩きながら、とても元気なお声でおっしゃって下さいました。
 その時に出来ましたのが「花散るや何遍見ても蔵王堂」という句です。私はその日、吉野の落花ですとか、あるいは蔵王堂の見事さに打たれていたことも事実ですけれども、何よりも「晨」の尊敬する先生と、それから「晨」の皆様とご一緒に歩かせていただいているということに、とても深い感動を覚えていたことを今でもよく覚えております。その日から私は、あらためて自我をなくすというふうな目的をもって歩き始めたように思います。

 これからも腰折れではございますが、「晨」と共に歩かせていただけましたら、この上ない幸せと思います。「晨」という頑丈な杖がありましたら、きっとどこまでも歩んでいけるのではないかと思っております。「晨」のお陰で、このように俳句を楽しませていただいておりますことを、とても感謝しております。
 この度は本当におめでとうございました。(拍手)

f0118324_21194078.jpg


(平成16年9月1日発行「晨」第123号p75所収)


                         
by masakokusa | 2007-01-02 19:24 | 挨拶文・書簡・他