新俳句年鑑2018  (ことばの翼 詩歌句)

 

 

f0118324_11400848.jpg

 草深昌子    晨・青草(主)



    夏鴨の鳴いて日中を飛びにけり


    木斛の花散るまるで雨のやう


    鮎食うて相模も西に住み古りぬ


    晩涼や八幡さまに池二つ


    秋晴を泣いて赤子の赤くなる


    潮風に飛ぶ大根を蒔きにけり




 草深昌子(くさふか まさこ)

 昭和18年、大阪府生まれ。

 鹿火屋新人賞・鹿火屋奨励賞を受賞。

 著作に『青葡萄』「邂逅」『金剛』がある。


by masakokusa | 2018-01-31 23:28 | 昌子作品抄 | Comments(0)
<< 『青草』・『カルチャー』選後に... 草深昌子句集『金剛』・書評抄録... >>