『俳句界』2017年12月号  特集・平成俳句検証


特集・平成俳句検証

    平成を代表する句、平成を代表する俳人



f0118324_16284126.jpg


「俳人アンケート」   草深昌子の回答



あなたが選ぶ、平成を代表する「句」


いつまでも花のうしろにある日かな  大峯あきら


推薦理由

今という永遠がなつかしい。静けさの幸せに包み込まれるようである。


あなたが選ぶ、平成を代表する「俳人」


大峯あきら


推薦理由

俳句の宇宙性。その力強さとやさしさ。


結果発表


平成を代表する「句」


おおかみに蛍が一つ付いていた    金子兜太

一瞬にしてみな遺品雲の峰      櫂未知子

まだもののかたちに雪の積りをり   片山由美子

双子なら同じ死顔桃の花       照井 

他 以下略


平成を代表する「俳人」


金子兜太  宇多喜代子  鷹羽狩行  田中裕明  有馬朗人

関 悦史  高野ムツオ  稲畑汀子  正木ゆう子  池田澄子

茨木和生  今瀬耕一   大峯あきら  櫂未知子  片山由美子

岸本尚毅  安井浩司  飯田龍太 

他 以下略






by masakokusa | 2017-11-30 23:20 | 俳論・鑑賞(2)NEW! | Comments(0)
<< 草深昌子作品論評・現代俳句展望... 昌子365日(自平成29年11... >>