原石鼎俳句鑑賞・平成29年10月

f0118324_20495727.jpg


貝屑に蛼なきぬ月の海    原石鼎   大正5年



貝屑は貝殻であろうか、人々が食べ捨てたものでありながらさっきまで生きていた貝の成分がそこはか付着していそうなもの、そのあたりに蛼(こおろぎ)がいてもいい。

だが、この「貝屑」は、生きている貝に思われてならない。

例えば、取るに足らないちぎれちぎれの和布を「若布屑」というように、この「貝屑」もまた、こまごましたものではあるが、今もって命を保っているものではないだろうか。

そんな貝屑の中に混じって、蛼がひそやかにも鳴いたというのである。

浜辺の索漠たる光景ながら、ここには月の明りがたっぷり注がれていて、冷やかな夜気の中に反響する命の共存がいとおしい。

蛼の声はどこまでも澄み切っている。

この蛼の声を絶妙に聞かせるのも、「月の海」という大いなる展開、際立った省略があってのことだろう。

大正5年というと、石鼎は三十歳。

ホトトギス社で高濱虚子の口述筆記などの手伝いをしていた頃である。

翌、大正六年には、 


うろを出し金魚にひろし月の池


もある。

蛼に「月の海」、金魚に「月の池」、何れも、哀れにも小さなるものに対して、揺るがぬもの、大いなるものを打ち出している。


ところで、虚子は、昭和二十三年刊行の『石鼎句集』に序文を寄せている。

「石鼎君を思うと、すぐ吉野時代を思い出す。それが石鼎君の最も優れた作品である許りでなく、俳句の歴史、少なくとも私等の俳句の歴史に於いて輝いた時代を形づくったものとして尚私の記憶にある」として、吉野一連の20句が掲げられている。

その中に、


花影婆娑と踏むべくありぬ岨の月

花の戸やひそかにや山の月を領す

山畑に月すさまじくなりにけり


まさに「山の月」が浸透している。

この他にも、深吉野時代には、


馬盥の底穿くばかり山の月

  夜々あやし葎の月にあそぶ我は

  或夜月にげんげん見たる山田かな


等がある。

春であれ秋であれ、吉野の月は文字通りすさまじく描かれていて、石鼎の感動が月の明りにひしひしと伝わってくる。

いや、月光は、石鼎の若さ、石鼎の生気そのものと言ったほうがいいかもしれない。

昭和二年、四十歳のとき、石鼎は麻布本村町に新居を構えた。


月明の障子のうちに昔在


もはや、しみじみと落ち着いている。

この「昔在り」には、当然、深吉野の月と過ごした昔があることであろう。


門の燈をそがひに仰ぐ無月かな


「無月」であっても、石鼎は「仰ぐ」のである。

石鼎の眼に、かの皎々たる吉野の月がかかっていないわけはない。



by masakokusa | 2017-10-31 23:50 | 原石鼎俳句鑑賞 | Comments(0)
<< 題詠選     兼題=笹鳴・茶... 昌子365日(自平成29年10... >>