草深昌子句集『金剛』・書評抄録(その3)
 
 ☆ 『耕』 2017年9月号 (加藤耕子主宰)

f0118324_1743455.jpg

   句集紹介

   草深昌子句集『金剛』(2016年11月21日 ふらんす堂)

  
「晨」(大峯あきら代表)同人。「青草」主宰。
  句集『青葡萄』及び『邂逅』に続く第三句集。平成15年以降の句を収録。
  句集名は金剛山から名付けた。著者はあとがきで「美しい山桜の宿で、庭下駄に下り立って、
  晨の皆さまと共に、ただ黙って金剛山に沈んでゆく美事な夕日を眺めたことは
  生涯忘れることはないでしょう」と述べる。

    どこにでも日輪一つあたたかし
    耕して大日寺の裏に住む
    あめんぼう大きく四角張つてをり

                                 和出 昇



 ☆ 『泉』 平成29年8月号 (藤本美和子主宰)
   
f0118324_20334093.jpg


  俳句の扉     藤本美和子抄出

    船赤く四万六千日を行く    草深昌子『金剛』




☆ 『松の花』 平成29年8月号 (松尾隆信主宰)

  現代俳句管見       
f0118324_22285587.jpg


『金剛』草深昌子(晨同人)第三句集

   赤子はやべっぴんさんや山桜

 句集名は大阪・奈良府県境の金剛山に拠る。
 恒例の吉野の桜吟行の宿で連衆と金剛山に沈んでゆく美事な夕日の眺めたことは生涯忘れないという。
 〈遠く来て日高に着きぬ花の宿〉
 〈うぐひすは上千本にひびくかな〉
 〈金剛をいまし日は落つ花衣〉
 筆者は桜の吉野山を下から上千本迄歩いたが、山桜の幻想的な美しさに魅了された。
 満開の桜のもとで赤子は殊の外愛らしい品のあるべっぴんさんだったのだろう。

   真間の井の蓋に木の実に数へられ

 
下総国葛飾郡真間にいたという万葉集に詠まれた伝説上の美女手児奈。
 多くの男子に言い寄られ、煩悶の末、井戸に投身したという。
 所縁の井戸の蓋に木の実が幾つか落ちている。昔を偲べは、今も自然の営みは連綿と続いている。
 箱根の早雲寺の〈松蝉や宗祇法師の墓どころ〉の句も然り。
 〈きらめくは秋暑の蠅の背中かな〉
 〈石蕗の花さかまく花をよそに咲く〉
 などは句材をうまく詠みこんでいる。
                                   松田知子



☆俳句雑誌 『澤』 平成29年7月号   創刊17周年記念号(小澤 實主宰)

f0118324_14251651.jpg


窓 俳書を読む      冬魚

   
草深昌子さんは1943年大阪府生まれ。
   現在「晨」同人、「青草」主宰。
   鹿火屋新人賞・同奨励賞受賞。第三句集。

    秋の蟻手のおもてから手のうらへ
    硝子戸と障子のはざまあたたかし
    あめんぼう大きく四角張つてをり

 一句目。
 じっと見る、見続ける。飽くことなき観察によってリアルな景が立ち上がる。
 手のひらに居る「秋の蟻」の鈍い動き。もぞもぞした感触がたまらなく思い出される。
 二句目。
 「硝子」を透過した春の光が「障子」の木枠と紙と「はざま」の空気をあたためる。
 家の隙間に溜る温みこそが家のぬくもりとなるのかも。
 ふと、親の家を思い出す。

  2016年 ふらんす堂 2700円(税別)

by masakokusa | 2017-08-31 23:59 | Comments(0)
<< 昌子365日(自平成29年8月... 昌子365日(自平成29年7月... >>