昌子365日(自平成29年6月1日~至6月30日)
 
f0118324_17514168.jpg


      6月30日(金)       南風の山手の坂をのぼりきる 

      6月29日(木)       雨だれのはたして蟻地獄だまり

      6月28日(水)       でで虫をろくに知らずに老いにけり

      6月27日(火)       人の立つやうに木の立つ安居かな
  
      6月26日(月)       鎌倉の梅雨の鴉は笑ひけり

f0118324_16291831.jpg
 

      6月25日(日)       真間の井に遠からずして真菰刈

      6月24日(土)       松をまへ楓をよこの花あやめ

      6月23日(金)       ひもすがら現の証拠に釣つてをり

      6月22日(木)       単衣着て遠きものほどよく見ゆる 

      6月21日(水)       夏至の日の山羊に小さく鳴かれたり

f0118324_13373225.jpg
 

      6月20日(火)       枇杷の実の少し酸つぱき峠口

      6月19日(月)       涼しさの松の高さとなりにけり

      6月18日(日)       薔薇園を飛んで蝶々の白くなる

      6月17日(土)       滝見えて聞こえて柵の向かうかな

      6月16日(金)       いふほどもなけれど坂や枇杷熟るる
 
f0118324_11135564.jpg


      6月15日(木)       梅雨茸の脂のやうなるもの吐ける

      6月14日(水)       粗壁に当たるは雨の小判草

      6月13日(火)       風去つてなほ捲れたる花菖蒲

      6月12日(月)       南風のビルの立て込む港かな

      6月11日(日)       スカーフを巻きなほしたり花菖蒲

f0118324_16393338.jpg
  

      6月10日(土)       羽抜鶏昼を大きく鳴きにけり

       6月9日(金)       紙魚となく黴となくある一書かな

       6月8日(木)       サングラスどこにどう眼を合はさんか
    
       6月7日(水)       税関の裏手に浮きて海月かな

       6月6日(火)       額咲ける小高きところなつかしく

f0118324_21311513.jpg


       6月5日(月)       朝日より西日が好きで黴にけり

       6月4日(日)       よこはまは風に涼しく日に暑く  

       6月3日(土)       白秋を浜昼顔に淋しめり    

       6月2日(金)       水底を見せて水行く海芋かな

       6月1日(木)       緑蔭や人のはだへのやうな幹 
by masakokusa | 2017-07-30 23:57 | 昌子365日 new! | Comments(0)
<< 「俳句四季」2017年7月号 ... 草深昌子句集『金剛』・書評抄録... >>