『火星』(山尾玉藻主宰)・俳壇月評      大山文子
 
f0118324_20382865.jpg



   冬や実の草にまつくろ木にまつか     草深昌子
                               (『俳壇』3月号「毛衣」より)


 上五の「冬や実の」の出だしにまず惹かれた。
 見たままを詠むのが写生ではない、それを通して後ろにあるものを見よ。
 と、よく言われるが、見た儘を詠んでその真実をまっすぐついた作者の洞察力に驚いた。
 足元には黒々とした竜の玉、その上には千両や万両の実、頭上には南天の実が冬の無聊を慰めてくれる。
 つくづく見ていて見ていないことを気付かされた。


『火星』第928号所収
☆山尾玉藻主宰 句集『人の香』により第56回俳人協会賞を受賞

 
by masakokusa | 2017-04-30 20:20 | 昌子作品の論評 | Comments(0)
<< 『カルチャー』『青草』選後に・... 『阿夫利嶺』・他誌燦燦    ... >>