昌子365日(自平成29年3月1日~至3月31日)
 
      3月31日(金)      てのひらを炭団にかへす初音かな

      3月30日(木)      長靴を履いて女の春帽子

f0118324_214393.jpg


      3月29日(水)      大木の路地にあまりて椿かな
 
      3月28日(火)      壺焼にその一と節のよかりけり

      3月27日(月)      初音して観音開きなる戸かな
 
      3月26日(日)      永き日や曳きゆくものの音上げて

      3月25日(土)      鳶去れば鴉来たるや巣がそこに

f0118324_17584045.jpg


      3月24日(金)      長閑さに富士の裾曳きやまぬなり

      3月23日(木)      鴉鳴くほどに遠足遠退ける
                     
      3月22日(水)      春禽の鳴き止みやすく鳴きやすく

      3月21日(火)      春風の鳶を大きく見せにけり 

      3月20日(月)      尼寺の奥のどこまで竹の秋

 
f0118324_19422927.jpg
   

      3月19日(日)      木を伐ってはたから春の焚火かな

      3月18日(土)      一杓を立子の墓にあたたかし   
      
      3月17日(金)      人来ては甕を覗ける彼岸かな

      3月16日(木)      じやがいもか石か転がる春の芝
      
      3月15日(水)      朝寝していすゞ生家に近くゐる

f0118324_1850586.jpg


      3月14日(火)      あたたかに眼の行くところみな白き 
    
      3月13日(月)      薔薇の芽をいたるところに山手かな 
        
      3月12日(日)      おしろいをはたきもしたり青き踏む

      3月11日(土)      卒業の港を丘に見てゐたり

      3月10日(金)      何鳥か貌をみどりにかげろへる


f0118324_22351958.jpg


      3月9日(木)      マリアの眼伏せて地虫の出でにけり

      3月8日(水)      霾や文士の消えて文士村

      3月7日(火)      啓蟄の古木は苔を噴きにけり

      3月6日(月)      梅に色だるまに色や市の立つ

      3月5日(日)      春寒く金のだるまを釣られ買ひ

f0118324_2195492.jpg
 

      3月4日(土)      大仏の猫背を雁の帰りけり

      3月3日(金)      外套を脱いで小川を遡る    

      3月2日(木)      朝寝して一つポパイのやうな雲

      3月1日(水)      茎立の硝子に透けて書斎かな
by masakokusa | 2017-04-01 21:57 | 昌子365日 new! | Comments(0)
<< 草深昌子句集『金剛』 出版記念祝賀会 俳句結社「青草」のホームページ >>