昌子365日(自平成27年10月1日~至10月31日)
    
      10月31日(土)       紅葉して家の小さくなりにけり

      10月30日(金)       秋耕のだんだん離れゆく二人

f0118324_21302799.jpg


       10月29日(木)      鶺鴒の水のこぼるるやうに飛ぶ

       10月28日(水)      荻吹くや牛小屋を見て牛を見ず

       10月27日(火)      ひつぱればひつぱるほどに通草蔓

       10月26日(月)      靴磨き並んでゐたり十三夜

       10月25日(日)      末枯れて日当たり強き椅子ばかり

f0118324_22142358.jpg


       10月24日(土)      霜降の壁を洩れくる女ごゑ

       10月23日(金)      望遠鏡立てて人見ぬ小鳥かな

       10月22日(木)      この道のここにまた会ふ柿の色

       10月21日(水)      錆鮎の眼も尾もあらぬ化粧塩

       10月20日(火)      鵙の贄もみくちやにして一と束ね

f0118324_2022088.jpg


       10月19日(月)      鹿の眼のいよよ賢き日暮かな

       10月18日(日)      潮鳴りの聞けば聞こゆる零余子飯

       10月17日(土)      身に入むや林の深く野の広く

       10月16日(金)      すだ椎の実の降る永青文庫かな

       10月15日(木)      葉を食うて齧つて嘗めて飛蝗かな

f0118324_2122318.jpg


       10月14日(水)      吊橋のぐるりの山の粧ほへる
       
       10月13日(火)      磯畑のどこも薯畑晴れわたり   

       10月12日(月)      御座といふ古江をここに雁渡し 

       10月11日(日)      子供らの跣にあそぶ菊日和  

       10月10日(土)      草虱つけて機嫌のなほりけり

f0118324_2003064.jpg


       10月9日(金)      白波に背中向けたる鵙の声

       10月8日(木)      色変へぬ松に愚庵といふがあり

       10月7日(水)      出来立ての蒟蒻買うて秋寂びぬ

       10月6日(火)      蝶々に小町二丁目うそ寒う
 
       10月5日(月)      ひとつとびしたる飛蝗や松の幹


f0118324_22591262.jpg


     
       10月4日(日)      その裏手遊園地なる竹の春

       10月3日(土)      敗荷に硝子張りなり珈琲館

       10月2日(金)      裕忌の河原に水をつかひをり

       10月1日(火)      石ころのほどにも木の実ころがれる    
by masakokusa | 2015-10-31 22:56 | 昌子365日 new! | Comments(3)
Commented by 柳居子 at 2015-10-15 10:02 x
【 枯葉舞い 星を頂き 乗る始発 】

毎朝 5時34分発の 市バスに乗ります。定時点観察で日の出が随分遅くなってきました。

お変わりなくご活躍のご様子 何よりです。
Commented by masakokusa at 2015-10-15 22:14
「星をいただき乗る始発」なんて素晴しい、尊い日々でしょう。さすがと思うばかりです。
いつもお励ましいただき嬉しいです。
「春画展」、今日は何故か、圧倒的に紳士が多く驚かされました。
Commented by 坂田金太郎 at 2015-10-18 16:07 x
初めてコメントします。
今日、毛利台ハイツ自治会の草刈りで俳句愛好家の人との俳句談義の中で先生の話題となりました。
その時に紹介して貰った先生のブログを早速拝見しています。
どの作品も鮮やかに景が浮かび余韻が広がるとに感嘆しています。
私は句歴5年の新参ですが、俳句を始めた当初に先生の句集「邂逅」と巡り会い俳句の魅力にはまり込みました。
近所に住んで居られるのは知っていましたかお会いする機会もなく失礼していました。
当時は先生の句集を手本に幼稚な俳句もどきをたしなめていました。
その後独学ではつまらなくなり、辻桃子先生の結社に入会して俳句で余生を楽しんでいます。

これから時々先生のブログ覗かせていただ来ます。
またコメントしますが近所のよしみで宜しくお願いします。
<< 特別作品         草深昌子 原石鼎俳句鑑賞・平成27年10月 >>