昌子365日(自平成26年10月1日~至10月31日)
 
     10月31日(金)      長き夜のつひぞ机をはなれざる

f0118324_1951080.jpg
 

     10月30日(木)      数珠玉のひとかたまりのさびしかり

     10月29日(水)      見晴らしのここ一番や小鳥来る

     10月28日(火)      雲割つて日の照る菊の名残かな 

     10月27日(月)      萩刈つて鐘撞堂を高くしぬ

     10月26日(日)      山伏に追ひ抜かれもし紅葉狩

f0118324_20375166.jpg
 

     10月25日(土)      水門は鯔のひしめくところかな

     10月24日(金)      新走りあたりのどこも黒光り  

     10月23日(木)      榧の実の匂ひのここら登山口

     10月22日(水)      身に入むや四方にひらく松の幹

     10月21日(火)      障子貼りかへたる膳につきにけり     

f0118324_20201287.jpg


     10月20日(月)      鴨塚といふものがあり鴨来る

     10月19日(日)      花野行く靴脱げさうになりもして

     10月18日(土)      長命寺思へば鷹の渡るころ

     10月17日(金)      鵙鳴くや精神医学資料館

     10月16日(木)      晩秋や林の中の石の道

 
f0118324_20481651.jpg


     10月15日(水)      黒板を前の机や秋の声

     10月14日(火)      野分過ぐ松の木蔭の濃ゆきこと

     10月13日(月)      方々に松ある障子洗ひけり

     10月12日(日)      石に石積んで隙間の草紅葉

     10月11日(土)      勉強のまだまだ足らぬ夜食かな

f0118324_1931997.jpg
 

     10月10日(金)      きしきしと秋の日差しに半仙戯

     10月9日(木)      馬場跡の続きの秋の野原かな

     10月8日(水)      大山を座敷に見たるちちろむし 

     10月7日(火)      ひとところ蟻の無数の十三夜

     10月6日(月)      野分だつ姥目樫の実踏みしだき 


f0118324_03955.jpg
 


     10月5日(日)      世田谷の野分めきたる庵かな

     10月4日(土)      九十の秋の遍路に出くはしぬ

     10月3日(金)      爽やかにふと立ち止まりたるところ

     10月2日(木)      坂本の午下はかがやく帰燕かな   

     10月1日(水)      塀なりに行けば行き着く寺の秋
by masakokusa | 2014-10-31 23:32 | 昌子365日 new! | Comments(0)
<< 秀句月旦・平成26年11月 花照鳥語     二階六畳下六... >>